16歳高校1年生の男の子です。
昨年から学校に行けず・・・不登校です。
友達、先生とあわず・・両親とも接触を絶っています。
本人は学校を辞めて就職したいと希望してます。
大阪近辺で宿泊込みのフリースクールがあれば、どなたか教えてください。
お願いします。

A 回答 (5件)

現状を言えば、高校中退者の就職状況はきわめて悪いです。

高卒者でも就職がない時代ですので。ご本人がどのような職種を求めておられるかにもよりますが、建築関係の職も近年はずいぶんと仕事が減っていると聞いています。
学校と名のつくところへは行きたくないとおっしゃっているようですが、料理などの専門学校もいやということでしょうか。就職するつもりでいても実際に仕事がなければ、結局フリーターというかたちで不安定な状態を続けることになりかねません。専門学校でも卒業して、何か技能を身につけることが望ましいと思います。
それから、フリースクールとは違いますが、長尾谷高校や八州学園高校などの単位制高校もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、現状は厳しいですよね・・・
専門学校で技術をつけることが一番ですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/20 16:32

 フリースクールなるものが勉強不足でよくわかりませんが、これから社会に出ていくに際して組織や人間関係は避けて通れるものではなく、その点について未熟な本人の希望(学校~就職)を鵜呑みにした方向付けはどうかと思うところです。


 学校や職場というのが最も一般的な人間の集団といえますが、その両方を職場とした経験のある私から見ると、教育機関である学校が務まらない状態でもっとドライな就職という道が務まらなるはずもありません。しかし、本人に幾ばくかの動機が見えるようなので、その動機を潰さないようにしつつ、育むべき分を伸ばし、根気よく適切な指導をされる他ないかも知れません。
 ただ現実問題として、そのようなかたちでの就職は困難であろうし、そこでフリースクールなのですね。わからないなりにフリースクールなるものをイメージすると玉石混交という言葉がでてきました。むしろ、ボランティアなど居候的な機会を探り図ることも一方法ではないでしょうか。最近はNPO団体やボランティア団体なども活発の様子なので機会もあるのではないでしょうか。
 結局私見的なものになってしまい恐縮です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ボランティアやNPO団体という選択肢がありましたね。
ありがとうございます。
早速、調べてみます^^

お礼日時:2002/02/20 16:30

学校は休学にして、一度就職してみたらいいと思います。



町沢静夫先生の本に、同じようなケースの少年のことが書いてありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
町沢 静夫先生の本を読んでみます。

お礼日時:2002/02/20 16:25

 親御さんですか? 二十歳前後までで成長に伴い変化がおきるかも知れないし、高校卒業となるような環境を持たせてあげるまでしたほうがよろしいかと思います。

不登校の原因がわかればそれに対処する必要もあるでしょう。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
私はその地区でソシャルワーカーをしています。
その子は、学校という名前のところにはもう行きたくないといっております。
学校だけが選択肢ではない、という決断のもと、就職を希望しております。
ただ、親御さんがもし、勉強したいと思う気持ちになったのであれば、その時点からでも遅くはない、だから、フリースクールで人生の勉強をさせてあげたい。という判断です。

補足日時:2002/02/12 14:16
    • good
    • 0

それで、あなたは就職したいのか学校へ行きたいのかどちらなのですか?一緒には両立する事は出来ないと思います。

この回答への補足

補足をさせていただきます。
本人は学校と名前がつくところには、もう行きたくないといっております。
ご家族は、本人の希望をできるだけ尊重しようと思ってはいるのですが、もし、あとからでも本人の気持ちが変われば、大検でも受けてもらいたいと思っており、気持ちに少しずれが生じております。妥協点として、フリースクールで団体生活により、人生の勉強をしてもらい、どこか就労できたら・・・ということになっております。

補足日時:2002/02/12 14:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