豊太郎はエリスとなぜ別れたんでしょうか?自分の思ったことでいいので感想を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大学時代の授業で教授の言っていた回答を一席。


(私も豊太郎はとんでもない男だ,と思っていたのですよ。じつは。)

鴎外がドイツ留学中に一人の女性(その女性は結婚していた,と記憶しています)と関係を持ち,結局その女性を捨てる事になったというのは事実です。
しかし,ここで考えなければならないのは、今と鴎外の生きていた時代の因習の重みの差です。
彼は長男でした。そしてまた、家を守って行くべき家長となるべき男でした。
その時代,自分の家を背負って行かなければならない,ということは,今の私たちが思うのよりもはるかに重い意味を持っていましたし、周りから押し付けられる重圧もかなりのものだったと思われます。
まして、鴎外は、エリート中のエリートでした。家中の期待を背負った男だったのです。海外で勉強して、これから日本で自分の地場を固めて行く官僚。…そんな彼にとって、異国の女性とのスキャンダルは,その後の出世をすべて捨てなければならないような大事件でした。
彼自身、身体を引き裂かれるような痛みで,捨てた,女。
その女を捨てねばならなかった自分の周りの、非人間的な日本の完了システム,官僚システム。。。それを、人々に,訴えたかった。
その為に,彼は,『舞姫』を書いたのではないか。
彼女との恋を,無かった事にはしない為に。

と言うわけで,豊太郎は,周りの因習に屈して,愛するエリスを捨てたのです。
自分が卑怯者だと,自分を責めながら。
そう考えるのが自然だと思います。

鴎外の、日本の前近代の因習への、ぎりぎりの地点での反抗。
文学の中でしか,叫べなかったのだと思えば…。まあ納得はいきますよね?

豊太郎(=鴎外)は,言い訳の仕様の無いひきょーものには違いありませんが、少なくとも,斬れば血が噴出す人間ではあったのだと思います。
だって,『舞姫』書けば、自分の卑怯さともう一度向き合わなければならないんですもんね?
誰だって,痛いですよ。…これは。
むかつきますが、私は個人的に,鴎外のその弱さが好きです。
人間の弱さを愛する事が,文学だと思いますので。
    • good
    • 1

豊太郎=鴎外であり、小説はかなり鴎外に都合良く美化されています。


実際は、鴎外が捨てた女性はドイツからはるばる日本まで追いかけてきたのに、外国人女性と結婚するとはなんたること、家族総出で追い返しました。(文学史には「説得した」とありますが)
小説の方は、別れたとはいえ子供の面倒もみて云々・・・とありますがずいぶん苦し紛れの言い訳にしか読めません。
事実をそのまま書くと、自分が悪者になってしまうからいかにも都合が悪い。仕方ないから女を狂人に仕立てて、さあこれなら別れても申し開きはできるだろう、と私は解釈しています。
一番肝心の所を隠して小説にしたのだから、別れた理由に納得がいかなくても仕方ないですね。

鴎外は、こちこちの明治の男。妻より母、家族とは妻子のことではなく家のこと、というイメージがあります。
ごめんなさい、私アンチ鴎外なもので・・・。感想で良いとのことですので、ご勘弁の程を。

これは余談なのですが、鴎外は陸軍軍医として従軍した日露戦争の時、当時兵士の間に流行っていた脚気をビタミン不足ではなく伝染病であるとあくまで主張しました。海軍はちゃんと食料でビタミン対策をしたので脚気の死者は出なかったのですが、陸軍は脚気で死んだ兵士が戦死者くらいいたそうです。鴎外はおとがめ無し。
医者としてもとんでもない人間でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大至急お願いします舞姫

舞姫について(映画舞姫ではない)どんなテーマでもよいので
500字程度で論文よろしくお願いします

Aベストアンサー

「たった500字では『舞姫』について論じることなど不可能。」という旨を500字程度に膨らませて書いてはいかがか。

Q本に自分の感想が持てず、困っています

中学校三年生です。
幼い頃から読書が好きで、本を読んでいる時はとても楽しいのですが、友達に本の感想を求められると、荒筋位しか言えない事に気が付きました。
どうにかした方が良いなと思い、読んだ本の一言感想のリストを作ろうとした事もありましたが、時間がかかり過ぎて挫折してしまいました。
素直に自分の思った事を書けば良いとは分かっているのですが……。

