母のガンが再発しました。
再発時の治療法について、ぜひ皆さんのご意見・経験等をお伺いできればとてもうれしいです。よろしくお願いいたします。

6年前に左胸に乳ガンが発見され、全摘出。その二年後に肺転移。しばらくの抗がん剤治療の後、しばらく落ち着いていたのですが・・・

今回は、三箇所にガンが見つかりました。(1)鎖骨リンパ(2)鎖骨すぐ下ににきびの大きくなったような突起(3)左脇下のあばら近く。

来週、日本でも数少ない(らしい)PETという検査をやって他にもあるかどうかを調べた上で、お医者さんと治療方法を決めるというスケジュールのようです。

私自身や家族が、もっともっと勉強すべきなのですが、今ある数少ない知識では、放射線治療か抗がん剤かという選択肢しか、思い浮かびません。

ただ、放射線治療だと同じところに二回は、できないとの説明があり、どうしようかを考えています。

今回、三箇所に放射線治療をしたと仮定して、次に再発があった時、もしそれが鎖骨自体にみつかれば、もう放射線治療は、できないということになると思います。
つまり、もう再発しないと仮定して、今回の三箇所に放射線治療をやってしまっていいものなのか、それとも他の治療法でやっておいて、骨に転移した場合のためにとっておく(という言い方も変ですが)のがいいのか、とても悩んでいます。他の治療法についても、どんなものがあるのかもわかりません。

表現が下手で伝わりにくいとは思いますが、家族としてはとても不安です。どなたか助けていただけませんでしょうか?私自身ももっと勉強しなければと思いつつ、皆さんに甘えてしまうことをお許しください。どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

HITVというワクチンの費用は、1クール(4回)で150万円程度と聞いてます。

また、それを行って消失や縮小の効果が得られた場合、ガンを再発もしくは増大を押さえるために長期間ハスミワクチンを行う必要がある、と推測します。ハスミワクチンはアンプル3本を一つの注射器に入れて5日おきに注射(お近くの医者にやってもらってもよいのですが、私や母は自分でやってます→教えてくれます)をします。その3本の中の1本にアジュバント(免疫反応を促進するもの)としてのアンプルがあります。これには3種類ありますが、私が使用してきた従来からのものと一昨年くらいに使用され始めたより効力の高いものとがあり、どれを使用するかで価格が異なります。従来のものを使用する場合には、年間30万円弱くらいです。母はこのアジュバントに関しては、強力なβ-ヴァックスという高いものを使用してますので年間50万円くらいだと思います。あるいはさらに強力といわれますスーパーMarignaseというアジュバントもありますが価格は年間80万円くらいだったと記憶します。正確なことは電話で聞けば教えてもらえます。そう致しますと、保険は効きませんので初年度は計200万円前後かかってしまうかもしれません。また、ハーセプチンが適用になる場合は、その費用がかかりますね。私や母のときはHITVは、まだ無かったこともあるのですが、ワクチンとしてはハスミワクチンのみでの治療で、今も継続してます。

さらに、MDフラクションなど肯定的方向での研究結果があるサプリメントを併用するとなるとさらに加算されてしまいます。私の母は当初の1年間、これらのサプリに月額10万円ほどかけてました。今は月1万円くらいのようです。しかし、これらは余裕があれば、ですね。

高いですね。

カンテンやビタミンCは比較的安いですが、補助的な効果があるかも知れません。カンテンには水溶性の繊維もあり、成長に役立つと考え、ウチでは毎日食べてます。

http://www.takara.co.jp/news/1998/04-06/98-i-009 …

既にご覧いただいているかかも知れませんが、下記URLのANo.2 の回答に記載させて頂いているワクチンの中で樹状細胞ワクチン(DCワクチン)という種類のものが二つあることが記載されてます。HITVというワクチンは、その二つの内、後方に記載している樹状細胞ワクチンをさらに発展させたものの名称です。近くイギリスだったか、有名科学誌に掲載される可能性をもってます。なお前回の回答の中で記載させて頂きましたLACとはこの中でリンパ球療法のことです。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1459999

HITVに関して下記URLの再下段の「2005年」の中に僅かに記載されています。

http://www.shukokai.org/index7.html

珠光会に行く場合ですが、当初は蓮見先生に診察してもらうのが良いと思います。月の初め頃にだけ診察に当たってるのですが、予約して行く必要があります。費用は変わりません。
    • good
    • 0

ANo.8 に関しまして一部の訂正と補足をさせて頂きます。



「原発のガンが何であるかを示す確かな資料」が必要、と記載しましたが、資料が手に入らない場合、口頭であっても「正確なことを伝える」ことが出来れば大丈夫と思います。私の場合も母の場合も口頭のみでした。

