空の一番高いところに出るすじのようになった雲を「巻雲(けんうん」と呼ぶそうで、
また、普通には「まきぐも」と読まれたり、
同じ雲を「すじぐも」と呼んだりもするようですね。

「すじぐも」ということであれば、ピンとくるんですが、
この雲に ”巻”という文字が使われるのは、どういう理由からなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

◆Naka◆


tukitosanさん、dragon-2のおっしゃるように、端の方が少し巻いてますよね。
これは、温暖前線の前方の寒気によってゆっくりと押し上げられた暖気が、上空1万メートル以上の高さで、ジェット気流によって一気に流されて筋状になるからです。(だったよな、確か…) (^^;)
気流に巻き込まれる際に、うねったような形状の雲になるんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雲のでき方をうかがって、感じがつかめました。
ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/28 20:29

stomachmanは絹雲と憶えてました。


「まきぐも」ってなんやろ、と思ったら、絹雲のことだというので面白がってます。いつから巻雲になったんでしょうねえ?
 あ、これはカテゴリーがちがうか。
    • good
    • 0

 巻雲は絹雲ともいいます。

高度13~5kmにある最上層の雲です。この名前はもちろんその形状に由来します。
 「きぬぐも」(絹)=毛状、ほとんどまっすぐな白い筋の雲だったのですが、現在は巻雲の方が一般的です。
 「巻雲」=毛髪状、または羽毛状をなして高く天空にかかる雲です。
 「巻」は一般に曲がる義とし、更に曲げ束ねる義に用い、今は書画のまき物の義に用いる。とあります。=大字典より
 ここからは私の考えですが「絹」のように細い筋状でまた「髪の毛」のような雲でしょう。写真を見るとやや「巻き毛状」の形態が一般的です。「髪の毛」もやや巻き毛状の髪の毛なのでしょう。
 結論:やや巻いた毛髪状の雲の意味

参考URL:http://cert.shinshu-u.ac.jp/facul/sakai/sakai/Ri …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ考察をいただいて、参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2000/12/28 20:27

この「巻雲」の端の方をみてください。


そのまま、まっすぐの状態ではなく、少し巻いているはずです。
それで、「巻雲」と呼んでいるのだと思っていました。

助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q巻雲はどうして、筋状?

巻雲にも色々な形があります。ですので、一つ一つ解明できればと考えています。まず、●巻雲は何故筋のような形になるのですか? もしよかったら参照写真をご覧になってください。巻雲は対流圏上層の風の強いところにある場合が多いでので、その流れに影響されているものとは思います。で、それから先がわかりません。青空の中で1ヶ所だけ筋のように細く伸びる巻雲・・不思議に感じます。これって流体力学? を学んでいたらわかるのでしょうか?
また、簡単な実験できますか?

参照写真
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~sorairo/kenun.htm
一番左の、縦の写真。

Aベストアンサー

結論としては、風のせいという事なのではないでしょうか。
本来、氷の粒は、どの方向にも同様に拡散するのですが、
x方向に風が強いと、x方向にのみ、伸ばされので、
最初から存在する擾乱(濃淡)が、x方向には打ち消されて(一様になって)、
それと垂直な方向には強調されて(要は縞々に)見えるわけです。
オーロラがカーテン状(垂直の縞々)に見える理由と似ています。

Q空を見たとき、いわゆるモコモコした雨雲じゃなくて、一面が均等に灰白なときの雲は分類でいうと何雲ですか

空を見たとき、いわゆるモコモコした雨雲じゃなくて、一面が均等に灰白なときの雲は分類でいうと何雲ですか?
霧のように、山より低いものではなくて、雨が降りそうという感じのものです。

そして、それはやっぱり地表や水面の蒸発でできるものですか?
積乱雲などと何となく違う気がするのですが。
ふと空を見ていて思ったので、うまく説明できなくてすみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

