I worried about the influence of the city on Jessica, of so much that was ugly and tawdly and meretricious violent, distasteful, of all the getting and spending.
「都会がジェシカに与える影響、あれほどまでに醜く、安っぽくてけばけばしく、暴力的で不快なものの影響、手に入れたり使ったりするものすべての影響が心配になったのだ。」

この文でのso much that の役割を教えてください。どういう構造になっているのかよく分かりません。訳は本に載っていたものです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

much は名詞にもなるんです。


だから、文法的には、 so much は that の先行詞です。
so many things that でも意味は同じです。

あと、ofの前に the influence が省略されてます。

I worried about
the influence of the city on Jessica,
(the influence) of so much (= many things) that was ugly and tawdly and meretricious violent, distasteful,
(the influence) of all the getting and spending.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ayacoayacoayacoさんこんにちは!なるほど、so much=so many things と考えると、非常にわかりやすいですね。それと、ofの前に the influence が省略されてたんですね。気づきませんでした。補っていただいた文をみてはっきりと構造をつかむことができました。お返事ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/12 23:41

No.1で回答した者ですが、ちょっと追加です。


that がかかっている名詞は influence ではなくて much でしょう。

 "the influence of so much that was ugly and tawdly and meretricious violent"
 「あれほどまでに醜く、安っぽくてけばけばしく、暴力的で不快なものの影響」

和文中の「(あれほどまでの~)もの」が so much の訳にあたります。
(語順の影響で、あれほどまで「に」となっていますが)

「多くのもの」がuglyだったのであって、「影響」がuglyだったわけでは
ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ayacoayacoayacoさんこんにちは。フォローしていただいてどうもありがとうございます。私もinfluenceに掛けると、和文と食い違ってきて分からなくなってきたので、so muchがキーと思って質問させていただきました。疑問が晴れて良かったです。また機会がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/12 23:56

I worried about the influence



of the city on Jessica
of so much that was ugly and tawdly and meretricious violent, distasteful
of all the getting and spending.

という3つそれぞれにつながっています。

二番目のso muchは、それほどまで(そんなにも)にという意味で
that以下の文章をうけるためにあります。

She was so beatutiful that every man loved her.
    ~~      ~~~~
だと「彼女はすべての男の人がほれるほどきれいだった」
といういみになりますね。

たぶんこれでいいとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>二番目のso muchは、それほどまで(そんなにも)にという意味でthat以下の文章をうけるためにあります。

ran_aichiさんこんにちは。なるほど、much自体は「たくさん」という意味ではなくて、ぼんやりとした量を示す指示語なんですね。後ろから訳すと綺麗になりますね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 23:51

同格のofとういうのが参考書にあったような・・・。


これだと、influenceがso muchで、that~はinfluenceにかかる、ということになりますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>これだと、influenceがso muchで、that~はinfluenceにかかる、ということになりますが。

may-may-jpさんこんにちは!もう一度英文を読んで考えてみたのですが、muchにかけたほうがすんなりいくと思いました。そういうわたしも一人では判断がつかなかったのですが。どうもお返事ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/13 00:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む

QThat lay an afternoon, evening and night ahead, across Illinois, Wisconsin, ,,

こんにちは、分りにくいタイトルで申し訳ありません。質問箇所の英文が長くて、最後まで打てませんでした。

英文の言いたいことは大体分っているのですが、国語力か、英語力不足か分りませんが、、、(それともボケか)うまく訳せません。

本のタイトル:The battle of pollocks crossing 著者:J.L.Carr

背景:
イギリスからアメリカに高校教師として海を船で横断して向かうジョージ、船が途中で立ち寄ったシカゴの港で街を探索する。

そこで、野蛮かつ危険そうな人たちを見かけたジョージはここが自分の赴任先ではない事に「ほっ」とする。 

前後の文章:
As he tracked back to the depot he was glad that this was not his journy's end.『 That lay an afternoon, evening and night ahead, across Illinois, Wisconsin, Minesota, half Dakota.』

自分の訳:
停留所に引き返す時に彼は感謝した、ここが旅の終わりでないことに。『 まだ昼と夕、晩、イリノイ、ウィスコンシン、ミネソタ、ダコタ半分の横断が待ち構えている。』

ご覧のとおり『』内が、なんだか変な言葉になってしまいます。 どうもうまく訳せません。

要するに内容としては、「旅が終わるまでにはまだ船に昼、夕方、夜と乗らないといけないし、イリノイ、ウィスコンシン、ミネソタ、ダコタ半分も通らないといけないしな~。」という事だと分っているんですが、、、。

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、分りにくいタイトルで申し訳ありません。質問箇所の英文が長くて、最後まで打てませんでした。

英文の言いたいことは大体分っているのですが、国語力か、英語力不足か分りませんが、、、(それともボケか)うまく訳せません。

本のタイトル:The battle of pollocks crossing 著者:J.L.Carr

背景:
イギリスからアメリカに高校教師として海を船で横断して向かうジョージ、船が途中で立ち寄ったシカゴの港で街を探索する。

そこで、野蛮かつ危険そうな人たちを見かけたジョージはここが...続きを読む

Aベストアンサー

> That lay an afternoon, evening and night ahead, across Illinois, Wisconsin, Minesota, half Dakota

layは、lieの過去形で、自動詞です。

Our way lay through the woods.:「道は森林の中を突き抜けていた」WISDOMからの引用

と同じ使い方で、

that は、そのすぐ前の journy's end、または、 journyです。つまり、「旅(の目的地)は、午後、夕べ、そして夜を過ごすだけまだ先にあり、イリノイ、、、、を過ぎた場所にある」です。

Qand actually kinda annoying cause of the amount of people that were there.

正しい訳をおしえてください。
メールをもらいました
i actually went to shibuya cause i havent been there in a loooong time. it was ok. i went to a club called A. it was very crowded, and actually kinda annoying cause of the amount of people that were there. but anyway i was just checkin in to see how you were doing. cya

実はずっといったことがなかったから渋谷へいったんだ。よかったよ。Aというクラブへいったけど混んでたよ。あと・・・・・でも
わかりませんでした。教えてください。

あとこの文のようにいわれたとき Aいったんだ。楽しそうだね
とか、いいね とかはどういえばいいのですか?


教えてください

Aベストアンサー

ずーといってなかたので渋谷行ったよ。よかった。Aも良かった。混んでたねー。あまりの人の多さにちょっと引いた。まあともあれ、君がどうしてるかなーとおもってさ。

Qpart of,a part of,the part ofの違いについて

定冠詞、不定冠詞の使いは方は理解しているつもりですが、以下の認識であっていますでしょうか?

まず、the part ofの場合は、その部分が会話の中で明確になっておりまさにその部分であると言うことをさす場合に使用すると考えてよろしいでしょうか?

a part ofはその部分が数えられるものである場合に使用し、part ofは数えられないもしくは分割の単位があいまいなものに使用するという考えでよろしいでしょうか?


以下のような感じでしょうか?
this is the part of the issue.
訳「これは、その問題のその一部分(今話題に上がっている部分)です」

this is a part of the issue.
訳「これは、その問題のいくつかある中のそのうち一つです。」

this is part of the issue.
訳「これは、その問題の一部です。」

また、経験からしてpartに関してはtheかaをつけてもよいときにでも冠詞なしで使われることが多いように思うのですが。

Aベストアンサー

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East Germany ceased to exist in 1990, becoming a part of the Federal Republic of Germany.

John had to pay Mary $10 million as part of the divorce settlement.

などはいかがでしょう?

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East...続きを読む

QAt the end of the day, however, the

At the end of the day, however, the root cause of financial market excesses on both the upside and the downside of the cycle is collective human behavior: unbridled optimism on the upside and fear on the downside, all in a setting in which it is literally impossible to anticipate when optimism gives rise to fear or fear gives rise to optimism.

 セミコロン後の「抑えの効かない市場の高揚の楽観主義と市況後退の恐怖」に対応する述部がないように思えるのですが,述部を含めてお訳しください。
 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

collective human behaviorを説明するために同格の名詞句unbridled以下を置いている構造です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報