備考ですが、新書と携帯小説以外は何でも読みます。
国語の文章読解の問題は得意ですが、作文などで褒めてもらった事は今までほとんどありません。

アマゾンなどのレビューで、素敵な意見を見ると、とっても羨ましくなります。
本に自分の感想を持つ良い方法をご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

あなたのお父さん世代の中年男です。

昔の中学・高校では、現在に較べてより頻繁に読書感想文の宿題が課せられましたが、私はその度に苦痛を感じないわけにはいきませんでした。

当時は、その苦痛の正体が正確には見きわめられませんでしたが、その後も読書に親しんできたことの成果でしょうか、今頃になって、ようやくその正体が分かってきたように思われます。

>素直に自分の思った事を書けば良いとは分かっているのですが……。

これは、国語の先生などが生徒に対して異口同音に発したがる言葉ですが、残念ながら、「素直に自分の思った事」というのは実に曖昧模糊とした言い方なのです。
本当は、先生にしてもこのことには内心気付いているのでしょうが、それをもっと分かりやすく説明すること自体が、実は至難の技なのです。

だれでも、「本の感想」を書くとなると、はじめのうちは、どう書いたらよいかわかりませんから、他人の「感想文」を参考にすることになりますが、すると、質問者さんご自身も感じたように、自分にはとてもあんな「素敵な意見」なんか書けないと落胆しがちなものです。

昔を振り返りますと、同じクラスに札付きの文学少女がいて、国語の先生はしばしば彼女の「感想文」を他の生徒へのお手本として紹介したり、読み上げたりしましたが、それを聞いた私は、なかば嫉妬の思いから、なかばその偽善臭さに堪えられず、内心「あんなの綺麗事だ、本当の感想なんかではない」などと批判的になっていたのを思い出します。

たとえば、「うれしい、かなしい、さびしい、つらい、くるしい...」という言葉は一般的に感情表現と称されますが、よくよく自分の心の動き、感情の正体を見つめてみると、実はこういうありきたりな表現パターンにとても収まりきれないことが分かってきますよね。

要するに、質問者さんに「感想」がはっきりと浮かんでこないのは、自分の本当の思いを言い表そうとすると、判で押したような、パターン化された表現枠にはとても収まりきれないとか、ありきたりな言葉を用いると、何か自分にウソをついているような気がするとかといった、一種の違和感や後ろめたさを覚えるからではないでしょうか。

でも、こういう思うように綺麗な「感想」の形を取れないまま、意識と無意識との境目を行ったり来たりしている思いこそが本当の意味での「素直に自分の思った事」であり、「感想」の原型であると思います。

いわゆる詩人とは、こういう簡単に言葉に表現されないような思い、「素直に自分の思った事」を何とかピタリと表現できるような言葉を懸命に探し求めている人たちのことだと言えます。

ということで、今は自分の正直な思いをねじ曲げるようにして、ありきたりな、いかにも感想文らしい表現の中に無理矢理押し込めようとしない方がよろしいと思います。
このまま、素直に作者の手玉に取られたり、作中人物に感情移入したりすること、つまり読書を続けているうちに、自然と質問者さんの内部に豊かな言語表現の能力が育っていき、その結果として、「素直に自分の思った事」をより正確に表現できるようになりますから。

あなたのお父さん世代の中年男です。

昔の中学・高校では、現在に較べてより頻繁に読書感想文の宿題が課せられましたが、私はその度に苦痛を感じないわけにはいきませんでした。

当時は、その苦痛の正体が正確には見きわめられませんでしたが、その後も読書に親しんできたことの成果でしょうか、今頃になって、ようやくその正体が分かってきたように思われます。

>素直に自分の思った事を書けば良いとは分かっているのですが……。

これは、国語の先生などが生徒に対して異口同音に発したがる言葉です...続きを読む

Q森鴎外の「舞姫」の本文について

自筆された「舞姫」と
本(雑誌)になっている「舞姫」とで
意味が違ってくると聞いたのですが
それはなぜですか?


