SUS304の板(□320mm、板厚3mm)を炉に入れて、温度を350℃まであげた時、板の反りは何ミリになるのでしょうか?
計算の方法も教えて頂ければ非常に助かります。

A 回答 (1件)

その板が完全に均一ならまったく反らないと思うのですが。


何か勘違いしていますでしょうか?
どのくらい反るかは不均一の度合いを考える必要があるように思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSUS304同士のかじる圧力を教えて下さい

諸事情により「軸:SUS304」+「ローラ:SUS304」の組合せでローラーを作りました。ローラーにはおよそ400kgの荷重が掛かります。

ローラーが回転して荷重を逃がすはずなのですが、荷重が掛かった時点で軸とローラー(穴内側)がかじってしまいました。(感覚としては当然な気がしています。)

ローラーに荷重が片当たりしたため、軸の一点に400kg/mm2の圧力が掛かった状態と考えられます。

かじりとは、ある一定以上の力で金属同士を押し付けると圧接され、引き離すと表面が剥がれてあらされる状態と理解しているのですが、ここでいう「一定以上の力」とはどの程度なのでしょうか?

今回、材質・圧力は上記の通りです。
この条件で発生するという根拠が書いてあるページや文献等を御紹介頂けませんでしょうか。(SUS304同士が接合されてしまう圧力を教えて頂くだけでも構いません)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私がわかる範囲ですが、

1)常温で使用するSUS304の弾性限度はどのような数値なのかを教えて下さい。
縦弾性係数とは違います。塑性変形しない限度ですが、下リンクの引っ張り強さに安全係数(0.8)等貴社で使われる値をかけて下さい。
http://www.morimatsu.jp/data/stainless.html

2)「ヘルツの公式」で算出する値は最大面圧P0でしょうか。どのように比較すればよいのでしょうか・・・
はい。断面の2次元問題に置き換え、P0を求めればいいと思います。荷重400kgをそのまま使うと点接触のワースト値となるので、ローラー軸方向の長さで割って、線接触とした方が実用的だと思います。比較はP0<弾性限×安全率で比較すればいいと思います。
http://homepage2.nifty.com/ty-1999/keisansiki/kousikisyu-03-2_top.html

3)摩擦モーメントを求めてみようと思いましたがSUS304の摩擦係数が見当たりません。ご存知でしたら教えて下さい。
面粗さで変わりますが、0.5~0.6で計算してはいかがでしょうか?
http://okwave.jp/qa/q1003335.html

私がわかる範囲ですが、

1)常温で使用するSUS304の弾性限度はどのような数値なのかを教えて下さい。
縦弾性係数とは違います。塑性変形しない限度ですが、下リンクの引っ張り強さに安全係数(0.8)等貴社で使われる値をかけて下さい。
http://www.morimatsu.jp/data/stainless.html

2)「ヘルツの公式」で算出する値は最大面圧P0でしょうか。どのように比較すればよいのでしょうか・・・
はい。断面の2次元問題に置き換え、P0を求めればいいと思います。荷重400kgをそのまま使うと点接触のワースト値...続きを読む

Q真空部品(SUS304フランジ)について

真空装置(-8乗Paぐらい)を使っているのですが、
SUS304を加工してフランジ代わりに使いたいと思っています。

加工したSUSをそのまま装置に取り付けて、ベーキングを
いつもより長めにやるだけで大丈夫でしょうか?
ガスが出ないように、何か他にする事とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>他に注意しなければならないことってあるでしょうか?
表面があれているとそこに不純物が入り込んでしまってなかなか抜けません。内部の面は傷最小に。

無電解ニッケルメッキなどの処理をすれば付着度は下がります。

Qsus303と304の磁化について

SUS304を溶接設備の磁化してはいけない部品の材料に使っていますがSUS303のほうが切削性がよいのでSUS303に替えたいと思っています。しかし磁化しては困るのでSUS304とSUS303の溶接磁界による磁化のしやすさの違いを教えてください。

Aベストアンサー

炭素含有量は同じ程度なので、磁化のしやすさは同じ程度と思われます。
ただし、どちらも、溶接により磁性をもつことがあるので、注意が必要です。

こちらをご参考に。

http://www.geocities.jp/inventor1rookie/sekkei-007.html

Qなぜ、福島第一原発一号炉の原子炉圧力は上昇?

原発の一号炉の原子炉圧力が上昇しています。
圧力容器といわれる方の圧力だと思います。
再臨界のためという説明は、可能なのでしょうか?
再臨界以外のより妥当な説明というのはあるのでしょうか?
心配です。
教えてください。

Aベストアンサー

再臨界の可能性が非常に高いです。
1~3号機で圧力容器内の水が少なく燃料棒のかなりの部分が以前から露出していることは既に報道されています。
そうなると当然燃料棒はボロボロになって底にたまります。
制御棒で核分裂が停止していると言えるのは燃料棒、制御棒が正常な形状を保っている状態で言えることで、底に溜まった核燃料が水の中で再臨界になることは充分ありえると以前から警告されています。

今回の原子炉事故が一気にレベル7に引き上げられた理由は2号機で、既に原子炉内で再臨界が続いて圧力容器が溶融し底が抜けて内部が外部環境に流れ出ていると認められることを意味します。
チェルノブイリと同等の原子炉事故の最悪の状態であることを国際機関と日本政府が認めざるを得なくなったと言うことです。
昨日から安全院の表現は表現を変え「原子炉は原型を留めている」となりましたが、形はあるが既にその役割を果たせるような状態ではないことを暗に意味しています。
報道における発言は注意深く聞くことで何を言いたいのか、言えないのかを知ることができます。

QSU(3)、SU(n)の物理的な意味

量子力学の教科書(シッフ)で勉強していたところ、

全角運動量の行列表現を求めていったら回転群O(3)がSU(2)の二価になってた。
…とここまではいいとして、いきなり「SU(2)はSU(3)の部分群である」 って述べられてSU(3)の数学的な性質云々の話に進んでるんですが、SU(3)が物理的に何を意味しているかが書かれてません。調べてみても求める答えが見つかりませんでした。
何を意味してるのか(どんな操作?)とか分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

SU(3)はゲージ理論まで行ってはじめて使うということはないと思います。歴史的にはSU(3)が使われるようになったのはクォーク模型が最初と思います(厳密に最初ではないかもしれないが、広く使われるようになったのは最初)。SU(2)の基本表現の2個のベクトルをスピン1/2の上向きと下向きに対応させるのが量子力学の角運動量の理論でした。同じ様にSU(3)の基本表現の3個のベクトルをup, down, strange の3種のクォークに対応させて角運動量の合成と同じ様に合成すると実在するハドロンをよく再現するのです。QCDでは理由は完全に理解されていないが、カラー1重項だけしか出てこない、すなわちSU(2)の合成スピン0に相当するものしか出てこないので、群論を使う余地はあまりないのではないかと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報