NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

私の祖父が先日なくなり、今のお墓に納骨されました。
私の父は長男で、私もその長男に当たります。
田舎である為か常識の範疇なのか、
長男が継いでいくのが当たり前のような雰囲気です。

例えば私がその土地を離れ、そのお墓に入る気もなく、
海外で暮らしてそこで骨を埋める気でいるとすると
それは非常識なことなのでしょうか。

私がいなくなれば、
兄弟や親戚が必然的に継ぐことになるのでしょうが、
兄弟・親戚も嫁いだり遠方でその土地にいない場合、
永代供養?をお寺にお願いするのが
良い方法なのでしょうか。

ご先祖様を大切にする心は大切だと思いますが、
お墓があるからその土地にいないといけない、
最終的には戻ってきて当然、
そのようなしがらみは納得しかねます。
私自身はその土地で育ったわけでもなく
盆・正月に両親に連れられて行っていた程度ですので、
あまり馴染みも愛着もないのが正直なところです。
一度お墓を移動か合祀しようとした際、お寺さんが
言うには、ご先祖様が嫌がっているとのことで、
断念したことがあるそうです。ですから、私なり
親戚がいる場所へ移すというのは難しそうです。

このようなことに疎いもので、
お叱りを受けるような内容かもしれませんが、
どのようなものか、お考えをお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

曹洞宗の僧侶です。


お墓というものは、極端に長い目でみれば永遠不滅のものではありません。たとえば、誰でも曽々々々々々々々々祖父さんが居たことは確実ですが、そのお墓がどこにあるのか、現在でも存在しているのか、知っている人はほとんどいないでしょう。しかし、曽々々々々々々々々祖父さん位であれば、その戒名なり法名なりが過去帖などの記録に残っていて、「●●家先祖代々精霊」というような形で、みんないっしょのご位牌としてお祀りされているケースは、それほど珍しくはありません。
つまり、ご先祖様を大切にするということは、自分が今存在するのは過去のご先祖様がおいでになったおかげであることを忘れず、きちんと祭祀を続けて行く事にあります。必ずしも、いつかは消滅してしまうであろう構造物であるお墓を護ることだけが先祖祭祀の正しい形ではありません。
もちろん、お墓を粗末にして良いというわけではありません。しかし、現在のように社会移動が大きい世の中で、何が何でもお墓のある土地に住み続けなければならないということはありません。ご自分に精一杯可能な方法で、ご先祖さまのお祀りを続け、自分のルーツがどこにあるのかということを忘れなければ良いのではないでしょうか。

蛇足ながら、お墓を移すことを先祖様が嫌がるということはあまり考えられません。むしろ転居や結婚をきっかけとして、ご先祖さまとの縁が切れてしまうことの方が問題があると思います。止むを得ない社会移動による改葬や合祀は当然、行なってもさしつかえありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

すみません、ご先祖様が嫌がったわけではなく
同じ敷地にある無縁仏の方々のお墓を
家の墓に合祀しようとした際に
無縁仏の方々が嫌だと言われたそうです。

そうですよね、お墓はただの構造物なんですよ。
もちろんご先祖様には住み慣れた土地というのは
あるかもしれませんが、
お墓や土地だけにこだわるのは本末転倒だと言えます。
ご先祖様に理解ある方が多いと良いのですけどね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/24 23:46

墓は相続者がいないといけないことになっています。


相続ができない場合は、納骨堂で永代供養をするケースが増えています。通常の墓であれば、管理が大変なので。
骨壺だけを納骨堂に入れることになると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

相続者ですか。つまり維持管理する人ですね。
納骨堂に・・・というのも寂しい気もします。
お墓も納骨堂もどちらが良いというものでは
ないですね。
一般的には前者が良いとされるのでしょうけど。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/24 23:50

都内の浄土真宗の寺の者です。


お墓を移すことへの対応はその寺によって違うと思いますし、そのお墓に入る気がないと非常識がどうかも、その土地や風習によって周囲の捉え方は様々ですよね。やってできないことでは、もちろんありません。
ただ、いずれお墓を継ぐ人(維持費・管理費等を負担する人)がいなくなったお墓は、法律によって撤収され、納められているお骨は総墓に納められ、事実上の無縁仏になります。自分の家族やご先祖が無縁様になるのが忍びないということであれば、足繁くお参りするのが不可能だとしても、維持費・管理費の納入だけは続ける必要があります。
そのあたり、ご自分もご親族の方も特に異論がないのであれば、お寺とよく話し合って、移設するなり総墓に納めるなりということをなさったらよいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その土地や風習によって違うものなのですか。

郷に入れば郷に従えという言葉がありますが、
お墓参りも行事としてよりは
先祖を思う気持ちが大切なことだと思います。
その気持ちの表現がお墓参りだと言われると
返す言葉がありませんが、
個人的に風習等の本質を理解出来ていれば
その形に捕らわれる必要がないような
気がしてなりません。難しいです。。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/24 23:40

我が家の先祖(親)の墓も遠方にありそこには住んだ事もない所で簡単には墓参も出来ませんでした!~親父の実家で子供の頃は遊び行ってました~


親戚に理由を説明し近くに移設しました!費用は新規に造る以上に大変でしたが墓参りが出来ないより先祖の供養になると思ってます。
~先祖の供養は生きている以上大切な行事です。どうか兄弟で上手く解決される事検討ください~
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね、
墓参りが出来ないよりは遥かに立派なことですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/24 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長男に子供がいないとお墓は誰が継ぐのでしょうか?

