グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

北大路魯山人は、実は何者なのでしょうか?
Wikipedia等で参照しても人物像が浮かびません。
芸術家(陶芸・書道など)、美食家いろいろいわれておりますが、どうやって生計を立てていたのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「美味しんぼ」という漫画がありますが、主人公の山岡の父親として、海原雄山という人物が出てきます。



この人物ですが
 1. 美食倶楽部というメンバー制の料亭を主催している。
 2. 高名な陶芸家で、書道や文学にも通じている。
 3. 妥協が出来ない性格で、高慢に見える。

など、北大路魯山人を髣髴させる描写があり、これを読めば大体の想像は付きます。
彼の収入ですが、若い頃はペンキを使った当時流行の西洋看板を初めて評判になり、収入が増えます。
儲けたお金で東京に出て、書道の大家として一本立ちして、陶芸も学び、一流料亭の主人にもなって、と多芸な方でした。

http://www.seimiya.co.jp/rosanjin/rosanjin_nenpu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
美味しんぼのモデルであることは知ってました。
あまり読んだことがなかったので・・・

具体的なお答えありがとうございました。

お礼日時:2006/05/19 15:39

美術品を自分で創作されていましたよ



高いですから楽勝で生活できます
数千万もザラにあります

心配には及びません(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かにです。ちと愚問でしたかね(笑)
失礼いたしました。

お礼日時:2006/05/19 12:33

現代の芸術家も どうやって生計を立てているかは 一般人には良く解りません一緒じゃないですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど確かにです。

お礼日時:2006/05/19 12:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング