プテラノドンは翼の力が弱く、空気の流れによってグライダーのように滑空すると聞きました。
また、プテラノドンの巣が「崖の岩肌」に張り付いている様子を描いた絵を見たことがある気がします。
そこで質問です。もし、プテラノドンが地面にうっかり降りてしまったら、どうやって巣に戻るのでしょうか?無い力を振り絞って羽ばたくのでしょうか?それとも、歩いて巣まで戻るのでしょうか?それとも、一生地面には降りないのでしょうか?
どなたか、教えて頂けると助かります。

A 回答 (4件)

こんにちは。


現在の鳥でもいますけど、翼を広げて、水面をダッシュ(足で走る)して舞い上がる鳥がいますね。
ぜんぜん羽ばたかないわけじゃないですけど。

あれと同じような感じではないかと想像します。

いくら力が無いといっても、一回も羽ばたけないなんて事ないでしょうし、足はダチョウには比較できませんが、そこそこの物を持ってるようですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅れました。興味深いご意見を聞かせて頂き、ありがとうございました。取り急ぎ。

お礼日時:2006/06/05 12:05

繁栄していた生物が、そんな危なっかしい状態にあったとは思えません。

地表の風が、いまよりも強くて、プテラノドンに有利な、飛び上がりやすい吹き方をしていた可能性はないのでしょうか?また、プテラノドンが、羽の広げ方を変えて風を受けやすくしたり、体内に軽い気体を作り出して荷重を減らすことができたり、という可能性はないのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅れました。興味深いご意見を聞かせて頂き、ありがとうございました。取り急ぎ。

お礼日時:2006/06/05 12:02

オオミズナギドリという鳥の話を思い出しました。



日中は海で魚を採り、夜は森の中の巣に帰るという鳥なのですが、足のつくりから、真っ直ぐ地面から飛び立てないそうです。
どうするかといえば、森の中の斜めになっている木を滑走路として使うのです。木を登っていって風にのって飛び立つそうです。

同じように高いところまで歩いて滑空していたのではないですかねー?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅れました。興味深いご意見を聞かせて頂き、ありがとうございました。取り急ぎ。

お礼日時:2006/06/05 12:03

プテラノドンの後肢には、関節の構造の解析等により、体重を支える能力はなかったと考えるのが今の定説です。

ジュラ紀の翼竜なら歩く能力もあったと考えられていますが、白亜紀の翼竜は上昇気流に乗ってグライドすることに特化された進化を遂げています。地面にうっかり降りてしまうことは致死的なミスでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅れました。興味深いご意見を聞かせて頂き、ありがとうございました。やはり、そうですよね。

お礼日時:2006/06/05 12:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプテラノドンが地面にうっかり降りたら

プテラノドンは翼の力が弱く、空気の流れによってグライダーのように滑空すると聞きました。
また、プテラノドンの巣が「崖の岩肌」に張り付いている様子を描いた絵を見たことがある気がします。
そこで質問です。もし、プテラノドンが地面にうっかり降りてしまったら、どうやって巣に戻るのでしょうか?無い力を振り絞って羽ばたくのでしょうか?それとも、歩いて巣まで戻るのでしょうか?それとも、一生地面には降りないのでしょうか?
どなたか、教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。
現在の鳥でもいますけど、翼を広げて、水面をダッシュ(足で走る)して舞い上がる鳥がいますね。
ぜんぜん羽ばたかないわけじゃないですけど。

あれと同じような感じではないかと想像します。

いくら力が無いといっても、一回も羽ばたけないなんて事ないでしょうし、足はダチョウには比較できませんが、そこそこの物を持ってるようですし。

Q生物の問題で 鳥の翼と人間の腕に共通している構造は何か?という問題がでました。 自分の力で動かすこと

生物の問題で
鳥の翼と人間の腕に共通している構造は何か?という問題がでました。
自分の力で動かすことができる、という解答は間違いですか?
この場合、何という答えが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

ざっくりと言ってしまうと構造としては、骨、関節、筋肉、血管、神経があることでしょうかね。
構造の類似性は簡単には論じるには難しいです。

Q歯磨き後にキシリトール配合のガムを噛む事はいけませんか? 質問があります、毎日の朝と夜でフッ素配合

歯磨き後にキシリトール配合のガムを噛む事はいけませんか?

質問があります、毎日の朝と夜でフッ素配合の歯磨き粉で歯磨きをしていますが、この直後にキシリトール配合ガムを噛むのは逆効果でしょうか?