お墓についてお尋ねします。
お墓は長男が継ぐのが普通だと思いますが、長男が結婚していても子供がいない場合もそうなのでしょうか?
もし、長男が継いでもその後をみる子供がいなければ、絶家になってしまいます。
それを防ぐために、子供のいる次男が継いでもいいのでしょうか?その場合、長男はそのお墓には入れないのでしょうか?
皆様のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はありません。

なお、通常、お墓は所有権ではなく永代使用の権利を購入していると思います。ということは、お墓は墓地代や墓石代を払った人のものというより、その後の管理料支払い等の墓地継続使用の条件を満たす人のものと言えます。そして、どの霊園でも墓地使用者の名義を書換えする権利を認めていますが、今回のことではあまり関係はないでしょうが墓地使用者の名義書換のとき、使用者の姓の変更を認める霊園と、それを認めない霊園がありますのでご注意ください。前者は民営霊園に多く、後者は公営霊園に多いようです。

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はあり...続きを読む

Q祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいの

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです。



1.祭祀継承と墓守りとは具体的にどういうものなんでしょうか?


2.分籍をしても、先祖代々の墓を見ていく必要があるらしいのですが、絶対に見ないといけないのでしょか?

現在、自分・父(長男)・母の3人家族で暮らしており、父には次男(57歳で結婚して現在は離婚して一人暮らしです)と長女(嫁に行ってます)の3人兄弟がいます。
父方の両親は全て他界してしまい、市管理の墓地に先祖代々の墓があるのでそこに入ってます。
現在、父と次男が墓盛りをしてますが、自分はこの墓を見ていく気はありません。


3.他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?
父や母が亡くなった時は相続放棄をすることに決めてます。
正や負の財産などがあっても全ていりません。相続放棄をすれば今の墓は見なくなるってことなのでしょうか?

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです...続きを読む

Aベストアンサー

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法はこのように規定してます。

1.まずは慣習によるですから、あなたのお住まいの地域の風習によります。
  この規定は、戦後の改正にかかわらず唯一戦前の考えを残したものですが、日本が均一化
  してきましたので、慣習が無い地域が殆どとなりました。

2.遺言で祭祀承継者が定められていれば、それによる。

3.遺言がない、慣例がない場合は家庭裁判所が定めるとなってます。
  いきなり家裁?
  そうなんです。法律では相続人の話し合いという規定はないのです。


質問に戻って、祭祀承継とは、仏像、位牌その他関連物、系図、お墓等々を継ぐことをいいます。
墓守りは、私の地域には語彙として存在してませんので知りません。

>自分はこの墓を見ていく気はありません。 
父と次男が墓盛りをしているようなので、お墓を継ぐ気が無い旨を言って、それなりの手続きをとっておいてください。具体的には市管理となってますのでその管理している窓口で聞けば分かります。

>「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?  
祭祀承継を前提とした遺産分割は現行民法ではありえません。
遺産の相続と祭祀承継は分離してます。
祭祀承継と相続が連動していたのは、戦前の民法つまり明治31年民法です。

しかし、祭祀承継を第一にしてそれに基づく相続という、悪しき慣習がある地域があります。
その土地の差別になりますので、地域名は書きません。
その悪しき慣習に対して裁判をおこしている事例も報告されてます。
あなたのお住まいの県や地域にその慣習がなければ、祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割という考え方が誤りです。

法律では、まずは慣習、慣習無き時は家庭裁判所というのも、これもちょっと常識外です。
ただ質問が法律ではとなってますので、家庭裁判所で決めるというお答えになります。
法律と社会常識がおおきくずれているのは多々あり皆さん誰も気づかずに行われています。
例えば、家名存続の養子縁組は民法的に無効ですし、親子になる意志がなく単に家名存続が目的でしたら犯罪行為です。しかし誰も気づかずにやっております。


あなたの場合は、祭祀承継を受けないと決めているのですから、単に管理している窓口で手続きをとってもらえばすむと思われます。

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法...続きを読む

Q田舎の長男と結婚したのに、跡を継がなかった方

35歳主婦、結婚3年目で子供なし、夫婦で東京に住んでいます。
旦那は超ド田舎の本家の長男で、私は生まれも育ちも東京です。

旦那の仕事が東京で、田舎に仕事はないので、定年まではずっと東京に住むこと確実だし、
定年になった頃には義両親も他界して、同居も跡を継ぐことも
実現しなくて済むだろうと思い、結婚を決意しました。

帰省のたびに、「子供はまだか」「早くこっちに帰ってきて一緒に住め」
「こっちで仕事探せ」「農作業を手伝え」等々のうっとうしいことを言われても、
”同居するわけじゃないし、帰省のときだけ、年に数日の我慢”と思い、
適当に笑って受け流してきたんですが、最近そういう発言がエスカレートしてきて
だんだん本気でキレそうになってきています。

