私の家は、工務店や個人から、注文をいただいて建具の作製取り付けをしています。
先月、20年来の付き合いのある工務店から、依頼を受け、3月取り付け予定ということで、準備をしてきました。
ところが、後でわかったことですが、この工事の発注者(建主)は、この地域では、有名な変人で、工務店の方に、工事現場の工事の変更や、作り直しが後を絶たないそうです。
そのため、すでに工務店もすでに現場に入っている下請け業者も、相当の赤字になっているということを、知り合いの方から教えてもらいました。
また、予算は、もうすでに決まっていて、変更や作り直しは、工務店でも一切もらえないとか・・・・
もちろん、私の部門でも、変更は、後を絶たず、今月だけでも、20回を越えました。
しかも、カタログでは納得できないということで、実際の製品を作ったり、送料や製品をこちらの負担で取り寄せろなど、普通では、ありえないし、私も初めてでした。しかし、上記のような話を聞き、どうするか、話し合いました
しかし、父は、20年もの付き合いと言うことと、ある程度、材料なども用意してしまったので、と言うのです。
私としては、正式に契約する前に、この仕事を降りるべきでは、とも考えました。
理由としては、実際図面通りに建具を作っても、「気に入らない」と言われれば、また材料を購入し作り直さなければならないという事と、あれだけの赤字では、工務店では、建具の支払いは出来なくなるか、もしくは、長期と言うことになりかねないと、思ったからです。
でも、確かに、父の言うとおり、父の代から20年も仕事をもらった事もありますし、どうしようか、困っています。よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

相手の工務店さんとは20年らいのお付き合いとか。

お父さんも判断に困っておられるようですね。
正式契約とありますが、工務店と建具制作の契約をしたということですね。下請契約と理解してよろしいでしょうか?
設計図面どうり作ってもとありますが、その図面は誰と打ち合わせて、誰が作図した図面ですか?図面とは建築主の意を反映したもでないと意味の無い性質のものです。建物にもよりますが、下請の設計屋さんが図面化したとしても、請負工務店の責任者が建築主と打ち合わせ、承認を取って制作するのが一般的と云うか普通です
また、この工事の監理者は誰かと云うことです。おそらく工務店の社長と云うことでしょうが、あなたのところは監理者と打ち合わせを行ってから製作するはずですから発注者はあくまでも工務店ではないでしょうか?
他の回答にありましたが工務店とあなたのところの関係ではないでしょうか。
とも云え、「長年の付き合い=なあなあの付き合い」ということもあるでしょう。
監理者が監理者になっていないのではないでしょうか。いかに有名な変わりものの建築主とは云え、受注する側の姿勢ははっきりするべきではないでしょうか?

結論  「 断る 」

気の短い工務店の社長がとありますが・・・
 仕事の少ないこの時代、無理してでも工事を受注したいとの気持ちがあるのでは ないですか?すでに1000万円から赤字とのこと、それでも当面の金をまわそ うとの考えではないか。

すでに1000万円から赤字
 とするならば工事の規模、工務店の規模にもよりますが、監理の状態らして、ま たあなたの心配からして1000万も赤字をだすと命取りにもなりかねない。
 (はっきり云って倒産しかねない)

この次期
 あなたのところのことではありませんが、景気のいい建築関係者は少ないのでは
 いでしょうか。やけどをしたら取り返しがつかなくなる場合がありますよ。
 今も時期建築関係者は仕事をただ受注することよりも見極めながら受注すること が大事ですよ。

在庫件ですが
 在庫はまた違う現場でも少しづつでも使うこともできるのではありませんか

契約について
 契約を済ましていらしゃるならなお結構、契約書というのは双方の約束を書式に したもの。製作した建具が粗悪品ならともかく、そうでないなら契約の範囲を超 えるものであるなら、解約できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。
最終判断として、私と父で話し合った結果、工務店に、契約段階で
1 細部にいたるまで、図面を引いてもらい、客からOKの印をもらうまで、作  業には、入らない
2 完成・取り付けが完了してからの変更・交換はしない
  する場合は、かならず、追加といて、もらう。
3 支払いのめどをはっきりしてもらう
この条件を飲めないと言うことでしたら、即刻おりることにしています。
父は、まだ、長年の付き合いと、先代社長の恩義と言うことを言っていましたが・・・・
在庫の件は、Kouta203さんの言われるとおり、考えてみれば転用はいくらでも可能ですから、おりても困ることは、まずないですね。
>今も時期建築関係者は仕事をただ受注することよりも見極めながら受注すること が大事ですよ。
確かにその通りですね。
しかし、私の所は、そんな無茶な話は、めったにこないのですが、この辺の地区では、工務店の要求は、無条件で飲むという風潮は、まだ根強いようです。
だから、今回のこーゆー事も起きたのかもしれませんが。今回のことは、いい勉強と、経験になったと思います。
いろいろと、アドバイス、本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/19 21:27

 giuttoさんは工務店から仕事の依頼を受けて工務店から代金を貰うんですね? 間に工務店が入っているのであれば、エンドの客質は無視してあくまで工務店との取引というスタンスを崩すべきでないと思います。


 実作業を伴わない「打ち合わせ」には必ず工務店の責任者を同行させ、逐次工務店側に確認を取っていくとよいと思います。客が金を出せる・出せないは関係なく、客が金を払わないでいようが工務店からは貰うべきです。

 工務店にもある程度のリスクを負って貰わないと信頼関係が損なわれると思います。具体的には、

(1)材料は工務店で用意して支給
(2)加工・取付の作業は giutto さんのところで

 お客がゴネればゴネるだけ、工務店も損害を被る構造にしておかないと、giutto さんに丸投げして知らんプリ決め込まれるのは必死です。
 giuttoさんのところのリスクは作業費のみとなります。

 そうじゃなければ(丸投げしようとしているのであれば)、丁重にお断りされるべきだと思います。
 そんな悪徳客を丸投げしようとする時点で、逆に giutto さん側がその工務店との今後のお取引を考え直したほうがよいと思います。(その工務店と縁が切れてもやってけるように準備を開始する)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきどうもありがとうございます。
YoshiakiKunさんのアドバイスをいただいて、少し考えてみましたが、ここで
手を引こうかと、私としてはほぼ決めました。
理由としては、
1 工務店による材料支給は難しい
2 設計上、クレームが出ると予想される作りなのですが、一貫して、変更さ  てもらえない。
3 取引を中止となっても、経営に大きくは響かない からです。
また、打ち合わせには、工務店の社長と設計士が、必ず同席してやっているのですが、社長自体、素人に近い事もあってか、ほとんど説明できず、客の言い分を通してしまっているようですね(若いという事もあるでしょうけど)
いずれにしろ、今回の赤字で、この工務店は、かなり傾くのは、確実です。
今回、手を引くのは、いい機会と、いい経験をしたと、思うべきと、自分で思いました。
本当にどうもありがとうございました

お礼日時:2002/02/15 20:01

>正式に契約する前に、


>変更は、後を絶たず、今月だけでも、20回を越えました。
 そういうのって、話しには聞いていましたが、実際にあるんですね。
びっくりしました。

業界も商いの方法も違っているので、そのまんまでは通用しないとは思いますが、
何かの参考になれば、と思い書きます。

契約時点までに、固めておくことが多いです。

(1)見積り段階で、毎回打合せ記録をとり、相手方に承認サインをもらいます。
(2)見積り図面でかなりの手間がかかりそうであれば、
   1度要望が出きったところで、要望項目をまとめサインもらってから、
   概略設計 ¥xxxx
   詳細設計 ¥xxxx
   材料手配 ¥xxxx
   製作    ¥xxxx
   で、見積りを出し、概略設計段階で図面納品で、一旦支払いしてもらいます。
   また、材料手配前に、「材料注文しますよ、返品ききませんよ」と逐一確認します。
   (今回は、材料は既に入っているようなので、少々お芝居が必要でしょう)
(3)前言撤回での、やり直しにたいしては、1件当たりいくらという金額を提示しておきます。
   「あ、ゴメン、やっぱ変える前のほうがいいから、戻して」ってやつです。
   実際に1件1件お金を頂かなくても、件数を(先方にわかるように)カウントするだけで
   「サービスにしときますよ」と言えば、プレッシャーになります。
(4)見積り時点で、赤字ラインに近づいて、ヤバそうになったら、こちらの積算明細を提示します。
   「赤字になってしまうので、降りてもいいんだよ」ということを示します。

>カタログでは納得できないということで、実際の製品を作ったり、送料や製品をこちらの
>負担で取り寄せろなど、
 やはり、業界や取り扱い商品によるのですね。
私の場合、日常的にそういう事をやっています。
ただ、限度と言うものがあるので、限度を超えた場合は、
メーカー(の展示場)や実際の納入先に出向いてもらいます。
もちろん、私も同行します。
半日でよくいって2件ですが、顧客の納得度はかなり高いです。
(見学より、むしろ車でいっしょに行動するということが、いいのかもしれません)

