闇金についての質問です。ブラックリストにのっているような人は大手の消費者金融からお金を借りることからできず、いわゆる闇金という高利なとこからお金を借ります。あ。もちろん金利は法定金利以上。よくある、パターンで債務者は払いきれず債務整理&自己破産。そして、闇金には次のような通知がしばしば。債務者に貸し出した金員それ自体が不法原因給付にあたるので、元金も返済しませんと。債権者(闇金)は一度も利息をとうどころか、元金も返してもらえずにまるまる損。しかし、不法原因給付とは、”不法の原因が利得者の側にだけある場合のほかは、民法はその返還請求をみとめない”(708)となっています。上記の例の場合、利得者とは誰でしょうか?闇金でしょうか?しかし、元金さえも返してもらっていないですよね。何もえてないですよね。利得者とは債務者では…。そして、利得者が仮に闇金だとして、債務者にも不法の原因がある場合は?たとえば、高利を承知の上、金員を借りる、または、住所、勤め先、連絡先等を鼻から偽る。こういった場合、債務者にも落ち度があるのでは、または悪意があるのでは? 闇金は元金を回収できるでしょうか?何か不に落ちないというか、納得できないのですが? もし、全面的に債務者、勝利なら、借りた物がちですよね。
いろいろとかきましたが、上記のようなことどうなんでしょうか?
お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 判例では不法原因給付に該当するような契約であっても、給付者の不法の度合が受領者の不法の度合に比べてはるかに「マシ」な場合は公序良俗に反する行為ではあっても一律に無効とはせず、給付者が返還を請求することができることになっています(昭和30年10月07日 最高裁判所第2小法廷)。

闇金融のような暴利行為は債権者の方に一方的な非があるとして、元金についてまでも請求できないという考え方が一般的で、下記のように実践に努めている弁護士も存在します。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/bar_net/koguchi.htm
    • good
    • 0

民法708条は公序良俗=無効を称えた条文と思われます。

従って、お金の貸し借りそれ自体に公序良俗=無効ではありませんので、無効の部分は貸し借りではなく「高金利部分」と思います。ですから、仮に708条の給付者がヤミ金屋とすればZZZZさんの疑問が湧いてくるわけです。
私はヤミ金屋が貸したお金の返還訴訟すれば、元金の範囲で勝訴すると思います。同条の規定が強行規定でないことと同条のただし書きによってそう思います。
    • good
    • 0

 民法708条において、受益者は給付者の対の立場にある者を指します。

ヤミ金でいえば、金銭を貸し付ける者が給付者、借り受ける者が受益者ということになります。給付者に悪意がなければ本条は適用されませんが、ヤミ金では給付者に悪意があると判断できますから、本条が適用されるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q債務不履行の損害賠償としての金員はあくまでも催告をしてからですか?

人に払ってもらうべきお金がありました。

しかし、私は払ってもらうべきことを
知らなかったので、(相手が
私に払うべき金をネコババしていたことに
ずっと気づかなかったので)

ネコババに気づいてからすぐ少額訴訟の
申し立てをしました。

事件当時から約八年たっていますが、
その間に私は相手に催告(支払ってください)

という事は言いませんでした。
なぜなら、私が払ってもらうべき金がある
ことを私は知らなかったからです。

この場合、遅延損害金や不正利得に対する
損害賠償請求は普通にできますか?

それとも、今まで催告を一度もしなかったら、
損害賠償請求は出来ないものなのですか?

Aベストアンサー

 No1 ですが・・・

 簡単なようで,考え出すとちょっと難しい関係です。

 まず,お父さんと寮母さんとの関係では,お金を預けた,預かったという関係になりますので,預かったお金をネコババすれば,これはお父さんとの関係では,横領という不法行為になりますので,お父さんは寮母さんに不法行為による損害賠償を請求すれば,寮母さんが横領した時から年5%の割合で遅延損害金を取ることができます。

 この遅延損害金は,ネコババの事実を知ったのがずっと後になっても,横領の時から取ることができるものです。

 さて,寮母さんとあなたの関係ですが,お父さんが寮母さんに,あなたに渡してくれと行ってお金を預けたと言うだけでは,あなたに直ちにそのお金を受け取る権利が発生するわけではありません。あなたと寮母さんとの間では,そのお金に関して,何かの契約関係があるわけではないからです。

