現在の所、政府は円安を容認していますが、アジアの国ではあまり円安では困ると聞いたことがあります。
どの様な関係があるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

97年のアジア経済危機の発端は円安と言われています。

その当時、東南アジア諸国は自国通貨をドルにリンクさせるドルペックを採用し、実質的な固定相場としていました。ただ、金利はドルに比べ自国の方が高かったため、企業は為替リスクを顧みずドルで借入を行っていました。そこに、円安を引き金とした自国通貨への売り圧力が一気に噴出し、ドル建て債務は増大してしまったのです。

現在の状況は当時とは違い、ドルに対してペックしているわけではありません。ですから、東南アジア諸国の通貨については、円安になれば、機動的に売られる可能性がありますので調整能力はあるでしょう。

ただし、中国元はいまだに固定相場であり、極めて政治的な要因で動きます。最近、安い労働力を武器に輸出を伸ばしていますが、円安になると日本の輸出競争力が高まるため、相対的に中国の競争力は弱まります。ですから、さかんに円安に対する牽制発言を行っています。

従って、あまり円安にふれると中国が元を切り下げてくる恐れがあり、それは政治的なものなので、変動相場での取引市場に歪みをあたえることになります。最悪、通貨の切り下げ合戦の様相を呈するかもしれません。

ただ、個人的には長期に亘って円の過大評価が行われており、少なくとも150円程度までは許容されるべきと考えていますし、中国元は過小評価されており、むしろ切り上げるべきと考えます。ベストは中国元も変動相場に移行することです。しかし、共産主義の国がそのようなことをするとは思えないので、結局共産主義政権の崩壊を待つしかないでしょう。
    • good
    • 0

アジアの国から見て円安は「日本の商品が自国に安く入ってくる」、


「自国の商品は日本で売れなくなる」ということになります。
現在韓国では長引く不況から回復の兆しが見え、たとえば百貨店などでは
三ヶ月連続二桁の伸び(しかも前年比40%以上の高率)で高級品が
飛ぶような売れるプチバブルのような状態ですが、不安材料は日本の
円安といわれています。アジアの国は結構日本市場に依存しているして
いるんですよ
    • good
    • 0

円が安いと言うことは、同じ物(製品・労働力)を輸入しても、円としてはいっぱい払わなくてはならないと言うことですよね。


ということは?
アメリカやヨーロッパ諸国は経済的に自立していますが、アジア諸国は日本から流れてくる資金に頼る部分が大きいからと言うわけですかね?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在、政府は財政再建という名目で政府支出や公共投資を抑制する一方、法人

現在、政府は財政再建という名目で政府支出や公共投資を抑制する一方、法人税を減税して消費税を上げるという、消費者いじめ・企業優遇な政策により景気が後退する政策をとっています。
国債も政府負債抑制の名のもとに国債発行抑制を目指しています。
こういった増税・抑制政策より、景気を回復させるために公共投資を(ルールを見直して)拡大し、限定期間で消費税減税や消費者の購買を後押しする投資をするために国債はもっと発行すべきです。
国債が増えると将来に負担がかかるという意見もありますが、このまま国内税収が不景気により減っていけば、国債を抑制しても税収が減り、国債利払いのデフォルトもあり得ます。
政府は景気対策ができていないのではないでしょうか?

Aベストアンサー

世界同時不況の時に増税や財政再建をやる政治判断は、誰が決めたのでしょう。常識を疑います。経済が冷え込むから、お金を回す役割を国がしないといけない時ですよね。
円高で為替介入する時代ですから、お札を刷って財政再建完了になる発想は、誰でもできると思います。

しかし、その方向へ進まないのは、何が原因なのでしょう。経済の話は、難しい話で煙に巻く経済評論家のせいでしょうか?経済のことを知らない政治家のせいでしょうか?

財政再建より、労働力あまりの成熟した社会では、お金に困る人が多くなりますから、それを解決するのが政治だと思います。

そのためには、お金を使う事業が必要になります。
質問者さんの言っているとおり、政府は景気対策ができていないと思います。

Q円安歓迎!政府は足りないお金を500円玉で払おう

税収が不足すれば、政府の発行している500円玉で払えば良いと思います
そんなことすれば円の価値が下がってインフレになると言う人がいますが、
今は多くの消費財を輸入していますので、びっくりの円安にならない限り、
急激な物価上昇はありえません。
また、円安になれば、輸出産業が俄然元気になり内需を牽引し、景気拡大
税収増加で500円で払う分が減ってくれるかもしれません。そうなると今度は
円高になって行きますので、物価上昇は輸入品が抑えてくれます。
ということで、ハイパーインフレなど起こりえません。

なお、500円玉とは政府発行通貨の例としてあげているので、1億円玉でも
1兆円玉でも作ってくださいと言う意味です。

こんなことすると起こる問題は何ですか?

