とても困っています。
17歳の息子は去年9月に心肺停止の状態で病院に運ばれ、命は取り留めましたが
低酸素性脳症となり現在も意識が戻っていません。しかし、初めは何の反応も
なかった息子が今は目で物を追い、呼ぶと目をそちらの方に向けようとし、
したがって耳は聞こえていて、水を飲んだりアイスクリームを食べ、病院のリハビリで座る練習をしています。私も主人も今はとにかく命が助かったことに感謝し、前を向いていこうと思っています。今後はリハビリ専門の病院に移りたいのですが問題はMRSAです。最初に運ばれた大学病院で感染したようですが、病院からは何も聞かされぬまま今の病院に転院してきました。ここで初めてMRSAについて説明を受けたのですが、私の息子の場合、高熱や体の緊張などで体力が落ちており、治療はしているがMRSAが消えるのは難しいといわれ、いわゆる老人病院といわれる病院以外MRSAの患者を受け入れてくれるリハビリ病院はないというのです。息子はまだ17歳です。意識回復のためにできるだけいいリハビリを受けさせてあげたいのです。日本国内どこにでも行く覚悟ですが、どなたかMRSAがあっても受け入れてくれ、積極的にリハビリを行ってくれる病院をご存知ないでしょうか?またその様な情報のあるサイトをご存知ないでしょうか?よろしくお願いします。


このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です。


私の身内は今、老人病院のようなところに入院中です。救急の病院から3ヶ月くらいして移りました。ほんとは在宅でみたかったのですが、家族内で意見が分かれて、結局転院しました。すでに気管切開をふさいだので口から物を食べさせたりはしていませんが、ほかはcosmos21さんの息子さんとおなじような状態で、最近呼びかけにいろんな反応がでてくるようになりました。これだけでもラッキーなんですよね。まわりには目を開けることすらない患者さんもたくさんいて、心が痛みます。

「できるだけのことはしてあげたい」という気持ち、私もおなじです。
電気刺激療法(http://www.yomiuri.co.jp/iryou/renai/19981125sr1 …)のような実験的な治療法もありますよね。けど、低酸素の場合は、外傷や脳血管の病気の場合と違って脳のダメージが全体的に及んでいるので、こういう新しい治療法をやっても、ほとんど効果は期待できないそうです。それどころか、本人の体に負担をかけるだけだとまで言われました。なので、昨日は書かなかったのですが、一度問い合わせてみるのもいいかもしれません。

札幌麻生脳神経外科病院での取り組みや音楽運動療法も、できればその病院に入れてやれば一番よいのでしょうが、経済的なことなど現実的に難しい面も多いですよね。けどそもそもこういう病院でやっていることの大半は、その気になれば在宅でも家族がやってあげられることが多いそうですよ。「在宅=あきらめ・最終手段」というふうにとらえがちですが、在宅にしていろいろな刺激を与えてやることこそ、今本人の意識を呼び戻すためにしてあげられる現実的で最良のことではないかというのが私なりの結論です。もちろん地域や病状の違いや、ご家族の事情もあると思いますので、あくまでもうちの場合の結論ですが。

転院先探しは、現実を知るたびにがっかりしてしまって、ほんとうに疲れる作業だと思います。けれど、その作業をすることで、病気のことや医療のことを知り、自分たちもこの状況を受け入れることができたと思います。

希望を捨てずにおたがいがんばっていきましょうね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
この頃息子は39℃台の熱が続きとても疲れているようで、だんだん痩せていく体を見ているのも辛いです。実は電気刺激療法の手術は去年12月に受けました。効果が出ているのかどうかはわかりません。
この先在宅にするためには家の改装か引越しをしなければなりません。せめて車椅子で生活できるようになればなどと思うのですが,息子の様子を見ていると無理そうで。この先どうなるのかと思うと不安でいっぱいです。
とにかく何とかがんばってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 01:22