フッ素配合の歯磨き粉で歯磨きをした後はなるべく口に物を入れない方が良いとは聞いたことはあるのですが、キシリトール配合ガムの場合もそうなのか気になりました。

Aベストアンサー

【結論】
問題ないと考えます。
ただし、ガムにキシリトール以外の糖分が含まれていないことを確認しましょう。

【フッ素配合歯磨き粉】
歯磨き後にあまりうがいをしないとか、口にものを入れないほうがいいというのは
フッ素による効果が出ることを期待して、口中のフッ素濃度がある程度を保つためと考えられます。
これも諸説あって、口中に残ったフッ素を飲み込むことで胃酸と反応してフッ化水素酸が生じ、
体内に取り込まれて骨などに害を及ぼすリスクがあると聞いたことがあります。
特に小さなお子さんの場合は影響が大きく出るとか。
そのような観点からしっかりうがいをするという条件では、口中のフッ素濃度も低くなるでしょうから、
その後のガムが悪影響を及ぼすということもないように思います。

【キシリトール配合ガム】
甘味料にキシリトールのみのガムもあれば、キシリトールが甘味料の一部である場合もあります。
甘味料がL-フェニルアラニン化合物等の人工甘味料であれば虫歯の問題もないのですが、
糖分(ショ糖、ブドウ糖、果糖など)であった場合は当然虫歯の危険性もあります。
その点のチェックが必要です。

【最後に】
かつて水道水にフッ素が配合されていたことがあると聞きました。
多量にフッ素の暴露を受けると歯に褐色斑が生じたり、
関節炎などの症状が出るななどが報告されています。
局所的には効果があるのでしょうが、無害ではないといえそうです。
長時間体内に残るような使い方はしないほうがよさそうです。
キシリトールも入ってさえいれば良さそうなイメージ戦略がとられていますが、
糖分が含まれていたら意味がありません。
長々と失礼いたしました。参考になれば幸いです。

【結論】
問題ないと考えます。
ただし、ガムにキシリトール以外の糖分が含まれていないことを確認しましょう。

【フッ素配合歯磨き粉】
歯磨き後にあまりうがいをしないとか、口にものを入れないほうがいいというのは
フッ素による効果が出ることを期待して、口中のフッ素濃度がある程度を保つためと考えられます。
これも諸説あって、口中に残ったフッ素を飲み込むことで胃酸と反応してフッ化水素酸が生じ、
体内に取り込まれて骨などに害を及ぼすリスクがあると聞いたことがあります。
特に小さなお子さんの場...続きを読む

Q記憶力やIQがいいのは何の差?記憶力UP法。

記憶力やIQのいい悪いは
何の差なのでしょうか?
年齢や性別、家庭環境、遺伝も関係しますか?

私は記憶力は割と自信があるのですが
勉強の記憶力より、出来事についての記憶をよく
覚えています。いつ頃何があった、どこへ行ったなど。
しかし、映像として記憶するのは苦手で
顔などはすぐに忘れてしまいます。
映像記憶って、得意不得意がありますか?
映像記憶を、得意にする方法が分かれば教えて下さい。
普通に記憶力を高める方法も教えて下さい。

どうして、覚えている人いない人がいるのでしょうか。
IQはいい人悪い人は何が違うのでしょうか?

一般の人は、今日の出来事を何年くらいで忘れてしまい
ますか?今日を覚えているほどの出来事もないけど、
何もないよりは何か少し話のネタになるような出来事が一つはあるような日。
と考えたらどうですか。

Aベストアンサー

記憶力はともかく、IQの値で頭の善し悪しを決めることはできません。全くの無関係です。そもそも、生きている間でも値は大きく変わります。数ヶ月で変化させる方法もあるそうです。

頭を使っていれば、90すぎても新たな言語を習得することは可能です。最近の研究では脳細胞は生涯増え続けることが分かってきました。そのため、年齢的な差は個人の努力の違いによる可能性もあります。性別間の違いはないと思いますが・・・、はっきり言うことはできません。

遺伝の影響はありますが、あくまで確率の問題です。親が記憶力がいいからといって、子供が必ずしも記憶力がいいとは限りません。逆に、記憶力の悪い親からでも記憶力のいい子供が生まれる可能性はあります。

家庭環境は、多大なストレスや化学物質によるもの以外は、記憶内容の違いが出ることがあっても、記憶力の善し悪しに影響を及ぼすかどうかは分からないと思います。

視覚や聴覚など外部からの刺激はいったんそれぞれの部位で処理された後、脳内の海馬という器官に記憶されます。海馬での記憶の保管期間は約1週間です。1週間たっても記憶されている場合は脳の他の場所(たしか前頭葉)に移動して長期間記憶されます。そのため、事故などで海馬を失うと一切の記憶を行うことができなくなり、今何をやっていたのかさえ分からなくなります。例えば、今食事が終わって食器を片づけている最中でも、自分が今さっきまで何をやっていたのか分からなくなり、自分が食事を取ったかどうか分からなくなってしまいます。ちなみに、携帯電話を長時間使っていると、電話から発する電波で、海馬の脳細胞が影響され、記憶力の低下が起こることが、2001年に米国の携帯電話会社の研究機関によって発表されました(海馬は耳の裏側の部分にあります)。