基本的に男尊女卑、女は子供を産む機械であり、農作業の労働力、
家事は全部やるものという考えなので、代々東京に住んでいる私の実家とは
考えが対極過ぎて全く理解できません(うちも家事は母がやっていますが、
母が手を抜いても父は何も言わないです)。
義父は何かにつけて、義母を呼びつけては雑用をさせています。
義母がまた気の弱い人なので、見ていて奴隷のようです。
女性とはいえ、私は高度な教育を受けてきたし、経済力も身に着けてきちんと自立できるよう
育てられてきたのですが、義父は女のくせに高学歴・高収入(だった)で子供を産まない
嫁のことが気に入らないようです。
下手に会話に入ると嫌がられるし、嫁に人権なんてないんだと実感しています。

数え上げればきりがないほど、時代錯誤の考えや発言、しきたりが多く、
それらを押し付けてくることがこちらも理解できません。
結婚前は特にそういったことは言われたことなかったのですが、結婚して慣れるにつれて
あれやこれやと言いたいことを言ってきます。

ものすごい過疎化してしまっている村なのに、跡を継がせることに必死で、
先祖代々の土地を守りたい気持ちはわかるのですが、土地に子孫を縛り付けることが
子孫の人生そのものに著しく制限かけてしまってることになぜ気づかないのか、とか
そんなことばかり思ってしまいます。

その土地だって、全部合わせてもせいぜい300坪程度で、土手の斜面とか
どうしようもない土地ばかりで、維持費だけかかる負債の塊のような土地なので、
私だったら、自分の代でできる限り処分して、後世の人たちに負担のかからないように
してあげたいと考えますが、義両親は私たちが跡を継ぐのは当然で、さらには
私たちに早く男の子を産んで安心させてほしい、くらいの気持ちでいます。
でも、そもそも子供を産むか産まないかだって、私たち夫婦が決めることではないでしょうか。
同居して親の介護をして、土地とお墓を守って後世に引き継ぐのが私たちの大事な仕事と
言ってるようです。
貧しい家なので、もしかしたら私たちの援助をあてにしているのかも、などとも
思ってしまって憂鬱でなりません。

私の実家は、両親含め周りの親族を見渡しても、みんな子供には迷惑かけないよう、
自分の世話ができなくなってきたら自ら老人ホームなどに入り、子供に介護や経済的な負担が
及ぶことのないように、という考えです。
私自身は子供はいませんが、子供に迷惑をかけないようにする、というのは
当たり前のことだと思っていました。

なので、このような考えの義両親のことが最近とても重荷に思えてきて、
帰省のときだけの我慢とは言っても、帰省が近づくたびに体調を崩すことが多くなり、
どうにかうまく対処する方法はないものかと思っています。

旦那には、私は東京から離れるつもりはないこと、跡を継ぎたいなら離婚か別居と言ってあります。
もちろん、旦那との生活は幸せなのでこのまま二人でずっと暮らしていきたいですが、
知り合いも誰もいない(しかも超閉鎖的で、東京出身の私を受け入れるとも思えない)土地で
義両親の介護、その後は義姉の介護なんて、自分がノイローゼになるだけだと思ってます。

このままなんとか跡を継がずに義両親が他界するのを待って、お墓以外は適当に
処分したいのですが、私のように、のらりくらりと跡継ぎや同居の話をかわして、
最終的には処分をしたという方がいらっしゃいますでしょうか。
それまでどういった心構えで、このうっとうしい発言の数々を乗り越えていけばいいのか、
そして処分に至るまでにはどんな苦労があったかなど、先人の経験談を教えていただきたいです。

35歳主婦、結婚3年目で子供なし、夫婦で東京に住んでいます。
旦那は超ド田舎の本家の長男で、私は生まれも育ちも東京です。

旦那の仕事が東京で、田舎に仕事はないので、定年まではずっと東京に住むこと確実だし、
定年になった頃には義両親も他界して、同居も跡を継ぐことも
実現しなくて済むだろうと思い、結婚を決意しました。

帰省のたびに、「子供はまだか」「早くこっちに帰ってきて一緒に住め」
「こっちで仕事探せ」「農作業を手伝え」等々のうっとうしいことを言われても、
”同居するわけじゃない...続きを読む

Aベストアンサー

嫁じゃなくてすみませんが(田舎の長女です)
わりとどうでもいいことかもしれませんが、田舎の土地は売れませんよ。
義両親に貯金が無いなら相続放棄した方がいいと思います。
売りに出したのはいいけど20年経っても売れませんでした☆
なんて日常茶飯事です。

農家や自営業者はサラリーマンや公務員と違って年金が無いです。
奥さんがよほどしっかりしていないと老後は息子におんぶに抱っこになります。
稼いでいる間はサラリーマンよりも収入が多いため贅沢三昧をしているので、その生活が忘れられず息子の給料で豪遊しようと考える老人も少なくありません。

義両親は何歳なのですか?
定年迎えても、多分生きてると思いますよ…。
父が定年になりましたが、父方の祖母も母方の祖父母も健在です。
父方の祖父は若い時に亡くなり、母方の祖父もめっきり弱くなりましたが祖母×2は死にそうにありません。

のらりくらりかわして死ぬのを待つなら旦那さんもその気がないと結局もめますよ。
「義両親の発言も態度も大嫌いだから絶対に面倒を見ない」と断言してしまうのも手です。
そういう長男の嫁も、近所にいます。
あと笑ってやり過ごしていると、嫌がってないと思っている夫もとても多いですよ。
ある日爆発した妻を見て「そんなに嫌なら早く言えばいいのにいきなり激怒して意味がわからない」とデリカシー皆無→離婚
とかもよくあります。

