私の姉夫婦の事ですが、ここ半年、性格の不一致(姉の意見)で
離婚の話し合いが進んでいます。
親権や、財産分与の件でうまく話し合いがいかないので
まもなく、裁判になります。

現在もお互い同居してるのですが(義兄の弁護士が別居は、親権のなんだ、かんだ?で
認めないそうで)
毎日、家庭内でお互いの証拠の探り合いで、精神的にまいってる様子です。

姉は主婦なのですが、以前は、日頃の行動を義兄から以来された探偵に
尾行されていました。
調査内容の報告等を、義兄から裁判の証拠として提出すると言われたそうなのですが・・

その内容は
デパートでいくらの品物を買ったとか
誰と何処で会ったか、等の写真を取られたり等

依頼する義兄もどうかと思うんですけれども(笑)
こういった、プライバシーに関する事?第三者が
尾行したり、勝手に個人の写真を撮ったりこういう仕事って
法律ではOKなんですか??
何もわからない私なんですけれども、なんだか頭にきまして(笑)
お答え頂ければ幸いです。。。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おそらく証拠の収集という正当な理由があるため、違法にならないのではないでしょうか?


尾行が個人の写真を勝手に撮る事が一律に全て違法であれば探偵業はなりたたないような気がします・・・。

参考:探偵の調査はプライバシーの侵害に当たらない!?
http://www.nattoku-rikon.com/consult/538.php
    • good
    • 1

 探偵の活動は違法スレスレの行為もままありますが、そこのところは向こうもプロですから、民事上あるいは刑事上の違法行為を行うことはまずないと思われます(探偵には調査能力に加えて、高い法律知識が求められます)。

刑事訴訟では違法収集証拠はその証拠能力が否定されますが、民事訴訟では違法収集証拠でも当然には無効とはなりません。本人に無断で撮影・録音する程度では証拠能力を否定されることは極めて稀です。

 違法か否かと言えば違法なのですが、その被害を受けた者が何らかの法的措置を取ることができるほどの違法性は有していない場合が多いと思われます。証拠がなければ裁判は叶いませんから、プライバシーの侵害という側面はありますが、証拠の収集というより大きな目的に比して小さい利益は、この場合犠牲にされるということになります。夫婦間の事であり、その目的が証拠収集であるため、例外的にプライバシーの侵害に対する違法性が軽微とみなされると考えられます。 

 ただ、如何に証拠収集のためとはいえ、程度が過ぎれば違法行為と判断されかねません。民事の不法行為責任を負ったり、刑事の軽犯罪法、電気通信法等に抵触する可能性もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんだか、探偵される側にしてみれば、
違法スレスレ行為とか、一方的で、守るすべが無い様な気がしますね。。。。

とても詳しくご説明いただいて、どうもありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2002/02/13 11:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判離婚での証拠

妹が調停中で、離婚理由として
数年にわたる暴力と不貞行為なのですが、調停委員も全く信じてくれません。
それは証拠が無いため、妹の「わがまま」という判断をされます。
このままでは裁判になりそうです。

もし、裁判になったら弁護士さんが証拠集めしてくれるのですか?
ちなみに妹の証拠は日記のみです。

Aベストアンサー

暴力行為の証拠など、現場の撮影ビデオとか録音テープとか、もしくは病院で治療していれば診断書などくらいしか考えられませんが。
あとは暴力行為を行った本人の証言、第三者の証言(隣の人に悲鳴が聞こえたなどと証言してもらうなど)。
日記は本人の記載とはいえ、内容に矛盾がなくそれなりに信憑性のある日記であれば、割合証拠能力は高いですよ。

隣の人に聞き込みするとか、病院の治療記録を調べるなど、一般人でも可能な程度のこと(ただし当人がやるには面倒なこと)なら弁護士はやってくれると思いますが、それ以上?となるとどのようなことを期待しておられるのかわかりません。
本人に入手できない「証拠」を弁護士はどのようにして入手するのでしょう?(まさか「捏造」してもらおうなどとは考えておられませんよね?)

Q裁判 証拠

​http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5017168.htmlで質問をしたのですが離婚調停まちです。結婚10か月の子供は生後2か月です。離婚調停で親権問題で不成立になると思います。
旦那と裁判になったときは旦那はきっと私の母親の行為を奪取行為だと主張してくると思います。私の母親の今までのひどい言動を主張して
この二つを離婚理由にすると思います。旦那はメール以外にも母との録音テープを証拠にだすと思われます。新居引っ越しの時にICレコーダをもっているのを見たことあるからです。もし旦那が話し合いにきたときの母との会話を録音したテープやひどいことを言ったテープがでてきたら証拠になるのでしょうか?もし私が離婚を拒否したら判決は離婚不成立にできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>もし旦那が話し合いにきたときの母との会話を録音したテープやひどいことを言ったテープがでてきたら証拠になるのでしょうか?