記憶は何らかの感情を伴っていると記憶されやすいです。逆に、無味乾燥な情報は記憶されにくいです。また、一度入った情報が海馬内にとどまっているかどうかは、その後の刺激が多いと消えやすく、刺激が少ないと消えにくいです。さらに、海馬内にとどまっている時間が多いほど残りやすいです。そして、最終的に記憶として定着させる作業は主に睡眠中に行われます。そのため、暗記物は睡眠前にやれば効率がいいです。ただし、いくら情報を記憶させても、思い出す訓練をしなくては実際に書いたり、発言したりすることはできません。これ覚えたけどなかなか思い出せない、あるいは、ここまで出かかっているのに分からないといったことで、答えを見ると「なぁ~んだ」というようなことが起きるのは、記憶はしても、思い出す訓練をしていないからです。

記憶力はともかく、IQの値で頭の善し悪しを決めることはできません。全くの無関係です。そもそも、生きている間でも値は大きく変わります。数ヶ月で変化させる方法もあるそうです。

頭を使っていれば、90すぎても新たな言語を習得することは可能です。最近の研究では脳細胞は生涯増え続けることが分かってきました。そのため、年齢的な差は個人の努力の違いによる可能性もあります。性別間の違いはないと思いますが・・・、はっきり言うことはできません。

遺伝の影響はありますが、あくまで確率の問題...続きを読む

Qプラスチック可塑剤の配合と用途

現在、プラスチック可塑剤の配合と配合されたものの用途に関して調査をしております。
塩化ビニル,酢酸ビニル,ビニルブチラール,ポリスチレン,メタクリル酸メチル,酢酸繊維素,酢・酪酸繊維素,硝酸繊維素,エチル繊維素に配合されているDOP,BBP,DBPの配合量別の用途の入手先はありますか?

あと、電子部品に使用されているプラスチックの可塑剤の情報の入手先はありますでしょうか?

教えてください。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最近の事情については質問者さんの方が詳しいようです。釈迦に説法に成りそうですから、今後詳しくは欧州化学物質庁の発表をwatchしておくのが良いでしょう。フタル酸エステル類は軟質塩化ビニルなどの可塑剤として最適にて不可欠な物であり、人体には環境ホルモンとして影響する疑いありとされて使用が減りましたが食器などの分野以外では使われているのはご存知のとうりです。かって冷凍機用のフロン問題が有りまして私から見たら試験データの解釈を不透明にしで結局代替品になっていますが、これも温暖化ガスとかでいつまで持つやら。このような過去の例から見てBBP DBPなどもどうなるやら、これは化学者より政治家が決めることになりそうですね。私は「きわめて大量に摂取しない限り安全」と思いますが
役に立たずにごめんなさい。(多分見通しを明確に言える人は日本にいないかと)

Qなぜ一般的な人間は必要な状況でも理解力や記憶力を発揮しないのか?

真面目な質問です
そのため、できない子の気持ちがどうとかなどの、本質と関係ない意見は控えていただきたいです
自分は勉強がかなりできる方です。あんま勉強しなくても出来た方です

バイトとかで子供の勉強を見たりしたことがあるのですが、平均的な子は簡単な事象についてノーマルな説明を何通りもしてもちんぷんかんぷんで、暗記させるしかありません
たとえば数学では、こういう概念を想定し、身近な具体例は…と教えますが、そもそも考える気があるのか?というぐらい理解できません
歴史などはわかりやすいと思うんですが、経緯をざっくり面白く説明しても、やっぱりわからないようです。すぐ忘却します
逆に、難関校にぽんぽん受かるような子は理解も記憶もすらすらです
真面目に教えていて、工夫を凝らしても、脳が理解し記憶する仕様になっていない子には無駄なのです

個性の教育がどうとか学力至上がどうとか、それ以前の問題です
得意不得意が…などと言いますが、確かに英語に特化してる子とかはいますが、大半の子は特筆するほどの得意科目がありませんし、特技も先生に仕込まれたことをただやってるだけです
創造力以前に、理解力や記憶力が低すぎるからと思います
実際、一生食えるほど何らかの能力が伸びる人は、環境のせいで単純に勉強をしなかったりしただけで、理解力や記憶力が高い人ばかりです

なんで人は理解力や記憶力が低いのがノーマルなんでしょうか?