高層雲です。

http://shizenjin.net/guide/cloud/page2.html

Q雲解析画像におけるCb域とは

雲解析画像におけるCb域とは羽毛状巻雲を伴った積乱雲域とあります。これだけ聞いてもどんなものか良くわかりません。実際に空でどのように見えるのか、写真などで説明したサイトをご存知の方いらっしゃいませんか。

Aベストアンサー

「雲解析画像における」ということで多少事情が違うのかもしれませんが、
通常は、「Cb」は「積乱雲」全般を指すように思います;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%8D%E4%B9%B1%E9%9B%B2


> 羽毛状巻雲を伴った積乱雲域

多分「かなとこ雲」のことだと思います;
http://wapichan.sakura.ne.jp/inc.htm

このキーワードで画像検索をかければ、かなりの件数がヒットします。
例として;
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/jn0219/205_10Cb.html
http://www.bioweather.net/column/weather/contents/mame001.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ep3n-kizm/zukan/clouds/sekiran-un.htm

Qなぜ季節によって空に浮かぶ雲がちがうのでしょうか? 例えば、入道雲は夏はよく見ますが、冬は見れない。

なぜ季節によって空に浮かぶ雲がちがうのでしょうか?
例えば、入道雲は夏はよく見ますが、冬は見れない。のようなことです。
回答お願いします。

Aベストアンサー

雲というのは、基本的に「冷たい風と暖かい風がぶつかった時にできる」ものです。

簡単にいうと、夏の湿気の強い時期に氷を入れたコップを置くと、外に水滴が溜まるでしょう。これはコップの温度が低いために、暖かい空気に含まれている湿気が水分になって表れた、ということです。雲の発生原理は基本的にこれと同じです。

夏は当然ながら「熱い空気」がたくさんあります。特に日本は周りを海に囲まれているため、熱い空気=湿気を含んでいる空気になります。このような空気は太陽で暖められた海水から発生するのですが、当然に蒸発した湿った空気は上に上に登っていくわけです。

上に登れば、空気は冷えいます。そこで大体300mぐらい昇ると空気に冷やされて雲になるのです。この時風が強く吹いていれば、雲になってもそこに留まることができず、どんどん流されていきます。
しかし、条件が整うと、同じ場所にどんどん下から湿った空気が供給され、雲がどんどん成長していきます。このように雲がドンドン大きくなると、重くなり土砂降りの雨がいきなり降ることにつながっていきます。これがいわゆる入道雲、積乱雲の発生の仕方です。
 こういう仕組みの雲は太陽が照り付ける夏に起こりやすく、ほかの時期では見られないわけです。

また、もっと高い場所にある雲もあります。これらは偏西風などの影響を受けて作られます。日本の南西から地球を一周するジェット気流があり、これが時期によって日本列島の上に掛かったり日本海までズレたりしているからです。このような気流の場所や流れ方によっても、発生する雲はちがってきます。

こういう天候のいろいろな違いによって雲の形が違ってくるのです。ある程度覚えると、天気を大体予想できるようになりますよ。

雲というのは、基本的に「冷たい風と暖かい風がぶつかった時にできる」ものです。

簡単にいうと、夏の湿気の強い時期に氷を入れたコップを置くと、外に水滴が溜まるでしょう。これはコップの温度が低いために、暖かい空気に含まれている湿気が水分になって表れた、ということです。雲の発生原理は基本的にこれと同じです。

夏は当然ながら「熱い空気」がたくさんあります。特に日本は周りを海に囲まれているため、熱い空気=湿気を含んでいる空気になります。このような空気は太陽で暖められた海水から発生する...続きを読む

Q巻雲の ”巻”って?

空の一番高いところに出るすじのようになった雲を「巻雲(けんうん」と呼ぶそうで、
また、普通には「まきぐも」と読まれたり、
同じ雲を「すじぐも」と呼んだりもするようですね。

「すじぐも」ということであれば、ピンとくるんですが、
この雲に ”巻”という文字が使われるのは、どういう理由からなんでしょうか?

