私たちが食べているチョコレートってカカオの豆(種)からつくられたカカオマスを原料としていますよね?でもどうして種を食べるようになったのでしょう。どうして食べられると気づいたのでしょう。本来「種」というものは、植物にしたら「食べられたら困る」ものなわけですから、できるだけ食べられないように植物なりに工夫をするのだと思うんです。でもカカオの種はいい香りもするようです。それは一体どうしてなのでしょう?知っているかた教えて下さい。参考ホームページ等も待ってます!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

maedachshund さん、こんにちは~☆♪



> どうして種を食べるようになったのでしょう。
> どうして食べられると気づいたのでしょう。


カカオ[Cacao]は、中南米原産のアオギリ科の常緑高木で、
白い5つの花弁の花をつけます。
ラグビーボールのような大きな実を結び、甘く白い果肉の中には
25~80 粒の種子があります。

紀元前2000年ごろ  古代メキシコでは、カカオ豆を「テオブロマ」と
呼んでいたそうで、当初はカカオ豆を食べず、果肉や種の周りの
繊維部分を食していたようです。
ところが偶然にも、何日も続いた山火事が起こったことから原住民の
インディオは、「炎」でカカオ豆をローストすれば、とても芳ばしい香を放ち
また美味なことを知ったので、以後カカオ豆を焼き、すりつぶして
食べるようになったそうです。

この偶然の出来事が、いままで無用であった「種」を貴重な
「カカオ豆」に変えてしまったのですね。
以来カカオの栽培も行われるようになり、貴重な食料品として
珍重されるようになったということです。
良ければ下記のURLもご参考にして下さいませ。

『”神様の食べ物”カカオ豆』の項をご参照願います。
http://www.yk.rim.or.jp/~hkora11/cocoa.html

【チョコレートの歴史】
http://homepage1.nifty.com/chocolatier/history.htm

【ロッテ チョコレート歴史館】
http://www.lotte.co.jp/choco/b1.html

【日本チョコレート・ココア協会】
http://www.chocolate-cocoa.com/index.html

少しでもご参考になれば、幸いです。

ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://www.yk.rim.or.jp/~hkora11/cocoa.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。山火事が原因だったとは、、これで謎が
とけました。ありがとうございました!!

お礼日時:2002/02/12 14:05

カカオについてではありませんが、植物全般について…



単に食べられるだけでは生き残れないのは間違いないことでしょう。
しかし、南天などは食べられるて、糞として排出されることでそこから芽を出します。
従って、植物にとって食べられる実を付ける事によって、
逆に移動することが出来ると言うメリットを得たものがいます。
また、一部の動物は食料を溜め込んだりしますよね。
それを利用し、生息域を拡大するものもいます。
ドングリなんかはリスによって地面に埋めて隠されることにより、
発芽に有利な条件を獲得しています。
トウモロコシや大豆、イネなどの穀類は
人類の主食になり、人類が栽培することでその生息域を爆発的に拡大した、とも言えます。
植物の有する戦略は進化によって淘汰されてきたものです。
どのような戦略が生き残りにつながるのか、と言ったことは分かりませんが、
生き残れなかったものはすでに消えているはずなのです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
>単に食べられるだけでは生き残れないのは間違いないことでしょう
確かに植物全般に関してはそうかもしれません。しかし、カカオに関して言うならば、食べられたがっているような気がするんです・・でなければ、あのようないい香りを発しないと思うんですよ・・

補足日時:2002/02/12 01:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB種接地極とD種接地極は同電位か

接地極付コンセントの差込口の接地側Wと接地Gとを銅線で繋ぐとELBが動作するのはなぜでしょうか?
電圧側と接地側を繋ぐと短絡、電圧側と接地を繋ぐと漏電というのはわかります。
接地側W・単三の中性線は変圧器の二次側でB種接地工事を行い大地と同電位になり、接地極付コンセントの接地極はD種接地工事を行い大地と同電位になっているのであれば
接地側Wと接地Gは、ともに電位ゼロで同電位となるので接続しても電流は流れないと思うのですが、実際にはELBが動作してしまいます。
MCCBではなくELBが動作するということは地絡しているということだと思うのですが、その電流はどのように流れているのでしょか?
B種接地極とD種接地極の間には電位差が存在するのでしょうか?