私の身内にも去年の夏から低酸素脳症で遷延性意識障害になっている者がいます。

MRSAは出ていないのですが、それでも積極的なリハビリは受けられません。私もいくつかのリハビリ病院にあたりましたが、リハビリ病院は意識障害が残っていないことが受け入れの大前提なので、今はまだその一歩手前の段階なんだそうです。また実際問題、気管切開しているとリハビリ病院への入院は難しいそうです。
リハビリ病院とは違うけど、意識を戻すために積極的な取り組みをしている病院はいくつかあるみたいですよ。私が聞いたところでは、積極的な刺激をとりいれている札幌麻生脳神経外科病院とか、音楽運動療法の石切生喜病院(http://www.ishikiriseiki.or.jp/11_ishikirispecia …)などです。ただこういう病院がMRSAのある人を受け入れているかどうかはわかりません。
茨城県の患者会のサイトでは、茨城県外の人も参加して掲示板での意見交換などが行われていますし、リンク集をたどればいろいろな情報が得られると思います。
希望の会-茨城県・遷延性意識障害患者・家族の会(参考URLからどうぞ)

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/aau81720/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
taiyou33さんのお身内の方は現在どうしていらっしゃるのでしょうか?どちらかに入院中ですか?それとも自宅介護?今、どういう状態でいられるのでしょうか?
もうじき今の病院の入院期間も3ヶ月になるのでどこかへ転院するようにとの話もではじめています。いつかは自宅に連れて帰りたいと思っていますが、その前にできるだけのことはしてあげたいです。
札幌麻生脳神経外科病院には問い合わせてみました。MRSAでも受け入れてくれるそうですが他の条件が合わず諦めました。
紹介して頂いたサイトをじっくり読んでみます。

お礼日時:2002/02/14 00:15

心中察するにあまりあるところです。


部外者が言うことはあまり役に立たないため、本題のみ簡潔に記入します。

主治医の先生が言わんとする内容は、『MRSA感染がある場合、その状態の変化が急変も含めてありえる』こと『他の患者への影響を考えた場合、手洗いなどの処置のしっかりと完備されている施設=病院でないと受け入れがなされない』ということだと思うのです。

それであれば条件は全国共通です。
一般の総合病院で、リハビリテーション科を設置しているところに個別に当たられるほかないでしょう。
受け入れの可否はMRSAの保菌部位(呼吸器、泌尿器等)によっても変わります。
またリハビリテーション病院となっている場合には、おそらく診療の関連でMRSA保菌者の受け入れは一般的に難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>またリハビリテーション病院となっている場合には、おそらく診療の関連でMRSA保菌者の受け入れは一般的に難しいと思います。

やはり難しいのでしょうか。

>一般の総合病院で、リハビリテーション科を設置しているところ
そういう病院も考えに入れて当たってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/13 00:54

そのMRSAがどこから出てるかにもよると思いますよ。

この回答への補足

息子の場合、気管切開している喉と、やせている為に早い時期からできてしまっているお尻の床ずれからだそうです。よろしくお願いします。

補足日時:2002/02/13 00:26
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低酸素脳症と考えられる入院中の祖母について質問です

先日心不全により祖母が低酸素脳症と診断されました
容態として
初日
・通報後2~3分で救急車到着。かかりつけ病院に連絡済みのため搬送までのタイムロスはおそらく30秒以下だったはず。自宅から病院までの間でAEDを使用し、4~5分の間心臓マッサージの継続
・発見時、心室細動の状態(息はあったのかは不明・指を終えるかと聞いて目を左右に動かす運動あり)→救急車到着後病院搬送中心停止→その後カテーテル治療などにより心拍回復
・心臓を動かす作用の薬を使用した(現状では薬を使わなくても心臓は動いている 正常心拍の状態)

