人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

コンパニオンを扱うプロダクションは沢山ありますが、源泉税を引いた額をコンパニオンに払うところと、「パート扱いだから源泉税は引きません」というプロダクションとあります。

この「パート扱いだから源泉税は引きません」という会社は、税金収めてはいないのでしょうか?
それとも、コンパニオンからは税金取らないけど会社は税金納めてるのでしょうか???

私が以前所属していた事務所は、11111円で手取額は1万円という時と、「この仕事は源泉込みだから」という理由で1万円の領収証を書いて1万円受け取る場合とがありました。後者の場合は、会社側は税金納めてないのでしょうか?本来は、収めるべきもの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。

税金関係の仕事をしています。

○まず

 「源泉税」と言う税目はありません。「所得税」の事だと思います。給与などの支払者が、給与などから所得税を天引きすることを「源泉徴収」といいますので、それと混同されている物と思います。
 要するに、「源泉徴収」とは、貴方が収める所得税を、勤務先が天引きして、貴方に代わって税務署に払ってくれてることです。

 大抵の事業者は「源泉徴収義務者」だと思いますが、貴方へのお金の支払の名目に寄って取扱いが変わってきます。

 給与所得として支払われているのでしたら、事業者が所得税を源泉徴収する必要がありますし、報酬として支払われているのでしたら事業者が源泉徴収してもいいですし、貴方が税務署に確定申告して支払われてもいいです。

 以上を前提に、

>この「パート扱いだから源泉税は引きません」という会社は、税金収めてはいないのでしょうか?

 これは、「会社は所得税を天引きしないから、貴方が自分で所得税を税務署に収めてね」と言う事です。

>それとも、コンパニオンからは税金取らないけど会社は税金納めてるのでしょうか???

 上記のとおりで、そんな親切な会社はないです。貴方が自分で払えと言う事です。

>私が以前所属していた事務所は、11111円で手取額は1万円という時と、「この仕事は源泉込みだから」という理由で1万円の領収証を書いて1万円受け取る場合とがありました。後者の場合は、会社側は税金納めてないのでしょうか?本来は、収めるべきもの?

 前者は、通常、報酬として支払う場合は、所得税として10%を源泉徴収しますから、

 11111円×10%=1111円(所得税)
 11111円-1111円(所得税)=10000円(貴方の手取り)

と言う計算で、貴方の収入は11111円で、1111円の所得税を会社が源泉徴収して、貴方の手取りは10000円ということです。

 後者は、税込みで10000万円ということですから、「10000万円の中から貴方が所得税を払って下さいネ」と言う事です。

○「所得税」の納税義務者
・貴方がおっしゃっている「源泉税」すなわち「所得税」は、会社が納税する物ではなく、貴方が納税する物です。

・ですから、源泉徴収がされていれば、会社が天引きして貴方に代わって収めてくれていますから貴方は納税の必要はありませんし、源泉徴収をしないというのでしたら、貴方が自分で納税する必要があります。

○「給与所得」と「報酬」の違い
 これは簡単な例を挙げますと、大学教授が大学から貰う給与が「給与所得」、頼まれて講演会の講師などになり講師料を臨時に貰えば「報酬」になります。

(結論)
・コンパニオンの方をアルバイトとみなしている会社は、労働の対価を「給与」として支払い、所得税を「源泉徴収」している。

・一方、コンパニオンの方を個人事業主とみなしている会社は、労働の対価を「報酬」として支払い、所得税を「源泉徴収」していない。そのため、貴方が自分で「報酬」の中から所得税を納税しなければならない。

・業界の事を良く知りませんが、一般的に考えるとそういうことだと思います。
    • good
    • 3

会社の真意がはかりかねます。

パートタイマーと言えども、正社員と同様、「給与所得の源泉徴収税額表」によって算出した額を事業主が徴収、納付しなければなりません。会社負担して、別途納めているかどうか解りませんが・・・
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーティーコンパニオンの確定申告

パーティーコンパニオンをしていて、給料は5000円を超えた分以上については10%税金が引かれています。
確定申告の際、交通費は控除の対象になるのでしょうか?
場所によっては車移動で交通費がかからない場合もありますが、たいていは電車での移動です。

Aベストアンサー

#3です。

確定申告する段階では、美容院代や化粧品代の領収書などは提出しなくて構いません。

しかし確定申告のあと、税務署が申告内容に疑問を持った場合に、質問・調査権を行使する事があります。これを税務調査といいます。

毎年、税務署に対して非常に多くの件数の申告が行われ、その中には、正しく申告する人もいれば、不注意で間違った申告をする人もいれば、意図的に(税金が少なくて済むように)間違った申告をする人もいます。こうした多数の申告の中から、税務調査が必要な案件がピックアップされ、実施されます。

