私の主人の事なのですが、半年前から鼻、喉の違和感がありいろいろな検査をし、いくつか病院も変えましたがどの先生からもこれという症状名はつげられる事もなく「わからない」というのが答えです。薬も全くききません。どんどん症状は悪くなるばかりで、先生は「気のせい」と思うようで。某大学病院では検査結果見せてもらえず「なんでもないから。それ以上は精神科にいってくれ、毎日何百人という患者がいるんです。いちいち一つづつ答えてられない。検査で癌でなければ、それで納得して下さい」と逆に怒られました。ちゃんと話すべきだとおっしゃるのかもしれませんが、言えない雰囲気でした。やはり対人間です。しつこい患者扱いされればばまともに聞いてくれない。一度精神科にも行きました。先生の回答はものの「5分」で終了です。「不安を抑える薬しかないですね」との事でした。本人は、半年の長さ、症状は悪くなっている、しかし医者の回答はわからない、聞いてくれない、思うように調べてくれない、わかってくれないという思いで、精神的に参ってしまいました。
本当に「気にしすぎ」なのか、どこかに悪い病気、例えば薬で治らなければ癌という可能性もあります。どこまで調べればという線引きもわかりません。万が一癌であったら誰も責任はとってくれないのです。「そこは調べてなかったから」と言われればそれまでです。もし半年気づかないがために、余命を宣告されてしまったら・・。そう思うとやりきれません。医者に対して不信感を抱いてしまったのは本当です。お医者様であればどなたでも結構です。
この長い内容を読んで、やはり診察とはこんなものなのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

皆さんが書かれている様に、症状がかなりはっきりしているにもかかわらず複数の医療機関での検査で異常が見つからなければ、その部位に悪性疾患が存在する可能性は限りなくゼロに近いと考えて宜しいと思います。



大切なことは今後どのようにしたらJR-MKさんの御主人にとって良い方向に向かうかを考える事ではないでしょうか ? このまま今後もいくつかの耳鼻科を受診することでしょうか ? 私も他の方と同じく耳鼻科医ではありませんが、残念ながら現在の耳鼻科の診療において一人の方に何十分も説明するのは現実問題としてまず無理ではないかと思います。

自覚症状があってその為の診察、検査を受けて後、異常が見つからなければ「悪い病気が無くてよかった」と考え、しばらくは自覚症状を軽減するような対症療法に専念するように考える方向は難しいでしょうか ?

もしかかりつけ医がいたならば、大学の耳鼻科医からその先生に紹介状を出してもらって、少し時間をかけて色々な対症療法を行ってもらい、その間はJR-MKさんも御主人に「悪い病気は無かったから少し今の治療で頑張ってみよう」と勇気づけをしてあげる事の方が良い方向になるのではないかと私は思います。

もう一つ考えられることは、費用は良く分かりませんが精神科のカウンセリングです。一人の方に30分くらいの時間がありますので、「5分で終了」にはならないと思います。

何とかして御主人が良い方向に向かうようになればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
本人も精神的に気にしないよう
努力して生活しています。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 20:46

既にきちんとした回答がある所に文体だけ変えて回答するのはどうか?という論議が別のカテゴリーでありましたので回答に躊躇しますがJR-MKさんの様な方は複数の医師の意見を聞いて見る事も宜しいかと思いますので耳鼻科は専門で無いのですが一般人として回答させていただきます。