現状(丸2日目)
・心拍数62 内部血圧112/32 外部血圧132/42 体温34度弱
・SPO2は100をキープ
・自発呼吸のみで呼吸可能 近日中には呼吸器を喉にうつせるとのこと
・ICUから1週間以内で出られるのではないかとのこと
・喉から栄養食のようなものを入れていけるとのこと
・瞳孔反射は現在あり
・瞳孔は病院到着時は6mmほど開いていたが現在では正常に戻っている
・痛みに対しての反応はいまだなし
・意識は回復していない
・けいれんを抑える薬のおかげでけいれんは抑制されている
・手足のむくみはなく、爪の色はピンク
・氷嚢などにより34度以下の低体温を維持している
・手を握るなどの反応はなし
・尿も正常量でており、排便もあり、目に黄疸なし
・目を閉じることができており、眠っているような姿
・医師によると最悪の事態は回避したとのこと
・これから先、低酸素脳症の患者をケアできる病院やリハビリ施設を探す話も出てきている
・意識を回復するかは本人の次第とのこと

■さてここからが質問なのですが
・低酸素脳症の治療が有効手がないとは知ってますが、効くのではないかといわれる治療、または期待されてる治療などを知っていたら教えてください。
・他の原因でもいいので低酸素脳症で目覚めた事例や自身の体験などがあったら知っていて不都合でなかったら教えてください。
・目覚めるとするとどのようなきっかけで目覚めることがあるのか体験や事例を知っていたら教えてください
・祖母の状態についてなにか言えるようなことがありましたら教えてくださるとうれしいです。

長くなりましたが、どうかお答えしてもらえると幸いです。

先日心不全により祖母が低酸素脳症と診断されました
容態として
初日
・通報後2~3分で救急車到着。かかりつけ病院に連絡済みのため搬送までのタイムロスはおそらく30秒以下だったはず。自宅から病院までの間でAEDを使用し、4~5分の間心臓マッサージの継続
・発見時、心室細動の状態(息はあったのかは不明・指を終えるかと聞いて目を左右に動かす運動あり)→救急車到着後病院搬送中心停止→その後カテーテル治療などにより心拍回復
・心臓を動かす作用の薬を使用した(現状では薬を使わなくても心臓は動いてい...続きを読む

Aベストアンサー

 脳神経外科医です。

 今回、くも膜下出血や脳出血・脳梗塞が原因で倒れられたということでなければ、心停止後の低酸素脳症ということで辻褄は合うだろうと思います。質問文を読んだ限り、現在行われている処置や病院からの説明は妥当なものだと私は思います。

 まだ入院されて2日ですし体温も低いままなので、今後意識が戻るかどうかを現時点で判断することは難しいと思います。少なくとも、対光反射が保たれていて自発呼吸もあることから、脳幹機能は残っていると言えますから、ひとまず脳死の状態は避けられたのでしょう。ただし現在のような状態だと肺炎を合併したりその他の臓器に障害を生じたりすることもあり、それが原因で致命的な状況になる可能性も十分あります。従って今暫くは油断のできない状態が続くのではないかと思います。

 もう数日たてば徐々に低体温を解除していくことになると思いますが、体温を戻した状態の下、入院から2-3週間経過した時点で多少なりとも意識の改善が見られて、簡単ながらもコミュニケーションが取れるくらいまで回復してくるようであれば、その後の改善も期待できるのではないかと思います。一方その時点でも全く眼を開けず反応に乏しいようであれば、重篤な意識障害が遷延する可能性が非常に高くなってくるのではないかと思います。

 一旦低酸素脳症により障害されてしまった脳の機能を改善させることは困難です。従って決定的な治療法というのは残念ながらありません。数少ない根拠のある治療法は超早期の低体温療法ですが、これは既に行われているようですね。

 急性期が過ぎて全身状態が落ち着いてきたらできるだけ外部からの刺激を与えてください。全身状態が許せばベッドを起こしてみたり、車いすに乗せてみたり、話しかけてみたり、ご本人が好きだった音楽をイヤホンで聞かせてみたり・・・。そういったことが有効かも知れません。勿論、主治医の許可が出てから行って欲しいと思いますが。