Aベストアンサー

No.3です。お礼ありがとうございます。補足します。

>そうなると輸出は伸びませんね。
なぜ円安で輸出が伸びないなどということがあるのでしょうか?
韓国がウォン安政策で爆発的に輸出を伸ばしたり、中国がドルリンクで
元安になっているのをよいことに輸出を伸ばしているのはご存知ですよね?

(1)日銀がお金を発行して、物(サービス)に対してお金が多くなった際のインフレ率。
(2)円の信頼が失われて、円が売られた際の、円安によるインフレ率。
(3)円安の割合(例えば、80円→120円の円安として)

上記3つを考慮すると、
(1)によって、1.5倍、(2)によって、1.3倍になったとします。
そうなると、80万円の自動車は、156万円(=80×1.5×1.3)になります。
これを輸出するとなると、(3)より、当初80万円の自動車は、1万ドルでしたが、156万円に値上がりした自動車は、輸出価格も1万3千ドル(156万÷120)と値上がりしてしまいます。
このようにあなたの思い通りにならないことも十分想定しなければなりません。

中国は、食糧や資源の自給率は、90%を超えており、元安になっても、生産コストに跳ね返りません。
韓国は、一部の輸出企業が元気なだけで、政府自体は最近もデフォルト寸前になったりしています。
また、単純に通貨安を狙って輸出増をねらってもそのとおりにならないですよ。大体、今の円高は日本が望んでなったわけではありませんし、日銀がいろいろやっても全然効果なかったですよね。コントロールできないわけです。
また、そのやり方として、お金を発行するのが適切がどうかきちんと検討しなければなりません。

No.3です。お礼ありがとうございます。補足します。

>そうなると輸出は伸びませんね。
なぜ円安で輸出が伸びないなどということがあるのでしょうか?
韓国がウォン安政策で爆発的に輸出を伸ばしたり、中国がドルリンクで
元安になっているのをよいことに輸出を伸ばしているのはご存知ですよね?

(1)日銀がお金を発行して、物(サービス)に対してお金が多くなった際のインフレ率。
(2)円の信頼が失われて、円が売られた際の、円安によるインフレ率。
(3)円安の割合(例えば、80円→120円の円安として)

...続きを読む

Q9/15の為替介入で米ドルに日本政府が介入して、米ドルに対して円安にな

9/15の為替介入で米ドルに日本政府が介入して、米ドルに対して円安になりましたが、
他通貨でも円安になっています。
http://www.moneypartners.co.jp/market/
なぜ、他通貨も連動して円安になるのでしょうか?
ご教授頂ければ幸いですm(_ _)mペコリ

Aベストアンサー

他通貨にも介入したので
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6187521.html

Q円安!急速な円安です。経済は大丈夫?

このところの円安ユーロ高。遂に、1ユーロが158円を記録したとか。
このところ、ヨーロッパへの旅行が日本人にとってかなり物価高に感じるとか。韓国のウォンに対しても、円安です。
日本の通貨に問題が?借金まみれで信用失墜とか?
通貨価値が落ちることが経済に影響ないのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに最近の円安ユーロ高は極端すぎます。
1ユーロ=100円未満だった2000年前後と比較すると単純に見て1.6倍、これにヨーロッパの物価上昇率の高さを考えると円に換算したヨーロッパの物価は事実上この6、7年で2倍になりました。
ヨーロッパ旅行は以前と比べて相当負担が重いです。毎年行く度に物価高を実感して帰ってきます。
おしゃれなレストランやホテルに入るにも、メトロやタクシーに乗っても、別の町に移動するにも、本やお土産探してショッピングに出かけても、美術館や博物館、遺跡の入場料も、カフェで一息つくにも、とにかく何しても恐ろしい勢いでお金が減っていきます。
観光客は単に遊んでいるだけなので別にいいのですが、日本人留学生にとっては本当に切実な問題です。私は円高の時代にパリにいたのでよかったのですが。以前はフランスやドイツに留学するというのは、英米に比べて非常に安いというイメージががありましたが今のレートで換算したらそうそう簡単に個人でフランス留学!というわけにはいかないでしょう(ユーロ建て奨学金をもらっていれば別)。
ああ昔(といっても6-7年前)はよかった、、、。