さて、医師と患者さんのコミュニケーションがうまく行かない時一つ考えていただきたい事は人間どうしの事ですしお互いの身になって考えてみると言う事でしょうか。
例えば「医者の回答はわからない」と言う点では何も分からない訳では無いのです。少なくとも今までやった検査の結果異常が見当たらないので確率的には癌などの悪い疾患である可能性は少ないが症状が割と強いので何か機質的な疾患の結果としてこの症状が説明できないために「わからない」という言い方になる訳です。
また「聞いてくれない」についてはこれ程複数の医者の見立てを得て検査もされその全てが検査での異常を指摘できず、症状の原因として強い不安感が疑わしいと説明しているのにその言葉をJR-MKさんも御主人も「聞いてくれない」という点も問題だと思います。
さらに「思うように調べてくれない」と思うならどのような検査をしてほしいのかきちんと主治医の先生に言うべきだと思いますし、必要無いならその理由を説明してもらえると思います。そもそも「半年続く鼻、喉の違和感」という症状に対してJR-MKさんの考える「思うような検査」とはどのような物なのかその点を補足されれば必要がありそうか無さそうかといった見解も得られると思いますが・・・。
「わかってくれない」については主治医の先生も悪いものの可能性が低いと言っても「わかってくれない」と感じていると思います。
最終的に精神がまいってしまう病態があるから症状が悪くなるのか、機質的疾患があってその症状が悪くなっているので精神的にまいってしまったのかは実際に細かいデータを見せてもらわないと断言できませんが可能性としては前者の可能性が高いと主治医の先生方は考えておられる様です。
「どこまで調べれば・・・」については保険診療で認められる目一杯の検査で異常が見つからない場合、其れ以上の検査をしたければドックなどで自費で行って下さい。医療は確率論ですから保険診療で認められる検査をして異常が無くてもある程度悪い病気が隠れている可能性は否定できませんが頻度は極めて低くなります。確率の低い物に対して其れ以上の高額な検査や何度もくり返される検査を税金である保険診療で行う事は出来ません。
最後に、納得行くまで検査されて異常が見つからなくても癌の可能性がゼロであると言う事はあり得ないと言う事を申し添えておきます。
御主人様の症状の改善をお祈り申しております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
本人も精神的に気にしないよう
努力して生活しています。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 20:48

おそらく耳鼻科に受診されたのだと思うのですが、ご心配なさっている癌であれば、CTやMRI等の検査で何らかの所見の所見が出ているはずです。


あるいは進行性に他の症状、例えば痺れとか麻痺等の強くなる一方の症状が出ていると思います。
血液にも色んな所見が出てきます。
大学病院等の検査で、何もないと言われた場合、いったんはそれを信じて安心するということは不可能ですか?
どうしても”癌という診断をしてくれる病院”を求めていらっしゃるように思えます。

こういう場合は、仮面うつ病という精神的な病気ある場合がしばしばありますので、この辺を担当医は一様に感じ取られたのではないでしょうか?
仮面うつ病の患者さんは、精神科医のアドバイスもまた聞きたがらない傾向があります。
ご自分が心の病気だと、どうしても思えないからなのです。

ご家族がそれに手を貸して、不安をあおりますとますます悪化して、癌と信じ込んで自殺未遂をなさることもあります。

やっぱり精神科医の言葉に従って、しばらく入院で抗うつ剤の服用をされるのが近道だと思いますが、私のような医師の言葉もまた信じられないかな・・とも思います。

仮面うつ病につきご参照ください。
この中の咽喉頭異常感に相当すると思われますが如何でしょう。

他科の医師ですので、一般人としてお答えいたします。

参考URL:http://www.mars.sphere.ne.jp/miyoshia/magzine/zD …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
本人も精神的に気にしないよう
努力して生活しています。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 20:44

私は耳鼻科医でないので、自分の担当科での経験を元に書き込みます。



まず悪性腫瘍を心配なさっているのであれば『ほとんど心配ない』と断っておきます。全く健康な人の可能性とほぼ同じでしょう。
我々医師は、どんなことがあれ、まず悪性疾患を疑い、その否定がなされるまでは安心しません。これはどんな医者でも同じです。一箇所しか行かれていなければ、不安は当然ありますが、いくつも変えて大学病院までいかれた上でのことであればまず間違いないでしょう。今の医学では検査の方法が確立していますし、マニュアル化されていますから、疑いさえすれば極々初期を除いてガンがあればまず見つけられるんです(どんなバカな医者でもね。)それでも心配が払拭されないのであれば、近所で評判のいい総合病院を探し『ガンの疑いをはらす』ための検査をもう一度していただくことです。

耳鼻科では『ヒステリー球』という有名な心因性疾患(のどや鼻の違和感、呼吸難や嚥下困難を主に訴える)がありますが、私のところではおおよそ全ての症状が心因性にあらわれ得ます。それはどの診療科でも大なり小なり見られることです。
一般の保険診療では、診察を行い検査を行いそして投薬を行う。こうした行為を日に何十も繰り返して『出来高』を重ねてやっと病院を成り立たせています。心因性疾患の患者さんの場合、一様に『訴えは強いけれども、検査では問題ない』んです。これでは検査-投薬になりませんから出来高には到底つながりません。ましてや患者さんのお話に時間を割いていては他の患者さんに使える時間までなくなります。その結果『精神科医へ相談してください』とか『はい、はい、はい・・・』となります。
つまり一番命に別状がなさそうなこうした患者さんに対しては冷たくならざるをえないんです。そういう意味で「やはり診察とはこんなものなのでしょうか?」と聞かれればそんなものです。保険診療の限界です。