 尚、自発呼吸があるのに人工呼吸器を装着しているのはおかしい、という指摘が他の回答者からありましたが、決してそんなことはありません。自発呼吸があっても体内の酸素化や患者さん自身の換気量が不十分であったり、二酸化炭素が貯留してしまったりする場合には、補助喚起や持続的に気道内に陽圧をかけておくことを目的に、人工呼吸器を装着することは普通にあると思います。



 

 脳神経外科医です。

 今回、くも膜下出血や脳出血・脳梗塞が原因で倒れられたということでなければ、心停止後の低酸素脳症ということで辻褄は合うだろうと思います。質問文を読んだ限り、現在行われている処置や病院からの説明は妥当なものだと私は思います。

 まだ入院されて2日ですし体温も低いままなので、今後意識が戻るかどうかを現時点で判断することは難しいと思います。少なくとも、対光反射が保たれていて自発呼吸もあることから、脳幹機能は残っていると言えますから、ひとまず脳死の状態は避けら...続きを読む

Q私の婚約者が、突然事故で意識不明の重体で病院に運ばれました。何とか一命

私の婚約者が、突然事故で意識不明の重体で病院に運ばれました。何とか一命は取り留めたものの、事故から1ヶ月経った今も意識は戻らず、脳の3分の2が死んでいると医師から告げられました。私は現在彼の子を妊娠中で、5ヶ月になります。何とか意識が戻って欲しいのですが、脳の3分の2が死んでしまっていたら、もう無理なのでしょうか?自発呼吸も少しあるし、糞尿もあります。意識が戻る可能性が少しでもあるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 なぜか温かみのない回答が2つ続きましたね。しかもこれらの回答に対して「参考になった」がそれぞれ1件、2件と。普段このサイトの(特にこのカテゴリーにおける)回答者はそんなに冷たくはない筈なのですが、質問者さんの文章には何か一般の方々の気持ちを刺激する要素があったのでしょうか・・・。私には分かりません。

 それはさておき質問に対する回答ですが、質問の文章を読んだ限り、意識が戻ることを期待するのはかなり厳しいかも知れません。自発呼吸が少しあるとのことですから、No.2さんが指摘するような脳死状態ではありませんが、画像上「脳の3分の2が死んでいる」状況であれば、今後病状が落ち着いても、いわゆる「失外套症候群」となり、残念ながらどんなに良くても植物状態に留まる可能性が圧倒的に高いと思います。

 重症頭部外傷後であっても小児や10代、20代の若年者であれば、数か月経過したのちで劇的な意識の改善を見せることは時に認められますが、こういったことが期待できるのは経験上或いは理論上、画像検査で広範な異常が認められないいわゆる「びまん性軸索障害」を伴った場合だと思います。今回のケースのように、画像上「脳の3分の2が死んでいる」状況であれば、それらの部位には不可逆的な脳損傷を生じているということですから、機能改善を期待することは難しいと言わざるを得ません。

 勿論、以上の回答は質問の文章を読んだ限りでの判断ですので、実際のところは主治医の先生に聞かれるのが良いと思います。
 状況としては・・・残念ながら厳しいという印象を私は受けました。

※尚、「医師が、脳のどの部分かという説明ではなく3分の2などと量を述べるのもおかしなことです」という指摘に関してですが、病状説明においてこのような表現を用いるとは珍しくないと思います。脳梗塞により脳の片側半球がやられてしまった時などは、分かりやすく説明するために「脳の半分がやられています」と表現したりしますよ。

 なぜか温かみのない回答が2つ続きましたね。しかもこれらの回答に対して「参考になった」がそれぞれ1件、2件と。普段このサイトの(特にこのカテゴリーにおける)回答者はそんなに冷たくはない筈なのですが、質問者さんの文章には何か一般の方々の気持ちを刺激する要素があったのでしょうか・・・。私には分かりません。