また、HITVというワクチンを使用する場合には、抗ガン剤との使用タイミングが重要になってくることが推測されますので抗ガン剤などの一般治療を行う主治医との協力が必須かもしれませんので医療機関に確認下さい。

また、もしも私がHAMAGURIO219 さんのお母さんの立場であれば、HER2の発現テスト(ハーセプテスト)を受けて、ある程度の陽性(強陽性でない場合でも)が出れば、免疫療法の医師と相談の上、ハーセプチンを使用対象にすると思います。つまり、以前に触れました「抗ガン剤+ハーセプチン+免疫療法」の組み合わせですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事がかなり遅れてしまい大変申し訳ないことをしてしまいました。お許し下さい・・・
うちの場合、経済的な問題から、やはり抗がん剤治療のみを選択しました。始めてから3ヶ月が経とうとしています。それに効果があるのかどうかの検査が10月予定とのことです。色々と不安だらけですが、それを解決してゆくためには、自分の勉強とJIMMY2さんを始めここにご回答いただいた皆様からの優しいメッセージ・アドバイスを謙虚にうけとめることだと思っています。
本当にありがとうございました!!!

お礼日時:2006/09/24 19:59

「費用面の不安を解消することができました。

」とありますが、「免疫療法を受けようと思えば可能」ということでしょうか?

「今回、母は悪性のガンを抗癌剤で直すということです。」との記載もありますが、「今回は抗ガン剤のみで治したい。」の意味でしょうか。

もし、私がHAMAGURIO219 さんのお母さんの立場であれば、抗ガン剤などの一般治療に加えて、免疫療法を躊躇なく併用します。もしも経済的にHITVが無理であれば、ハスミワクチンだけでも併用したいです。

免疫療法には、入院は不要です。つまり、ここで申し上げたいことは「他の病院にかかっていても、免疫療法は自分の判断のみで併用出来る」という点です。また、併用することが一般治療に悪影響を及ぼすことはない、と言われ、「ダメもと」という開き直った考えにも立てるからです。私個人的には相乗効果が期待すると同時に、抗ガン剤などの副作用の緩和も期待します。経済的には大きな負担がありますが・・・。HITVというワクチンを使用する場合には、通う回数は5回程度かと推測します。また、ハスミワクチンのみの場合であれば、年に1~2回です。やむおえない場合、患者さんが必ずしも行かなくても大丈夫ですが、いずれにしても「原発のガンが何であるかを示す確かな資料」が必要です。抗原を特定するためです。

出来ることなら、主治医の了解と協力の下で一般治療に加えて免疫療法を受けるのがよいと思います。私の場合、主治医が快諾してくれ、そのようにしてます。逆に免疫療法を行っている施設にて、協力してもらえる病院を紹介して頂くことも可能なのかもしれません。私の記載させて頂いた過去のURLで既にお読み頂いたと思いますが、私の母の場合は一般治療を受けている主治医に「再発予防のために免疫療法をしたいのですが?」と訊ねたところ、「もし、それをやりたいのであれば他の病院に行ってください。」と断れました。しかし、母はそこで手術を受け、自分の判断と責任において免疫療法を併用し、現在に至ってます。

「ホスピス・緩和ケアのタイミング、費用、空き等」に関する質問を頂いてますが、お話し出来るような知識はありません。そのような施設複数に直接電話で問い合わせるとともに、ネット検索、ここでの別の質問として聞いてみては如何でしょうか。