どなたか詳しい方おしえてください(;_;)
また「舞姫」について詳しく載っているサイトなどありましたらよろしくおねがいします

Aベストアンサー

 自筆の写真がありましたが、不鮮明で読めませんでした。
 確かに出版の本はみな、残れる、となっていますね。
 どういう事情でこの違いが生じたのかわかりませんが、
 残りし、とすると、意志としての意味もが生じますね。
 選択したのだという意味もでてきますね。

 残れる だとそれがないようにも取れますね。つまり結果の状態をいうという側面性ですね。
 私は鴎外の独言的な文章ですので、残りし が自然であり適当でると思います。
 一度活字にしてしまうと、その誤りがそのまま踏襲されてきたのだと存じます。
 鴎外は大目に看過しておいたのでしょう。
 しかし原(げん もと)の筆が大事だと存じます。
 やはり雰囲気と感じが自筆といわれる文章の方がいいと存じます。
 55年前の読書でも、残れる となっているのを読みました。
 誤植だったのですね。

Q「もしドラ」夏の読書感想文コンテストに応募しようと思ってるのですが

「もしドラ」夏の読書感想文コンテストに応募しようと思ってるのですが
感想文を書くポイントやコツなどありませんか?

私は中学2年生です。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

感想文て、誰が書いてもあらすじを書くみたいになってしまいますよね。
コツは
物語の内容が何であっても、感動したシーンを引き合いにして、
「私だったら、こういうことがあったけど、こうするしか出来なかった」
ってね、自分のほうに話を持ってきてしまうの。それから
「主人公のとった行動は・・・」って本題に戻っていく。
そうすると、すごくオリジナルな感想文になるのよ。
やってみて。

Q舞姫

春休みの課題で舞姫が課題として出されているので、「舞姫」の現代語訳があるHPを探しているのですが良いサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

以下のサイトはどうでしょう。
http://www.iwakuni-h.ysn21.jp/teachers/yamada/mai.html

ただ『舞姫』は近代の作品でいわゆる「現代文」に属するものだと思います。ぜひ原文で一度読む(見る?)ことをお勧めします。

参考URL:http://www.iwakuni-h.ysn21.jp/teachers/yamada/mai.html

Q画像の文の、感想を5行分 明日話さなきゃいけないんですが まずこの文をすべて理解しきれません。。。

画像の文の、感想を5行分
明日話さなきゃいけないんですが
まずこの文をすべて理解しきれません。。。

Aベストアンサー

成長するために必要なのは、逃げないことです。逃げ道を探していては、成長しません。逃げることを乗り越えることで、初めて成長に進めるのです。早い時期に、このことに気づけば、順調に成長できます。成長するためには、逃げないことです。

Q「舞姫テレプシコーラ」描ききってほしかった所は?

「舞姫テレプシコーラ」の第2部が、第1部の数々の伏線を明かさないまま終了しました。
第3部に続くのではないようです。
そこで、「舞姫テレプシコーラ」ファンの皆様に、ここは描ききってほしかったと思うところを
列挙していただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

第3部で描いて欲しいのは、やはり空美ちゃん。
ローラ・チャンの養父は伯母美智子の熱烈ファン?
六花ちゃんはローザンヌの時みたいに、振り付けの
才能に魅かれて、外人のハンサムな彼氏が出来る?
(最後に拓人君に落ち着いても、学校が違うので…)


前の質問で、お読みになられた山岸凉子先生の
『ダ・ヴィンチ』2月号のインタビューで、先生は、
第2部で終わりと語ると同時に、第3部のストーリー
があるとも語っています。 なので、いつかファンの
熱望に答えて描いて下さると信じています。

「はじめから、そこでストーリーは終わると決めて
いました。」
「オチのない引きは使ってはいけないし、最後まで
断言しなかったのは読者に不親切だったかもしれ
ないと思うのです。だからもし、いつか第三部を描く
ことがあるとしたら頭の中にストーリーはあるのです。」