 それはさておき質問に対する回答ですが、質問の文章を読んだ限り、意識が戻ることを期待するのはかなり厳しいかも知れません。自発呼吸が少しあるとのことですから、No.2さんが指摘する...続きを読む

Q意識レベルについてです【脳低酸素脳症】

たびたび質問させていただきます
脳低酸素脳症で入院中の祖母ですが
意識レベルがJCS200とJCS300を行き来します(基本JCS200)
自発呼吸も弱々しくたまに止まってしまうとのことです。
動向反射はあるのですがこれもまだよわく
足ツボを押すと指を動かすことがあります

私が今恐れているのは祖母がこのまま脳死になってしまうのではないかということです。
心臓専門の病院なので脳外科もないのですごく不安でしかありません
どうか何かご教授してくださると助かります
もう考え過ぎてご飯ものどを通りません・・・

Aベストアンサー

質問者様は、繰り返し「脳神経外科」と述べられていることから、
心臓外科医が低酸素脳症の患者の治療に当たっていることに、
相当な不信感があるようです。
つまり、低酸素脳症に対して、脳神経外科医ならば特別な治療が
可能である、という意識が質問者様にあるようです。
しかし、現実には、低酸素脳症に対する特別な治療方法は存在しません。

御祖母様が入院されている病院には、心臓外科があり、
救急搬送を受け入れているようですから、心臓外科医には、
心不全で低酸素脳症になっている患者の経験は相当数あると
考えるのが妥当です。
その医師がはじめて低酸素脳症の患者を診るというのならば、
不安があるのが当然でしょうが、現実は、違うと思います。

No.1で脳神経外科医がコメントしているように、
低酸素脳症により障害された脳機能を改善させる方法はありません。
今回の場合、低体温にしたのは、心機能が改善するまでの
単なる時間稼ぎです。
低体温にするのは、血液の循環が良くない状態(=今回は心不全)での
脳の損傷を防ぐためであって、低体温を維持すれば、
そのうちに脳が元気になるということはありません。
現在は、心機能がある程度回復したので、体温を戻して、
損傷していない脳機能の回復を待つ……という段階です。

脳死の懸念については、医師とご相談ください。

質問者様は、繰り返し「脳神経外科」と述べられていることから、
心臓外科医が低酸素脳症の患者の治療に当たっていることに、
相当な不信感があるようです。
つまり、低酸素脳症に対して、脳神経外科医ならば特別な治療が
可能である、という意識が質問者様にあるようです。
しかし、現実には、低酸素脳症に対する特別な治療方法は存在しません。

御祖母様が入院されている病院には、心臓外科があり、
救急搬送を受け入れているようですから、心臓外科医には、
心不全で低酸素脳症になっている患者の経験は相当数...続きを読む

Qもし、電車で貧血とかで倒れたら、救護室に運ばれるんですか?意識がなかった場合はどうするんですか?

もし、電車で貧血とかで倒れたら、救護室に運ばれるんですか?意識がなかった場合はどうするんですか?

Aベストアンサー

在来線 新幹線問わず 最寄り駅に緊急停車 即救急車にて 病院送りでしょう

心臓マッサージ AEDは 多分訓練済みだろうから

日本の電車なら そのくらい当然じゃないのですかね?

Q交通事故での後遺症診断書の料金は誰が払うのですか?

前日交通事故にあい腰痛(ヘルニア)で半年ほど治療していました、
その後、相手の保険会社から、治療を症状固定で
打ち切りたいから後遺症診断書をもらってくれ、
あとは後遺症として対応するとの事で後遺症診断書をもらいました。
保険会社の言われるまま診断書を送ったのですが、
後遺症とは認められないという結果が出てしまいました。
相手の保険屋は、不服があるならもう一度医者に後遺症診断書を書いてもらって下さいとの事。