確定申告では領収書は不要ですが、税務調査があったときには見せなくてはならないでしょう。しかし、全ての申告について税務調査が行われるわけではありません。税務調査が行われないまま済んでしまうラッキーな人も沢山います。

ですから、美容院代や化粧品代の領収書で、紛失したものは仕方ありません。なくても構いませんから、年間の必要経費を集計するときは、領収書のない美容院代や化粧品代も、パソコンやノートや手帳のメモを見たり記憶をたどったりして必要経費に加えましょう。

あとは、万が一税務調査があったら、その時には調査官に「済みません。領収書を紛失したので、メモと記憶を頼りに集計しました」と説明しましょう。あとは、申告内容をどのように評価して判断するか、調査官に委ねるほかありません。

残っている領収書とパソコンやノートや手帳の記録は、少なくとも7年間、保存して下さい。

#3です。

確定申告する段階では、美容院代や化粧品代の領収書などは提出しなくて構いません。

しかし確定申告のあと、税務署が申告内容に疑問を持った場合に、質問・調査権を行使する事があります。これを税務調査といいます。

毎年、税務署に対して非常に多くの件数の申告が行われ、その中には、正しく申告する人もいれば、不注意で間違った申告をする人もいれば、意図的に(税金が少なくて済むように)間違った申告をする人もいます。こうした多数の申告の中から、税務調査が必要な案件がピックアップ...続きを読む

Qホステス・コンパニオンの確定申告について

今現在学生で、ホステスとコンパニオン(キャバクラへの派遣)をしています。
2007年1月から4月までコンパニオンとして働きました。
2月までは税金等が引かれずに手取り1日4時間18000円コンパニオン会社から受け取っていました。
しかし、2007年3月から制度が変わり、(1日の手取り-10000円)×0.1の税金がひかれるようになりました。
コンパニオン会社の説明では、
「税務署への対応のため税金を3月からひくことになった。
普通のホステスさんは1日の手取り-5000円)×0.1ですが、コンパニオンさんの負担があまりかからないように普通のホステスさんよりは少なくなっています。また、学生など親の控除に入っている場合親元に所得が知られることはないので安心してください。
とのことでした。
そして、2007年7月から11月までお店のホステスとして働き、給料180万円得ました。
今年初めて確定申告をしようと思っています。
コンパニオンとして働いた給料も含めるべきなのでしょうか?
なお、2005年、2006年はコンパニオンだけしていて、両年度年間所得170万円ほどで、親の控除に入っていますが、税金を払ったりすることはありませんでした。
また、5月6月は働いていなかったのですが、
この期間の衣装代・美容代などは必要経費には認められないのでしょうか?
長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

今現在学生で、ホステスとコンパニオン(キャバクラへの派遣)をしています。
2007年1月から4月までコンパニオンとして働きました。
2月までは税金等が引かれずに手取り1日4時間18000円コンパニオン会社から受け取っていました。
しかし、2007年3月から制度が変わり、(1日の手取り-10000円)×0.1の税金がひかれるようになりました。
コンパニオン会社の説明では、
「税務署への対応のため税金を3月からひくことになった。
普通のホステスさんは1日の手取り-5000円)×0.1ですが...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず,所得税の基本的な納税方法を書かせて頂きます。
 
 所得税の納税には大きく分けて「源泉徴収」による予納と,「確定申告」による納付があります。

◇「確定申告」

・「確定申告」とは,毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し,申告期限までに確定申告書を提出し,すでに源泉徴収などで納めている所得税との過不足を清算することです。

・「確定申告」の結果,すでに源泉徴収等がされている所得税が多すぎれば税務署から還付,少なければ税務署に追納することになります。

◇源泉徴収

・「源泉徴収」とは,給与などの支払時にあらかじめ所得税を徴収することです。いわゆる「給与天引き」です。この税額は,仮の税額ですから,最終的には「年末調整」により税額を確定し,すでに源泉徴収等がされている所得税が多すぎれば勤務先が還付,少なければ勤務先が追徴することになります。

◇「確定申告」の必要がない方
 次の方は,「確定申告」の義務はありません。

・年収が2000万円以下の方で,すべての収入について年末調整を受けている方

・総収入額から基礎控除その他の所得控除額の合計額を差し引き,その金額に基づき計算した所得税額の合計額から,配当控除額と住宅借入金等特別控除額を差し引いて残額のない方
 簡単に書きますと,
 ・収入から控除を引くと課税所得がない方
 ・課税所得があるが,配当控除額と住宅借入金等特別控除額を差し引くと課税所得がない方
です。

◇「収入」と「所得」
 
・年間の「収入」と「所得」はちがいます。所得税は「収入」ではなく「所得」に対して課税されます。

・「収入」
 各種の天引きがされる前の支払額です。

・「所得」
 「収入」から各種控除を引いた金額です。
 多分,miku912さんの所得は事業所得になると思われますから,各種控除として「必要経費」が控除できます。

-------------
 以上から,

>2007年7月から11月までお店のホステスとして働き、給料180万円得ました。今年初めて確定申告をしようと思っています。
コンパニオンとして働いた給料も含めるべきなのでしょうか?