日本の医療は、現在保険負担でもめていることでもわかりますが、医療を『仁術』だとは考えていません。赤字になったら単なるお荷物の『公共サービス』のひとつで、その辺の橋やら堤防やらトンネルと同じ存在です。それがかわらなければ現状はそのままですよ。

もし日本の医療が仁術であればJR-MKさんもご主人も悩むことはなかったでしょう。しかし現実は違うんです。医師をはじめ医療従事者は、限られた予算の中で出来ることをして生活しています。いつも「良心と生活」の二律背反に悩んでいます。こうした実情をけしからんと完全に否定する医者がいたとしたら、それは現実の市井の臨床を知らないか、よほど恵まれた環境で育ったか、知っていても無視できる(自分は実践しているかわかりませんが・・)腹の座った方でしょう。極々一部の医師はそれでも頑張っています。ですが、内情はかなり苦しいはずです。もし苦しくなかったら?…あとは言うことはありません、なぜ苦しくないかは裏に何かがあると想像すればいいことです。

それでも日本の医療は世界水準で考えれば素晴らしいものです(予算に比べてですが・・)。それを日本人は自覚することなく安価で享受できる。(たいした自己負担もなく簡単に複数の医師に意見を求めることが出来たのが何よりの証拠です。)私は保険診療からは一歩退いた立場ですが、それは自信を持って言うことが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
本人も精神的に気にしないよう
努力して生活しています。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 20:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者は患者から病気がうつる?

風邪やインフルエンザなどで病院にいくと、季節柄、患者でいっぱいです。
先生や看護婦さんなど医療スタッフは、ひっきりなしに対応してくださいます。いつもご苦労様です。感謝しています。
ところで、病院に行くたびにいつも疑問に思うのですが、病院のスタッフって(先生、看護婦さんを始め、会計など医療事務の方々も含めて)、病人にいつも接していらっしゃる関係で、風邪なんかは簡単にうつってしまうような気がするのですが、風邪をひきながら診療しているところに出会ったことがありません。
当たり前といえば当たり前なのですが、一体どうやって予防されているのでしょうか?

Aベストアンサー

事務の人は違うかも知れないですが、戦中に軍の衛生兵からドサクサで医師にでもなった古い人は分からないが、今の日本の医師はそれなりに体が頑丈でないと医大に入る勉強も出来ないから、元からある程度頑丈では有るのです。

また、罹患するメカニズムも、免疫強化のメカニズムも知っているので、それをこまめに色々と医療関係者以外ではなかなかしないようなことまでも実行しているのです。  

>一体どうやって予防されているのでしょうか?
⇒医療関係者以外でも出来ることだと、
微生物って手にそのままくっつくのではないので、
手・顔を石鹸でよく洗う事と、鼻腔・口腔・咽頭などのウガイ・清掃がやりやすいでしょうし、
日ごろから免疫力を落とさないようにすると良いでしょう。

室内には各部屋にULPAフィルターの空気清浄機を24時間作動させ、湿度や温度を適正にすること。換気も重要です。
まあ、こまごまと色々やります。

Q膵臓癌で末期・・・なのに症状なし

私の母が3月24日に膵臓癌と告げられました。
余命半年から1年とも言われました。

病院嫌いの母が病院に行き始めたのは、
大雪が続いた2月の始めに肩甲骨のあたりに痛みを覚え
それが半月ほど経っても改善されなかった為、
疲労骨折を疑っての事でした。
そして掛かり付けの個人病院へ行ってレントゲン、エコーを撮った結果
骨に異常はないのだけれど、肝臓にポリープ(後に良性と言われた)
胆嚢に小さな点があるので大きな病院でもっと詳しく調べておいで、
と言われました。

紹介された病院ではエコー、MRI、血液検査を実施し、
膵臓、肝臓に腫瘍が見つかりましたが、血液検査で異常が見られた
胃と大腸を胃カメラ、内視鏡にて急いで検査するべきだ、と言われました。
どちらも結局異常も無く、問題点はないとの結果の後に言われたのが末期の膵臓癌です。