#でもやはり、最終手段は、「お断り」ですね。
#予算の3倍くらいの見積り提示で・・・・ 

この回答への補足

早速の回答ありがとうございました。
現時点では、私たちも長年の付き合いと言うことで、予算もギリギリの線まで見積もりしています
さきほど父もまた呼び出されまして工務店へ行きましたが、(2)はさすがに無理でしたが、その他の事はしっかり伝えたそうです。
>やはり、業界や取り扱い商品によるのですね。
>私の場合、日常的にそういう事をやっています
私たちの場合だと、ちょっと出来ませんね。メーカーに行くとなると時間がかかり過ぎますし・・・・・
私たちの利益は、建具1枚物にもよりますが、5000-12000くらいです
とても、在庫になると言う場合は、無理ですね。
ですから、常時使うものにしてもらっています(普通は)
先日見本を要求され、無理といったところ、メーカーに直接言って、断られたそうです。
とにかく、こまったお客さんです。

補足日時:2002/02/13 17:34
    • good
    • 0

お父様のお付き合いがどんなお付き合いのなのかはっきり分かりませんが、相手は長い付き合いだろうと納得のいくものが出てくるまで妥協をしない方ですよね?


ビジネスはあくまでもビジネスです。
giuttoさんの会社の経営状況がわからないのでなんとも言えないですが今契約を切った場合と納品完了までの損益、その先のメリットデメリットを比較して決めてしまえばよいのではないでしょうか。
お父様はどのように仕事を受けてたのでしょうか。20年続けられる関係ならお父様から見ればそんな無理な注文はしない方だったのではないでしょうか?

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
この工務店とは、先代の社長からの付き合いで、現在の社長は、2代目で息子さんです。
この方は結構気が短い所もあるんですが、今回なぜか、お客さんの言うことを大人しく聞いているのも、ちょっとひっかかっているんですが・・・
それで、父が仕事を受けた経緯ですが、これほど難しい客であることを知らず、従来通りの作り方でいいはず(もちろん、設計士や社長が了解する作り方)と言う事で、受けたのですが・・・
今まで、私も難しい客に当たると言うことは何度もありましたが、大抵は、
大工さんにも、常識的な作り方ってあるものですから、説明すれば了解は取れたのですが、今回は、あまりに常軌を逸しているものですから
ただ、ponponさんの言われる通り、今回降りた場合、デメリットは確かに有ります。今後、仕事を回してくれない、用意した材料等は、在庫となります。
しかし、一度無理をして、次も同じ事にならないとも、限らないし、今回、すでに聞いた話では1000万以上、すでにオーバーしているとか・・・
もし、事実であれば、この工務店の規模からして、危ない状態に陥る可能性も・・・・
悪く考えれば、きりは無いと思いますが、でもponponさんの言われるとおり、ビジネスと割り切るべきかもしれませんね。
アドバイスどうもありがとうございました。

補足日時:2002/02/13 12:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤字だらけの確定申告

昨年8月、自宅でグラフィックの仕事を一人ではじめました。
まだ軌道に乗らず、昨年は年収25万円くらいでした。
が、もとで(コンピュータ・ソフト・機材・高熱費・家賃・本など)が250万くらいかかっており、現在でも赤字経営です。(開業届もまだ出していません)
普通は経費が多いと税金の戻りも多いですが、こういう場合はどうなんでしょうか?
何も分からず申し訳ありませんが、どなたかアドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.開業届は、この3月15日までに出せば、青色申告でいけます。
どちらにしても、すぐ税務署へ行くことです。
開業初年に赤字になるのは、よくあることです。
2.併せて、「定率法」の届けもする必要があります。
3.還付かどうかは、きちんと申告書(税務署ですぐもらう)で計算しないと、分かりません。
4.帳簿がきちんとしていなくても、領収書(会社名・日付、何に使ったか)と収入の明細(相手先、日付など)が分かるようにしてあれば、いいです。
5.光熱費も全額経費でなく、例えば、家族が2名で、事業にも同じ比率で使っているなら、事業には3分の1使っていると経費計上すればいい。
6.機材も10万円超なら、減価償却が必要で、全額経費に上げられません。ソフトほかも、そうですから、税務署で相談することです。

Q販促品としてオリジナル雑貨の材料

販促品としてオリジナル雑貨の材料を探しています。
ネットでも探りましたが。小ロットは見つかりました。
でも、コストを押さえる為に、自分で作れる物はとおもうのです。
しかし、材料をどこで買うかなんですよね。
マグカップは業者に頼もうと思っています。
キーフォルダー(ドーム)とか、バッジとなると
どの辺に行けば手に入りますか?
それと、個人事業なので、法人ではないのですが
卸は現金ならできますか?