・「確定申告」とは,毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し,申告期限までに確定申告書を提出し,すでに源泉徴収などで納めている所得税との過不足を清算することですから,当然含まれることとなります。

・なお,お店が税金を天引きしているということは,miku912さんに支払った金額について,お住まいの市区町村にも支払額が報告されます。これらに基づき,miku912さんの住民税が計算されます。

・つまり,確定申告に「コンパニオンとして働いた給料」を含めないと,税務署への申告はしていないが,市区町村へはお店から報告がされているという,困った状態になります。

>なお、2005年、2006年はコンパニオンだけしていて、両年度年間所得170万円ほどで、親の控除に入っていますが、税金を払ったりすることはありませんでした。

・miku912さんの税金については,大まかには,

 収入170万円-基礎控除38万円(他に控除があればそれも引きます)-必要経費=課税所得

になりますから,課税所得がなくなるほどに必要経費があるのでしたら,税額はありませんので,あまり問題にはならないとは思いますが,確定申告は5年間はさかのぼってできますので,確定申告をされた方がすっきりしますね。

・なお,逆に言いますと,税務署は過去5年間(脱税の場合は7年間)についてはmiku912さんに課税ができます。税務署から課税された場合は,過少申告加算税の支払などのペナルティーがあります。

・なお,お父さんがあなたについて扶養控除を受けておられたことについては,

 収入170万円-必要経費<38万円

でしたら問題ないです。
 一方,38万円を超えているようでしたら,お父さんは違法に扶養控除を受けておられたことになります。つまり,脱税になります。
 
>また、5月6月は働いていなかったのですが、この期間の衣装代・美容代などは必要経費には認められないのでしょうか?

・収入に対する必要経費でしたら認められます。働いておられなくても,7月以降に備えて衣装を購入されたり,美容をされることもあります。

 大まかには以上のような考え方になると思います。

 こんにちは。

 まず,所得税の基本的な納税方法を書かせて頂きます。
 
 所得税の納税には大きく分けて「源泉徴収」による予納と,「確定申告」による納付があります。

◇「確定申告」

・「確定申告」とは,毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し,申告期限までに確定申告書を提出し,すでに源泉徴収などで納めている所得税との過不足を清算することです。

・「確定申告」の結果,すでに源泉徴収等がされている所得税が多すぎれ...続きを読む

Qモデルをしていますが、確定申告は・・・

モデル・俳優をやっています。
でも、恥ずかしながら、まだまだ収入が少ないので、
全く別のアルバイトもやっています。
そこで、アルバイトの給料とモデル・俳優の給料の合計が私の収入なので、確定申告をしなければ・・・と思っています。
ここまではいいですよね?
さて、確定申告の際、どこまで経費が認められるかということを聞きたいのですが、
今思っているのは、
・美容院代
・温泉、エステ代
・演技レッスン代
・自宅の一室をオーディション写真撮影用に使っているので、家賃の一部
・化粧品代
・自前衣装(スーツなど)代
というところでしょうか・・・。
これら全部が認められないとしても、いくつかは認められますでしょうか?
また、これらの領収証が必要なのだとは思うのですが、
私の場合、
アルバイトの源泉徴収賞と、バイト・俳優の事務所の源泉徴収賞と、これらの領収証と、あとはもろもろの控除証明書(国民年金などの)を、税務署に持っていけばいいのですよね?
それが、「確定申告をした」ということになるのですよね?

ちょっと苦手な分野なので、わかりやすく教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

モデル・俳優をやっています。
でも、恥ずかしながら、まだまだ収入が少ないので、
全く別のアルバイトもやっています。
そこで、アルバイトの給料とモデル・俳優の給料の合計が私の収入なので、確定申告をしなければ・・・と思っています。
ここまではいいですよね?
さて、確定申告の際、どこまで経費が認められるかということを聞きたいのですが、
今思っているのは、
・美容院代
・温泉、エステ代
・演技レッスン代
・自宅の一室をオーディション写真撮影用に使っているので、家賃の一部
・化粧品...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは お昼休みですね。ダッシュで書きました。
誤字脱字はごめんね。
ええと(^^;;私、実は彫金が趣味でして、宝飾品を作っています。
それで出来上がった品をつける首や指のモデルをしています。
それで申告しなきゃいけない雑所得の20万以上の収入を頂いたことがあるので確定申告したことがあります。
普段は会社員の素人なんで嘘書いちゃったらごめんなさいね~。
だから1回しか申告したことありませんで参考程度にしてね。
それ以降は雑所得が20万を超えないようにお仕事してるので・・・申告してません。
私の確定申告の経験を書きますね。

>アルバイトの給料とモデル・俳優の給料の合計が私の収入なので、確定申告をしなければ・・・と思っています。
ここまではいいですよね?