下記のURLの下方にある「ホスピス紹介」「ホスピス紹介の流れ」に電話相談や費用など多少記載されているようです。

http://www.hijirigaoka.or.jp/hosupisu.html
    • good
    • 0

ANo.6 で記載させて頂いたカンテンに関するところで文字の変換が間違えているので訂正します。

「成長→整腸」です。

せっかくですので少し書かせて頂きます。腸管内免疫は体全体の免疫糸の中で大きな割合を占めているようですので子供の頃から腸が弱い私は日頃、繊維の多いものや納豆など有効菌のあるものを多く食べ整腸に心がけてます。そこに記載させて頂いたURLに記載されてますが、カンテンがまだ熱くて液体の間にレモンなどの酸を加えると「三種類のオリゴ糖の混合物=アガロオリゴ糖」が生成するようです。「寒天」をそのまま摂食しても、胃で分解を受けてアガロオリゴ糖が生成されることを示唆、とも書かれていますが。そして、「3、アガロオリゴ糖の新しく発見された生理作用」に「a)ガンの抑制作用」の記載がありますね。これはシャーレの中やマウスでの実験ですので、過度な期待はできませんが。玄米、ニンニク、白菜やキャベツ、人参などの緑黄色野菜など、普通の食材にも予防的な意味で効果のあるといわれるものがありますが、摂取に心がけてます。また、水も水道に浄化設備の器具を取り付けそこからのものを使用してます。亜鉛を多く含む食材の摂取も大切かと思います。塩分や動物性の脂肪の摂取は少な目にしてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Jimmy2様
またもや、返事がかなり遅れてしまい大変申し訳ありません。
おかげさまで、費用面の不安を解消することができました。いずれは本格的なアクションを起こさないといけませんのでそのために心の準備ができそうです。
今回、母は悪性のガンを抗癌剤で直すということです。病院のベッドが空いていないので早くて来週のどこかで入院して投与するとのこと。その後は外来でOKとのことです。
ただ、今後の事を考えると、ホスピス・緩和ケア病棟にお世話になることも考えておかないといけないと思うのです。母の新たな不安も、そこにあるようです。移るとすればどんなタイミングで移ればいいのか・費用面はどのくらいなのか・どの程度の空きがあるのか等、まだまだ考えないといけないことがありますね。
もしJimmy2さんのご意見を聞かせてもらえると大変ありがたく思っています。いつも甘えてしまい申し訳ありません。自分も調べて継続的に勉強します。いつも本当にありがとうございます。

お礼日時:2006/06/10 22:14

ANo.2 と ANo.4 のJimmy2 です。

本日たまたま見ていた下記HPに「私がANo.2 の最後に記載させて頂いた内容」の記載を見つけましたのでお知らせします。つまり、「ハーセプチン+抗ガン剤+免疫療法」の組み合わせに関してです。瀬田クリニックグループで行われている免疫療法はLACと呼ばれるものが中心のようですがこれよりも、珠光会診療所で行われているHITVなどのほうが免疫療法としての効果が高いと私個人的には認識してます(珠光会診療所でもLACも行われていますが)。

下記の「ハーセプチンとの併用でより高い効果を出す」の表題の記載を参考下さい。

http://www.j-immunother.com/publish/07july.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Jimmy2様
いつも本当にありがとうございます。
色々リンクしていただいているページや、Jimmy2様のほかの皆様への回答を見ていると、温かみや優しさをたくさん感じます。大変たすかります。
もし可能であれば、経済面での負担がどのくらいなのかを参考までに教えていたただくのは難しいでしょうか?個々のケースでかなりの違いがあるとは思いますが、もしHITV等を利用するにしても、費用面が心配です。無理なら構いませんので、どうぞ宜しくお願いいたします。

お礼日時:2006/05/29 20:48

ANo.2 のJimmy2 です。

私の回答に関連する回答があったようですので、私の考えを質問者さんにお伝えしたく思います。

エビデンスとは英語の evidence であり、証拠の意味ですね。医学で使う場合「科学的データに基づくもの」との意味で使われると思います。そして、科学的データに基づいている、とされる薬のことをEBM(evidence-based medicine)などといいますね。

問題は「エビデンスを得るためにおこなわれる科学的な立証の中身」です。現在認可されている多くの抗ガン剤のエビデンスとは、主として「腫瘍の縮小割合」を計測したもののようです。一時的にであっても、ある割合縮小したことをもって「効果の証拠」としているようです。決して「治癒」や「延命」の証拠にはなってないようです。近藤誠という放射線の医師が書いた「患者よがんと闘うな」という本は一時期大きな話題となっておりましたが、この本の記述を持ち出すまでもなく「抗ガン剤を使用して一時的にガンは縮小したが、使わないほうのが長生きはできただろう」と推測されるケースはいくらでもあるようです。「エビデンス」という用語を使用するならば「ガンの治癒した割合」で計って欲しいものです。つまり、「現在使用されている抗ガン剤のエビデンス」とは、普通の人の感覚での効果(治癒、大幅な延命)とは大きな隔たりがあると思います。「エビデンスを計る尺度」自体が科学的であるとは言えないと思います。逆にこの尺度にあってはいないが、治癒と延命を尺度として限定した場合には、「エビデンスがあるとし認可されている抗ガン剤のみの治療法」よりも優れている治療法はあると感じます。

この辺りの記述に関して、ANo.2 のものとは別の免疫療法を行っている医療機関のHPでも言及した箇所があります。

http://www.j-immunother.com/dr/dr_kouka.html

私は体験者としてお話しさせて頂いております。私がリンパ節転移を含む3回目の手術を受けるときに、何人かの人にワクチンの使用体験をきき、その上で自分も体験、その後の家族の体験、そしてその過程で出会った体験者や医師からの話などをもとに、最後の手術から6年近く経過した現在の実感として書かせて頂いているものです。そして、私の使用したワクチンよりもご紹介させて頂いたHITVとよばれるワクチンのほうのが強力なものと認識してます。