けれども時間が経つにつれ、どうも納得行かない点がいくつかあるのです。

(1)黄疸がまったくない。
(2)食欲不振・体重の減少が見られない
(3)消化不良による下痢もない
(4)膵臓と大きな関わりのある、糖尿病の疑いもない。
(5)本人は背中しか痛くない。

これは一例ですが、私が調べた結果、膵臓癌の主な症状のどれもが全く当てはまってはいないのです。

膵臓癌でも、これらの症状が全く出なくて末期と言うこともあるのでしょうか?
膵臓癌の知識のある方、どうか教えて下さい。

私の母が3月24日に膵臓癌と告げられました。
余命半年から1年とも言われました。

病院嫌いの母が病院に行き始めたのは、
大雪が続いた2月の始めに肩甲骨のあたりに痛みを覚え
それが半月ほど経っても改善されなかった為、
疲労骨折を疑っての事でした。
そして掛かり付けの個人病院へ行ってレントゲン、エコーを撮った結果
骨に異常はないのだけれど、肝臓にポリープ(後に良性と言われた)
胆嚢に小さな点があるので大きな病院でもっと詳しく調べておいで、
と言われました。

紹介された病院ではエ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめして。
お母様の突然のご病気に、質問者様をはじめ、ご家族様のお気持ちを考えると、本当にお辛いと思います。

すい臓がんは大変症状が出にくく、「最近、なんだか食欲が無い」「背中がおもだるい、痛む」「血糖値が高いと言われた」など、様々の症状で調べてみたら、かなり進行したすい臓がんであったと言う方が多く、
また、これらの症状が全て出るわけではない方も多く、その中のどれか一症状だけの状態で発見される方も多いです。

国立がんセンター内に、すい臓がんの詳しい説明がありますので、参考にしてください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/pancreas.html

また、このHPに「家族ががんになったとき」というページがありますので、もし、よろしければ参考にしてください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/qa_links/brochure/family.html

ただ、現状の病名告知に対して、納得がいかない、不安がある場合は、やはり、不安や不満をそのままにする事は良くないと思います。
主治医に、もう一度病状の説明を希望し、納得行くまで話を聞く事をお勧めします。

また、セカンドオピニオンを他の医師や医療機関に求められても良いと思います。
この場合も、「セカンドオピニオンを希望したい」と、主治医に伝えられれば、必要な検査データーや書類などを用意してくれると思います。

大切なお母様のことです。
どうか、納得の行く、より良い方向を見つけてくださいね。

はじめして。
お母様の突然のご病気に、質問者様をはじめ、ご家族様のお気持ちを考えると、本当にお辛いと思います。

すい臓がんは大変症状が出にくく、「最近、なんだか食欲が無い」「背中がおもだるい、痛む」「血糖値が高いと言われた」など、様々の症状で調べてみたら、かなり進行したすい臓がんであったと言う方が多く、
また、これらの症状が全て出るわけではない方も多く、その中のどれか一症状だけの状態で発見される方も多いです。

国立がんセンター内に、すい臓がんの詳しい説明がありますので...続きを読む

Q父の症状・・・これは癌でしょうか?

私の父は2年以上前から咳が出ています。10年近く前からも首のところに2センチ大のしこりがありました。そして、タバコもよく吸うしお酒もよく飲みます。

咳ですが、最近痰の絡んだような咳がでているみたいです。頻繁にでるわけではないのですが、夜中でも咳が出ているみたいですし・・・最近では耳たぶに首と同じく1,2センチ大のしこりが出ています。歳のせいでもあるかもしれませんが、息をするのがなんとなく、しんどそうな感じです。今も土木作業の仕事はしています。ご飯も今まで通り同じくらいの量で食べてはいます。

あと、犬を二匹飼っていますが、家の中で放しているためホコリなど動物の毛など吸い込んでアレルギーなどによる咳でも出ているのでしょうか?慢性気管支炎などでしょうか?癌でしょうか・・・

