今川家臣、福島正成の読みは「くしままさなり」ですが、どうして「ふくしま」でなく「くしま」なのでしょうか?
誰かご存知の方教えて下さい。
ちなみに彼の子供は北条氏綱の娘を娶り、北条綱成と改名しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

初めまして。



一部文献では、彼は九島と記されているので、恐らく、本性は九島(くしま)なのではないでしょうか。

なんらかの理由で、改名したのだと思います。正成の代で変えたのかどうかは疑問ですが、戦国時代以降に書かれた文献にも彼を「九島」と記しているものはありますので、当時から彼は、くしまと呼ばれていたと思います。

ただ、この説にも難点があるのですが、それを書き出すとなが~くなってしまいますのであしからず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gajimaruさん、ありがとうございます。なるほど、九島なら納得がいきますね。ただやはりなぜ福島と記述されるのか(何で改名したのか)その辺のこと、気になりますね。

お礼日時:2002/02/14 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q札幌市のお肉屋さんで・・・鳥たたき(ささみ)を・・・

札幌市内で、自分で『鳥たたき』を買える(居酒屋等に食べに行くのではなく)お肉屋さんを知っている方居ましたら教えてください。
おねがいします。

Aベストアンサー

専門店での購入がベターです。ただし、札幌市内で鶏肉専門店があったかどうかの記憶はありませんので、普通の食肉店(大手スーパーとかデパート等)で鮮度を確認し、生食可能かどうかの確認を取ればいいと思うのですが。

Qなぜ、中世ヨーロッパの「刀」は「刃つき」でなく、「ピン型」ですか?

なぜ、中世ヨーロッパの「刀」は「刃つき」でなく、「ピン型」ですか? まさか、「刃」をつける技術力がなくて、やむをえず、「とがったもの」と作るしかなかったと? 日本では、「切る」形で相手を倒すけれど、ヨーロッパでは、「突き刺す」形となったのはどういう理由からでしょうか? 当時のアラビアでも、「刃の広い刀」を使っていたはずですが。。。

Aベストアンサー

#3です。補足します。

私の後に、いろいろお詳しい方が書いておられますが、武器としての刀・剣と道具(装飾)としての刀・剣についいて補足します。

もともと、刀・剣は武器として戦争で用いられ、段々発達してきました。
武器としてみた場合、刀でもこん棒でも、敵を殺さなくても無力化すればいいのです。また戦闘中に武器が使い物にならなくなっては困ります。さらには、安く作れるほうがいいですね。
ということで、古代、戦闘用には太くて折れない剣が最初に登場します。その後接近戦用や騎馬戦などに短刀や槍などが出来てきます。しかし戦争は白兵戦が基本ですから、より折れにくくしかも鋭い刀・剣が必要になっていったのです。

また戦闘方法も無力化すればいいのですから、殴る・蹴る・切る・突く何でもありです。しかし切ると、折れるかもしれない・刃こぼれするかもしれない、というわけで、どのような刀でも突くというのが重要な動作になります。アラビアの「刃の広い刀」は騎馬戦を主体とした民族だったため、馬の上から切りつける(というか叩きつける)ことで、相手を無力化したため、切ることを犠牲にして叩くこと・折れないことに重点を置いたつくりになっています。

その後中世に入り、古代的な戦争が減ってゆき、社会も階層化が進みます。そうすると、もともと身を守る刀・剣が階層を表す重要な道具になって行きます。また銃が発明された後は、なおさら装飾化します。
日本でも、刀は武士の命といいますね。中世から近世のほかの国でもこの傾向が現れました。
しかしそうすると問題が起きます。本当に戦争に使えるような、頑丈な武器は常に携帯し、権威を表すにはちょっと重過ぎます。ですので軽く扱いやすい武器に変化していきます。もちろん武器ですから最低限の機能はあります。ヨーロッパの武器は突くことだけを主体にして軽く細くなりましたし、日本刀も細く持ちやすくなっていきました。

つまり刀・剣には使い型や用途によっていろいろなものがあるのです。また他の国と書きましたが、他の国の歴史もいろいろですので、大体このように進んだのだと思ってください。

ですので、私のお礼に戴いた「切れない刀」もまったく切れない分けではありません。戦争用ではないということです。もっとも江戸時代も後半になると、武士の2本差しも本当に権威を表す道具になってしまいますので(ほとんどの武士が剣術訓練しないし)、お金に困った武士は刀を質に入れ、竹製の刀身を鞘に入れてもっている人もいたのです(竹光と揶揄されました)ですから「切れない刀」を持っている人も本当にいたようです。
また日本刀の斬るについてですが、日本刀だけは斬ることができ、また刀身も斬ることを前提にカーブがつけてあります。時代劇で刀を納めるときにかっこつけているように見える動作も、カーブに沿って刃を傷めないように鞘に収めるため、必要な動作です(ま、カッコもつけていますが)
ですが、実際に斬りつけるとすぐに刃こぼれしてしまいますので、何人もと対決しなければならないときは、突きのほうが有効です。