真面目な質問です
そのため、できない子の気持ちがどうとかなどの、本質と関係ない意見は控えていただきたいです
自分は勉強がかなりできる方です。あんま勉強しなくても出来た方です

バイトとかで子供の勉強を見たりしたことがあるのですが、平均的な子は簡単な事象についてノーマルな説明を何通りもしてもちんぷんかんぷんで、暗記させるしかありません
たとえば数学では、こういう概念を想定し、身近な具体例は…と教えますが、そもそも考える気があるのか?というぐらい理解できません
歴史などはわかり...続きを読む

Aベストアンサー

少数の人が多数を支配するにはその方が都合が良いでしょ
船頭多くして船山に登ると言いますからね

Q赤土ベースのダンゴ配合

今度赤土ベースのダンゴで釣りをしようと思っています。

ですが赤土の場合のダンゴ配合がわかりません。

私としては 

赤土、荒引きさなぎ、アミエビの配合にしてみようと思っているのですが。 

赤土ベースの場合のダンゴ配合を教えてください。

それと荒引きさなぎと生さなぎミンチは一緒に混ぜる場合があるのですか?

Aベストアンサー

赤土は濁り(煙幕効果)を作る以外に匂いや味などで魚を寄せるものではありません。

また先の方々も書かれているように「海を汚す」というよりは、粘土質の泥が海底に
積もってその辺りを不毛の状態にしてしまいます。

あなたも釣り人の一人ならその釣り場を魚の育たない海にはしたくないはずです。
それとも自分一人くらいならとお考えですか?

そういったことでダンゴ釣りでの赤土の使用は地域によって禁止になったり、また
禁止されていない所でも釣り人が自主的に使わなくなり過去のモノとなりました。

濁りならヌカで作れますし、なんといっても赤土よりヌカの方が持ち運びも非常に
軽いです。集魚効果も変わりません、というかヌカの方が勝ると思われます。

お願いですから、赤土で海(海底)を殺すことはおやめください。
 

Qロバが地面を蹴る意味

ロバの子供が、地面をケシケシッと蹴る場面を見たことがあります。前に進むのではなく、立ったまま地面を前足でふんっと踏む感じです。
ちょっとうつむき気味でスネているように見えたのですが、これにはどういう意味があるのでしょうか。また馬などと共通した動作なのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

馬もそうですがストレスや機嫌が悪いなどで地面を蹴ります

Qヤンガスと不思議のダンジョン(PS2)配合で

もんすたー配合とは親が覚えてる全ての特技を
レベル2で覚えるとおもうのですが
ホイミ習得済みの大目玉と使い魔を配合して
大目玉にしたらレベル2になってもホイミを覚えてくれませんでした。

配合とは親が覚えてる全ての特技(特性や後に覚えるスキル)以外は全て覚えられると思ったのですが
勘違いしてますか?
攻略サイトを回ってみましたがわかりませんでした・

Aベストアンサー

あなたのその解釈には些かの誤りがあります

・配合で生まれた子供モンスターは、そのモンスターが本来習得する特技と親が習得している特技を覚える
これは正しいです

ですが、親であったモンスターが習得していた特技をその子供モンスターが覚えるのは、その親が特技を習得したレベルに達した時です
親がレベル1から使えてた特技に関しては、子がレベル2になった時に覚えます

ですので
「親が覚えている全ての特技をレベル2で覚える」というのは誤りです

Q青虫が地面でサナギに…

青虫が地面でサナギに…

今子供が飼っている青虫が、気づかない間に蛹になりかけているのを見つけました。
これから数日後、きれいな蝶に生まれ変わるのをすごく楽しみにしているのですが、虫かごの中にはキャベツの葉っぱが放り込まれてるだけで枝や登れそうな物はなく、地べたに転がるようにして蛹化しています。
今、上半分がきれいな緑色で、下半分はオレンジとも薄茶ともいえるような色です。
さっきまでは少しウゴウゴと動いてました。

羽化する時のことを考えると、地べたでは羽が広がらずにそのまま死んでしまうのではないかと、気が気ではなく、今からでも小枝でも持ってきてくっつけたりしたほうがいいのか、とても気を揉んでいます。

今検索してみたら、ただの虫かごの壁とか、意外と何もなくてもちゃんとどこかしらに上って張り付いて蛹になっている写真をいくつか見かけました。
が、地面に転がっているのは見かけません。

この子はちゃんと羽化できるでしょうか?
経験ある方、ご存知の方教えてください!

Aベストアンサー

時々地上(床)でサナギになる子がいますが、心配せずとも生命力が強いので、ちゃんと羽化します。
触ってはいけません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報