図書館で大槻ケンヂさんの本を読んでおもしろいと思い大槻ケンヂさんの本を全て読んでみようと思いました。すでに『ステーシー』『くるぐる使い』『旅マン散歩マン』『オーケンののほほん日記』は読みました。あと他にどんな作品があるのでしょうか?知っている方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

オーケンのめくるめく脱力旅の世界


猫を背負って町を出ろ! 角川文庫
大槻ケンヂの読みだおれ―大槻ケンヂのお蔵出し〈PART2〉
グミ・チョコレート・パイン グミ編 角川文庫
90くん
のほほんだけじゃダメかしら? 集英社文庫
オーケンののほほんと熱い国へ行く 新潮文庫
オーケンののほほん日記 ソリッドグミ・チョコレート・パイン チョコ編 角川文庫
直撃!強くなりたい道!!―こんな経験、ボク初めてなんです
行きそで行かないとこへ行こう 新潮文庫
わたくしだから

と、あげればきりがないですが
AMAZONというHPにいって大槻ケンヂさんの名前で検索してみてください。
在庫切れで手にはいらないものは
図書館という手もありますよ!

大槻さんは、のほほんとしているキャラクターだとおもっているので
書名のとおりだなぁ~とおもってます。
http://www.amazon.co.jp/
にいけば、たぶん↓のURLのような
ぺーじがでてくるはずです。(もしうつらなかったら
上のURLにいってけんさくしてみてね!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0

私はどちらかというと、オーケンはエッセイより、小説の方が好きなので



「新興宗教オモイデ教」
「グミ・チョコ・パイン」(グミ編・チョコ編の2巻まで刊行)

とりあえず、この3冊をお勧めします。どちらも角川から文庫が出ています。

余談ですが、大槻ケンヂさんは、中島らもさん好きなので、neo2113さんがオーケンを読み終わって、さて、どうしようと思われたら、「中島らも」の作品に流れていってもおもしろいと思います。
(「ガダラの豚」(←アフリカの呪術士と対決する長編小説)とか「アマニタ・パンセリナ」(←薬関係のエッセイ集)などは、オーケンから入った人でもおもしろいかと・・・実は、エッセイなど、中島らもの方が好きなんです・・・って、何しに来たんだ私は)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、どうも回答ありがとうございます。neo2113です。
大槻ケンヂさんの本えらいたくさんでてるんですね。
びっくりしました。
すごーい!の一言。
でも、これからこんなに読めるんだ♪ト思うとちょっと嬉しい。

でわでわ、みなさまほんとうにありがとうございます。
またわからないことがあったらよろしくおねがいします。

お礼日時:2002/02/17 21:28

下記URLの「著者名」に、「大槻ケンヂ」と入れて検索してみてください。


著作情報が得られます。

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_search.cg …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(*^。^*) 久しぶりにめぐりあった、とてもおもしろい本「極道一番搾り」……読まれたかた、感想などお願いします。

 市立図書館でふと目にとまった『極道一番搾り‥‥親分、こらえてつかあさい』とう文庫本(宝島社発行)……借りてきて、いま三分の一ほど読んだところですが、久しぶりにおもしろい本にめぐりあった気がします。なんともいえないユーモアがもりこまれたヒューマン・ドキュメント、というんでしょうか……うまく表現できませんが、とにかくすてきな本です。
 北九州(遠賀川筋?)のことばがよく出てきますので、さいしょはとまどったんですが、だんだんニュアンスやふんいきがわかるようになってきました。

 この本は、よく読まれてるんでしょうか? 
 読まれたかた、感想などお願いします。
 著者の溝下秀男さんは、これ以外にも本を書いておられるんでしょうか?
 ご回答いただけるはんいで、ワンポイントでもけっこうですから、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

読んだ事はないのですが、検索していて読みたくなりました(笑)
溝下秀男さんって九州の本物のやくざの大親分らしいですねぇ。

愛嬌一本締め―極道の世界本日も反省の色なしちゃ 宝島社文庫 \600
任侠事始め単行本 (2001/02/01) 太田出版 \1600
愛嬌一本締め単行本 (1998/05/01) 洋泉社 \1700
などがありました。

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm

Q以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思

以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思い出せずに困っています。


幸せな恋人生活の後に、最終的には彼女が彼氏を殺してしまう話だった気がします…はっきりとしておらずすみません。


その本には最後に結構なページ数を割いた番外編のようなものがついていました。
本編から何年か経った後、彼氏を殺してしまったことを悔い、北海道の宗谷岬に旅立つ話です。

番外編の題名は「イヨマップ」でした。
『アイヌ語で「愛してる」って意味なんだよ』みたいなことを言っていたのがやけに印象的で、そこだけはっきりと覚えています。


学校の図書館に新書として入ってきたのを読んだのが三、四年ほど前なので、発刊もそれくらいだと思われます。



僅かな情報ですが、ほんの少しでも心当たりのある方の書き込みをお待ちしてます。

Aベストアンサー

「ラストスマイル」菊池誠(2004年発売)

この作品の第二部の題が「イヨマップ」です。

質問者様の記憶と同じく北海道が舞台になっていますので一度ご確認ください。

お探しの本だといいのですが・・・。

Q『本をたくさん読みなさい。』その具体的な理由は…?