参考:下記の私が回答させて頂いたANo.3

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、下記URLの病院は沢山のガン患者が来院し、統合医療を行っている施設として有名ですが、上記の一般的な意味で「エビデンスがある」とは言えないものも多数使用して治療にあたっています。現場で効果を実感しているからと思います。

http://www.obitsusankei.or.jp/hp-guid/greeting.h …

下記は上記病院の帯津良一さんの本ですが参考になるかもしれません:

http://www.sociohealth.co.jp/book/db1/data.cfm?c …

下記URL記載の本では、手術、抗ガン剤、放射線などの一般治療のみを支持していた医師が、いざ自分が末期ガンになった場合にどのように考えが変わり、実際どのような治療を受けたか、を如実に語ってくれていると思います。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …

ハーセプチンの記述に関してですが、「質問者さんに参考になるかもしれない記載のHPがあります。」ということで「URLの掲載を主目的」に書かせていただいたものです。保険適用に関するものは付け足し的に記述したものであり、この点、適切な記述ではなかったようです。

私のここでの記述目的は「こういうものがある」ということをお知らせすることです。当然のことながら、治療方法は、患者さん、あるいはご家族が相談されてご自身の責任においてお決めになる他ありません。私や私の家族も多くの情報を集め自分で治療方法を決め、実行して参りました。そして、助けられた、と思ってます。
    • good
    • 0

○○ワクチンといった免疫療法が癌に効果があるというエビデンスは全くありません。


ましてや、メシ○コブとかア○○スクみたいな食品が癌に効くというエビデンスはありません。
エビンデンスがないとは、効果があることが科学的に立証されていないということです。

「確かに効いた人もいる」ということがあるかもしれないが、それと「有効な治療法である」とは全く違う。
「痛いの痛いの飛んでけー」というおまじないだって効くこともある。
エビデンスがない治療法はおまじないと同程度のものとしか考えられないのです。

鰯の頭も信心から、なのでおまじないを信じるのは個人の勝手ですが、
事実に反することは信じないで下さい。
ハーセプチンは、日本でも使えますし、自費ではなく保険が適用されます。

非科学的な情報や、不正確な知識に惑わされないで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

drunkdoctorjp1様

ご回答ありがとうございます!お礼が遅れてしまい申し訳ないことをしてしまいました。
非科学的な情報や不正確な知識が、本当に氾濫していて、何を信頼していいのかがわからなくなってしまっていますよね。困ってしまいます。
私自身は、このページで色々なご意見を聞かせてもらっって、判断の材料にさせていただきたいと考えております。回答していただいている皆様には、本当に感謝しております。最終的には全て自己責任ですので、今後も色んな意見・アドバイスを頂戴できればと思っています。自分も色んな角度から事実をみられるようにしてゆきます。本当にありがとうございます。

お礼日時:2006/05/26 12:28

私が先日記載させて頂いた下記URLのANo.2を参考下さい。

HITVというガンワクチンは樹状細胞ワクチン(=DCワクチン)を発展させたものであり、強力であり、再発ガンに対しても可能性が高いと思います。体の免疫糸がガンを異物(=敵)と認識しやすくするために体に負担にならない程度の抗ガン剤などと併用することになります。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2162921

また、乳ガンに関して下記のように記載されたHPがあります。記載の山王メディカルセンターではこの治療をやってもらえるのかもしれません。その場合、保険は効かないのだと思います。日本では抗ガン剤治療の専門家つまり腫瘍内科医が少なく、また、世界で標準的に使われている抗ガン剤であっても日本では認可されていないものが多く、とても立ち遅れているのが実状です。

?http://kk.kyodo.co.jp/iryo/news/0713nyugan.html?

上記のガンワクチンHITVとの併用も良いかも知れませんので先ず珠光会診療所の医師に相談してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Jimmy2様

ご回答ありがとうございます。お返事が遅れまして申し訳ございません。

Jimmy2様の過去の記述も参照させていただきながら、進んで行きたいと思います。

HITVというものは、全く知らなかったので、驚きです。知れば知るほど知らないことが増えてきますね。色々な選択肢があり、勉強になります。

可能性が拡がってきて元気になりました。母にもきちんと伝えておきました。最終判断は母を含めて、われわれ家族で決定しないといけませんので、そのための材料を準備して、悔いのないようにしたいです。

色々と助けていただいて本当に有難いことです。感謝いたします。ありがとうございます!

