ニコンのCOOLPIX775を購入したものですけど、このカメラで人を写すと赤みが足りないせいか、顔が死んだ人のようになります。この現象が起こるのは、光が足りないということでしょうか。その場合何か解決策とかありませんかね!?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ネガティブな意見で申し訳ありませんが、恐らく補色フィルターの特性によるものと思われます。


補色フィルターのカメラでは原色フィルターに比べて若干色味が薄くなりがちです。
特に人の肌の場合顕著です。
被写体の周りに派手な色のものをおくとその傾向が強くなるという話を聞いた覚えがありますので、逆にその辺りに気を付けて撮られると改善されるかもしれません。
尚、自信「なし」ですので外していた場合はご容赦を。
    • good
    • 0

「ホワイトバランス」の設定をいじっていませんか?


通常はオートで勝手に補正してくれるのですが・・・
詳しくは、取扱説明書でホワイトバランスを検索して参照してください。
    • good
    • 0

775ユーザーです。


蛍光灯下や曇りの撮影でしたら、ホワイトバランスを調整してみて下さい。

撮影モードにしてMENUで設定できます。くわしくは説明書を読んで下さい。

このクラスのカメラでホワイトバランスをオートにしたままで、蛍光灯下でも綺麗にとれるのはCanon製くらいです。他のメーカーのものは差はあるでしょうが調整が必要になるんじゃないかと思います。
    • good
    • 0

もしかして、蛍光灯がついている場所での撮影ではないですか?


そうすると補正して撮影できるカメラでない限り全体に黄緑のフィルターがかかったようになります。

フラッシュたいて撮ると多少緩和されます。

自然光の下での撮影で顔色が悪いのなら、それはカメラの特性なのかなと思いますが、ニコンのCOOLPIX775でそんな不自然な色って、ちょっと考えにくいです。

フォトショップ等のソフトで色調の補正はもちろんできますが、
壊れてるかもしれないので、買った先かニコンのカスタマーサポートに相談された方が良いのでは?
    • good
    • 0

#1の方が言っているようにフィルターの特性か、あるいは映像処理エンジンの特性によるのもでしょう。


カメラ側に若干の手動補正機能がついていることもありますので確認してみてください。
あとは撮影条件を#1の方の言うような感じにしてみるとか、あるいは撮影した映像をPC側で処理して色を補正するのが有効な解決策かと思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報