単年度予算の日本では予算作成時に決めた歳出額を執行すべく年度末には不必要な工事・調達の類が数多く行われています。一方歳入に関しては、予算作成時と状況が変わり当初予定の歳入額が得られないこともままあり、これは国債発行などにより穴埋めされています。
単年度予算でなければ少しはこうした無駄を減らせると思うのですが、なぜ単年度予算にこだわる必要があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 国や地方自治体の予算は、当然ながら、歳入と歳出額が一致しなければなれません。

つまり、歳出予算を決めるためには、歳入額が確定しなければなりません。その歳入は、主として国民の税金ですので、前年所得や前年決算に対して課税をしていきますので、当該年度分の歳入しか確実には見込めません。したがって、単年度ごとの予算を計上することになってしまいます。

 年度末の予算消化は単年度予算とは別問題で、予算を獲得したからには全額を使ってしまわないと、翌年度の予算獲得に影響するという、役所の体質からのことでしょう。これも、必要なものだけの執行にすれば、穴埋めの額も少なくて済むことになります。

 単年度予算の例外として、継続費、債務負担行為、繰越明許費などの制度があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

納得です。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 00:38

先の方々の良回答に加えると、制度の実務的問題点として「お役所の会計」も問題の原点ですね。



一般にお役所の会計は「単式簿記」が採用されているため、資産計上とか減価償却の概念がありません。
民間企業ですと「複式簿記」が採用されているため、複数年度にわたる長期計画も立案しやすくなっています。

単式簿記の欠点を利用すると、いわゆる「箱もの」という建築物なんかが造りやすくなり、せっせと自分の任期中に箱ものを作る政治家なんかがでてきます。
税収も増える、という右上がりの経済ならまだしも、このような箱ものを「作る予算」と「運営する予算」さらに「建物を維持管理する予算」が単式簿記のためバラバラになり、お化け屋敷と化すことがありますね。

単式簿記というとなんか難しそうですが、実態は「お小遣い帳」で、年初に予算が成立すると各費目ごとにある銀行口座にお金が振り込まれ、年度末に残高を「ゼロ」にすることがお役所の仕事になります。「ゼロ」にしないと、その「費目」の次年度予算が削減されてしまうからです。
民間企業の複式簿記だと、次期繰越などの処置がされるんですけどね。
ただ、お役人もかわいそうなのが、複式簿記を知らないだけでなく、これまでの資産をどのように評価するかが難しく、一部の地方公共団体で複式簿記採用の動きがあるもの、なかなか成果があがらない状況です。(めげずにがんばって欲しいものです)

ということで、余談ですが霞ヶ関の官庁街のビル(もちろん国有財産)は、火災保険に入っていません。
減価償却の概念がない、火事になったら税金で建て直せばよい、という「合理主義」ですね。(結局自分のお金や資産と同じように使う、という考えが最初からないんですね)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「お役所の会計」の問題、勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 00:45

 まず、国民が政治に参加するきっかけになったのは、税金を納めるのに、負担を強いられる国民の代表者の同意を有することが始まりです。



 このようにして集められた税金の使用については、国民の厳重な監督下におくことが、要請されます。そこで、一会計年度ごとの予算の支出に限り認めるのが妥当になるわけです。

 確かに年度末には、予算の消化と称して、道路の掘り返し等が行われるみたいです。これも、数年にわたり予算の支出を認めることで、国会のコントロールの範囲外になってしまうことの弊害と比較すれば、まだましかもしれません。無駄な予算の支出について、それを防ぐのは、まさに国会の任務です。

 なお、予算について工事等でその完成に数年度を要するものについて数年度にわたる支出を認める継続費の制度があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素朴に疑問に思っていたことでしたが、平易なご説明ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 00:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西暦で年度表示は問題ありませんか?