Aベストアンサー

◆Naka◆
tukitosanさん、dragon-2のおっしゃるように、端の方が少し巻いてますよね。
これは、温暖前線の前方の寒気によってゆっくりと押し上げられた暖気が、上空1万メートル以上の高さで、ジェット気流によって一気に流されて筋状になるからです。(だったよな、確か…) (^^;)
気流に巻き込まれる際に、うねったような形状の雲になるんですね。

Q宙に浮かぶ夢を見ますか? 皆さんは空を飛ぶ夢、宙に浮かぶ夢を見ますか? 乗り物に乗ってとか、落下する

宙に浮かぶ夢を見ますか?

皆さんは空を飛ぶ夢、宙に浮かぶ夢を見ますか?

乗り物に乗ってとか、落下するんじゃなく、
何も使わずに空を飛んだり宙に浮かんだりする夢です。

私は時々見るんですが、
鳥のようにバタバタ羽ばたいて数メートルほど浮かべる時と、
浮かび上がることに意識を集中すると、電柱くらいまで浮かび上がる+進みたい方向に進むの2パターンです
どっちもけっこう一生懸命です。
けどとても楽しいです。

どうして夢で飛べるのか?

フロイト的な夢解釈とか心理学的な理由づけはそれなりに聞きますが、

そもそも夢の内容はたいてい現実に見たものや自分で経験したことのツギハギであることがほとんどだと思います。

誰一人空を飛んだ経験がないのに、
たいていの人が空を飛ぶ夢を見る
とてつもなく不思議だと思いませんか??

実は人間には、宙に浮かぶ能力が存在するのではないかと、密かに思ったりしています(笑)

みなさんの空飛ぶ夢の内容や、考えをお聞かせください。

Aベストアンサー

私も、以前は、自由に空を飛べました。
電柱どころか、向こうの山まで飛べました。
ピーターパンにも負けません!
スイスイと鳥のように飛ぶ事もあれば、ビヨーンビヨーンと地面から飛び跳ねてビルの上にまで飛ぶことも楽勝でした。
完全にコントロールできましたが、凄く頑張らないと飛べなくなってきて、今ではすっかり空飛ぶ夢は見なくなりました。
何故かわかりませんが、残念です。

夢の内容も、それまでは自分が夢を見ている事を自覚していて、なおかつストーリーをコントロールできましたが、最近はそれもできません。

何故なのか、どうしたら戻るのか、どんな心理が働いているのか是非知りたいです。

ちなみに、私も、昔人は空を飛んでいたと思っています。
だって、水の中を泳いだり、宇宙を飛ぶ夢を見る話は滅多に聞かないのに、空飛ぶ夢はみな良く見ますよね。

太古恐竜がいた頃には、大きな鳥に乗って、馬のように馴らして飛んでいたに違いない!と勝手に信じています。

QWORDで、段落前の改ページの設定を行っていますが、不必要に改ページさ

WORDで、段落前の改ページの設定を行っていますが、不必要に改ページされてしまいます。
直すにはどうすればよいしょうか?

実際に行っているのは

1.見出し1
1.1. 見出し21
1.1.1 見出し31
1.1.2 見出し32
1.2. 見出し22
1.2.1 見出し31
1.2.2 見出し32
1.3. 見出し23


1.見出し1
1.1. 見出し21
1.1.1 見出し31
------ 改ページ ------
1.1.2 見出し32
------ 改ページ ------
1.2. 見出し22
1.2.1 見出し31
------ 改ページ ------
1.2.2 見出し32
------ 改ページ ------
1.3. 見出し23

のようにしたいのですが、


------ 改ページ ------
1.見出し1
------ 改ページ ------
1.1. 見出し21
------ 改ページ ------
1.1.1 見出し31
------ 改ページ ------
1.1.2 見出し32
------ 改ページ ------
1.2. 見出し22
------ 改ページ ------
1.2.1 見出し31
------ 改ページ ------
1.2.2 見出し32
------ 改ページ ------
1.3. 見出し23

となってしまうのです。

それぞれの見出し番号で1から始まるときのみ、段落前で改ページしないようにするには
どうしたらよいのでしょうか?