 この関係をどうみるかは,ちょっと自信がありませんが,お父さんと寮母さんとの間で,あなたにお金を渡してください,という,第三者のためにする契約が成立していると考えられますので,この場合には,あなたが,そのお金を受け取りという意思を表示したときから,寮母さんは,あなたとの関係でも,そのお金をあなたに渡す法律上の義務が生じるという関係になると思われます。

 そうすると,あなたとしては,寮母さんに,残りのお金を引き渡してくださいと請求したとき(ここは確実と思います。)から,年5%の割合による遅延損害金を取ることができます。

 また,上手くいけば,最初に「お父さんから預かっているお金を渡してください」と請求したときに,寮母さんが預かっているお金の全部について,引渡し請求権が生じて,引き渡さなかった分について,最初の請求をした時から年5%の遅延損害金を取ることも,可能性があると思います。

 No1 ですが・・・

 簡単なようで,考え出すとちょっと難しい関係です。

 まず,お父さんと寮母さんとの関係では,お金を預けた,預かったという関係になりますので,預かったお金をネコババすれば,これはお父さんとの関係では,横領という不法行為になりますので,お父さんは寮母さんに不法行為による損害賠償を請求すれば,寮母さんが横領した時から年5%の割合で遅延損害金を取ることができます。

 この遅延損害金は,ネコババの事実を知ったのがずっと後になっても,横領の時から取ることがで...続きを読む

Q闇金から借りて貸主が逮捕された場合債権はどうなる?

仮に、いわゆる闇金融などからお金を借り、その後、闇金グループが摘発され貸し主が貸金業規制法違反などで逮捕された場合、その債権はその後、どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも貸し付け自体が違法行為なので、返さなくてもいいみたいですよ。
不法原因給付、というらしいです。

参考URL:http://yami.sarakinn.com/yami/taisyohou.html

Q闇金業者と思われる業者に当時使用していなかった銀行口座を担保にお金を借りたり、譲渡してしまいました。

闇金業者と思われる業者に当時使用していなかった銀行口座を担保にお金を借りたり、譲渡してしまいました。

常識のなかった私は、次々と送られてくる口座凍結告知にどう対処していいかわからなかったのですが、ついに警察署の事情聴取を受けることになり、ありのままを説明しました。

一年半くらい音沙汰がなかったのですが、今年に入りもう一度聴取をうけ、渡していた資料を返還され「これで終わりだから。」と言われたのでので、「…ってことは書類送検ってことですか?」と尋ねたら「そうです。」と言われました。

「これで終わり」と言う意味は、立件されないということなのでしょうか…?

一番の悩みは、「担保だから返済が済めば口座はお返しします。」の言葉を信じてしまって、子供の口座も担保としてお金を借り、結局はその口座もヤミ金返済の口座に使われているということで子供名義の口座も作れなくなってしまっていることです。
果たして何年くらい口座を作れないのでしょうか…?

自分の常識の無さで子供まで巻き込んでしまったことで、警察署で親子心中をほのめかしてしまった私は精神科に措置入院(精神障害者だから?)をさせられてしまいました。

ヤミ金業者にそそのかされて口座を渡してしまった場合、それを訴える術はないのでしょうか…。

このままでは子供がかわいそうでなりません。

長々と申し訳ありませんが、アドバイスを頂けたらありがたいです。

闇金業者と思われる業者に当時使用していなかった銀行口座を担保にお金を借りたり、譲渡してしまいました。

常識のなかった私は、次々と送られてくる口座凍結告知にどう対処していいかわからなかったのですが、ついに警察署の事情聴取を受けることになり、ありのままを説明しました。

一年半くらい音沙汰がなかったのですが、今年に入りもう一度聴取をうけ、渡していた資料を返還され「これで終わりだから。」と言われたのでので、「…ってことは書類送検ってことですか?」と尋ねたら「そうです。」と言われました...続きを読む

Aベストアンサー

>「これで終わり」と言う意味は、立件されないということなのでしょうか…?

警察での取り調べが終わって検察から裁判所に書類が送られて、在宅起訴となり、判決が言い渡されれます。
あとは裁判所からの出頭命令を待つだけになります。

>果たして何年くらい口座を作れないのでしょうか…?