#3です。補足します。

私の後に、いろいろお詳しい方が書いておられますが、武器としての刀・剣と道具(装飾)としての刀・剣についいて補足します。

もともと、刀・剣は武器として戦争で用いられ、段々発達してきました。
武器としてみた場合、刀でもこん棒でも、敵を殺さなくても無力化すればいいのです。また戦闘中に武器が使い物にならなくなっては困ります。さらには、安く作れるほうがいいですね。
ということで、古代、戦闘用には太くて折れない剣が最初に登場します。その後接近戦用や騎馬戦な...続きを読む

Q詳しい方教えて下さい。 ガスオーブンで少し大きなプリンを作ろうと何度も 挑戦しているのですが、160

詳しい方教えて下さい。
ガスオーブンで少し大きなプリンを作ろうと何度も
挑戦しているのですが、160度だとすがはいってしまい滑らかなプリンにならず。
今度は140度で30分!側面にすがはいってきたので
一度取り出し竹串で確かめてから10蒸したのですが、
真ん中が液体のままでした。
どうしたら、大き目のプリンが滑らかに出来るでしょうか?詳しい方よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

せっかく理科勉強したのに・・。
 料理って、ビーカーが鍋に変わるだけで、すべて化学ですから。

 いわゆるタンパク質の熱変性を利用していますから、基本的には73℃~100℃未満で加熱し続ける必要がある。温度が上がりすぎると、沸点を超えて水蒸気の気泡が成長する。
 160℃のオーブンで、行いますが必ず水を使いますね。それは水が気化して凝結する--いわゆる状態変化に伴う熱の移動。水蒸気がプリン表面で凝結することにより生地が加熱される。
 水が気化するときに熱を貰い、その水蒸気が水に凝結するときに熱を放出する。その熱を受け取って記事が固まる。---160℃のオーブンの熱で固まるわけではない。
 言い換えると。茶碗蒸しと原理は全く同じです。

 ゼラチン(タンパク質)や、寒天(アガロースやアガロペクチンなどの多糖類)で固まるのとは原理が違う。そのため出来上がったものの触感が異なります。

 タンパク質の熱変性を使って固めるのでしたら、固めるのに蒸し器を使い。最後にオーブンで焼き色を付けるほうが良いでしょう。

Q仙台藩伊達家臣「伊達一家」家格について教えて下さい

仙台藩伊達氏家臣の次の一家の家紋をご存知の方がいらしたら教えていただけないでしょうか?

.
仙台藩伊達氏の家臣団のうち、「譜代世臣並びに伊達氏に従った戦国時代の国人領主」の家格である
「伊達一家」
にあたる家臣団の

黒川家、
藤田家、
飯坂家、
白石家

のそれぞれの家紋をご存知の方がいらしたら教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 
黒川家:「二つ引両」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B7%9D%E6%B0%8F
平石家:「九曜」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%9F%B3%E6%B0%8F
 
他の2家は判らない。
他の人の回答を・・・・。

Q男性用と女性用 (´・ω・`)

男性用香水はcologneで女性用香水はperfumeだそうです。男性用と女性用でまったく言葉が違う例は、他にもありますか。

Aベストアンサー

他の回答者さんの回答を見ると
Cologne=男
Perfume=女
と決まっているわけではないようですがが、英語圏のほぼ誰もが質問者さんと同じ意見だと思いますので、その知識は間違っていませんよ。

PurseをWalletも同じです。
Walletは主にカードやお金を持つもの。
Purseはお金のほかにもいろいろ入るもの。
で、女・男関係ないですが、実際には男用がWallet、女用がPurse、と言葉を使い分けしています。

実際に使用されている意味と本来の意味は違うことがあるんですよね。

回答になってませんね...すみません。

Q熊本では、加藤清正に比べて、甲斐宗運、相良義陽、相良家臣団、細川忠興、小西行長等が人気ないのは何故で

熊本では、加藤清正に比べて、甲斐宗運、相良義陽、相良家臣団、細川忠興、小西行長等が人気ないのは何故ですか?

加藤清正は熊本を発展させたかもしれませんが、それは北肥後だけでしょう。
しかも元々はよそ者です。

小西行長は南肥後を支配したので、南肥後の人はむしろ彼を慕うべきな気がします。

細川忠興はよそ者ですが、熊本全土を治めたのに不人気です。

甲斐爺、相良義陽、相良家臣団に至っては各地域の出身・土着なのに人気がありません。何故ですか?