ユーロやウォンだけでなく、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、イギリスポンドをはじめヨーロッパ(+北アフリカ、西アフリカ)のユーロ未加盟のほとんど全ての通貨、タイバーツやマレーシアリンギ、ロシアルーブルなど、挙げたらきりがないのですがここ数年の円安ぶりは激しいです。どの通貨も円に対して3-5割くらい強くなっています。
以前は海外旅行は国内と比べて割安!なんて言われていた時期もありますが、今は円安もあるし航空券も値上がりしているので結構高くつくことは覚悟しなければなりませんね。

確かに輸出企業は円安で儲かっているのでしょうが、輸入品を扱う企業、海外ブランドや旅行会社・航空会社などにとっては大きな打撃でしょうし、例えば円安によりガソリン代や国際航空券の値段は(ただでさえ原油高なのに)さらに高くなっているはずです。
身近なものでは、輸入ワインもじわじわ高くなっている気がします。一昨年あたりからボジョレーヌーボーの値段は間違いなく上がりましたね。
洋書を揃えるにしても特にヨーロッパから注文するときは為替レートが怖いです。
このように円安によって生活に大きく影響を受ける人がいるのも事実です。輸出企業が儲かって日本企業全体としては円安は問題ではないのかもしれませんが。

確かに最近の円安ユーロ高は極端すぎます。
1ユーロ=100円未満だった2000年前後と比較すると単純に見て1.6倍、これにヨーロッパの物価上昇率の高さを考えると円に換算したヨーロッパの物価は事実上この6、7年で2倍になりました。
ヨーロッパ旅行は以前と比べて相当負担が重いです。毎年行く度に物価高を実感して帰ってきます。
おしゃれなレストランやホテルに入るにも、メトロやタクシーに乗っても、別の町に移動するにも、本やお土産探してショッピングに出かけても、美術館や博物館、遺跡の入場料も、カフェ...続きを読む

Q今、円安の理由は?また、この円安はいつまで続きますか?

経済に関しては全く無知な主婦です。今月末から8月の中旬までアメリカ旅行に行くため、お金を10万円くらいドルに替えなければならないのですが、毎日少しずつ円安傾向に動いているためなかなか銀行に足が向きません。また、買い物のほとんどは現地でクレジットカードで支払うため、8月の円がいくらくらいになっているかも気になります。
どなたか経済に詳しい方、今どうして円安なのか理由を教えて下さい。また、これから8月中旬までの円の動きを大胆予想して下さる方、(私はいつごろ銀行に行ったらいいか^^;教えて下さい。)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

円→ドルの両替に関して言えば、CITIBANKの「ワールドキャッシュ」などはいかがですか。
郵便局や日本の銀行でも、郵貯カード、銀行カードとの「ジョイントカード」を作ってくれます。(個人的には、「ジョイント」は嫌いなので、私は、単独のカードにしています。)
このカードは、日本で、円で入金し、海外でその国の通貨で出金できます。換金レートについては、利用当日の、「シティバンク東京支店および提携機関所定のレート」ということになっています。
十万円のうち、いくらかはこれで持って行かれもよいと思います。ただし、海外での「入金」はできませんし、出金時に手数料が要ります。さらに、外国のキャッシュディスペンサーは、慣れないと操作法が分かりにくいですから、
ガイドブックなどで、十分調べてからにしてください。
海外に行く際は、レート変動のリスクは止むを得ません。
一般人が損をしない方法などは、ありません。ただ、運良く、得をする事があるくらいです。
「なぜ円安か」ということについては、日本経済が信用されていない、ということに尽きます。
これから、「改革」が進めば、痛みも出ます。外国がそれを評価すれば、円は高くなります。改革の成否がはっきりしないうちは、円安に向かうと見ていいと思います。

円→ドルの両替に関して言えば、CITIBANKの「ワールドキャッシュ」などはいかがですか。
郵便局や日本の銀行でも、郵貯カード、銀行カードとの「ジョイントカード」を作ってくれます。(個人的には、「ジョイント」は嫌いなので、私は、単独のカードにしています。)
このカードは、日本で、円で入金し、海外でその国の通貨で出金できます。換金レートについては、利用当日の、「シティバンク東京支店および提携機関所定のレート」ということになっています。
十万円のうち、いくらかはこれで持って行かれもよいと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報