嫁じゃなくてすみませんが(田舎の長女です)
わりとどうでもいいことかもしれませんが、田舎の土地は売れませんよ。
義両親に貯金が無いなら相続放棄した方がいいと思います。
売りに出したのはいいけど20年経っても売れませんでした☆
なんて日常茶飯事です。

農家や自営業者はサラリーマンや公務員と違って年金が無いです。
奥さんがよほどしっかりしていないと老後は息子におんぶに抱っこになります。
稼いでいる間はサラリーマンよりも収入が多いため贅沢三昧をしているので、その生活が忘れられず息子の給料...続きを読む

Q同居しない長男の墓守について

父(71歳)と同居(2世帯住宅)している妹(名字は異なる)の夫(私にとって義弟、地方公務員、弟1人あり)の両親(父・妹夫婦宅から約10km)がお墓の購入を検討しているそうですが、私が墓を継がないなら、私の家の墓(父・妹夫婦宅から歩いて5分)に入ったほうがよいのではと考えているようです。
 私(男、44歳)は、いずれ両親と同居するつもりでいましたので、結婚後はマンション(実家から電車で1時間)を借りていましたが、結婚1年後に母が脳梗塞で倒れたことから実家を2世帯住宅に改築しようとしていました。(妻も渋々了承)しかし、その最中に義父(妻の父)が入院し亡くなったことから、妻は同居を拒否するようになり、結局、妹夫婦が義弟のそばに購入したマンションを売却し、1年程前に実家に2世帯住宅を建てました。
 その後、母は亡くなり、父(長男)が管理する家の墓には、私の祖父母と母が埋葬されています。また、同じ敷地内に祖母の両親(私にとって曾祖父母、名字が違います)の墓があります。
 母が亡くなったとき、お寺に父と私が挨拶に行き、ご住職には私が後継者と話したのですが、父は酒癖が悪く酒に酔うと「長男はすべて放棄した。」とくだをまくようです。
 私は、家が商売で忙しく祖父母に育てられたことから、父と同居はできませんでしたがお墓は継ぎたいと考えています。
 今週末にも妹夫婦と話し合う予定ですが、このような状況で私が墓守するのは間違っているのでしょうか。
 なお、私と妻は娘(小1)がおり、妹夫婦は息子(小2)がおります。

父(71歳)と同居(2世帯住宅)している妹(名字は異なる)の夫(私にとって義弟、地方公務員、弟1人あり)の両親(父・妹夫婦宅から約10km)がお墓の購入を検討しているそうですが、私が墓を継がないなら、私の家の墓(父・妹夫婦宅から歩いて5分)に入ったほうがよいのではと考えているようです。
 私(男、44歳)は、いずれ両親と同居するつもりでいましたので、結婚後はマンション(実家から電車で1時間)を借りていましたが、結婚1年後に母が脳梗塞で倒れたことから実家を2世帯住宅に改築しようとし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは(^。^)
2児の母です。

うちの夫も40代で長男です。
夫の父は他界し、今は実家にて夫の母が暮らしています。
同居ではありませんが、#1さまのように近所に住み年老いた母の身の回りの世話や父の仏壇、お墓を見ております。

その立場から言わせていただくと、仏壇とお墓の管理は長男のあなた様がしてください。間違ってはいません。キツイ言い方に聞こえるかもしれませんが、うちの夫のようにやっている長男の立場からすると「全部妹夫婦に押し付けずそれくらいやらないでどうするんだ?」ですよ。仏壇とお墓以前にお父さんのお葬式を出すのも息子のあなた様です(うちの夫は父親の葬式で喪主をつとめました。もちろん母親のときもそうなるでしょう)

妹さんだって正直「兄さんところもちょっとくらい手伝ってよ」って思われてるかもしれませんよ。
それに義弟(妹さんの夫)さんの実家は弟さんが正式に継いでいるのでしょうか?それもまだわからないのであれば、なおさら義弟さんに任せるわけにはいかないと思います。ましてや義弟さんはマスオさんであって婿養子さんではないですよね?

周囲の方もいくら同居していても妹さんはご主人の姓を名乗っているし、姓を変えていない息子がいるのであれば、なぜ「息子が墓を見ない」って思うでしょうね。

今の実家の土地建物は妹さん夫婦に譲り、仏壇とお墓は貴方様が見るという線で話をすれば良いかと思います。
ただ、あなた様のところは娘さんお一人のようなので、仮にあなた様がお墓を見たとしても、将来娘さんが見るかどうかは別問題(というか嫁ぐであろう娘にそこまでさせられないというのが本音ですよね?)なので、将来は永代供養ということも視野に入れられることも考えては如何でしょうか?

こんにちは(^。^)
2児の母です。

うちの夫も40代で長男です。
夫の父は他界し、今は実家にて夫の母が暮らしています。
同居ではありませんが、#1さまのように近所に住み年老いた母の身の回りの世話や父の仏壇、お墓を見ております。

その立場から言わせていただくと、仏壇とお墓の管理は長男のあなた様がしてください。間違ってはいません。キツイ言い方に聞こえるかもしれませんが、うちの夫のようにやっている長男の立場からすると「全部妹夫婦に押し付けずそれくらいやらないでどうするんだ...続きを読む

Q長男です。離れた実家の親と先祖代々の土地をどうすればよい?