はい、結構です。(^^
でもどちらが収入が多いですか?
モデル?アルバイト?
それによってちょっと違います。
今回はアルバイトのほうが収入が多いお話として書きますね。
私も普段は会社員なので会社員のほうが収入が多いので・・・。

>さて、確定申告の際、どこまで経費が認められるかということを聞きたいのですが、
今思っているのは、
・美容院代
・温泉、エステ代
・演技レッスン代
・自宅の一室をオーディション写真撮影用に使っているので、家賃の一部
・化粧品代
・自前衣装(スーツなど)代
というところでしょうか・・・。
これら全部が認められないとしても、いくつかは認められますでしょうか?

ええ基本的に大丈夫ですよ。
ただ、美容院は本当に仕事なのか、そうじゃないかによって違います。
撮影の為にセットした髪の場合は通ります。
でも普段の美容院はつかないわけですよね。
化粧品もどこまで仕事かという部分は難しいですから、美容院、化粧品、スーツあたりがグレーゾーン。スーツはいかにも舞台衣装!みたいなものは確実に100%通ります。
普段自分でも着るでしょうみたいなものはちょっとグレーゾーン。
温泉も(^^;;難しいかなあ?
こういうグレーゾーンは税務署でそのまま言えばいいの。
これは経費にいれていいの?って。
例えば私は指や首モデル。
首の美容液、指のクリームなどあっさり通ります。(^^
撮影前の3日間の集中エステも経費に書きました。

でも普段自分が顔に使っているものは何%かしか認められません(100%じゃなくても書いていいの)だから、例えばお部屋が2DKで1部屋がスタジオなら家賃の賃料の50%(実際は40%くらい?トイレやお風呂もあるので)が経費に書けます。
ただ私の感覚ではスーツは全部書いてもいいと思うよ。
ダメならあとで領収書だして、って言われるからそのとき考えればよしって感じ。
私は出来うる限り書いたけど大丈夫でした。
こういうのは基本的に自己申告の計算だけなのです。
で、問題アリだよ、これは経費じゃないでしょー?と税務署に言われたら領収書とか出せばいいの。だから領収書は税務署に出すんじゃなくて自分で保管しておいてね。
もちろん書くときに税務署にもっていってもいいけど忙しいせいか、いちいち見ません。

>また、これらの領収証が必要なのだとは思うのですが、
私の場合、
アルバイトの源泉徴収賞と、バイト・俳優の事務所の源泉徴収賞と、これらの領収証と、あとはもろもろの控除証明書(国民年金などの)を、税務署に持っていけばいいのですよね?
それが、「確定申告をした」ということになるのですよね?

ええ、そうです。
ただアルバイトは給与の源泉徴収票を書くだけでいいので簡単だけど、モデル・俳優さんのほうは収支内訳書というのを記載しなくてはなりません。
これは国税庁のHPにあります。
(ただし17年度用なので18年度のはまだありません。年始あたりには用意されているんじゃないかしら?こういうのはいつも年明けの月末からなので…)
これの平成17年分収支内訳書(一般用) です。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/youshiki/02.htm
これに経費の内訳を書くわけです。
美容院とかレッスン代とかスタジオ代とかそういうものをです。
アルバイトは多分『給与』の源泉徴収票だと思うけど、モデル・俳優は成功報酬で『給与』ではないでしょ?報酬・料金・契約金及び賞金の支払調書というものだと思うんだけど。
私はそうだったんですけどね。
だからアルバイトと合算して出す用紙が同じところにある申告書Bという用紙です。
申告書B
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/youshiki/02.htm
(もしモデル・俳優の収入が『給与』なら申告書Aに記載します。この場合経費は書けないの、ただのWワークの確定申告になります。)
申告書Bのこれの雑(所得)の(ク)のところがモデル・俳優の収入金額を書くところです。
アルバイトは給与(カ)のところ。所得は(6)と(7)
もし、雑所得が(モデル・俳優の収入)20万未満の場合はそもそも申告をしなくていいんです。

そうそう開業届けを出した?モデル・俳優さんのです。
私も税務署で言われました。出してないなら出しておきましょうって。
すると来年からは用紙が送られてくるしね。
で、アルバイトよりもモデル・俳優がメインの収入になったら(ク)ではなく(ア)の営業等というところに金額を書くわけです。