お礼日時:2006/05/22 23:52

まず第一に、過酷な現実ですが



再発乳癌は「根治」できない

ということを良くご理解下さい。
といっても、悲観することはありません。
根治は無理でも、小さくすることはできる可能性が高いし、少しでも進行を遅らせることを目標にしましょう。よく言われるように、うまく癌と共生するつもりで治療を受けましょう。

このことを理解した上で、今後の治療法の選択を考える場合には、いまある病巣が直ちに命にかかわるものかどうか、圧迫や浸潤によって痛みなどの症状が出ているのかどうか、これまでどの様な治療を治療をすでに行ってきたかなどによって治療法を選択します。
内分泌療法(ホルモン剤)や化学療法(抗癌剤)が主となりますが、治療法の選択はたくさんあります(つかえる薬の種類がいろいろあります)。

再発や進行乳癌は、現在みつかっている病巣だけでなく、微少な転移が他の部位にもあるものとして治療を行うので、全身に作用する内分泌療法や化学療法が原則となります。
手術による切除や、放射線照射はその場所にしか効果がない局所療法なので、局所の症状が強い場合(神経を圧迫するための痛み、骨折、血管を圧迫するための循環障害など)に選択することになります。

是非、この本をお読み下さい。
「心配しないでいいですよ 再発・転移乳がん」
ISBN:4880037095
真興交易医書出版部 (2003-10-20出版)
畠 清彦【編】・伊藤 良則【著】

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kabenoka様

ご回答、ありがとうございます。お礼が遅れまして申し訳ないことです。
専門家の方からのアドバイスは、とても安心します。母にも伝えました。「まだ生きられそうね、今夜はゆっくり寝られるわ、ありがとう」と言われました。

原則通り、ホルモン剤か抗癌剤が、いいかなと思いました。今後いただく回答や母親の意見・お医者様の意見もとりいれつつ、判断してゆければと思っております。

書籍、読んでみます。どんどん勉強しなきゃですね!

kabenoka様のおかげで家族が安心できます。どうもありがとうございます!

お礼日時:2006/05/22 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父が転移ガンで来週から放射線治療するのですが…

現在、65歳になる父が4年前に肺がんになり手術をし、現在は首のリンパに転移
そのほかにも何個か転移してしまいました。

肺がんの手術後は、通院しながら、抗がん剤治療をしていましたが
首のリンパに転移したガンがどんどん大きくなり痛みもでてきてしまい
父のガンに効けば良くなるかもしれないと1か月前からタルセバを服用するようになりました。

徐々にタルセバに良くある副作用の痛くて痒い発疹が出始め
この副作用が出たということは、主治医にも効いてる証拠だよと言われてました。
副作用の痛みと痒みが酷くなったため毎日の服用が2日に1回の服用になりました
ですが、3月中旬ぐらいから副作用のせいなのか、足がパンパンにむくみ
お腹も変に膨らんできてしまいました。身体中の発疹(膿んで広がってしまった状態)
がどんどん悪化していたので、
むくみも発疹ひどすぎるから、おかしいから主治医に聞いた方がイイよと
言っても家族の意見は全くきかず、診察の予約まで大丈夫だと
これは薬が効いてくれてるからなんだと。

2、3日後にやっと近所の医者で血液検査したら、異常な数値がでてしまい
すぐに、主治医に連絡してくださいと言われ、主治医のいる病院に連絡し、
2日後に診てもらうことになり、タルセバの服用は中止しました。
全く、タルセバの効果はなく、副作用だけが強く出てしまったようでした。
通院で放射線治療をしようということに決まりました。


放射線の診察を受けるのに1週間あり、その間にどんどん体調が悪くなり
身体中痛くて、歩くのも座るのも寝るのも苦痛を伴う用になってしまい
体力もがんばってタルセバの副作用に耐えてきたのに全く効いてなかったショックもあり
精神的にも弱くなってしまいました。
通院はムリなので、入院して放射線治療をお願いしたのですが
すぐ、入院は出来ず、父の体はあっという間に衰え死にたいと口走って
しまうようになってしまいました。

現在は入院していますが、食欲もなく悪化してしまった身体中の痛みが強くでて
いるため、発疹の治療と痛み止めで過ごしてる状態です。
痛みが強すぎて体力も全くと言っていいほどなく、痛み止めの薬のせいなのか意識も
朦朧としてしまうこともあります。

首のリンパ転移ガンに、このような状態で放射線治療をすることが出来るのでしょうか?
治療したら、ガンは、小さくなり痛みは取れるのでしょうか?
副作用については、医師の説明では、皮膚の炎症や吐き気等とききましたが、どうなのか?
余計に父の命を縮めてしまわないかと、とても不安です。

教えてください。お願いします


日ごとに父は、弱くなってます。放射線治療が始まるまで、がんばれないと言ってます
毎日、死にたい辛いと言ってます。
でも、私と孫が心配だからがんばらないとと、
意識がもうろうとしながらも、言っています。