何々だと思うーといった想像の答えはなしでお願い
します。

最近2010年度といった、西暦での年度表示を
ネットで見かけるようになりましたが、
使い方が間違ってはいないでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E5%BA%A6

辞書によると、年度とは1月1日を起点としない
1年ということで、昭和や平成なら4月1日を
起点とする日本の年度と判りますが、
西暦だとどこの年度かわかりません。
米系の企業なら10月から始まる年度の
ことでしょうし、日本の企業なら4月かも
しれない。

 最近お役所関係の表示も西暦表示が増えていますが、
年度表示は昭和とか平成とついています。

 西暦表示のほうがわかりやすくなっていつのかも
しれませんが、他で使われているからといった
理由で、意味を理解せずつかっていると、
書類などをお客様に出したときなどに
企業としての常識を疑われてしまいます。

確かなお答えをお待ちしております。

宜しくお願いします。

                   以上

Aベストアンサー

英米系の外資との関係がある場合に西暦を使うのが
慣習になっているだけで、平成や昭和といった
日本の年度記述と西暦の年度記述を同じ意味で
使うのは間違っています。

因みに今は平成23年度(2011年7月)ですが、
2010年度です。西暦の年度は10月始まり
だからです。

7、8年前だったと思いますが、
会社法という法律が改正になってから、
企業の分社化が容易になりました。
持ち株会社(ホールディングス)を中心に
子会社を作っておき、その子会社を
国内外を問わず自由に売買するのが
普通になりました。

一見日本企業のようでも経営は
外国企業がやっているとか、経営権は
日本側にあっても株主の多数が
外国人であることが珍しくありません。

そうすると決算情報も国際的な基準
(日本の場合、アメリカにあわせる
ことになりますが)
に合わせた報告を要求されたり
する場合があり、日本の決算年度
とは違う計算をしているものを
西暦の年度で表す慣習ができたんです。

最近、日本の有名企業と言われるところも
法務、経理がかなりズサンで
西暦、和暦の暦、年度表示の使い方が
いい加減ですので、お役所の例を
出します。

(特許庁の例)
http://www.jpo.go.jp/index/press_release.html

↑ 2011年、2011年版・・・といった表記はありますが、
  年度は平成22年度です。


特許庁は、特許の国際出願など、その業務の性質上
海外とのドキュメントデータのやりとりが多く、
外国からのホームページへのアクセスも
多いことから西暦表示を使います。
(特許の有効期間の確認など、平成で表記されて
 いたのでは外国の方にわかりません。)
しかし、年度は当然日本の(4月始まりの)会計年度
ですから、平成・・年度と記載するわけです。

英米系の外資との関係がある場合に西暦を使うのが
慣習になっているだけで、平成や昭和といった
日本の年度記述と西暦の年度記述を同じ意味で
使うのは間違っています。

因みに今は平成23年度(2011年7月)ですが、
2010年度です。西暦の年度は10月始まり
だからです。

7、8年前だったと思いますが、
会社法という法律が改正になってから、
企業の分社化が容易になりました。
持ち株会社(ホールディングス)を中心に
子会社を作っておき、その子会社を
国内外を問わず自由に売買するのが
普通に...続きを読む

Q地方自治法の歳入歳出予算と一般会計

会計と予算の違いが理解できていないのか、地方自治法209条、210条の歳入歳出予算と一般会計の関係、違いがわかりません。

歳入歳出予算は一切の収支が編入されるべきで、一般会計の中に含まれるのでしょうか?特別会計はどうなるのでしょう?

会計は予決算両方の区分に適用でき、歳入歳出は予算のみ使える言葉??

頭、混乱。。

Aベストアンサー

まず、「歳入歳出」ですが、「歳入」は1年間に地方政府に入ってくるお金すべて(税金、地方交付税、補助金、公共料金etc.)、「歳出」は1年間に地方政府から出て行くお金すべて(職員の給料、経費、各事業費、借金返済費etc.)を指します。この「歳入歳出」が「一般会計(一般歳入/一般歳出)」と「特別会計(特別歳入/特別歳出)」に分かれています。
「一般」とは、ひらたく言うと「色のついていない(使い道の決まっていない)お金」です。これに対して「特別」とは、集める時点ですでに「使い道の決まったお金」です。たとえば国の予算でいうと、ガソリン税による収入は道路建設に充てることになっているので、「道路特定財源」とよばれる「特別歳入」で道路建設費という名目でのみ出費できる(福祉とかにまわしてはいけない)「特別歳出」です。
何を「特別」にするかは、各地方政府によって異なるので一概には言えませんが、たとえば、水道料金は下水道整備を行うというのが典型的な特別会計の事例です。特別会計に含まれないものはすべて「一般」です。
特別会計と一般会計については:
http://www.city.moriguchi.osaka.jp/contents/sitte2/yougo/01.html
歳入歳出と一般会計の関係については:
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/sy014.htm
がわかりやすいと思います。後者は地方ではなく国の予算ですが、基本的に考え方は同じです。