最後に1つアドバイス。
携帯なんかも連絡で使うでしょ?
どのくらい使うか考えて何%か経費に入れることが出来ます。
交通費とかも結構な金額なので、お仕事の日の交通費はちゃんとメモっておくといいよ。
パスネットとか(乗った日にち場所が印字されるので)とっておくのも大事です。
ではでは~。

こんにちは お昼休みですね。ダッシュで書きました。
誤字脱字はごめんね。
ええと(^^;;私、実は彫金が趣味でして、宝飾品を作っています。
それで出来上がった品をつける首や指のモデルをしています。
それで申告しなきゃいけない雑所得の20万以上の収入を頂いたことがあるので確定申告したことがあります。
普段は会社員の素人なんで嘘書いちゃったらごめんなさいね~。
だから1回しか申告したことありませんで参考程度にしてね。
それ以降は雑所得が20万を超えないようにお仕事してるので・・・申告し...続きを読む

Q確定申告について教えてください。

会社員を5月に退職後、年末までイベントコンパニオンとして働きました。

【質問(1)】この支払調書の額は、雑所得にあたりますか?それとも、、事業所得でしょうか?

手元に下記の2種類の資料があります。
 ・「23年分 給与所得の源泉徴収票」(会社員時代の会社)
 ・「23年分 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」(イベントコンパニオン会社)

支払調書の内容は下記です。

 ・出演料 支払金額 210000円 源泉徴収税額 21000円


【質問(2)】確定申告の必要はありますか?

義務ではなく、数千円や数万円戻ってくる程度なら、面倒なのでしなくてもいいかなと思っています。
しかし、退職後の国保や年金も対象になること(?)や、住民税などの関係から申告したほうが良いみたいなんですが・・・よくわかりません。

給与所得の源泉徴収票の内容は下記です。

 ・給与・賞与 1200000円 源泉徴収税額 27000円 (このほかに社会保険料)

無知で申し訳ありませんが、詳しい方がいたら回答お願いしたいと思います。

Aベストアンサー

今晩は。

給与収入が120万円ならば給与所得が55万円となります。

貴女の場合、会社を辞めて本業としてコンパニオンをなさっていたのならば、支払調書の報酬は労働の対価ですから、雑所得ではなく事業所得となります。

さらに事業所得は、支払額から必要経費を差し引いたものです。(例えば、交通費・衣装代・化粧品代・美容院代など事業用に必要で使ったお金があれば経費になりますので、恐らく支払額が21万円ぐらいならば、実質所得は0円になってしまうことと思います。)

55万円から基礎控除38万円を差し引くと、17万円が残りますが、そこから源泉徴収法に記載の社会保険料と、退職後に支払った国民年金や国民健康保険料等があれば、それらも差し引くことができます。

すると、課税所得は0円近くになるのではないでしょうか?もしそうならば最大、21000円+27000円=49000円の還付が受けられることになると思います。

Q給与と報酬の違いを教えてください。

先日、在宅で翻訳の仕事をしました。
その支払いについて連絡があり、請負契約であるので給与ではなく「報酬」という形を取りたい。なので請求書を出してください、とのことでした。

私は他に常勤で仕事をしているのですが、副業をしても構わない職場なので、支払い形態にはこだわりがないのですが
そもそも給与と報酬の違いってなんだろう?と思い質問させてもらいました。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
こちらから報酬ではなく、給与にしてほしいと言えば変えられるものですか?
なんとなく報酬だと、その後の税金や申告等の処理が面倒くさそうなので、給与の方がよいのではないかと思うのですが。

2.給与だと、源泉徴収票がもらえるので、それを会社に提出すれば確定申告の必要がないですよね?報酬の場合、確定申告をする時、源泉徴収票のような所得証明書はどれになるのでしょうか?
(20万円以下なので確定申告は必要ないかも知れませんが。。)

3.税金の引かれ方等で、給与と報酬は大きく違いがありますか?

自分で調べてみても混乱してきたので、どうか知識のある方教えて頂けると助かります。
宜しくお願いいたします。

先日、在宅で翻訳の仕事をしました。
その支払いについて連絡があり、請負契約であるので給与ではなく「報酬」という形を取りたい。なので請求書を出してください、とのことでした。

私は他に常勤で仕事をしているのですが、副業をしても構わない職場なので、支払い形態にはこだわりがないのですが
そもそも給与と報酬の違いってなんだろう?と思い質問させてもらいました。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
こちらから報酬ではなく、給与にしてほしいと言えば変えられるも...続きを読む

Aベストアンサー

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
雇用関係があるかないかで決まります。
今、お勤めのところは勤務時間が決められていると思います。
超過すれば残業手当が付くでしょうし、勤務時間中は、事業主の指示のもとで働かなければならないはずです。事故を起こせば労災も適用できます。
雇用関係がなければ、こんなことは関係ありません。
請負契約では原則、納期と成果物(または、役務の提供)を守れば良い筈です。