長男です。離れた実家の親と先祖代々の土地をどうすればよい?
30代既婚幼い子供もいます。実家から車で7時間もかかる離れた県に
持ち家で夫婦子3人で暮らしています。弟がいますが、結婚し私と同様の状況です。
昨年突然父が急逝し、実家には母と祖母だけが暮らしています。
実家は代々農家で水田もありますが、専業でやっていける規模ではなく、
ものすごく田舎で良い仕事もありませんでした。そのため、私は仕事のある都市で就職・結婚しました。
父がいなくなってから、現実問題実家をどうしていけばいいのか悩みに悩んでます・・。
今の仕事は順調です。しかし、実家をほっとくわけにもいきません。
母や祖母の面倒もですが、私は田畑を守ってきた父や祖父を尊敬しており、
そんな実家の土地を放置や放棄したくないんです。
父が死んでから強くそう思うようになってしまいました。
できれば帰って兼業農業しつつ母や祖母の面倒みたいと思っています。
しかし、嫁や子供は絶対に苦労します。スーパーや小学校も遠く、収入も激減する。
今の嫁と子供に苦労させたくありません。
田畑は誰かに貸して管理してもらう手がありますが、
限界集落に近く、借り手が見つからない可能性が高いです。
何かほかに良い選択肢がないのでしょうか?私と同様な状況の人いますか?
今さら後の祭りですが、これなら嫁不足の実家近くで役場にでも就職して、独身のままかもしれないけど実家を守ったほうが良かった気がしてなりません。

長男です。離れた実家の親と先祖代々の土地をどうすればよい?
30代既婚幼い子供もいます。実家から車で7時間もかかる離れた県に
持ち家で夫婦子3人で暮らしています。弟がいますが、結婚し私と同様の状況です。
昨年突然父が急逝し、実家には母と祖母だけが暮らしています。
実家は代々農家で水田もありますが、専業でやっていける規模ではなく、
ものすごく田舎で良い仕事もありませんでした。そのため、私は仕事のある都市で就職・結婚しました。
父がいなくなってから、現実問題実家をどうしていけばいいのか...続きを読む

Aベストアンサー

まず、貴方は立派だと思いますよ?

長男としての自覚があるから悩むんだと思います。

周囲を見ると長男だからって関係ないとか、実家のことなんか考えてないとか、弟だっているからとか同等に考えている長男が多いのにびっくりします。

実家の事を考えるって長男の責務だと思います。
それが出来なかった時は弟の順番だとおもいますが、弟に任せるなら自分の事以上に弟をサポートする必要があると思います。

仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配事。

弟と相談して弟が行ってくれるなら、自分は心配事を回避できるのだからその分弟をサポートしないと・・・って思います。

>嫁や子供は絶対に苦労します。スーパーや小学校も遠く、収入も激減する。
今の嫁と子供に苦労させたくありません。

田舎は車が普通だし、スーパーなんかは問題ないのでは?
ネットが繋がるなら何でも揃う時代ですよ。私なんか殆ど通販です。
収入が減ってもそれなりの生活をすればいいですし、子供はすぐ順応するでしょう。
学校が遠くても通いますよ。行く気が有るか無いかです。
嫁の反対が有るならそれまでですが・・・

本気で心配ならどの選択肢を取るかでしょう。

1.移住する。

仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配

2.弟に移住してもらう。

仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配をサポートしてやる。
痛み分け。

3.毎月通う。

例えば、東京から福岡を毎月1回、週末金曜日の夜便で行って、日曜日の最終で帰ってくる。
家族で往復10万。年間120万円掛ければ、仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配を軽減出来ませんか?
問題は田畑は誰かに貸して管理してもらうですね。
スローライフが流行ってるからその辺の活動している団体が有るかも知れませんよ?

何の犠牲も無しにってのは無理だと思います。

母や祖母の面倒だけで考えるなら故郷を捨てて呼ぶかですね。

何を選ぶにしても家族の協力無しには達成できませんね。

まず、貴方は立派だと思いますよ?

長男としての自覚があるから悩むんだと思います。

周囲を見ると長男だからって関係ないとか、実家のことなんか考えてないとか、弟だっているからとか同等に考えている長男が多いのにびっくりします。

実家の事を考えるって長男の責務だと思います。
それが出来なかった時は弟の順番だとおもいますが、弟に任せるなら自分の事以上に弟をサポートする必要があると思います。

仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配事。

弟と相談して弟が行ってくれるなら、自分...続きを読む

Q突然、お墓の管理料を請求されて困っています

先祖代々の寺のお墓です。
最近、住職の奥さんから電話があり、「管理料」(年1.2万円)の支払いを請求されました。
これまで数十年も請求がなかったので、躊躇したところ「過去は十年分でよい」とのこと。
払う必要があるのでしょうか。

・うちのヨメは 亡くなった父から「うちの墓は永代供養なので、年々の支払はない」と、聞いた記憶があるとのこと
(私は直接きいていませんが)。
・墓の管理料には時効があるのでしょうか。時効に照らして、過去十年分の支払いは妥当な線なのでしょうか。
・寺は関東にあり、私ははるか遠い地方に引っ越してしまい、お寺参りも減りました。
 寺としてはそれが不満で、今回のような請求をしてきたのかも。当方としてもお寺さんとの関係は悪くしたくありません。

