ユーザ登録を
/usr/local/fml/makefml adduser ML名 登録者メールアドレス
で登録を何人かしました.
しばらくしてMLが2通送られるということが発生しました.
MLの登録がうまくいってないのかと思い
登録者リストを見られないかコマンドを探しましたが
見つけられませんでした.
コマンドがないのでしょうか?
それとも特別の方法を行わないといけないものなのでしょうか?
いまいち理解力にかけていますのでどなたかお助けください.

A 回答 (2件)

コマンドメールアドレス宛に本文に


#members
もしくは、menbersを送ればわかると思います。
コマンドを制限していたり禁止していたら別ですが。

いちおうFMLの簡単なコマンドリファレンスページへのリンクです。
http://www.ml-info.com/support/data/fml.html

参考URL:http://www.ml-info.com/support/data/fml.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
やはりコマンドがあったのですね.
ただ制限していてだめでした.
設定変更してやってみます.

お礼日時:2002/02/14 15:45

参考 URL にメンバーリストの取得方法が記述されています。



参考URL:http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/Divisions/CN/maili …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました.
ありがとうございます.

お礼日時:2002/02/14 15:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qfmlの登録者リストの取得

前に一度,メンバーリストを取得するときのコマンドを教えて頂いたのですが
下記のようなエラーになってしまいます.
どのような設定をするかコマンドが違うのかわかりません.
どなたかお教えてください.お願いします.

X-MLServer: fml [fml 3.0.1 (20000326)](fml commands only mode)
X-ML-Info: If you have a question, send e-mail with the body\"help\" (without quotes) to the address xxx-ctl@****.com;help=<mailto:xxx-ctl@***.com?body=help>

>>> members
Unknown Command: members
membersというコマンドはありません。

Stop.

--xxx@***.com, Be Seeing You!

Aベストアンサー

前にも回答したものです。
No1 の方の参考 URL を見て
チュートリアル
まずはここから
fmlの設定(生の状態)
とクリックして
参加希望者を登録/削除する(2)
を見てください。
これで解決すると思います。
インストール先を適宜読みかえてください。

Q/usr/lib にあるファイルの一部を誤ってsudoで削除

/usr/lib にあるファイルの一部を誤ってsudoで削除

Mac OS 10.5を使用している者です。
ターミナルで作業中に操作を誤り、/usr/lib にあるファイルの一部を削除してしまいました。
lsなどいくつかのコマンドでエラーが出るようになり、ターミナルもじきに落ちてしまったため、再起動を試みたところ、以降まったく立ち上がらなくなってしましました。
何か対応策をご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけないでしょうか?
まったく恥ずかしい質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バックアップがあれば、 インストールディスク等から起動 → ファイルを復元で回復するかもしれません。
だめなら、再インストールでしょうね。

QDNSサーバを構築しています。/etc/rc.d/init.d/named reloadのところでエラーになってしまいます。

RedHat Linux 9 でサーバを構築しています。
DNSサーバを作成しているところでつまづいてしまいました。

vi /etc/named.conf のところで正引き、逆引きのゾーンを追記し、
vi /var/named/**.jp.db の正引きゾーンデータベースを作成し、
逆引きの方もゾーンデータベースを作成しました。

あとは、etc/rc.d/init.d/named start とやって起動させ、
namedが自動起動するように chkconfig named on と実行しました。

しかし、設定を反映しようと、
/etc/rc.d/init.d/named reload としたのですが、
何度やっても失敗と出てしまいます。
画面には、一部を書きに記述すると、

Reloading named: usage : killall [OPTION] [--] name ・・・
   killall -l, --list
killall -V --version

-l,--list list all know signal name
-V,--version display version infomation

となっていました。
とりあえず、shutdown -r now で再起動しましたが、
設定が反映されていないようで、次の
vi /etc/resolv.conf でIPアドレスを記述したあと、
nslookup コマンドを実行してDNSサーバのテストでやってもエラーになってしまいます。
何が原因でしょうか?
長々と書いてすみません。分かる方、どうかよろしくお願いします。

RedHat Linux 9 でサーバを構築しています。
DNSサーバを作成しているところでつまづいてしまいました。

vi /etc/named.conf のところで正引き、逆引きのゾーンを追記し、
vi /var/named/**.jp.db の正引きゾーンデータベースを作成し、
逆引きの方もゾーンデータベースを作成しました。

あとは、etc/rc.d/init.d/named start とやって起動させ、
namedが自動起動するように chkconfig named on と実行しました。

しかし、設定を反映しようと、
/etc/rc.d/init.d/named reload としたのですが、
...続きを読む

Aベストアンサー

/etc/rc.d/init.d/named 内のkillallコマンドでエラーが出ています。
reloadですから、killallで一旦namedを止めて再起動するわけですが、
止めるべきnamedがもともと動いていない、と言う事では?