書いてもらおうとしたのですが、前回の分も、後遺症にならないと診断書代は払えないと言われました。
1回書いてもらうのに10500円の為、躊躇しています。

質問は
1.保険屋から後遺症診断書をもらってきてくれと言われたのに、後遺症と認められないと診断書料は自腹なのか?
2.もう一度医者に診断書を書いてもらう事に意味があるのか?
3.後遺症診断書10500円は普通なのか?
です。

こちらは任意保険に入っておらず、相手の保険屋と直接やり取りしています。過失割合は9対1で相手が悪いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 後遺障害に成る様なお怪我にお見舞申し上げます。
通常人身事故の場合はご自分で人身障害保険に入っていなければ、相手の保険会社と直接話し会うのが普通です。さてご質問の回答ですが。
後遺障害は自賠責の調査事務所が認定(認定の場合は等級を決める)か非認定かを決めます。
1.「後遺症診断書」の料金は認定された場合は自賠責保険から支払われます。非認定の場合は原則として自己負担です。しかし交渉で相手の任意保険で支払う場合もあります。
2.同じ様な「後遺症診断書」の内容なら認定は難しいでしょう。そこで自賠責保険に対して「異議申立て」と云う方法があります。それには認定されるような医師の意見書など添付して新たな証明をする事になります。
3.診断書代は地域や病院によって違うでしょうが1通5,250円が多い様です。

Q【総合病院での】診察・リハビリの費用はいくらですか?

足の骨を折ってしまい、ただいま通院中です。
今までは労災扱いだったので費用はかかりませんでしたが、労災が切れてしまい次回からは保険負担(3割負担)で支払うことになります。

そこでお聞きします。
(1)整形外科Dr.による診察代は一般的にどれくらいかかるのでしょうか(レントゲン2枚ほど撮影)
(2)リハビリ科にも通い、リハビリをおこなっているのですが、1回につき一般的に費用はどれくらいかかるのでしょうか。

以上、いままで労災だったので、大体の金額を把握でいません。どなたか経験談でもかまいませんのでおしえてください。

Aベストアンサー

経験談で申し訳ありません。
総合病院(150床程度の病院)での参考です。

(1)整形外科の診察代は、概ねレントゲン2枚で4,000円程度。
(2)リハビリは理学療養士さんがマンツーマンでやってくれても
   700~800円/回程度でした。
リハビリは、最終的には210円(最低料金らしいです。)まで、下がりました。経過によって減少していくみたいです。

レントゲンは、1ヶ月に一回が足の骨折に場合標準的な撮影かと思います。あまり多いようでしたら、撮影する意味を聞かれた方が宜しいかと思います。(医療費稼ぎの疑いも・・・)

そんな事をいろいろ経験したもので参考になれば。
お大事にしてください。

QODによる脳への後遺症

こんにちは。

先日、ODをしました。(睡眠薬です)
ただ、気分が安定してきた今、後遺症が気になっています。
なんというか・・・

・長文が読めない、理解できない
・他人が何を言っているか分からない
・忘れや凡ミスが激しい

などがあるのです。

「ODの後遺症とは」で検索したのですが
ふらつきなど体の不調についてが多かったです。

脳に後遺症が残ることはありますか?
また、どういったものが後遺症なんでしょうか。

上にあげた状況は、脳に後遺症が残ったことになりますか?
脳の後遺症からの回復は見込みあるんでしょうか・・・

質問ばかりですみません。
読みにくいかと思いますが、どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

質問者さんの病気はわからないのですが、
症状自体はODが原因なのではなくて、根本の病気(鬱など)が原因ではないでしょうか?ODした事実は主治医に正直に伝え、処方を見直してもらった方がいいとおもいます。
しばらく調子がすぐれない場合には、肝機能が低下しているかもしれないので、血液検査してもらったほうがいいかもしれません。

私も、高校時代にハルシオンをODしましたが、お医者さんは笑って一言。「そんな量じゃ死ねないよ。死んだりするような量渡さないもん」とのことでした。当時、なるほどなぁ。と、感心したものです。
ODしても、苦しいだけ(最悪救急車で運ばれ、腸内洗浄)ですから、やめましょう。