Aベストアンサー

ちょっと質問の主旨が判りづらいかと。

キーホルダーを買って加工するのですか? それともキーホルダーを作るための材料ですか? 

メーカーでも問屋でも、よほどうるさい所でなければ現金持っていけば売ってくれるとは思いますが。

Q工事写真の印刷について

当方ではいまだデジカメではありません。
なので工事写真帳を購入して台紙に印刷をします。
その際、紙送りに支障があり、度々ぼつがでます。
何かいい方法はありませんか?
仕事が先に進まなくて困っています。
尚、機種はエプソンインクジェットです。

Aベストアンサー

そのプリンタに入れる台紙は、いわゆるコピー用紙よりも厚いものでしょうか。
厚いものであれば、プリンタの紙送り機構・ヘッド高を調整する
調整レバーが1つあるので、厚紙モードにしてみてください。

型番がないので詳しく申し上げられませんが、EPSON のインクジェット
プリンタであればまず当該レバーのそばに 0 - + の印があるので、
このレバー(通常 0側)を +側 に目一杯倒します。

また、紙が反っている場合も紙送りで失敗しやすくなります。
逆方向に軽く丸めるなどして反りを減らしてみてください。

Q工事請負契約書と請書・注文書

本当に初歩的な質問で申し訳ないのですが、工事請負契約書と請書・注文書の違いは何ですか?どのように使い分けるのでしょう。教えていただけないでしょうか・・・。

Aベストアンサー

どちらも「契約行為」であり、手続きが整っていれば法的な効力は同じだと思います。

違いがあるとすれば、「工事請負契約書」の方が、名前を連記して同時に捺印することや、場合によっては第三者を入れた契約にするなど、より確実な手段といえるかも知れません。
注文書・請書は同時に交換すれば安全ですが、注文書を受領した後、請書を発行するケースが一般的ですから、タイミングのずれや請書が入手されない等のリスクが付きまといますね。

一般的な使い分けとしては、
高額の契約や、初めての取引の場合などは「工事請負契約書」、少額の簡便な取引や従来顧客とのリピート取引には「注文書・請書」という使い分けが多いのではないでしょうか。

Q個人事業主から派遣社員か直派遣社員からか

今、子会社から出向し親会社で働いていますが、11月で子会社を退職します。親会社の仕事は継続する事になっているのでが、個人契約は今は無理との事でどこか会社を仲介して仕事を続けて欲しいと言われました。そこで御相談なのですが、下記の方法を考えています。
1、派遣会社へ登録し、親会社の仕事をする。(厚生年金、社会保険等福利厚生あり。おそらく収入の2.5~3割りのマージンが派遣会社に取られる)
2、個人事業主となり派遣会社と契約し、親会社の仕事をする。
(国民年金、国民健康保険、税務は自分で行う(青色申請)。派遣会社へ取られるマージンは少ないかと思われる。いろいろと経費として節税できる)
収入は安定しており、親会社で継続し仕事を続けれる事は確定している。
どちらの方法を取った方が良いのか悩んでいます。まだ派遣会社の方と話をしていないのですが、ご教授の程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お住まいの地域や職種にもよりますが、他にもいくつか選択肢があるかと思います。

1. 同業者組合を通じて親会社と契約する(個人事業)
2. 知り合いの会社を通して契約する(個人事業または社員)
3. 自分で会社を設立する(会社役員)

派遣会社などを通す場合、できれば親会社との契約単価を確認してから話を持っていった方がよいと思います。手の内が分かっていれば、派遣会社も暴利を貪ることはできなくなるはずですから。

個人事業主となる場合ですが、保険や税金のことだけではないので、もっとよく考えるようにしてください。例えば、労災保険や雇用保険には入れなくなりますし、社会的信用は低下するのでローンも組みにくくなります。従業員とは違うので、客先に損害を与えれば賠償請求されるかもしれませんし、会社と違って個人の場合は無限責任です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報