Qrc.localについて

RH7.2を使ってます。
起動の初期化スクリプトで2点質問です。

1.rc.localでの指定はinit.d配下(rcx.d)の処理後一番最後に実行される
 と認識しているのですが、これは単にrcx.dにてS99localとなっていて
 一番最後にシンボリックリンクされているからということでいいのでしょうか?

2.rc.localはいったいどのような時に使うのでしょうか?
 全てinit.d配下にスクリプトを置いた方がスマートだと思うのですが...。

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>rc.localには強制的に落とされていいものか、起動時に一回だけ処理して常駐しないものを記載するというところに落ち着いたのですが...

そうですね、killされると正常な終了処理がなされないもの(普通はシグナルを捕捉して、正常に対処するはずです)、起動・停止以外に、reload、restart、statusなどの処理をするあるもの、ランレベルによって起動するかどうかが変わるものなどが起動スクリプトを用意したほうがいいという感じですね。
でも、そんなにこだわるほどの問題ではないかと。結局は、管理者の気分次第ですね(笑)
ソースからインストールした場合も、起動スクリプトのサンプルがdocumentとして用意されていることが多いので、そういったものを利用すると面倒でもないですね。
私は、起動スクリプトの雛型を用意して、毎回簡単に作ってます。


>「TCPのコネクションを切断する方法」

要は、任意のパラメータのパケットを作成すればいいので、以下のスクリプトを使ってみようかと検討中です。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/1667/readme_barrage.txt
自分で書きたかったのですが、使用中の送信元ポートなどを指定することができなくて...

>rc.localには強制的に落とされていいものか、起動時に一回だけ処理して常駐しないものを記載するというところに落ち着いたのですが...

そうですね、killされると正常な終了処理がなされないもの(普通はシグナルを捕捉して、正常に対処するはずです)、起動・停止以外に、reload、restart、statusなどの処理をするあるもの、ランレベルによって起動するかどうかが変わるものなどが起動スクリプトを用意したほうがいいという感じですね。
でも、そんなにこだわるほどの問題ではないかと。結局は、管理者の気...続きを読む

Q/dev/dsk,/dev/rdsk と /dev/osa/dev/dsk について

Solaris2.6を利用しています。

CPU利用率のwioの値が高い為、DiskI/Oに問題があるのかと思い、
sar -d コマンドで調べたところ、"sd339,f" に問題があるらしい事が
わかりました。

それで、/etc/path_to_inst で対応するデバイスを調べたのですが、
/dev/dsk,/dev/rdsk のいずれにもそのデバイスに対応する
デバイスファイルはなく、/dev/osa/dev/dsk にありました。

ハードディスクのデバイスファイルは/dev/dsk,/dev/rdsk にある事までは
参考書などで調べる事ができたのですが、/dev/osa/dev/dsk について記述のある
参考書やWEBページを見つける事ができませんでした。

/dev/dsk,/dev/rdsk にはなく、/dev/osa/dev/dsk にある、ということは
どういうことなんでしょうか?
(ハードディスクじゃないんですか?)
/dev/osa/dev/dsk はどんなデバイスファイルが
入っているところなんでしょうか?

また、この辺を知るにはどこを調べればよろしいでしょうか?

どなたか詳しい方、ご教授ください。よろしくお願いします。

Solaris2.6を利用しています。

CPU利用率のwioの値が高い為、DiskI/Oに問題があるのかと思い、
sar -d コマンドで調べたところ、"sd339,f" に問題があるらしい事が
わかりました。

それで、/etc/path_to_inst で対応するデバイスを調べたのですが、
/dev/dsk,/dev/rdsk のいずれにもそのデバイスに対応する
デバイスファイルはなく、/dev/osa/dev/dsk にありました。

ハードディスクのデバイスファイルは/dev/dsk,/dev/rdsk にある事までは
参考書などで調べる事ができたのですが、/dev/osa/dev/ds...続きを読む

Aベストアンサー

/dev/osa/dev/以下はOpen Storage Array(OSA)というRAID Managerのデバイスです。
今回、RAID Managerをご利用のようですので、/dev/osa/dev/dskにあるのではないでしょうか?
通常は、/dev/dskや/dev/rdsk(RAWデバイス)になります。

また、障害の件ですが、申し訳ありませんが当方では分かりかねます。
coreが吐かれている場合は、管理者やサポートに解析して貰って調査するしかないですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報