父の苦しんでいる姿を見ていると、悲しくて悲しくて
痛くて精神的にも体力的にも辛くて苦しいのを早く取り除いてあげたいです。
治療が出来ても出来なくても、もう長くは生きれないような感じがしてしまってます。
ただ、主治医には、覚悟はしといてくださいといわれましたが
余命は言われてません。なので希望は捨てずにいたいです

現在、65歳になる父が4年前に肺がんになり手術をし、現在は首のリンパに転移
そのほかにも何個か転移してしまいました。

肺がんの手術後は、通院しながら、抗がん剤治療をしていましたが
首のリンパに転移したガンがどんどん大きくなり痛みもでてきてしまい
父のガンに効けば良くなるかもしれないと1か月前からタルセバを服用するようになりました。

徐々にタルセバに良くある副作用の痛くて痒い発疹が出始め
この副作用が出たということは、主治医にも効いてる証拠だよと言われてました。
副作用の痛みと痒み...続きを読む

Aベストアンサー

放射線治療を行っている者です。肺癌の転移に放射線治療を行っても、そこが完全に治ることは極めて稀です。転移が小さくなり痛みが減ることもありますが、そうならずに副作用ばかりがでることもあります。治療の効果はやってみなければ分からないのが真実です。

放射線治療を行うには、患者さんにある程度の体力が必要です。また、放射線治療の効果が出てくるまでの余命(最低一か月以上)が期待できなければ、あえて放射線治療を行う意味はありません。そして、首以外の転移が大きければ、首だけを一生懸命治療してもあまり意味はありません。

質問文を読む限り、お父上に無理をしてまで放射線治療を行うのはどうかと思います。しかし、放射線治療を行うかどうかを判断には、診察や検査データが必要です。主治医や放射線治療医に相談してください。

Qがんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発

がんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発がんより速いのですか。速いのならどれくらい速いのですか。

Aベストアンサー

⇒速いのならどれくらい速いのですか。
患者の免疫が有るか無いかに因るので,これは医者にも誰にも判らない。癌細胞に訊るしかないと思います。。

Qガンの転移について 手術が原因でガン細胞が散って転移する可能性は?

ガンの転移について、以前より気になっていたことを質問します。ガンの手術をすれば誰でもいくらかは出血しますが、その時ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?
つまり、手術によってガンの移転を促進するリスクがあるのでは?と昔からぼんやりと思っていたのですが。

Aベストアンサー

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主治医は「実は、そのリスクがあるんです。」との回答でした。結果、私は他の所見からガンの転移の可能性が高かったので細胞診を受けず直接手術を受けた経緯がありました。術後の切除物の病理検査の結果はガンでした。そして散ったかもしれないガン細胞や取り残された小さなガン細胞を排除するために、手術と平行して免疫療法を受け、そのときから6年以上経っている現在でも免疫療法を受けてます。

「検査のための細胞診」や「手術を行う際に微細に散るかも知れないガン細胞」「取り残されるかも知れない微細なガン細胞」を排除するためにも、免疫療法の併用が有効と私は考えてます。尚、免疫療法に関しては、私の過去の回答を参考になるものがあるかも知れません(下記URLはその一例)。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2285689

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主...続きを読む

Q肺がんの骨転移に対する放射線治療について

肺がんの骨転移に対する放射線治療について

74歳の母親ですが、2年前の3月に大腸がんの手術を受け、その年の9月に肺転移、その後複数クールの抗がん剤治療を、種類を変えて計3回受けた後、最近になって壮絶な副作用・痛みを訴えたため入院しました。 検査の結果、背骨に対する2箇所の転移が確認されました。 なお原発の大腸がんはもう大丈夫なのですが、肺がんは相変わらずの大きさです。  骨転移を来したので、抗がん剤治療は失敗だったのだと思います。  主治医はすぐに遠い病院に転院し、今後放射線治療を行ってもらうと言います。

骨転移をするということは、癌が体に広範囲に散っていることを意味すると言います。 放射線でたとえ運良く背骨の腫瘍が縮小したとしても、原発の肺がんの治療ではありませんし、他にも無数の癌が大きくなっていくでしょう。 中でも肺がんがすぐにまた致命的なサイズになるのは時間の問題です。 放射線はあまり期待できないと思うのです。

私は抗がん剤治療で十分苦しんだ母に、治りもしない放射線治療でまた新たな副作用にこれ以上苦しんでほしくないのです。  現状背骨の癌が背骨を圧迫して母は歩けません。 また抗がん剤の副作用も残っています。 しかし私としては早めに退院して、(食事に気をつけて最後まで望みは捨てないまでも)、早めに緩和ケアに切り替えた方がいいと思っている次第です。  転院先の病院で放射線の効果がなかったら、「もう治療法はありません」と言われるのと思っています。 しかし副作用は確実にあります。  あるいは放射線で背骨の癌が一時的にでも縮小すれば、痛みも和らぎ、事実上緩和ケアの役割も果すのでしょうか?

