うちはお店をやっています。次の英訳2つの文を、外国人のお客さんにお伝えしたいのですが、通じるかどうか、教えてください。間違っているところは、通じるような表現をどうか教えてください。宜しくお願いいたします。

1.駐車料金 店でお買い上げのお客様は、2000円以上で1時間、5000円以上で2時間、10,000円以上で3時間、駐車料金をサービスいたします。一般料金は30分毎に300円です。

Parking fee
Special Fee for the Customer Who Bought in our store:the fee is free
for an hour when a sum of money for shopping is more than 2,000 yen,
for two hours when a sum of money for shopping is more than 5,000 yen,
for three hours when a sum of money for shopping is more than 10,000 yen.
Regular Fee:300 yen per 30 minutes.


2.Q-カードのポイント確認端末機(お買い物をするごとにポイントがたまり、そのたまったポイントに応じて商品券をお渡しするAカードというカードのシステムがあり、自分のカードのポイントをお店で確認する端末です)
Collected-Point Confirming Machine of “A-CARD”.

↑これではたぶんまったく通じないと思うので、どう表現すればよいか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Parking fee:



Special discount for a customer with a sum of the purchase:
More than Yen 2,000 is free for 1 hour
More than Yen 5,000 is free for 2 hours
More than Yen 10,000 is free for 3 hours.

Regular fee: Yen 300 per 30 minutes.



Point Checking Terminal for A-Card.
    • good
    • 0

1.Parking Charges and Validation:


Parking validation is provided for our customers as follows: up to 1 hour with purchases over \2,000; up to 2 hours with purchases over \5,000; and up to 3 hours with purchases over \10,000.
Regular hourly rate for parking is \300 per every 30 minutes.

parking validationとは駐車料が無料になるクーポンのことです。

2. Automated Q-Card Points Verification Machine.

銀行でATMってお金が出てくる機械がありますよね。あれを頭に入れて訳しましたが、私もポイントを貯めて商品引き換え券が欲しいです。私は懸賞の類いが大好きです。
    • good
    • 0

続きです。

2ですが、すみません、ちょっと長いかな。

Check machine of the point collected on AーCARD

思い切って手短に(システムは良く知ってると期待して)

Point-check machine for A-CARD

ただ、いずれにせよAカードのシステムについてカードを交付する際に英語説明書を付けておく必要はあるでしょうね。
    • good
    • 0

この方が良いかな


1. Parking charge
The visitor who bought 2000 yen or more is 1-hour no charge.
The visitor who bought 5000 yen or more is 2-hour no charge.
The visitor who bought 10,000 yen or more is 3-hour no charge.
The ordinary rate : 300 yen per 30 minutes.

2.はちょっと考えさせてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHe is more clver than he is fair.は正しいのですか?

He is more clever than he is fair.

という英文に遭遇しました。(英文法詳解 p.542)この英文は正しいのでしょうか。

今まで見てきたこの構文の解説では、than節内部に主語・動詞がある場合はmore clver は cleverer にしなくてはならない、とあります。手持ちの辞書・英文法書ではこの説明が多いです。そんなことどうでもいいとお思いになるかもしれませんが、もしこの英文が正しければ、いわゆる「クジラ公式」が論理的に説明可能になります。自分としては正しい英文であって欲しいと思うのですが、論拠がありません。この英文が正しいと言い切れる方がいらっしゃれば、ぜひ回答くださいませんか?

Aベストアンサー

 この much が真実性の程度を表すというのと,私が is much clever と is much fair の程度を比較するというのと特に違いはないと思います。

 A whale is no more a fish than a horse is. のような場合は真実性ということになるのでしょうが,He is more clever than fair. というのであれば,話者の判断ということになると思います。人の性質は真実性の尺度では測れないからです。もちろん,I think を補い,is clever の部分は真実性を表すと考えることも可能だと思いますが。

 結局,much という英語に帰着するしかなく,「真実性」であれ,「話者の判断」であれ,程度の高いことを much が表しているのだと思います。

QAll they think of is money.のisの主語

All they think of is money.ってゆう文で

なんとなく単語とか直感で、

彼らが考えてるのはお金のことばかり。

ってわかるんですけど、

文法がわからなくて、isの主語って何になるんですか?

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

All (that) they think of のように,目的格の関係代名詞 that を補うことができます。

 all は「すべてのこと」という意味の不定代名詞です。

このような語が先行詞の場合は which よりも that が普通です。

is の主語は,というと,
all 一語とも言えますし,
all they think of 全体とも言えます。

Qmore than ? better than ?