皆さん こんばんは!

20代 男性です。

馬鹿げた質問かも知れませんが
あえて聞いてみました。

幼少の頃からできるだけたくさんの本を
読みなさいと、いろんな人(先生や親など)
に言われました。

本は財産になるよ、とかも聞きます!

自分は情けない話ですが活字に弱く、
集中力が持続しないため、あまり
本を読んだという記憶がありません。

そこで本を読んでの
メリットを具体的に教えて頂けないでしょうか?
まさに『本をたくさん読みなさい!』の
確信を得たいんです!!

本を読むのは感性を豊かにするなど
たくさんのメリットがあるのは何となく
わかっているつもりなのですが、
どうもピンときません…

自分はベストセラー
(例 世界の中心で愛をさけぶ 電車男 など)
になったような本も
読まずにドラマやインターネットで
情報を得たりしてました。

ここ最近、本を購入しようと本屋さんへ
足を運ぶのですが、
何を読みたいとかがいまいち、わからず
結局購入にはいたりません!

趣味が読書という方に
是非書籍の楽しみ方や選び方を
教わりたいのです!

皆さん こんばんは!

20代 男性です。

馬鹿げた質問かも知れませんが
あえて聞いてみました。

幼少の頃からできるだけたくさんの本を
読みなさいと、いろんな人(先生や親など)
に言われました。

本は財産になるよ、とかも聞きます!

自分は情けない話ですが活字に弱く、
集中力が持続しないため、あまり
本を読んだという記憶がありません。

そこで本を読んでの
メリットを具体的に教えて頂けないでしょうか?
まさに『本をたくさん読みなさい!』の
確信を得たいんです!!

...続きを読む

Aベストアンサー

知識を得るためとしてはもとより、
現実では不可能な疑似体験を重ねることにより、
思いやりの気持ちや、情緒の安定を育むと感じます。

自分への自身と、人からの信頼を得る安心感の
両方を得る方法のひとつでもあるように感じます。

また、俗世で成功したい方にも、何はともあれ、
これらのものが身につけば、成功の先にも
意味を見出すことができるかと思います。

以上、読むことが苦手なものよりの、憧れの気持ちを込めて書きました。

Q『銀河鉄道の夜』『アルケミスト』のような本

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
パウロ・コエーリョ『アルケミスト』
のような本を教えてください。

私の感覚としては、
・一読して「良かったなあ」
・再読して「ああ、つらいなあ……」
という感じです。

「失うこと」が壁となるような作品を教えてください。

「読みやすさ」と「ファンタジーっぽさ」があれば尚良いです。
ストーリーの単純さはもちろんのこと、
平易な言葉で書かれていて、
現実から離れた世界に一歩踏み込むような作品を
どなたか教えていただけないでしょうか。

わがままですが、絵本はナシでお願いします。
短い夏休みを充実させてください!

Aベストアンサー

『銀河鉄道の夜』も『アルケミスト』も読んだことがあります。
個人的に後者はメッセージは良いけど翻訳がちょっと……という記憶があります^^;

こういった文学のスタンダートとして
『かもめのジョナサン』
『星の王子様』
はいかがでしょう。
色々な訳もありますし、長さ的にも適度だと思います。
個人的にはこの2作品と『銀河鉄道の夜』は18歳になる前に読んでおくべき!と勝手に考えてます(笑)

あとマイナーなところでは
ロード・ダンセイニというアイルランドの作家で
『魔法使いの弟子』
というのがオススメです。
メッセージ性はやや低めですが、独特の薄暗さと繊細があり
荒俣宏の訳が非常に美しいです。


漫画でよろしければ
漆原友紀の『蟲師』
イタガキノブオの『ネコムシストーリーズ』
でしょうか。
前者は、宮沢賢治の世界観が好きならなじみやすい作品だと思います。
後者は素朴で可愛い絵柄ですが、
主人公の『ねこむし』の孤独を想うと
どうしようもなく切なくなる作品です。

どうぞご参考に。
よい夏を!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報