ELB動作の確認はしているのですがなぜ動作するのかがさっぱりわかりません。

Aベストアンサー

接地極側のWに電流が流れていない(つまり無負荷)場合は、同電位と言えます。
そうでなく電流が流れていれば、線路定数による電圧降下が発生しますからB種接地よりも電位が上昇します。
この場合に留意すべきことは、当該コンセントに負荷があるかどうかではなく、柱上変圧器から当該コンセントまでの間で分岐して負荷があるかないかまでを考慮しなくてはなりません。

このように電位が異なれば、接地極側線を流れる電流がD種接地にも分流することになり、これがELBが検知する漏洩電流となります。

QB種接地とA-D種接地の間に発生する電圧について

キュービクルのB種接地とA-D種接地の間で19V発生している現場があり調査を進めていったところB種接地抵抗値が過大(測定不能)によるものと判明しました。
B種接地が断線してしまうとB種接地と対地間で高電圧が発生してしまうのは聞いたことがあるのですが、今回の事象を説明する理論が分かりません。
どなたか分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です
B種が断線し、非接地電路として説明します。
電線・ケーブル・機器は完全な絶縁物では無いので、接地物との間に静電容量・抵抗が存在し、若干電流が流れています。
これが全ての相で同じ抵抗であれば各相同じ対地電圧になります(3相の場合)が、実際は違いがあり、抵抗の低い相の対地電圧が低くなり抵抗の高い相が対地電圧が高くなります。流れている電流と、対地間の抵抗で電圧が発生します。
単相機器を非接地電路で入切すると対地電圧が上がったり下がったりします。

Qお札の原料について

このカテゴリーでいいのかわからないのですが・・・。
夏休みの子供の自由研究でお札のことについて調べていますが、材料はこうぞ・みつまただということは私にもわかりましたが、産地がどうしても分かりません。
どなたか日本の何処で作られているものがお札になっているのか教えていただきたいのですが・・・。

Aベストアンサー

 こうぞ等の 産地は 参考URLの とおりですが 
 お札のもとの 産地まで いるのでしょうか?

参考URL:http://www.ozuwashi.net/tesuki.htm

Qバイオディーゼル燃料の原料として,米国では大豆,欧州では菜種が使用され

バイオディーゼル燃料の原料として,米国では大豆,欧州では菜種が使用されているそうですが,それぞれの原料の生産量(収穫量)の何パーセントが燃料用に使用され,食用,化学用などほかの用途への使用割合はどれくらいなのか,教えてください。

Aベストアンサー

多分ご要求の数字は得るのが難しいと思います。
バイオディーゼル燃料(BDF)の原料は植物油全般であり、大豆油も菜種油もその一部にしか過ぎません。
米国のBDFが全て大豆油から作られ、欧州のBDFが全て菜種油から作られる訳ではありませんし、そもそもは素性がはっきりしない廃植物油をメチルエステル化する事、つまり廃物利用が発端な国が多いのです。
大豆油や菜種油の様に市場価格があるものは、それに手を加えて燃料にして価格が合う訳がありません。
従って現在のように各国が補助制度を導入して新油からのBDF製造が始まったのですが、はるかに値段が安いパーム油や売れようの無かった非食用油の方がBDF原料に向いているのは明らかです。
またBDFと言っても、脂肪酸メチルエステル(FAME)と言うものだけで無く、BTL(植物性人造石油)と言う性能的に優れた製品も欧州では市販されています。
米国ではガソリン車が多い上に大豆の生産量は膨大であり、欧州では多数の原料が各国でバラバラに使用されている事を考えると、双方のBDF転用比率は円グラフでは見分けられない程度、数%にも行かないと思います。

多分ご要求の数字は得るのが難しいと思います。
バイオディーゼル燃料(BDF)の原料は植物油全般であり、大豆油も菜種油もその一部にしか過ぎません。
米国のBDFが全て大豆油から作られ、欧州のBDFが全て菜種油から作られる訳ではありませんし、そもそもは素性がはっきりしない廃植物油をメチルエステル化する事、つまり廃物利用が発端な国が多いのです。
大豆油や菜種油の様に市場価格があるものは、それに手を加えて燃料にして価格が合う訳がありません。
従って現在のように各国が補助制度を導入して新油からの...続きを読む

Qバイオエタノール製造に必要な原料

バイオエタノールの原料として、麦、大豆、とうもろこしなどがあります。ではこれらの原料でバイオエタノール(例えば2L)を作るのに、どれだけの量が必要でしょうか?最近もてはやされているバイオエタノールの結果、どれだけ飢えが起きるか興味があるところです。

Aベストアンサー

アルコール発酵は糖からエチルアルコールを生成しますが、ブドウ糖からの反応式は次のようになります。
C6H12O6 → 2C2H5OH + 2CO2
すなわち理論値としては、ブドウ糖1モル(180g)からアルコール2モル(92g:116mL)が生成されます。
実際は、麦やトウモロコシなどの穀類からは、酵素などででんぷんを糖化し、酵母でアルコール発酵させ、蒸留などによって、高濃度のアルコールにします。
アメリカの例では2005年に約14億ブッシェル(約3500万トン)のトウモロコシから約42億ガロン(1500万kL)のエチルアルコールを生産しています。
ただ、その過程でDGとかDDGSとよばれる副産物ができ飼料に使われます。

参考URL:http://www.ethanolrfa.org/resource/outlook/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報