Qそれに彼は夏の避暑地を選び迷っている時だったので、この温泉村へ家族づれで来ようかと思った。そうすれば

それに彼は夏の避暑地を選び迷っている時だったので、この温泉村へ家族づれで来ようかと思った。そうすれば女はさいわい素人だから、細君にもいい遊び相手になってもらえて、退屈まぎれに踊の一つも習えるだろう。本気にそう考えていた。女に友情のようなものを感じたといっても、彼はその程度の浅瀬を渡っていたのだった。
 無論ここにも島村の夕景色の鏡はあったであろう。今の身の上が曖昧な女の後腐れを嫌うばかりでなく、夕暮の汽車の窓ガラスに写る女の顔のように非現実的な見方をしていたのかもしれない。

――『雪国』から引用したものです。ここでの「ここにも島村の夕景色の鏡はあったであろう」、「今の身の上が曖昧な女の後腐れ」の意味がよくわからないですが、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

「夕景色の鏡」=「夕暮の汽車の窓ガラスに写る女の顔」です。
何かというと、冒頭の島村が汽車に乗っているシーンで、窓ガラスに映った葉子の姿のことです。
このとき島村は、同じ汽車の中の景色である葉子の姿を窓ガラスを通して見ることで遠い幻想のように思っていました。
その感覚を引きずって、今目の前にいる女のことも触れられる実体としてでなく幻想のように捉えていたのでしょう。

「今の身の上が曖昧な女の後腐れ」
今の身の上が曖昧な女→素人とも芸者ともつかない身分の女
後腐れ→素人ならば抱いたらそれなりの責任が伴うが、芸者ならば考えなくても良い。駒子の場合身分が曖昧なので、責任を取らなければならなくなることを嫌った、と考えていいと思います。

つまり、「芸者と言い切れない女を抱くことで後々面倒くさいことになるのを嫌がっただけではなく、その女を汽車で見た女と重ねて触れることの出来ない遠い幻想のように思ったのかもしれない」と読み取れると思います。

Q五節舞姫

歴代(近世、近代)の五節舞姫の人物がわかるサイト、論文、本などご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

名前はわかりませんが,京都府立総合資料館のHP中の「京都北山アーカイブス」というデータベースの「大正大礼京都府記事関係写真材料」の中に大正4年に撮影された五節舞姫の写真が掲載されています。
南北朝以降は大正までやっていなかったようなので,近世、近代という彼女たちがさいしょではなかったでしょうか?本来,天皇即位式で行われるので本当の意味での五節舞姫は近代では4代しかいないことになりますが,現在京都御所一般公開の折りに舞う五節舞はこれに数えるべきではないんでしょうねぇ~。
名前等を詳しくとなりますと,やはり宮内庁資料をあたるのがよいかと思われます。(具体的な答えになっていなくてスミマセン!)

参考URL:http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/

Qそれに彼は夏の避暑地を選び迷っている時だったので、この温泉村へ家族づれで来ようかと思った。そうすれば

それに彼は夏の避暑地を選び迷っている時だったので、この温泉村へ家族づれで来ようかと思った。そうすれば女はさいわい素人だから、細君にもいい遊び相手になってもらえて、退屈まぎれに踊の一つも習えるだろう。本気にそう考えていた。女に友情のようなものを感じたといっても、彼はその程度の浅瀬を渡っていたのだった。
 無論ここにも島村の夕景色の鏡はあったであろう。今の身の上が曖昧な女の後腐れを嫌うばかりでなく、夕暮の汽車の窓ガラスに写る女の顔のように非現実的な見方をしていたのかもしれない。

――『雪国』から引用したものです。ここでの「女に友情のようなものを感じたといっても、彼はその程度の浅瀬を渡っていたのだった。」の意味がよくわからないですが、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

その女とは男女の恋仲になるほどもなく、友達の範囲の情で接する対象だった。男女の恋仲にでもなれば細君のある身としては深みに嵌り人生も家庭も壊してしまう。いざとなってもすぐに陸に戻れる程度の安全圏で接する仲だった、という表現です。


人気Q&Aランキング