私には「抗がん剤さえやらなければ、(最終的にはがんで命を落とすにせよ)、最後まで健康に生きられる期間がずっと長かったのに。」という思いがあります。 何故ここに来て、放射線で余計に苦しむ期間を長引かせる必要があるのでしょう?  病院(現在の医学界)は、転移癌に対し、治す力はないと聞きます。 なのにアレコレ治療を行って、患者を苦しめるという告発本もたくさん読みました。  母自身は、「放射線に最後の望みをかける」というよりも、断ることで見放され、例えば体が痛くともモルヒネも処方してもらえないような、本当に救いの無い状況に陥ることを恐れています。

私は主治医と対立するのではなく、「抗がん剤の副作用で母は十分に苦しみました。 いますぐ放射線治療で新たな苦しみを経験することは憚られます。 少しお時間を下さい。」と言って、退院させたいのです。 今後も今の病院にもお世話にもなりながら、自分で母の面倒をみたいと思っています。 

とはいえ元々、家での痛がり方が尋常ではなかったから、(3週間前)入院させたのです。 そして転移も見つかりました。 当然家に戻ることに大いに不安を感じます。 しかしこのままでは、ベルトコンベアー式に放射線治療を受けさせられます。 治る確率が1割でもあるなら頑張りますが、そうでないなら遠い病院への転院も負担です。 今まで散々受けて効果のなかった、すさまじい副作用を伴う抗がん剤治療、そしてこれから放射線治療、もうたくさんです。 

もっとも退院するにも、今は歩けない状況です。 腫瘍が背骨を圧迫して歩けないのか、抗がん剤の副作用の方が大きいのか分かりません。  正直私も、これからどうしていいのか分からないのです。 皆様ならこの状況にいたら、どのような判断をなされますか? お聞かせ頂けましたら幸いです。 よろしくお願い致します。

肺がんの骨転移に対する放射線治療について

74歳の母親ですが、2年前の3月に大腸がんの手術を受け、その年の9月に肺転移、その後複数クールの抗がん剤治療を、種類を変えて計3回受けた後、最近になって壮絶な副作用・痛みを訴えたため入院しました。 検査の結果、背骨に対する2箇所の転移が確認されました。 なお原発の大腸がんはもう大丈夫なのですが、肺がんは相変わらずの大きさです。  骨転移を来したので、抗がん剤治療は失敗だったのだと思います。  主治医はすぐに遠い病院に転院し、今後放射...続きを読む

Aベストアンサー

骨転移に対する放射線治療には、疼痛を和らげるという意味があることを
ご存知でしょうか?
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/lung.html
http://www.gsic.jp/cancer/cc_20/rd01/02.html
http://www.novartis.co.jp/byoki/kotsuteni/haigan/05.html

私には「抗がん剤さえやらなければ、(最終的にはがんで命を落とすにせよ)、最後まで健康に生きられる期間がずっと長かったのに。」という思いがあります。 

ごもっともな思いだと思います。
ですが、これは結果論です。
逆に、抗がん剤が奏功すれば、まったく逆の感想をお持ちになったと思います。
残念ながら、現在の抗がん剤治療は、賭けみたいなものなのです。
実際に効くのは、平均して3割程度。残りの7割は効かないのです。
それどころか、副作用で苦しみが増す場合もあります。
でも、効くか効かないか、ほとんど、やってみないとわからないのです。
(一部の抗がん剤は、事前に、効く・効かないが分かるようになってきました)
質問者様の場合、結果は悪い方になりましたが、でも、するべきことを
しているのだと思います。
くれぐれも、ご自分を責めないように。

また、どうも、医師とのコミュニケーションに深みがないように思います。
つまり、医師の説明が十分ではないように思います。
先に述べたように、骨転移に対する放射線治療は、がんを治療するという
より、患者の苦痛を和らげることに主眼が置かれています。

それは……
「体が痛くともモルヒネも処方してもらえないような、本当に救いの無い状況に陥ることを恐れています」
という言葉にも表れています。
患者が痛がっているのに、モルヒネなどを投与しないとは、考えられません。
ですが、それを想像させるほどに、意思の疎通が良くないように思えます。

アドバイス
がん専門病院で、疼痛緩和のための放射線治療を受けられることを
お勧めします。
残酷な言い方かもしれませんが、QOLを考えれば、積極的な治療ではなく、
疼痛緩和を中心とした緩和ケア病棟への入院を検討されては
いかがでしょうか。
現状では、緩和ケア病棟への入院は順番待ち状態で、1ヶ月待ち
と言うことも珍しくないので、手を打つならば、早いほうが良いです。