まず、「歳入歳出」ですが、「歳入」は1年間に地方政府に入ってくるお金すべて(税金、地方交付税、補助金、公共料金etc.)、「歳出」は1年間に地方政府から出て行くお金すべて(職員の給料、経費、各事業費、借金返済費etc.)を指します。この「歳入歳出」が「一般会計(一般歳入/一般歳出)」と「特別会計(特別歳入/特別歳出)」に分かれています。
「一般」とは、ひらたく言うと「色のついていない(使い道の決まっていない)お金」です。これに対して「特別」とは、集める時点ですでに「使い道の決まっ...続きを読む

Q★履歴書に書く年度を【西暦】で統一すると印象が悪いですか?

履歴書の年度は、元号でも西暦でも良いと言われていますが、
元号が一般的だと思います。

しかし私自身は、あまり元号が好きではありません。

近年コンピュータ化が進み、パソコン上でサービスの登録をしたり、ネットショッピングの配達希望日を入力する際は、全て西暦です。
それが当たり前の現状なので、元号が分かりづらいと感じます。

履歴書と職務経歴書に書く年度を“全て西暦で統一して書きたい”と思うのですが、採用担当者によっては、印象が悪くなる可能性もあるのでしょうか?

私が心配なのは、仮に採用担当者が年配の人だった場合、西暦を嫌がることがあるかも…ということです。

何か経験談や、西暦で書いたけれど問題なかったなど、ご意見・アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私は元号で記入します。
日本の正式な年号ですから。

西暦は欧米の考えからきていますね。
キリストの誕生日が起源とか言います。

西暦が頻繁に使われだしたのは平成に入ってからです。
それまでは昭和と元号で言っていました。

年配者の人に西暦を言っても、ぴんとこないんです。
よその国の話をしているようで。
嫌悪感持っている人もいるみたいですしね。

履歴書は当たり障り無く元号で記入した方が良いかと思います。
採用担当者にどんな人がいるかわかりませんから。

Q歳入・歳出の「歳」って・・・?

つまらない質問ですいません。
国の予算で収入にあたる歳入。支出にあたる歳出。
これ、なんで「歳」という言葉を使っているのでしょうか?(なんで収入、支出ではなく、歳入、歳出と呼ぶのか?)
どなたかわかる方、用語の語源を教えていただけないでしょうか?
お願いします・・・。

Aベストアンサー

語源は不明ですが
国または地方公共団体の一会計年度中の一切の収入が歳入で
同様に一会計年度中の一切の支出が歳出です
日々の収入や支出ではなく、一会計年度中一切の収入や支出ということで
「歳」という言葉には「1年間」「1会計期間」の
意味があるかと考えます

Q平成19年度と2007年度の考え方について

よろしくお願いいたします。
子どもの学校の先生の出席簿に、「平成19年度・・・」と記してあったところをわざわざ消して、「2007年度・・・」としてあったそうです。その先生は社会(地歴・公民)の先生です。思想的に問題はないのでしょうか?いったいどういう人が、平成○○年度を嫌って、西暦で呼ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、典型的な左巻きという感じでしょうか。
(元号と天皇制を結びつけたのでしょう)
教員関係は昔から伝統的にそうですから、それほど意外ではありません。
きっと平和教育は熱心にやるタイプだと思います。

「思想的に問題」というのは無いでしょう。
別に過激な訳じゃないですし、出来るだけフラットな情報を与えようとしたとも取れます。
とはいえ、それが反ってこのように無用な注意を引いてしまう結果になっているのはどうかと思いますけど。

まあ、真意のほどは分かりませんが、親御さんが日本の歴史や戦後民主主義についてのスタンスを明確に伝えていれば何の問題も無いでしょう。
どちらが正しいという訳でもないのですから。

Q自治体の単年度予算の効率的な運用方法について

自治体の予算運用において、
「次年度の配分予算の削減をさけるため、余った予算を年度末に無理矢理使い切る」
なんて話をよく耳にします。
当方、とある電力会社に勤めており、部門の予算管理業務に従事しています(予算管理といっても定期的に余りを確認するくらいの仕事ですが・・・)。
電力会社においても、自治体と同じく年度末の予算の使い切りは常態化しており、毎年無駄金を使っています。