Aベストアンサー

加藤清正の熊本築城から100年ぐらいの間に堤防か新田開発とか干拓とかインフラの開発が行われました。
 その時の技術は熊本城の築城の技術が基礎です、また具体的に実行したのも清正の家臣団です。
 200年後には通閏橋も作られますが、その技術も築城の技術が発展したものです。
 今でもそんな堤防などが現役で使われていますので、熊本の人たちは清正公はえらかったと語り継いでいます。
 細川さんは人気がありますよ、なんと言っても平成の時代に総理大臣まで出しております。それだけ、現在でも立派な家臣団がいると言うことだと思います。熊本の中心街のほとんどの不動産はその家臣団(元家老、家臣)が持っております。ですから熊本の街はきわめて計画的に開発されていったのです。

Q外字ファイルを別のパソコンの外字フォルダの中にコピーすると外字エディタが起動しなくなります??

あるパソコン(Windowsxp pro)で外字を作成し、
その外字ファイル(Eudc.tte)を別のパソコン(これもWindows pro)の
外字フォルダ(C:\Windows\fonts)の中にコピー
(インストール)したら外字自体は使えるのですが、
外字エディタが起動しなくなります…
(立ち上がったと思ったらすぐに落ちてしまいます)

外字が使えるようになっても、外字エディタが使用できないと編集したくなった時に困ってしまいます。

何が原因だと思われますか?
また外字エディタも使用できるようになる解決策はありますでしょうか?

Aベストアンサー

  noitigo 様

 失礼ですが、外字ファイルのフォルダをお間違えになっています。
 外字ファイルは、元々C:\WINDOWSのルートにあります。
 「EUDC.TTE」と「EUDC.EUF」の二つを一旦FDなどにコピーした
 ものを別のPC上の同じC:\WINDOWSのルートにコピーしなければ
 これらのファイルを「C:\Windows\fonts」にコピーされましても
 エディタは認識出来ません。

 「C:\Windows\fonts」に存在するフォントはあくまで
 一般のフォントとしてCODEが割り付けられておりまして
 全く違うところにあります。
 外字のCODEは大抵「F040」から割り付けられるように
 空いております。

 只、ご注意が要りますのは、別のPCに若し元に入っていた
 外字がありますとコピーした外字と置き換わってしまいます。
 この点はお含み置き下さい。
 

 
 

Qなぜ,藤原氏は「藤原」「の」「道長」と,「の」がつくのでしょうか。

なぜ,藤原氏は「藤原」「の」「道長」と,「の」がつくのでしょうか。
徳川氏は「徳川」「家康」と「の」がつきません。
その違いは何でしょう。

Aベストアンサー

「藤原」が本姓だからです。源平藤橘と言う言葉を聞いたことありませんか?
源、平、藤原、橘、皆天皇からいただいた姓なのです。
それ以外に苗字があり、これが織田や羽柴、徳川なのです。
ですから、徳川家康も持っており源になります。(途中で改姓したので)本姓で言えば「源(の)家康」と言うことになります。
豊臣秀吉も豊臣は本姓ですから正式には「とよとみ の ひでよし」と読みます。
秀吉の苗字は羽柴ですから俗称は羽柴秀吉ですね。このときは間に「の」は入れません。
本姓は明治3年の平民苗字許可令と明治8年の平民苗字必称義務令により日本人全員が苗字を持つことになり廃止されました。
それ以前の江戸時代までは苗字を持っているは武士階級や名主などの一部平民だけで、一般平民は苗字を持っていませんでした。

Qつげの櫛

妻が毎朝、夕に櫛で髪を梳いているのですが、その櫛がホテルに泊まった時にもらったプラスチックの櫛なのです。
そこで、今度の誕生日につげの櫛を妻に贈ろうと思います。特につげにこだわっているのではないですが、良い櫛として、つげの櫛が思いつきました。

良い櫛とか、店、また選び方についてアドバイスをいただけますか。
妻の髪は太くて量が多いです。長さは肩位であまりクセはないです。

Aベストアンサー

こんにちわ。ほんとに素敵な旦那様ですね。
奥様がうらやましいです。
私は腰までのロングヘアですが、柘植のくしを使うようになってから
髪の毛がサラサラになりました。
特にこだわりはなかったので
デパートの化粧品売り場で購入しました。(資生堂のもので3000円でした。ちなみに千葉の三越です。)
高いものなので、一生使うつもりでお手入れをしています。
ネットで探してみてもいいかもしれません。
彫り飾りのあるようなくしもあります(ちょっと高いけど)

Q武田家臣の「昌」の字

飯富虎昌、山県昌景、高坂昌信、内藤昌豊、真田昌輝、真田昌幸…。武田家臣には「昌」の字が多いですが、これは誰かからの偏諱を受けているのでしょうか? 主家である武田氏にも足利将軍家にも「昌」の字を持った人がいないように思うのですが…。

Aベストアンサー

「昌」の偏諱は武田氏16代当主、武田信昌のものだといわれています。
世代でいうと、武田信玄の3代前にあたります。
甲斐武田氏は室町時代から代々甲斐守護の座にありましたが、戦国初期において
甲斐国内の有力豪族をおさえ国主としての座を確立したのがこの信昌の代といわれています。
その経緯として、甲斐国内の豪族たちに「昌」の偏諱を与えていたのかもしれません。


人気Q&Aランキング