私は一人娘で母親がいないので父には長生きしてもらいたいから、心配で・・・

Aベストアンサー

 とてもご心配なことでしょう。
 恐らくこのままお嬢さんがいくら説得しても、よほど具合がわるくなって苦しくてしょうがない状態にでもならなければお父さんの性格からして素直に病院に行ってくれるとは思えません。
 病状としての心配される点については、これまで回答者が十分にアドバイスされていますので、これについてはふれません。
 どのようにしてお父さんを病院で診てもらうかということについて考えてみましょう。最低限のことですが、あなたお一人で悩んだり説得したりしてもしかたがないことはわかっていらっしゃると思います。ですから、第3者の応援が必要かと思います。具体的には公的なものとして自治体の保健センターの保健師さんに相談することが良いでしょう。変に親戚の方などですと専門的な知識がなかったりしますので少し間違うとかえってお父さんを意固地にしてしまうかもしれません。保健師さんに相談して作戦をみんなで考えてみましょう。もしあなたが信頼されているご親戚の方がいらっしゃればいっしょに保健師さんに相談するのが良いと思います。
 ただし、ごくまれですがあまりやる気のない保健師もいたりしますので、たまたまその保健師が良くなくてもあっさりあきらめないで他の保健師さんにもあたってみて下さい。
 いかにみんながお父さんのことを心配しているかをわかってもらいましょう。

 とてもご心配なことでしょう。
 恐らくこのままお嬢さんがいくら説得しても、よほど具合がわるくなって苦しくてしょうがない状態にでもならなければお父さんの性格からして素直に病院に行ってくれるとは思えません。
 病状としての心配される点については、これまで回答者が十分にアドバイスされていますので、これについてはふれません。
 どのようにしてお父さんを病院で診てもらうかということについて考えてみましょう。最低限のことですが、あなたお一人で悩んだり説得したりしてもしかたがないこと...続きを読む

Q自分は高校3年生なのですがいろんな症状があり自分は末期癌なのではないか

自分は高校3年生なのですがいろんな症状があり自分は末期癌なのではないかと思うと恐いです。

一つ目は2ヶ月位前から鼻のつけねの左側が痛く。白く粘っこい鼻水が出てまた鼻水も喉に下がってきます
また左目の1cm位下の所にしこりみたいなのがあり痛くはないのですが触るとごりごり動きます。

2つ目は、口底に硬いしこりみたいなのがあり白くなったりはしてません。
また両頬に2つずつしこりみたいなのがあり押すとごりごり動きます。痛みはないです。
顎の下にしこりみたいなのがあり押すとごりごりし痛みます。

3つ目はご飯を食べると胃が苦しく胸の真ん中辺りも苦しいです。

症状が多くどの医者に行って良いのか分かりません。
助けてください。
ホントに癌だったらと考えるとぞっとします。
何か当てはまる病名や知ってることあったら教えて下さい。
長文ですいません

Aベストアンサー

基本的に動く"しこり"は皮下直下のできものですから、良性です。癌の場合のリンパ節は硬くがちっとしていて動きません。悪性リンパ腫の場合はごりごり多数触れます。
よって、孤立した痛みのない動く"しこり"は対応する必要はありません。また、孤立性の動くリンパ節は何かの炎症を反映しているので、経過をみてください。

よって、問題は鼻水と口底に硬いしこり、ご飯をたべると胸が苦しいの3つです。
耳鼻科で鼻水と口底に硬いしこりを診て貰って下さい。高校3年で食べると痛いならアカラシアをまず否定したいところです。消化器内科を受診してください。

なお、末期がんなら体重が落ちてガリガリになります。体重が変わらないなら少なくとも"末期"癌ではありません。

Qこの症状は何かの病気でしょうか?半年ほど前から顔が火照り額から汗が噴き出るようになりました

身体のだるさも毎日半端がないほど辛いです。生理はここ数年不順です。(31歳の時に子宮筋腫核出術と言って、子宮内にある筋腫のみを除去する手術を受けております)

もし病気なら、どんな病気の可能性があり、病院のどの科に行けば宜しいでしょうか?
とりあえず「内科」で宜しいでしょうか?

甲状腺付近を自分で見てみましたが、甲状腺は腫れている感じはなく、体重が減っているとかもないので、バセドゥ病ではないと思うのですが・・・。

ちなみにアラフォー女性です。回答頂けると幸いです。

Aベストアンサー

顔が火照り額から汗が噴き出る……。
更年期障害による、ホットフラッシュに似てると思います。
私も40代からホットフラッシュが出始めました。
年1回、子宮癌検診を受けていまして、その際に婦人科の先生に相談すると、辛ければ良い薬があるのでガマンしなくていいですよ。と言われましたので、婦人科で相談されたらいいと思います。
(*^^*)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報