こちらから給与にしてくれと頼んでも雇用関係がない以上、無理です。
2.給与だと、源泉徴収票がもらえるので、それを会社に提出すれば確定申告の必要がないですよね?報酬の場合、確定申告をする時、源泉徴収票のような所得証明書はどれになるのでしょうか?
給与所得の場合でも2ヶ所以上から受給を受けている人は、確定申告が必要です。(20万円以上)従って、今、お勤めの会社ではそこの会社分だけで年末調整がされます。
報酬の場合は、支払調書という調書が発行されますので給与と併せて確定申告します。

3.税金の引かれ方等で、給与と報酬は大きく違いがありますか?
報酬の場合は、報酬源泉(10%又は20%)を差し引かれる職種がきめられていますので、これに該当しない場合は、何も引かれません。
給与の場合は、2ヶ所目からは乙欄適用で源泉徴収になります。
金額によって税率が変わりますが最低でも3%引かれます。

結論としては給与であれ報酬であれ20万円を超えれば確定申告が必要なり、申告を行えば税額も同じになるということです。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
雇用関係があるかないかで決まります。
今、お勤めのところは勤務時間が決められていると思います。
超過すれば残業手当が付くでしょうし、勤務時間中は、事業主の指示のもとで働かなければならないはずです。事故を起こせば労災も適用できます。
雇用関係がなければ、こんなことは関係ありません。
請負契約では原則、納期と成果物(または、役務の提供)を守れば良い筈です。

こちらから給与にしてくれと頼んでも雇用関係がない以上、無理...続きを読む

Qホステス 報酬か給与かで確定申告ではかなり税金面で違うのでしょうか?

初めて確定申告を行う者ですが、いろいろ分からないことがあり投稿しました。ホステスをしている場合の「報酬」と「給与」の違いについて質問します。平成18年度の収入は180万円ほどで、源泉徴収税額は67000円ほどでした。経費(お客様に送るお中元やはがき代、プレゼント代、自分の交通費、衣装代など)は17万円ほどでした。●確定申告する際に「報酬」か「給与」かで控除の有無についてかなり違うのでしょうか?「給与」なら領収証があっても落ちないと聞きました。でも、「給与」でも経費の控除はあるんですよね?●もし領収証の合計が60万を超えていたら、「報酬」にしてもらった方がいいと聞きました。私は経費は17万くらいですが、これだと「給与」扱いの方がいいのでしょうか?●お店が言うには、「あなたはお店という場所を借りて、個人事業主が営業してる形態」と言います。ということは、「報酬」になると思うのですが、源泉表には「平成18年分 給与所得の源泉徴収表」とあります。ただし、区分の欄は空欄にしてくれています。これで税務署に見せても「報酬」扱いになるのでしょうか?●もし「報酬」にならないとしたら、お店にもう1回言って、「区分」の欄に「報酬」と書き加えてもらわないといけないのでしょうか?●ホステス以外にアルバイトもしてますが、それも合算して申告した方がいいのでしょうか?そちらの収入は8万円、源泉税4000円ほどでした。●確定申告は5年までさかのぼって出来ると聞きました。平成16年度の時は収入13万、源泉6600円ほどです。これでも確定申告したら6600円は返ってくるのでしょうか?基本的なことばかりですみません。よろしくお願いいたします。

初めて確定申告を行う者ですが、いろいろ分からないことがあり投稿しました。ホステスをしている場合の「報酬」と「給与」の違いについて質問します。平成18年度の収入は180万円ほどで、源泉徴収税額は67000円ほどでした。経費(お客様に送るお中元やはがき代、プレゼント代、自分の交通費、衣装代など)は17万円ほどでした。●確定申告する際に「報酬」か「給与」かで控除の有無についてかなり違うのでしょうか?「給与」なら領収証があっても落ちないと聞きました。でも、「給与」でも経費の控除はあ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 #1さんがおっしゃっているように給与(給与所得)か報酬(事業所得、雑所得)かはあなたが決めるのではありません。あなたがどのような雇用形態で雇用主に雇われているのかです。
 あなたに仕事を出している人が税務上どちらで処理しているのかでだいたいのところはわかります。
 あなたの給与明細は給与等から所得税を10%差し引いていますか。10%税金を差し引いていれば、間違いなく報酬(あなたの場合は事業所得になる。)です。給与所得の源泉徴収税額表(月額表)で差し引いていれば給与所得として考えているということです。
 また、毎月お店からいただくお金から引かれるものの種類でも判断できます。社会保険料、雇用保険料が引かれていたら給与所得ですね。(社会保険料等が引かれていなくとも報酬とは限りません。)
 給与所得の場合、収入が180万円だとすると、「給与所得控除後の給与等の金額」(所得金額)は108万円です。(収入について4千円刻みで「給与所得控除後の給与等の金額」は設定されています。)
 事業所得等の場合、収入が180万円で必要経費が17万円だとすると、所得金額は163万円になります。
 社会保険料などはこれらの所得金額から差し引かれるものです。
 確定申告をするときはその年に頂いた収入すべてを加えないといけません。ただし、給与所得、事業所得、雑所得といった枠ごとに所得は計算しますので、実際の納税額に結びつかない可能性もあります。納税額の減額あるいは還付額の増額の原因になる可能性もあります。