当方は、まずは「墓の賃貸ルール」のような書類を寺から送ってもらい、それをみて検討しようかとも思っていますが、
妥当な解決方法をお教えいただけますと幸いです。

Aベストアンサー

お寺の方も生活があるのは理解できますが、宗教の建前があるために契約が曖昧なところが多いようですね。永代供養も、誇大宣伝に近いキャッチフレーズなのです。

ただ、前近代的な慣習であることは確かでも、慣習法として裁判所が一定の配慮をすることもあり得ます。また、契約や檀家への加入条件の明文規定がない、あるいは双方のどちらかでも保管していない場合は、あいまいな部分を解消することは難しいでしょう。

民法上は債権の消滅時効が10年となっています。管理料を払う合意が過去において存在したのなら、10年分払ってほしいという言い分は妥当です。
しかし、管理料の契約(払うという合意)は確認かのうなのでしょうか?ない場合は、お寺が過去の分についてまで金額を決める権利があるのか不透明です。それに、あなたの連絡先が分かっていながら、今まで請求してこなかったことも問題です。少なくとも、過去の分については、金額の交渉余地があるかもしれません。分割とする手もあります。

こういう場合は、やはりすぐに支払うのではなく、先方に契約内容の確認と説明を求めるべきです。その上で、過去の分については、減額してもらってもよいと思います。ただ、年1.2万(月千円)ですから、将来にわたって払うとすれば、法外な金額ではないです。ただし、永代供養をお寺が約束していた証拠があるなら、議論の余地はあるかもしれません。

ここからは、個人的な意見ですが、永代供養にはそれなりの金額を一括払いしているはずです。お寺の維持に費用がかかるのは理解できます。しかし、永代供養契約の際に受け取ったお金を基金として運用することで、費用を捻出する方法もあるのです。そうして永続的に活動している非営利団体としては、ノーベル基金が有名です。基金の運用益で、ノーベル賞の賞金をまかなっているのです。日本の宗教法人も税金が免除されていますね。そうした物を活用すれば、決して無茶な要求ではありません。
たとえば、管理費が1.2万円というなら、基金には百万円分の元金があれば十分です。今でも、銀行の定期預金や国債の金利は1%~1.5%程度あるのです。また、数十年前から株式で運用していたら、どうでしょうか?今の金額でも2~30万程度の永代供養料(土地代は別ですが)でもおつりが来たはずです。
いまさら言っても仕方のない話と思われるかもしれません。しかし、宗教家は嘘や人を騙してはいけないと説教する立場ですよね。なのに一般の人に分かりにくい言葉を使って丸めこんだり、まして「永代」という言葉を安易にセールストークとして使うことには、感心できません。通常の商業においても守られるべきルールやモラルすら存在しないのなら、宗教法人を非課税とする意義もなくなると思います。
せめて今後の宗教家には、檀家のためにもお金の話を敬遠せず(明朗会計をこころがけ)、金融にも精通されることを望みたいと思います。

お寺の方も生活があるのは理解できますが、宗教の建前があるために契約が曖昧なところが多いようですね。永代供養も、誇大宣伝に近いキャッチフレーズなのです。

ただ、前近代的な慣習であることは確かでも、慣習法として裁判所が一定の配慮をすることもあり得ます。また、契約や檀家への加入条件の明文規定がない、あるいは双方のどちらかでも保管していない場合は、あいまいな部分を解消することは難しいでしょう。

民法上は債権の消滅時効が10年となっています。管理料を払う合意が過去において存在した...続きを読む

Q代々続く墓に入りたくない 生前にしておく事を教えて

代々続く墓がありますが、自分が死んだ後、たとえ分骨でもそこに入りたくありません。

しかし親は、「代々の墓に入るのが当然」の考え方で、そうなれば永代使用料(供養料?)やお布施も伴侶が払い続けるのが当然だと言います。

親は遺産の相続権と、この墓の問題だけを主張しています。

が、個人的には親に対して色々と思う事があり(理由は割愛させてください)、相続権は血縁として仕方ないとしても、将来的にも親と同じ墓に入りたくはありません。

伴侶は、できれば遺骨全部を引き取り、夫婦として供養してゆきたいと言っています。

分骨しない方法や、同じ墓に入らずに済む方法がありましたら、生前に何をしておけば良いか教えてください。
親には有能な弁護士がつく可能性があります。合法的に生前の意思を尊重してもらえる方法を希望します。

どなたかお詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事情はどうあれ、貴方様お二人の思いとして別の墓に入る事は、世間一般からも謗りを受けるものではありませんのでごあんしんください。つまり貴方様の墓地なり墓石を生前に整えておけばよいだけの事です。私の父も「本家」とは別にお墓を契約しました。  同じ墓に入らないから、相続が不可能と言う事はありません。遺産分割協議の中で、祭祀継承者を誰にするかの問題と別個に考えるべきで、当然協議の際には発言をして、費用、経費の責任や分配比率に対しても明文化すべきです。後になったり、代替わりしたときに揉めないですみます。有能な?弁護士が付くのでしたら此方も有能な弁護しか腕の良い行政書士にでも依頼されては如何ですか。また今のうちに見積もりと言う形で説明を受けられても参考になると思います。過去の処理した案件から、出来る事、注意する事などの情報が得られます。昨年相続手続きをした時は、数社の見積もりを取りました。出来れば相続専門で、尚且つ司法書士、弁護士などと連携を取っている「相続センター」が良いと思います。
そして生前の意志を尊重して貰える方法としては、公正証書や遺言書が法的に認められていますから、決着のあとに用意されておけば万全と思います。