そこで、
(1)自治体などでの効率的な予算運用の事例
(2)予算運用の精度向上の具体的なノウハウ
(計画外の支出に対する予算措置の考え方や、見込み剰余の算定方法など)

を紹介している書籍・Webサイト等ご存知の方いらっしゃいましたら教えてくれませんか。
よろしくお願いたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私の知り合いに役所に勤めている人がいまして、その人から聞いた限りですが、

(1)年度当初に予算額の90%を配当し、それを超える場合は明確な理由書を付けさせたのちに残りの金額を配当する。
(2)年度中ごろから定期的に決算の見込み額を提出させ、見込み額が大きく変わった記載をしたときにヒアリングや理由書の提出を求める。
(3)委託料や工事請負費など、当初の予算よりも執行額が低くなったものについては、剰余金として引き上げる。
(4)予定外の支出が出るときは、なぜそうなったのかの理由書を付けさせて、もし、当初からわかっていたものであれば、流用等を認めないルールにする。また、流用を認める場合であっても、配当した予算の範囲内で執行させる。(予算額以上の支出はできませんので、予算額を超える場合は、補正予算を組みますが、財源充当を必ず措置するルールとします。)

あと、究極の手段は、毎年前年比5%カットで予算を組ませる方法もあるそうですが、何年も続けるといけないそうです。

お答えになっているかどうかわかりませんが。ご参考まで。

Qエクセルで西暦を和暦に変換したい

Windows XPのエクセルで日付が西暦(19720401)で表示されているものを、和暦(昭和47年4月1日)で表示させ、かつ、それを年度で表示させたい(昭和47年4月1日~昭和48年3月31日までは昭和47年度と表示させたい)のですが可能でしょうか?

Aベストアンサー

19720401というのは数値でですか?
数値の場合は、「データ」「区切り位置」で「次へ」を2回クリックして書式を「日付 YMD」にしてシリアル値化してください。
セルの書式設定で表示形式をユーザー定義にして gggee年m月d日 で昭和47年4月1日と表示できます。

昭和47年度(昭和47年4月1日~昭和48年3月31日)にしたい場合は、別セルで
=TEXT(DATE(YEAR(A1),MONTH(A1)-3,DAY(A1)),"gggee年度")
ですね。

Q自分の住む町の決算(歳入や歳出)を調べるには?

市町村毎の財政は調べることが出来るようですが、もっと細かく例えば、福岡市中央区、福岡市中央区天神というところまで調べることは出来るのでしょうか?

そもそも、税金などは市や県に支払うため、そこまで細かい財政報告などはないんでしょうか?

歳入や歳出、財政状況、決算などどのような形でも良いので知りたいのですが。

Aベストアンサー

普通、良識あるコミュニティーにおいて
収支がある場合、
収支報告会(決算報告)のようなものが開かれているのでは?
町内会や習い事の父兄会などでも
会費を徴収たら収支報告するのが当たり前かと。

月謝じゃないですよ。

公的な団体でしたら必ず公開しています。
役場に問い合わせればわかると思いますよ。

私の所でも区毎に総会が開かれ、
報告の後弁当とお酒が振る舞われ
皆飲まずにそそくさと退散します。

老人ばかりの集まりですが、(代替わりするまで)
地域の活動には積極的に参加して、
総会に出てみましょう。

Q履歴書での正式な入学年度、卒業年度を教えてください。

こんにちは、いつもお世話になっています。

就職にあたり、履歴書を制作しています。

入学年や卒業年は年でしょうか?年度でしょうか?
もしくは西暦でしょうか?

ちなみ1981年(昭和56年) 5月生まれです。

ストレートに行っているとして、

中学入学~大学院修士卒業見込みまでの正式な年度を教えていただきたいです。

お手数をおかけします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

↓こんなのがあります。自動で計算してくれるので便利ですよ。

参考URL:http://omikuji3.nendo.net/

Qアメリカの今年度の予算を知りたいのですが

アメリカの今年度の予算を知りたいのですが、
日本語で説明しているサイトを知っている方は
教えてください。

Aベストアンサー

朝急いでいたので、はっきりとは覚えていないのですが、朝日新聞の今日の朝刊では、第一面にアメリカの予算のことが触れてありました。
防衛費が前年度よりかなり増えていたようです。
細かい内訳までは・・・、どうでしょうね?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報