 あなたの源泉徴収税額、「平成18年分 給与所得の源泉徴収表」の発行を見るとお店は給与等として税務上整理しているように見えます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/01.htm

 こんにちは。
 #1さんがおっしゃっているように給与(給与所得)か報酬(事業所得、雑所得)かはあなたが決めるのではありません。あなたがどのような雇用形態で雇用主に雇われているのかです。
 あなたに仕事を出している人が税務上どちらで処理しているのかでだいたいのところはわかります。
 あなたの給与明細は給与等から所得税を10%差し引いていますか。10%税金を差し引いていれば、間違いなく報酬(あなたの場合は事業所得になる。)です。給与所得の源泉徴収税額表(月額表)で差し引いて...続きを読む

Qイベントコンパニオンについていろいろ質問

イベントコンパニオンをしたいので、事務所に登録しようと思いいろいろ調べたところ、事務所がかなりたくさんあり迷っております。
いろいろなホームページを見てこの仕事のことを調べたのですが黒い噂もあるのでとても不安です。
どなたかよい事務所をご存知の方教えていただけないでしょうか?

私は背が低いので150cm代でも展示会の仕事が回ってくるところがいいです。(オーディションを受けて採用となるのはわかっていますが、事務所によっては背が低いだけでオーディションを受けさせてもらえないところがあるようなので。)
それからたくさん働きたいので事務所の掛け持ちをしてもしても怒られないところがいいです。
もうすぐ選挙があるようなので、それ関係の仕事があるところをもし知ってたら教えてください。

あと研修ありと書いてあるところが非常に多いのですが、必ず受けなくてはいけないのでしょうか?
研修ではどんなことをやるのでしょう?研修で出来が悪くて登録抹消ということもありえるのでしょうか?

登録時の面接で落とされることはほとんど無いそうですが実際どうなのでしょうか?面接では何を聞かれるのでしょうか?緊迫した感じですか?

面接時にスナップ写真持参でと書いてあるところは、その後の宣材写真は不要なのでしょうか?(写真代は馬鹿にならないので気になります)

気が早い話ですが、オーディションではどんなことをきかれるのでしょうか?

登録してから初仕事までどれくらいかかるのでしょうか?

携帯などのキャンペーンガールを全くやらずに展示会に出るのはやはり無理でしょうか?
展示会系とキャンペーン系と分けて募集している会社もありますが、その場合は展示会だけも可能なのでしょうか?

長々とすみません。でも本当に困っているので経験者の方よろしくお願いします。

イベントコンパニオンをしたいので、事務所に登録しようと思いいろいろ調べたところ、事務所がかなりたくさんあり迷っております。
いろいろなホームページを見てこの仕事のことを調べたのですが黒い噂もあるのでとても不安です。
どなたかよい事務所をご存知の方教えていただけないでしょうか?

私は背が低いので150cm代でも展示会の仕事が回ってくるところがいいです。(オーディションを受けて採用となるのはわかっていますが、事務所によっては背が低いだけでオーディションを受けさせてもらえないとこ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは(^v^)
現役イベントコンパニオンをしているものです。
kaori-chanさんがどの地域にお住まいなのか判りませんし、
その地域の事務所を知っているか判らないので勝手なことは言えませんが、とりあえず・・・。

まず、研修ですが、イベントコンパニオンをする上で髪の色や化粧の仕方を指導する事務所もあります。
立ち方を指導してくれる事務所もあります。
とにかく、一つ一つ連絡をとって直接聞き出すしかありません!