事情はどうあれ、貴方様お二人の思いとして別の墓に入る事は、世間一般からも謗りを受けるものではありませんのでごあんしんください。つまり貴方様の墓地なり墓石を生前に整えておけばよいだけの事です。私の父も「本家」とは別にお墓を契約しました。  同じ墓に入らないから、相続が不可能と言う事はありません。遺産分割協議の中で、祭祀継承者を誰にするかの問題と別個に考えるべきで、当然協議の際には発言をして、費用、経費の責任や分配比率に対しても明文化すべきです。後になったり、代替わりしたとき...続きを読む

Qお金がない親の面倒について。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を使ってしまう。
透析を受ける事になり障害者になったが年金払っていないため障害年金が貰えない。
タバコがやめられない。
持ち家がない。
車が盗まれる。

このような感じで貧乏になりました。

同居してほしいと言われましたが、どうしようもない親ですし、一緒に住んだら物凄く大変になる事は確実で、妻の事を思うと、同居は絶対に出来ないと思ったので、はっきり断りました。

その後も父は、今後誰が面倒みてくれるんだ、みんな冷たい、兄弟で話し合ってくれ、などと言ってきます。

妹はまだ親と暮らしていましたが、すぐに出ていった方がいいと話し、彼氏の家に引っ越しさせました。

現在は団地に入って貰い、車は私が乗っていた車をあげました。車をあげたのは、車がないと生活が出来ないような田舎、病院等に自力で行ってもらうためです。

私の親の貧乏の事、車をあげる事について、もちろん妻とケンカになりました。親については、私も本当に困っており、お金の援助して欲しいとは今の所言ってきませんが、今後の事を考えると、どうするのがいいのかわからず、不安でしょうがないです。

妻は、今まで後の事を考えず自由に暮らしてきたんだから自業自得、老後は子供を頼りにしようと思って生きてきたなんて信じられない、同居なんて絶対に出来ないし、援助もしたくない、関わりたくないと。

私もその通りだと思いますし、関わりたくありません。私も弟も、子供がいますし、お金の援助する余裕もない状況です。

父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、お前達が面倒みろ!と言われました。母はこのような話をするといつも黙ってしまいます。


どうするのがいいのかわからず、困っています。

アドバイスを頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を...続きを読む

Aベストアンサー

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではないですよ。子供が扶養できないことを福祉事務所に説明すればいい。
一緒に住んでいたらだめですけど、遠方にいて仕送りをしたら自分の生活が
なりたたない。そう言うしかない。

実は、私の実の弟が脳内出血で半身まひになって働けない状況で、しかし私は
子供の教育費用住宅ローンなど負債がたくさん残っている状況で弟を世話する
余裕はないどころか、妻の母が癌で治療費がかかる。
そもそも謙虚な弟ならまだしも、親の遺産相続で大げんかし自分から兄弟の
縁を切ると言った人です。母の面倒をみたと周囲には言っているけどその実
自分は働かず父の遺族年金や貯蓄を食いつぶし、あげくのはてに母が病気の
際に二つ隣の県まで遊びにでかけていて、インフルエンザで母はなくなりました。

だいたいが、人に面倒見てもらうのが当たり前みたいなことを言う人間は
できそこないです。
面倒を見たらみたで当然だとおもうだけ。感謝の気持ちがあるなら、もうすこし
まともな生活をしてきているはず。


お父様にはこういって差し上げてください。

もし、お父さんの面倒をみることで、うちの子が大学進学できなかったら
あなたどうするつもりですか。一人東京の大学を卒業させるのに
1600万円はかかるんですよ。(生命保険会社の資料に出ています)
孫の将来まで足引っ張って自分が長生きしたいですか。糖尿だって
透析に至るまで放置しなければ、薬でコントロールできたんですよ。
自分の不摂生の結果じゃないですか。


私も、手立てがあるのなら弟の面倒をみることも考えますよ。先に遺産として
実家の土地建物と貸家一軒先の生活の手立てとして弟に渡してあるのです。
何も面倒をみないからといって恨まれる筋合いはないです。

質問者さまも、実際に無理なことをやれと言われて悩むことはないですよ。
質問者様に経済的な余裕がおありなら別ですが。

親不孝を脅しに使う親ほどひどいものはないと私は思います。そういわれるのが
子供にとって何よりつらいことがわかっていてそういうのだから。

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではな...続きを読む

Q跡継ぎのいない墓の将来について

日本では、少子化の影響で、何世代も続いた家の血筋がどんどん絶えていく傾向にあります。
私の周りを見渡しても、妻の実家も母の実家も後継の男子がおらず血筋が絶える運命にありますし、我が家も長男がいますが、もし仮に彼に跡継ぎになる子供が生まれなければ同様の運命をたどることになります。
(娘もいますが、まだまだ日本の慣習では、女子が婿を取るのは少数派だと思います。)
加えて祖父以前の先祖の墓地は地方にあり、そちらの墓守をしてくれている親族にも跡継ぎがおりません。