ご教授をお願いいたします。

WORDで、段落前の改ページの設定を行っていますが、不必要に改ページされてしまいます。
直すにはどうすればよいしょうか?

実際に行っているのは

1.見出し1
1.1. 見出し21
1.1.1 見出し31
1.1.2 見出し32
1.2. 見出し22
1.2.1 見出し31
1.2.2 見出し32
1.3. 見出し23


1.見出し1
1.1. 見出し21
1.1.1 見出し31
------ 改ページ ------
1.1.2 見出し32
------ 改ページ ------
1.2. 見出し22
1.2.1 見出し31
------ 改ページ ------
1.2.2 見出し32
------ 改ページ ------
1.3. 見出し23

のようにしたい...続きを読む

Aベストアンサー

アウトラインスタイルとして、レベルごとの見出しスタイルに
[段落前に改ページする]のチェックをついた状態で作業をして
いるのですね。

[段落前に改ページする]のですから、見出しの番号に関係なく
改ページをするのはしかたがないことですので、スタイルへの
設定は有効にしたまま、各レベルの最初の見出しスタイルのみ
[段落前に改ページする]のチェックを外せばよいと思います。

各見出し項目の最初の段落番号の書式としての設定を解除する
のがレベルの最初の段落だけですから、作業的に苦にならない
と思いますよ。以下のマクロを用意しておけば、改ページへの
設定を切替できます。ショートカットキーやツールとして配置
しておけば作業が楽になると思います。

Sub PageBreakBefore()
'
'段落書式としての段落前での改ページを切り替える
'
Sub PageBreakBefore()
'
'
 With Selection.ParagraphFormat
  If .PageBreakBefore = True Then
    .PageBreakBefore = False
   Else: .PageBreakBefore = True
  End If
 End With

End Sub

ちなみに、この切り替え作業をするのなら、表示を[下書き]や
[アウトライン]にしておくと楽に作業ができると思います。

アウトラインスタイルとして、レベルごとの見出しスタイルに
[段落前に改ページする]のチェックをついた状態で作業をして
いるのですね。

[段落前に改ページする]のですから、見出しの番号に関係なく
改ページをするのはしかたがないことですので、スタイルへの
設定は有効にしたまま、各レベルの最初の見出しスタイルのみ
[段落前に改ページする]のチェックを外せばよいと思います。

各見出し項目の最初の段落番号の書式としての設定を解除する
のがレベルの最初の段落だけですから、作業的に苦にならない
と思...続きを読む

Q皮をはいだ麻の茎・・・これをオガラ(麻幹・苧殻)と呼ぶそうですが、ここ

皮をはいだ麻の茎・・・これをオガラ(麻幹・苧殻)と呼ぶそうですが、ここで言う麻とはどんな植物ですか。またどこに行けば見れますか?カラムシはよく目にしますが、麻自体はあまり見かけません・・・

Aベストアンサー

こんにちは

こんなかんじのようです
http://www.hemp-revo.net/yasyuasa/yasyuasa.htm

参考URL:http://www.hemp-revo.net/yasyuasa/yasyuasa.htm

Q"cloud"常に数えられますか? なぜ可算名詞なんですか?