それから、事務所によっては登録時の面接で落とされることもあります。
もし落とされなくても、オーディションの情報すら回して貰えない事もあります。

面接時のスナップ写真に関してはわかりませんが、本格的にイベントコンパニオンをしたいのであれば、
必ず宣材写真(コンポジ)は必要になってきますので撮ることになります。

オーディションでは名前・3サイズ・身長・志望動機etc
クライアントによって内容は様々です。
オートサロンなんかは水着での審査もありますし。。。

登録してから仕事までは、小さなキャンペーンであればすぐに仕事が回ってくることもありますが
基本的に2か月前にはオーディションを受け&結果が出ています。
たとえ誰かが病気で倒れ代わりが必要になったとしても、他の事務所に応援を頼んだり、オーディションで補欠になった人が入ったりするので
チャンスはなかなか回ってきません。
入ったばかりであれば、いかにそのチャンスを生かせるかが大切です(^-^)

それから、150cm代後半の身長でも、正直なところ厳しいと思います。
ただ、展示会と言ってもコンビニの展示会などであれば、もしかしたら採用していただけるかもしれません。
ただし、どのお仕事でもオーディションは必須です。

頑張り次第ですよ!!
何かあったら補足に書いてください。私でよければ回答しますんで(^0^)
応援しています。頑張ってくださいね☆

こんばんは(^v^)
現役イベントコンパニオンをしているものです。
kaori-chanさんがどの地域にお住まいなのか判りませんし、
その地域の事務所を知っているか判らないので勝手なことは言えませんが、とりあえず・・・。

まず、研修ですが、イベントコンパニオンをする上で髪の色や化粧の仕方を指導する事務所もあります。
立ち方を指導してくれる事務所もあります。
とにかく、一つ一つ連絡をとって直接聞き出すしかありません!

それから、事務所によっては登録時の面接で落とされることもあります。
...続きを読む

Q建物(固定資産)の取得価格に含まれる費用について

税金特に法人税にお詳しい方、よろしくお願い申し上げます。
この度、新たに会社の経理を引き継ぎました。会社が賃貸マンションを建設し、竣工となりました。そこで、それまで建設仮勘定に計上されていたものを、建物に振替えるのですが、その建設仮勘定には、設計費、工事代金はもちろんですが、建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料、不動産登記申請の登録免許税及びその代行手数料、更には地鎮祭、上棟式、竣工祝の飲食費まで計上されておりました。
質問ですが、実際に建物(固定資産)の取得価格に含まれるもの(又は含めなくて良いもの)を教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 
減価償却資産の取得価額については、法人税法施行令第54条でその取得形態に応じて定められていますが、これらの固定資産の取得に関連して支出する費用であっても、その法人の選択により取得価額に算入しないことができるものは「法人税基本通達7-3-3の2」で示されています。


ご質問文の例であれば、

建物(固定資産)の取得価格に含まれるものは、

設計費
工事代金
建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料
地鎮祭
上棟式


建物(固定資産)の取得価格に含むか含まないかは法人の任意のものとして、

不動産登記申請の登録免許税及びその代行手数料(法人税基本通達7-3-3の2)
竣工(落成)祝の飲食費(法人税基本通達7-3-7)

となります。

(法人税基本通達7-3-3の2及び法人税基本通達7-3-7)
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/07/07_03_01.htm
 

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/genka2/gnk2_3_1.htm

 
減価償却資産の取得価額については、法人税法施行令第54条でその取得形態に応じて定められていますが、これらの固定資産の取得に関連して支出する費用であっても、その法人の選択により取得価額に算入しないことができるものは「法人税基本通達7-3-3の2」で示されています。


ご質問文の例であれば、

建物(固定資産)の取得価格に含まれるものは、

設計費
工事代金
建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料
地鎮祭
上棟式


建物(固定資産)の取得価格に含むか含まな...続きを読む

Qパーティーコンパニオン

パーティーコンパニオンの派遣を知り合いが始めようとしています。

別の知り合いから「派遣業の登録は?」といわれたそうです。

特に派遣社員として派遣するわけではないので、そのような登録はいらないと思うのですがいかがでしょうか?

何か、届出が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

コンパニオンを自社で雇用してるだけですから派遣業の業登録は必要ありません。
雇用保険を付けて源泉徴収して、日払いでも週払いでも給料を支払えばなんら問題はないと思います。

派遣業取得のハードルは高く、宴会にやってくるコンパニオン斡旋会社程度では派遣業が取得できないと思われますし、派遣業登録も必要ない事業形態です。

Q家賃の保証料の消費税について

こちらには税金に詳しい方が多く参加されているので教えてください。

賃貸住宅を契約する時に賃借人が保証人をたてる代わりに保証会社に「保証料」を支払えば、保証会社が家賃支払を保証してくれますが、この保証料は金融取引の際の保証のように「信用の保証としての役務の提供」として非課税取引になるのでしょうか?それとも、それには該当しないとして課税取引になるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも最終的には、税務署等にご確認される事を前提に、確かに金融取引ではありませんが、内容的に見て、賃借人が支払不能に陥った場合、保証会社が代わりに家賃分を賃貸人へ弁済するのであれば、まさしく「信用の保証としての役務の提供」に該当すると思われますので、やはり非課税となるのでは、と思います。

#1の方が掲げられている通達については、賃貸人に支払うべきものについての事ですので、ちょっと違うと思います。


人気Q&Aランキング