その銀行では一生作る事はできません、不適格者リストに載ってしまうので
他銀行で10年と言われていますが定かではありません

>ヤミ金業者にそそのかされて口座を渡してしまった場合、それを訴える術はないのでしょうか…

無いです。

Q不当利得と不法行為の関係

不当利得についての本(下記)に不当利得の典型例の一つとして、次の設例があります。

設例:
「Xは、会社の独身寮の共同冷蔵庫に2000円の果実を置いていたところ、Yがまちがってその果実を食べてしまった。
XはYに對し、不当利得返還請求権を根拠にその果実の価値2000円の返還を請求できる。」

質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。
私は、不法行為と構成することも可能と考えます。

違いは、
法律要件については
・不法行為ではXはYの過失を立証しなければならないが、不当利得ではそれが不要である
法律効果については
・時効:不法行為では724条により3年または20年であるが、不当利得返還請求では民法167条により10年である
・不法行為では710条により慰藉料が請求できる可能性があるが、不当利得ではありえない
・不法行為では過失相殺される可能性があるが、不当利得ではそれはない

これでよろしいでしょうか。


この設例は
「新民法体系V 事務管理・不当利得・不法行為 第2版」加藤雅信著 有斐閣 29ページ
に載っているものです。

不当利得についての本(下記)に不当利得の典型例の一つとして、次の設例があります。

設例:
「Xは、会社の独身寮の共同冷蔵庫に2000円の果実を置いていたところ、Yがまちがってその果実を食べてしまった。
XはYに對し、不当利得返還請求権を根拠にその果実の価値2000円の返還を請求できる。」

質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。
私は、不法行為と構成することも可能と考えます。

違いは、
法律要件については
・不法行為ではXはYの過失を立証しなけ...続きを読む

Aベストアンサー

>質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。私は、不法行為と構成することも可能と考えます。

私も可能だと思いますよ。

>不法行為ではXはYの過失を立証しなければならないが、不当利得ではそれが不要である

不当利得の場合は確かに、過失の立証は不要ですが、「被告の利得」の立証が必要だったりします。多分、過失の立証よりは負担は少ないと思いますが、それほど要件の違いは重要ではないと思います。
また、不当利得では悪意又は重過失の受益者にしか利息が請求できないですから、利息を請求する場合には、やはり過失や悪意を立証しないとけなくなります。

>時効:不法行為では724条により3年または20年であるが、不当利得返還請求では民法167条により10年である

いいと思います。

>不法行為では710条により慰藉料が請求できる可能性があるが、不当利得ではありえない

不法行為・不当利得の相違として。法学上は、そのお考えで良いと思います。現実は不当利得+不法行為で慰謝料請求とかやっちゃいますけど(勿論、今回の事例では慰謝料なんて認められなさそうですが)。

>不法行為では過失相殺される可能性があるが、不当利得ではそれはない

過失相殺はたしかに不当利得にはありません。法学上ありませんが、過失相殺の法理を類推した裁判例もちょこちょこでてきています。ですので、場合によっては「原告の保管の仕方が甘かった」と斟酌されてしまうかもしれないですね。また、不当利得には現存利益の消滅・減少の抗弁(反対の主張)という方法があります。

>これでよろしいでしょうか。

あとは目的物が代替性を有しているとおもいますので、不当利得の場合は、「代わりのりんごを持ってこんかい」と請求できる。また、先程も触れましたが相手が善意、軽過失の場合は、利息は訴状を送って到達した日からしか請求できない・・・・そんなかんじかと思います。他にもあるのかも知れないですが、私はちょっと思いつきませんねぇ・・・。

>質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。私は、不法行為と構成することも可能と考えます。

私も可能だと思いますよ。

>不法行為ではXはYの過失を立証しなければならないが、不当利得ではそれが不要である

不当利得の場合は確かに、過失の立証は不要ですが、「被告の利得」の立証が必要だったりします。多分、過失の立証よりは負担は少ないと思いますが、それほど要件の違いは重要ではないと思います。
また、不当利得では悪意又は重過失の受益者にしか利息が請求できない...続きを読む

Q第三債務者と連帯債務者

民法を勉強中です。

ものすごくアホみたいな質問で申し訳ないのですが、第三債務者と連帯債務者の違いを教えてほしいです。

どちらも同じように思えるのですが、手持ちのテキストによると第三債務者の時効中断効果は相対効で、連帯債務者は絶対効だと書かれていました。

どういう違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

この二つは全く違います。
第三債務者とは、債権差押命令の際に用いる用語(それ以外には出てこない用語)で、例えば、AがBに貸金があり、一方で、CはBに支払うお金があるとします。
その場合、AがBのCに対する請求権を差押え、結果的に、CがBに支払う前にAはCから取り立てできる手続きの場合のCのことを第三債務者と云います。
連帯債務者とは、債権者に債務者と共に弁済の義務を負う者を云います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報