英語で雲=cloudは可算名詞だということは知っています。たしかにポコポコ出る積雲系の雲はひとつ、ふたつと数えられますが、層雲系の雲は文字通り層状になっていてどこが切れ目か判然としませんし、前線に沿って形成される雲は積雲系であっても切れ目が不明確で、数えられない場合が多いと思います。高積雲も集合的にそれ自体がひとつなのか細かく分かれているのかよくわかりませんし、圏雲(以前は絹雲と表記していた)も細い線の一本一本がひとつひとつの雲としてCountされるべきなのか、それとも筆で描いたような塊がひとつとして扱われるのかはっきりしません。

にもかかわらず、何故可算名詞なのでしょうか。

「そういうふうに決まっているのだから、いちいち疑問を持たずそう覚えなさい」という回答だけは御勘弁願います。一応、知識としては知っているつもりですので。ただ、中学でそう学んで以来、20年来の疑問です。

英語の評議会みたいなところ(アメリカかイギリスに仮にこのようなものがあったとして)で、このような語句が「やはりこれは不可算名詞だ」などのように、文法上の扱いが訂正されるような機会や前例はないのでしょうか。

英語で雲=cloudは可算名詞だということは知っています。たしかにポコポコ出る積雲系の雲はひとつ、ふたつと数えられますが、層雲系の雲は文字通り層状になっていてどこが切れ目か判然としませんし、前線に沿って形成される雲は積雲系であっても切れ目が不明確で、数えられない場合が多いと思います。高積雲も集合的にそれ自体がひとつなのか細かく分かれているのかよくわかりませんし、圏雲(以前は絹雲と表記していた)も細い線の一本一本がひとつひとつの雲としてCountされるべきなのか、それとも筆で描いたような...続きを読む

Aベストアンサー

面白い疑問ですね。

>英語の評議会みたいなところ(アメリカかイギリスに仮にこのようなものがあったとして)で、このような語句が「やはりこれは不可算名詞だ」などのように、文法上の扱いが訂正されるような機会や前例はないのでしょうか。

自分も、ある意味、エスペラント語のように、簡単に理屈で割り切れるものになればいいと感じます。

さて、自分は、ちょっと他の回答者の方と違う意見です。

可視性みたいなものが意識の基礎にあるのだと思います。

英語を始めとした、西欧語は、その基礎に、狩猟文化があります。つまり、「あの鹿、このいのしし、と言う感じで、その所有権がまだ決まっていないのか、または、すでに、誰かのものになっているのか」を問題にする文化です。動物は、基本的に動き回るので、「あの山で見かけた鹿はだれだれのだ。」というように、つねに明言しないと、所有権が混乱するわけです。

農耕民族なら、この畑、あの田んぼが誰のモノか、基本的に、田んぼも畑も動くわけではないので、一度所有者が決まれば、互いにその所有権を争うことはないでしょう。

こうして、常に対象を区分けし、その所有権や数を確認する言語習慣ができ、その先に、雲とか空を、自分の見える範囲で一つと認識し、西の方向に見える雲、東に見える雲、のように数えて行き、結果として、
The clouds are thick. のような表現になると感じています。

The skies are clear. のような表現も同じようなことでしょう。

面白い疑問ですね。

>英語の評議会みたいなところ(アメリカかイギリスに仮にこのようなものがあったとして)で、このような語句が「やはりこれは不可算名詞だ」などのように、文法上の扱いが訂正されるような機会や前例はないのでしょうか。

自分も、ある意味、エスペラント語のように、簡単に理屈で割り切れるものになればいいと感じます。

さて、自分は、ちょっと他の回答者の方と違う意見です。

可視性みたいなものが意識の基礎にあるのだと思います。

英語を始めとした、西欧語は、その基礎に...続きを読む

Q分巻、複巻電動機についてなんですけど。。。

学校の実験で、分巻電動機と複巻電動機の負荷を変化するときの負荷特性を調べる実験をしたのですが・・

分巻、複巻電動機を逆転するには、どうすればいいのでしょうか?簡単でいいので教えてください!!

Aベストアンサー

界磁コイルか電機子コイルのどちらかを+-逆にします。
複巻の場合は電機子コイルを逆にします。


人気Q&Aランキング