「都道府県名+緩和ケア病棟」で検索すれば、ヒットすると思います。

ご参考になれば、幸いです。

骨転移に対する放射線治療には、疼痛を和らげるという意味があることを
ご存知でしょうか?
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/lung.html
http://www.gsic.jp/cancer/cc_20/rd01/02.html
http://www.novartis.co.jp/byoki/kotsuteni/haigan/05.html

私には「抗がん剤さえやらなければ、(最終的にはがんで命を落とすにせよ)、最後まで健康に生きられる期間がずっと長かったのに。」という思いがあります。 

ごもっともな思いだと思います。
ですが、これは結果論です。
逆に、抗がん剤が奏功すれば、まっ...続きを読む

Qガンの再発とか転移とか

よく聞くのはガンが再発したり転移してたりとかそういうの。
不思議なのは一度ガンになった場合そのあと病院に時々行くわけですよね。化学療法のいる人いらない人がいて後者にしても定期的にお医者さんを訪れるわけで。なのに何故つぎに見つかった時は転移していてもう末期とか、そうなるのですか? なんのために一度ガンの手術をした人のその後の観察とか検査とかがあるのですか? 

たとえば知り合いの人にもいました。胃がんで手術したあと定期的に点滴両方とか薬とかそういうので一ヶ月に2度はちゃんと主治医に会っていたみたいで、そして血液検査もしょっちゅうしていて、マーカーのなんだかの値が高いとかそれを抑える薬とかそういうのは知っていましたが、12年後の去年、神様のところに行きました。転移していて末期だったとか。

ん???? 12年の間お医者さんがしょっちゅう見ていて、なぜ突然末期に突入するのですか? その過程があってもいいわけでしょ?

Webとか芸能人とか時々ニュースになったのを読んだりすると、一度手術してその後の再発とか転移とかがあったとかよく見ます。なぜ、なんのために途中途中にお医者さんにかかっているのでしょうか? なぜ途中途中で検査しているのに発見できなくて突然末期になるのでしょうか?

お医者さんにかかっていること療法を受けていること血液検査をしていること、これらは末期の前に予防するためじゃないのですか?

とても疑問なので納得できる理由をご存知の方、教えてください。

よろしくおねががいします。

よく聞くのはガンが再発したり転移してたりとかそういうの。
不思議なのは一度ガンになった場合そのあと病院に時々行くわけですよね。化学療法のいる人いらない人がいて後者にしても定期的にお医者さんを訪れるわけで。なのに何故つぎに見つかった時は転移していてもう末期とか、そうなるのですか? なんのために一度ガンの手術をした人のその後の観察とか検査とかがあるのですか? 

たとえば知り合いの人にもいました。胃がんで手術したあと定期的に点滴両方とか薬とかそういうので一ヶ月に2度はちゃんと...続きを読む

Aベストアンサー

癌細胞が目に見えない所がポイントと思います。
数ミリ、数センチ程度になれば検出できますが細胞レベルは現状では顕微鏡ぐらいの精度が無いと無理です。
例えば肺ガンで数センチの腫瘍が有るとします、既に20%の確率で証明できない微細な転移が存在します。
マイクロメタとか潜在的メタと言われます。
これを見越して手術を行い、80%の完治を願い経過を見ます。
で、再発は大抵遠隔転移で再発します。脳であったり骨であったり。
言い方が悪いですが、その時点で進行癌になります。
たとえそれが1ミリで有ったとしても、遠隔まで飛んだと言うことは、全身に細胞が飛んでいる証拠でも有ります。
かつ、それを予防する手段がありません。
抗ガン剤もこの場合(予防)無力です。
>>末期の前に予防するためじゃないのですか
予防は出来ませんので、早期発見に努めると言うのが現状です。
また、そう言った治療面での制約が有る中で、何処まで厳重にフォローアップして行くかも難しい実情です。
例えば、貴方が胃ガンで根治術を受けたとして、毎月、数ヶ月おきに頭のCTを取るとします。
で、数年後に数ミリの転移が見つかった時、医者が言えることは「進行癌です、化学治療をしませんか。」となります。
何処まで厳格にしかも全身隈無く調べるかは患者さんの希望や経済的負担とも相談が必要な事と思います。

癌細胞が目に見えない所がポイントと思います。
数ミリ、数センチ程度になれば検出できますが細胞レベルは現状では顕微鏡ぐらいの精度が無いと無理です。
例えば肺ガンで数センチの腫瘍が有るとします、既に20%の確率で証明できない微細な転移が存在します。
マイクロメタとか潜在的メタと言われます。
これを見越して手術を行い、80%の完治を願い経過を見ます。
で、再発は大抵遠隔転移で再発します。脳であったり骨であったり。
言い方が悪いですが、その時点で進行癌になります。
たとえそれが1ミリで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報