↑この点に絞って。

訴訟法において「証拠になる」は、厳格には2つの意味に分けて考えます。
(1) 裁判所がその対象を証拠採用するか(証拠能力)
(2) その対象から、それを提出したい人が主張していることを証明できるか(証明力)

(1)の意味ではよほど悪質な方法でない限り文句なく証拠になります(相手に隠れて録音した程度なら問題なし。判例あり)。ただ、この場合の「証拠になる」は、せいぜい「裁判官がその録音を聞いてくれる」という意味にすぎません。

(2)の意味では、これだけの情報ではわかりません。録音が「そんな会話が行われた」以外の情報を持っていないのは確かですが、それ以外の情報が必要かどうかは、まさに当事者の争い方によって変わってくるからです。

>日付けが不明のものでもですか?

…本当に不明?
ICレコーダーって録音データの日付も記録されるんでないすか?
(それが改鼠だ!と争うのも手かも知れないけど…)

いずれ、
・「いつこの会話が行われたのか」が意味を持つ(それは会話の内容やその録音によって証明したい事実によります)
・その会話が本当に録音物提出側が主張する人物によって行われていることに疑いがある
のでなければ、日付を厳格に争ってもあまり意味はないと思います。

>もし私が離婚を拒否したら判決は離婚不成立にできるのでしょうか?

調停不成立になったら次は家事審判です。そうなったら民法770条の各号のいずれかに該当するか否かによります。それ以上のことは掲示板では答えようがないと考えます。

>もし旦那が話し合いにきたときの母との会話を録音したテープやひどいことを言ったテープがでてきたら証拠になるのでしょうか?

↑この点に絞って。

訴訟法において「証拠になる」は、厳格には2つの意味に分けて考えます。
(1) 裁判所がその対象を証拠採用するか(証拠能力)
(2) その対象から、それを提出したい人が主張していることを証明できるか(証明力)

(1)の意味ではよほど悪質な方法でない限り文句なく証拠になります(相手に隠れて録音した程度なら問題なし。判例あり)。ただ、この場合の「...続きを読む

Q裁判時の証拠

裁判時に証拠として自分で撮った動画を提出する時に録画した日時がとても重要な場合、日時はどう残せばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判時に過去の動画を提出するが日時がその動画だけでは証明できないし 相手は日時のものではないと主張している。

そのときそこへ行った 何を着ていた ということを相手が認めてから提出したら??

これから裁判に証拠として使える動画をとっておく。
動画をとりながら電話をかけてその電話に出る様子でも取っておけば?? 着信記録も残るでしょうから
もし重要な証拠なら裁判所命令で通話記録の取り寄せは可能でしょうし。

Q離婚裁判後の親権について

離婚裁判をして離婚が決定した場合、親権が元夫と元妻のどちらに渡るというのが、いつの段階で決定するのかお教えください。

離婚裁判前の前提条件は以下の通りです。

<元夫>
・子供と別れたくないので離婚の意思なし
・離婚の原因は元夫の不貞行為であり、元妻に非はない
・離婚裁判で負けるのはわかっているが、親権は譲りたくない

<元妻>
・元夫の不貞行為のため、離婚を主張
・親権は譲りたくない

上記のため、協議離婚できず、離婚裁判となった場合の話です。
離婚裁判で離婚が決定した時に「子供の親権はこちらに渡す」という形で一緒に出るのでしょうか?
それとも、離婚裁判後に二人で協議し、折り合いがつかないようであれば親権の裁判という形になるのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>離婚裁判で離婚が決定した時に「子供の親権はこちらに渡す」という形で一緒に出るのでしょうか?

こちらです。(民法819条2項)

Q民事裁判での証拠や証人について

お互いの主張が全く異なる場合、その主張に沿った証拠や証人が必要だと思うのですが、証拠に関しては、捜査権を持たない弁護士や個人が集められる物や、証拠隠滅されたものの特定には限界があると思います。また証人にしても共通の知人などですと、信憑性が疑われるのではと心配しております。
民事裁判ではお互いの主張が異なる場合、どのように事実の認定を行うのでしょうか?

Aベストアンサー

 尋問のとき人証には嘘をつかないことなどを宣誓させるし,あなたが人証の申立をしたとしても相手側もその人に尋問するし裁判官も尋問しますから,信憑性が疑われることはありません。ただし聞くたびに答えが違うような場合は証拠としてさいようされないかもしれません。(判決に反映されない)

 事実の認定は裁判官が証拠をもとに不合理ではないとか,合理的であると認めたほうとなってしまいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報