参考URL:http://www.paramedic119.com/shocking/case017.htm

Q【医学・レーシック手術】関西で公立の病院でレーシック手術が出来る国立病院、公立病院、私立病院を教えて

【医学・レーシック手術】関西で公立の病院でレーシック手術が出来る国立病院、公立病院、私立病院を教えてください。

Aベストアンサー

市立病院以上ならどこでも。

個人的にやった経験から、あまりお勧めできません。
僕が誤字するのもその影響ですし・・・

Q後遺症診断書について

 昨年追突事故に合いそろそろ後遺障害という話が病院先生から有り
保険屋さんから、自動車損害賠償責任保険後遺症害診断書を書いてもらってくださいといわれてます。
 診断書の記入は、先生が書くのは知っていますが、

記入後、後遺症害認定をすぐ行わなければならないのでしょうか?
又、後遺症害診断書を書いてもらった後も、今まで通り通院していても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 後遺障害に成りそうなお怪我、お見舞い申し上げます。
後遺障害は「治癒」や「中止」あるいは「治癒見込み」などと医師が診断してから、顔の場合は3ヶ月位、その他は6ヶ月位の間、経過観察をします。その後医師が診断して「症状固定」として「後遺症診断書」を作成する事に成ります。・・・・・保険会社は「後遺症診断書」と「今迄の診断書と診療報酬明細書のコピー」と「初期のレントゲン写真・最終のレントゲン写真」などを保険会社の担当者の意見書を添えて提出して自算会の調査事務所で審査します。・・・・・NO.1さんのお答え通り、「治癒」や「中止」が診断させれば以後は自費での治療と云う事に成りますので医師との話は慎重にされることです。

Q救急車と病院の受け入れ態勢について

質問させてください。よくテレビで救急車で運ばれた人がどこの病院のベッドも満席で搬送できずに重体になったりするケースが多々あることを聞きました。そこで少し疑問があります。救急隊は救急車で患者を搬送するときに、ひとつひとつ近くの病院に電話をしてベッドの空席状況を確認しているのでしょうか?

Aベストアンサー

地域により差がありますが、一般的に以下のようになっています。まず、地域の救急センター(119番など)では、地域の救急病院での空床状況が把握できます。ベッドが空いてないことには、いざという場合に入院できないからです。ただ、女性用の部屋に男性を入院させるわけにはいかない反面、男性でも小児であれば差し支えないなど、調整の余地があります。
また、専門性に関しては救急患者の診察・治療の問題があります。軽症者の場合は眼科、耳鼻科、婦人科など専門医の診察が重要ですので、地域の当番病院を受診することになりますが、すでに救急患者を診察中(場合によってはすでに搬送された別の救急患者が、手術などになっていることもあります)の場合もあり、必ず事前に確認が必要です。
重症患者(意識がない,心肺停止状態)の場合は、蘇生自体はどこでもできますが、やはり蘇生が成功したあと、人工呼吸器や心電図などの監視装置、緊急用の検査設備が必要です。
地域の基幹病院は、日中も重症患者の受け入れを行っていますし、術後の患者が急変して緊急の再手術などということも起こりえます。
また、大病院とことなり中小の病院では個々の医師による専門性や力量の差も大きく、やはり一々の電話での相談や確認が欠かせないわけです。

地域により差がありますが、一般的に以下のようになっています。まず、地域の救急センター(119番など)では、地域の救急病院での空床状況が把握できます。ベッドが空いてないことには、いざという場合に入院できないからです。ただ、女性用の部屋に男性を入院させるわけにはいかない反面、男性でも小児であれば差し支えないなど、調整の余地があります。
また、専門性に関しては救急患者の診察・治療の問題があります。軽症者の場合は眼科、耳鼻科、婦人科など専門医の診察が重要ですので、地域の当番病院を受診...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報