いつもお世話になっております。
中学生に聞かれているんですが、
I like baseball better than any other sport.
という文はOK でしょうか?わたしは、better than の部分をmore than にすべきではないかと思うのですが、説明ができません・・・。
more than は可能だと思うのですが、better than でもOKですか?
宜しくご指導ください。

Aベストアンサー

手元に「詳説 レクシス プラネットボード 103人のネイティブスピーカーに聞く生きた英文法・語法」という本があります。その中にお尋ねと同じ質問をして得られた解答と分析があります。それによると、「使用率はあまり変わら」ず、betterはmoreに比べて「やや口語である人もいる」とあり、「学習者はいずれを用いてもよいだろう」としています。ちなみに、英米の差はほとんどないという結果が表から読み取れます。

Q英文法:The more I see of men, the more I love dogs.のofの文法的必要性とニュアンスをおしえてください。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、William Harrington著の刑事コロンボ THE HOOVER FILESを読んでいます。

その中で、変わったofの使い方が出てきました。

背景:元犯罪者のもとを元FBIがたずねる。 元犯罪者はビックリするが、70代の爺さんをみて、「考えてみりゃ、警察として訪ねて来たんじゃないよね?」と気づき、こう言う。

~~~~~~~~~~~上記の本から引用~~~~~~~~
The less I see of the government, the better.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

比較表現のthe+比較級, the+比較級の表現で「行政機関を見なければ見ないほど、気持ちがいい。」という意味だと思いますが。  何故"see of"とofが付くのか分かりません。

検索してみたら、この言い回しの元ネタらしき諺を発見しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
# The more I see of men, the more I love dogs.
《諺》人間を見れば見るほど犬が好きになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://eow.alc.co.jp/%22see+of/UTF-8/

でも結局なんで、ofが付くのか分かりません。 むしろof無しの方が自然に感じられます。 文法的にこのofは何でしょうか?

よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、William Harrington著の刑事コロンボ THE HOOVER FILESを読んでいます。

その中で、変わったofの使い方が出てきました。

背景:元犯罪者のもとを元FBIがたずねる。 元犯罪者はビックリするが、70代の爺さんをみて、「考えてみりゃ、警察として訪ねて来たんじゃないよね?」と気づき、こう言う。

~~~~~~~~~~~上記の本から引用~~~~~~~~
The less I see of the government, the better.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~...続きを読む

Aベストアンサー

>→ As I see much of men, I love dogs more.

 「As I see more of men, I love dogs more.」の方が良いですね。

 この場合の「much」は名詞で「たくさん」という意味です。「Do you see much of him?」と言えば「Do you see him often?」のことです。

 「little」にすれば「わずか(しかないもの)」という意味の名詞です。「see much/little of ...」の目的語には「人」が普通ですが、「物」がくれば「・・・のことをよく知る/・・・のことをあまり知らない」と訳せば良いでしょう。

 ご参考になれば・・・。

QWe hope to host more gatherings of movie fans than

We hope to host more gatherings of movie fans than we have in the past.
「弊社は、以前に開催したよりもさらに多くの映画ファンの集いを主催したいと考えています」
という例文を読みました。

gatherings (of movie fans) = 「(映画ファンの)集い」で、

We hope to host more gatherings than we have in the past.
で、「以前に開催したよりもさらに多くの集いを主催したい」という風になるのかなと思います。

でも、「以前に開催したよりも多くの集い」というのは、何だかヘンな感じがします。

例えば、去年は5回開催したとして、「今年1年間は、去年1年間で開催した5回よりも多く
(=6回以上)開催したい」と思っているなら、なるほどな という感じですが、

「過去に開催したよりも」だと、
「私たちはこれまでに5回開催した。これからは、それよりも多く開催したい。」
となって、そうなると、
・トータルで5回よりも多く開催したい=6回目を開催したい
・これから先、これまでの5回よりも、多く開催したい=トータルで11回以上開催したい
となってしまっていずれも不自然かなと思うのですが、いかがでしょうか?

すいません、質問が分かりにくいかと思いますが、
どこがヘンでどう考えれば正しいのか、ご教示いただけますでしょうか。

宜しくお願い致します。

We hope to host more gatherings of movie fans than we have in the past.
「弊社は、以前に開催したよりもさらに多くの映画ファンの集いを主催したいと考えています」
という例文を読みました。

gatherings (of movie fans) = 「(映画ファンの)集い」で、

We hope to host more gatherings than we have in the past.
で、「以前に開催したよりもさらに多くの集いを主催したい」という風になるのかなと思います。

でも、「以前に開催したよりも多くの集い」というのは、何だかヘンな感じがし...続きを読む

Aベストアンサー

まず、この have は have posted という現在完了を表す代動詞的なものでしょう。
in the past は過去時制で使うか、
過去から今(の直前まで)を表す現在完了で使い、
普通の have という現在では用いません。

そして、これまで主催してきた
と未来的な hope to で more という比較級となると
これまで合計5回として
6回目、7回目を主催したいという意味になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報