こうなると、私や子供たちの存命中は、我が家の墓地に加え、妻の実家、母の実家、先祖の墓地への墓参りはできますが、その家の当主でない限り全部の墓地管理料まで負担するのは大変ですし、その義務もないと思います。

やはり、その家に所属する者(A)が亡くなった時点などのタイミングで、永代供養をお願いし、合葬などに移行すべきでしょうか? 或いは、当家以外の者でも縁者(B:例えば他家に嫁いだ娘やその夫など)が払える内は管理料を払うべきでしょうか? 或いは上記A又はBが生前に、予め墓地管理事務所や寺などに対して、彼らが亡くなった時点で、永代供養に移行するよう文書で依頼の上、供養料を払っておくといった措置を講じておくことが適切でしょうか?

日本では、少子化の影響で、何世代も続いた家の血筋がどんどん絶えていく傾向にあります。
私の周りを見渡しても、妻の実家も母の実家も後継の男子がおらず血筋が絶える運命にありますし、我が家も長男がいますが、もし仮に彼に跡継ぎになる子供が生まれなければ同様の運命をたどることになります。
(娘もいますが、まだまだ日本の慣習では、女子が婿を取るのは少数派だと思います。)
加えて祖父以前の先祖の墓地は地方にあり、そちらの墓守をしてくれている親族にも跡継ぎがおりません。

こうなると、私...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは(^。^)
お礼拝見しました。#3です。

追加のご質問があったようですので再度お邪魔しますね。

>永代供養の時点で、合葬に移行し、元の墓地は取り壊すということになるのでしょうか?

わたしも実際まだ経験したことはありませんし、うちの実家にしてもまだもう少し先の話です。わたし自身お墓や祭祀のことに詳しくないのでなんともいえないのですが、お墓を移すときにはお寺に「御魂抜き」をやっていただきますよね?
それが永代供養の時点なのか、お墓を移すと知らせて供養をお願いした時点なのかは詳しくはわかりません。

でもいずれにしても永代供養を考えてるということはお墓の管理も難しいということだと思うのですよ。
だからそれをどの代でするかということだと思うんですよね。
わたしは自分の実家のことなので、基本的には姉とわたしで決めるべきだと思っています。
たとえ最終的な処理はわたしの子がすることになったとしても、その準備はわたしが生前から整えておけばいいと思っています。

Q墓を継ぎたくない

父の実家の墓を継ぐ継がないでモメています。

両親は私の幼い頃に離婚しておりますが、3人の子の親権は父親が取ったものの、実際に引き取ったのは母親です(しかし、姓は父方を名乗っています)。以来、父とは暮らしたことはありませんし、接触もここ20年はないです。その父が余生も少なくなった今、実家の墓を引き継げと言い出したのです。

親戚に男子はおらず、私一人です。とはいえ、実際に親子としての関係はまったく築けておりません。母との生活は不自由なく、父への恨みはありませんが、逆に「顔を知っているおじさん」程度の人間に私の人生をどうこう言われるのは我慢なりません。何より、父と同じ墓に入らねばならないのはご免被りたい気持ちでいっぱいです。

私としては父方の墓は永代供養へ出すなりなんなりしてもらい、私の方は独立した墓を作り、母はそこへ葬り、私自身もその墓へ入りたいと思っています。そうしないと、母は実家の墓へ入ってしまい、実の子とは誰とも同じ墓に入れないことになります。

ご先祖様にバチあたりなのは重々承知ですが、我々としては姓は同じでも家を出た身で、赤の他人同然の父親の入った墓への墓参りはやりたくありません。

しかし、こういうことを臆面もなく言い出す父です。説得は難しそうなのですが、何かいい方法はありませんでしょうか。逆に「私の方が間違っている」という意見も含め、アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いします。

父の実家の墓を継ぐ継がないでモメています。

両親は私の幼い頃に離婚しておりますが、3人の子の親権は父親が取ったものの、実際に引き取ったのは母親です(しかし、姓は父方を名乗っています)。以来、父とは暮らしたことはありませんし、接触もここ20年はないです。その父が余生も少なくなった今、実家の墓を引き継げと言い出したのです。

親戚に男子はおらず、私一人です。とはいえ、実際に親子としての関係はまったく築けておりません。母との生活は不自由なく、父への恨みはありませんが、逆に「顔を...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。
<親子としての関係>・・・とありますが、実の親子ですからね。その父親がいなければあなたはこの世にいないわけで・・・
完全に引き継ぐのは別として、墓参りぐらいは必ず行った方がいいと思いますけどね。
引き継ぐのに関しては、もう少し話し合いをしたほうがよさそうですね。
完全に引き継ぐと、寺にもよりますが、寄付を求められたり、管理費を取られたり、後々お金が絡んでくる
場合がありますので、継ぎたくないのに継いで後々ほったらかしになっても困りますしね。
本当に心の底から父親が嫌で、墓参りもしたくないのであれば、完全に断ってもいいと思いますが、少しでも心に引っかかるものがあるのであれば、もう少し考えてみたほうがよさそうですね。
今まで育ててもらった母親と一緒に墓に入りたい、というのは理にかなっていると思います。
私でも間違いなくそうすると思います。

参考まで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング