隣地地主と土地の等価交換について了解したのですが、昔両方で決めた境界通りに分筆作図しないし、後で気づいたのですが相手が作ったブロック塀が当方の土地に入っているし、また 当方と後ろの人の土地面積にも懸念がありますので交換をやりたくありません。
むしろ測量士(昔の境界立会いや図面作成)か相手地主に損害賠償請求したいほどです。
相手弁護士は裁判によらないで話し合いで解決しようといっているのですが、相手が裁判にかけた場合当方の弁護士費用を相手に請求できるでしょうか?

民事裁判をかけたり、かけられたら弁護士費用を相手に請求できるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>民事裁判をかけたり、かけられたら弁護士費用を相手に請求できるのでしょうか?


答えはできません。不法行為(例えば交通事故など)であれば、弁護士費用は請求できますが、境界紛争の場合はできません。(民訴法61条の訴訟費用は自分が委任した弁護士費用を含みません。)

さて、話合いで解決しようとしても、話合いに応じなければ等価交換はできません。かつて了承したといっても、了承した事実と違う場合は当然のことですし、かつての了承について錯誤が存在したときも交換契約(民法586条)の錯誤無効(民法95条)が主張できます。安心して断るべきです。

それから、測量士には分筆登記はできません。我々土地家屋調査士の業務独占となっています。ただ、本人申請は許されているので、隣人が測量士を雇って、本人申請をするということはできますが、こんな胡散臭いことをするのは後々禍根を残すことになるので、絶対にやめるべきです。もし分筆をしようとしているのが土地家屋調査士なら、境界をちゃんと入れるはずだし、分筆登記には地積測量図が付きます。さらに、たいていは分筆地の周辺の土地所有者の印鑑をもらう場合が多いので、分筆の測量時に説明があると思うのですが・・・もし、問題のある土地家屋調査士ならば、最寄りの登記所(法務局又は法務局の出張所です。ご自宅の登記簿が管理されているところ)に土地家屋調査士の苦情を言ってください。法務局には司法書士や土地家屋調査士に対する懲戒の権限がありますので、逆らえる司法書士や土地家屋調査士はいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切なご意見ありがとうございます。感謝しています。
もうひとつ 教えて頂きたいのですが、座標計算とヘロン公式で求積した土地面積は同じでしょうか、誤差はでるのでしょうか?
再質問で申し訳ありませんがお願いします。

お礼日時:2002/02/14 04:55

>相手が裁判にかけた場合当方の弁護士費用を相手に請求できるでしょうか?



できません。相手が弁護士に依頼しようとすまいと勝手ですし、romasuさんが依頼するのも自由ですから。相手のした行為を相手の責任にはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 10:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIFRSの読み方について

IFRSの読み方について教えてください。

アイエフアールエス、アイファス、アイファース、イファースなど読み方があるようですが、日本では標準的な読み方はありますか?また、グローバルで共通した読み方はありますか?

全社で共通した読み方で統一したいと考えております。

Aベストアンサー

IFRSの読み方は、現時点の日本では様々です。
各種セミナーに行きましたが、講師をされる方によってまちまちです。

ひとりの講師の方の説明では、IFRSがすでに導入されているヨーロッパ(EU)では、主にアイエフアールエスと読んでいるようです。

http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

ご参考に。

参考URL:http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

Q民事裁判 建物土地明け渡し請求事件について(裁判所に行く前に出来ることがあれば教えて下さい)

亡き父の経営していた歯科医院の建物なのですが、土地は叔父の名義、建物は私と母と妹の名義、業務を継いでくれたのが一緒に働いていた方(血縁者ではありません)5名です。

二年前の5月に父が61歳で亡くなり、今後歯科医院をどうしていくかと話し合った時に最初は業務を続けることに同意(正式な契約の前に口頭で)していた叔父でした。
父の病気がわかった頃から勤務してくれていた先生が他の従業員、患者のことを考えて医院を続けることを決意してくれこれから土地の賃貸契約を結ぼうとしていた時でした。
叔父の娘が従業員だったのですが、娘が出来婚で突然医院をやめたため、建物を撤去して土地を明け渡すように求められています。事情を細かく書くとかなりの長文になってしまいますので簡単に書きました。

お互い弁護士のお世話になり、調停では解決しなかったので、書面でのやりとりを続け、6月には証人尋問が行われることになり始めて裁判所に赴くことになりました。
母は父とは長年別居していたこと、父から今後のことなど色々聞いていたのが妹だったこと、私は叔父とのこれから会社をどうするかという話のときにいなかったため、尋問には妹が出ることになり私は傍聴席に行くことになります。こちら側からは、会社の代表者(父をついでくれた方)顧問税理士が尋問に出ます。相手方は叔父一人です。
 
今回質問させていただいたのは、自分が尋問に出られない分少しでも6月までに準備したり調べられることはないかと考えてのことです。

弁護士との打ち合わせはもちろんしますが、裁判も裁判所に行くことも初めてですので、何か少しでも準備できることはないか、実際どのような流れで行われるのか、とても不安に感じておりますので、とりとめのない質問で申し訳ないのですがよろしくお願いします。

亡き父の経営していた歯科医院の建物なのですが、土地は叔父の名義、建物は私と母と妹の名義、業務を継いでくれたのが一緒に働いていた方(血縁者ではありません)5名です。

二年前の5月に父が61歳で亡くなり、今後歯科医院をどうしていくかと話し合った時に最初は業務を続けることに同意(正式な契約の前に口頭で)していた叔父でした。
父の病気がわかった頃から勤務してくれていた先生が他の従業員、患者のことを考えて医院を続けることを決意してくれこれから土地の賃貸契約を結ぼうとしていた時でし...続きを読む

Aベストアンサー

 証人尋問ということですから,既にお互いの主張は出尽くしているはずですから,それまでに準備することはないと思います(あれば問題です)。

 流れですが,人証が嘘をつかないという宣誓をして,まず原告の方の人証(記憶が確かではないので被告側からかもしれません)に対し原告の弁護士が質問をして,終わったら被告の弁護士が質問します。必要があれば裁判官も質問します。次に被告の人証に対して被告の弁護士が質問して,原告の弁護士が質問して,必要があれば裁判官が質問します。

 弁護士との打ち合わせだけすれば十分です。

Q麗の読み方

「麗」という読み方はレイ、ウララ意外読み方がありますか?
名前付けなので、あて字でもいいです。
役所に認められればどんな読み方でもいいのですが・・・

Aベストアンサー

 http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E3%81%86%E3%82%89%E3%82%89/m0u/
では“うら”ら、うら”らか
 という読みがありますね。
 これは85になる姉の名前が使っています。最初はカナでしたが、成人して漢字に改名したんです。
 小さい時は書くのがたいへんですね。
 私も苗字もちょいと画数が多いし、名前も“藏”って字はとても書き難くかった思い出があります。

Q土地の境界についての裁判

去年、親戚から買った土地にマイホームを建設予定で、先日より基礎の工事に入りました。


買った土地の横には1メートル幅くらいの町の農道があり、役場の立ち会いの元、登記簿どうりに境界を決めました。


そして工事に取りかかったところ、前に住む人が、「この農道は昔から近所の人がトラクターで通っていた土地だから、2メートルなかったら通れん!あと1メートル寄せて家を作れ!!」と喧嘩腰で言って来ました。


もちろん、無理な事なので、こちらも土地を1メートル買ってもらえるなら、譲っても良いが、無料で譲る事はできません。と言いました。


それでも、登記料は払ってやるから、土地を放棄しろ!と言うのです。


こう言った場合、裁判に持ち込むのが良いのでしょうか??

旦那さんは司法書士に話しを聞いてもらうと言っているのですが、それで解決するのでしょうか…?

このままでは、家が建った後も問題が起こりそうで不安です。

どなたかいいアドバイスをお持ちの方は力をおかし下さい。。。

Aベストアンサー

#4です.
私のほうこそ何か状況を勘違いして#4を書いちゃいました.
取り消しときます.
すいませんでした.

Q記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください

記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください
出来れば解析学と論理学とにおける読み方を
一般的な読み方がなければ個人的な読み方でもいいです

Aベストアンサー

大学では数学をかじっていた者である。
一般論はNo.1に詳しいので、ここでは個人的なことを述べさせて頂く。

大学の講義でそう聞いたからだと思うが、私はどのような場合でも大概
「全ての」「或る(ある)」
と読んでいる。
また、Wikipediaの記事にはないが、こんな話をする相手はガンダムの話も嫌がらない人が多いので、
「ターンエー(turn A)」「ターンイー(turn E)」
ということもあろうかと思う。

Q裁判費用を請求したい(無理な裁判を起こした相手に)

全く自分の責任で怪我をしたことに対して、言いがかりを付け、損害賠償として1500万を請求されました。
1審で私の主張が全面的に認められ、相手の訴えは退けられました。相手も、結局、控訴しても無理だと判断し、裁判費用も原告が負担するとの判決が確定しました。
しかし、1500万は支払い義務はありませんが弁護士費用として、280万を支払いました。現在の日本では、弁護士費用は私が負担することは分かっています。しかし、誰が考えても私に責任を負わすことは無理であるような事故で裁判を起こしたわけで、納得がいきません。
そこで、わずかですが裁判費用を相手に請求したい気持ちが収まりません。通例、裁判費用を確定するための裁判を起こす必要があるようであり、現実として請求しないのが多いようですが、わたしは、「裁判費用の請求に関して、権利を有しながら、留保する」といった書面を相手に送りつけたいのですが、このような考えはいかがなものでしょうか。みなさんのご意見を伺いたいのです。

Aベストアンサー

一般的には、請求するなら「請求する」と云いますが、「・・・請求を保留します。」とは云わないです。
訴訟費用の確定申立は、口頭弁論はないので、簡単です。
細かな計算も書記官がするので、その申立をしてはどうですか ?
それで強制執行すればいいと思います。

QFAQの読み方は?

WindowsFAQ-Windows処方箋のページはここでもよく紹介されています。そこで疑問に思ったのがFAQの読み方です。
手元には2種類のPC用語辞典しかないのですが、2種類が違う読み方をしています。「ファーク」と読む場合とあとは恥ずかしい読み方をする場合とです。正しい読み方はどちらなんでしょうか?

後者だとヤだな。

Aベストアンサー

Cid さん、こんばんは~☆♪

ASCIIのデジタル用語辞典では、『ファーク』・『エフ・エー・キュー 』と
なっておりますね。
私は、後者の『エフ・エー・キュー 』と読んでおります。

> とあとは恥ずかしい読み方をする場合とです。

『ファック』とは、読まないですよ。 ご安心を。。。

http://yougo.ascii24.com/gh/49/004900.html


ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://yougo.ascii24.com/gh/49/004900.html

Q裁判で土地境界を直すことができるのか?

土地所有者が公図と現況図面通りにお互い立会いして決めた木杭の境界ポイントを裁判で手直しの判決をだすことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

純粋に、貴方の所有地と、隣接土地の境界問題として、考えます。

貴方のおっしゃっている公図とは、地積測量図(いわゆる「分筆図面」・「地積更正図」)という事ですね。
何時(何年)の分筆なのでしょう。
近時の測量技術が高く、誤差も少ないものであり、かつ、分筆前の他の土地との境界について、隣接同意もしくは、境界立会も確実に行われている事が多く、その「分筆図面」の復元に対する信憑性も高いと思われます。
貴方のおしゃる、「現況図」とは、この境界確認の際に交わされた、「現況平面図面」と思われます。
これは、貴方の土地を主体にして作製されたものである事は否めません。
その図面によると、貴方の土地は「公簿面積」以上にあり、隣接のその人の土地の面積が、「公簿」割れを起こしているのなら、その隣接土地所有者の主張は、もっとものように思われます。そこで、相手方は、自分の土地が公簿割れを起こしていることが分かっていたなら、そのような境界線で同意しなかったと、錯誤無効を主張してくるのでしょう。

認められるのでしょうか?・・・・「わかりません」。
しかし、貴方は次のような反論が可能です。
 1 その境界が、構造物、法下(のりした)等、誰がみても、境界と認められる線であること。
 2 その境界を示す構造物等が、従前から、改築されていない事、されていても、従前の線を踏襲している事。
 3 たとえ、従前からの線を、犯す形で、その構造物が作られていても、それは、お互いの同意の上の行為で、境界をその線で認める行為であった。
   (ここに、No2さんのおっしゃる、従前の線は、「境界確認」。従前の線と新たな線は、「所有確認」・・・・従って、隣の人の土地を分筆して自分のものとする必要あり)
 4 法務局に申請する、分筆はその線だけを求めている。
 5 隣地の公簿割れを、貴方の土地との境界だけの問題ではない可能性が高い。
 6 ある人が、自己所有地を分筆する際、隣接地の面積まで責任を負わせることは、責任過剰である。また、分筆させないに等しい部分もある。(自己所有地20坪、隣接地面積が、総計1万坪であれば、分筆は不可能)


 これらの事から、貴方は、隣接地との境界を定めるさいに、客観的、社会通念上妥当な線を主張し、最終的に相手の自由意思に基づき、その境界線が形成された事を主張する事になると思われます。

 事前の準備として、その土地を分筆測量した業者のところに赴き、その分かる範囲で、調べておくことです。
 (「分筆図面」の左下にその図面作製者が記載されています。どの業者が、作製したのか分からない時は、現在の測量士等に確認すれば、手がかりがあると思われます)

 以上の準備、主張を明確にしておけば、貴方側のリスクは、少ないと思われますが、訴状等が届いた頃までには、弁護士と相談しておくべきでしょう。
 遅くても、訴状等を読んでから・・・。

純粋に、貴方の所有地と、隣接土地の境界問題として、考えます。

貴方のおっしゃっている公図とは、地積測量図(いわゆる「分筆図面」・「地積更正図」)という事ですね。
何時(何年)の分筆なのでしょう。
近時の測量技術が高く、誤差も少ないものであり、かつ、分筆前の他の土地との境界について、隣接同意もしくは、境界立会も確実に行われている事が多く、その「分筆図面」の復元に対する信憑性も高いと思われます。
貴方のおしゃる、「現況図」とは、この境界確認の際に交わされた、「現況平面図面」...続きを読む

Q十の読み方について

十の読み方について学校の授業で以下のような問題が出たのですが、どう答えて良いのか分かりませんでした。。

問題は
「第十中学校」を省略して「十中」となるが、それぞれどのような読み方をするのか。なぜそのような読み方になるのか答えなさい。

読み方は分かるのですが、説明が上手くできません。
分かる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

No.5さんがいう、

『じゅう』は下にカ・サ・ハ・タ行の言葉にかかるとき、『じっ』または『じゅっ』に変わります

というのは、たとえばカ行の音である「こ(個)」に付くときは、「じゅっ・こ」、カ・サ・ハ・タ行以外の行であるマ行の「マ」から始まる「枚」に付くときは、「じゅう・まい」になる、というようなことですよね。

「十中」は「じゅっ・ちゅう」で拗音(ようおん)ではありますが、タ行の「ち」を含む音に続きます。

一方、「第十中学校」は「第十/中学校」と途中で少し切って発音しませんか。つまり「第十」の「十」は、そこで切れていて、タ行の音に付いていないのです。

 「十歳」は「じゅっさい(じっさい)」だけど、「二十三世紀」は「にじゅうさんせいき」というのも、どちらも後にサ行音の「さ」が来るけど、「二十三世紀」の方は、「二十/三世紀」という感じで発音しませんか。「二十三」だけの場合も、意識の上では「二十/三」という感じで「二十」でいったん切れていて、一気には発音しないんじゃないでしょうか。
 

Q当方72才、相手72才女性から貴方に50年まえに一万五千円かしたと連絡あり。当方覚えなし。50年間督

当方72才、相手72才女性から貴方に50年まえに一万五千円かしたと連絡あり。当方覚えなし。50年間督促なし。当時の1.5か月分を現在の価値で返えせのこと。当方狼狽し20万円あげると口約束。根拠がないのでその口約束を反古にしたい。至急助けて下さい。(このとき第三者はいない)

Aベストアンサー

消滅時効期間が経過しても その後に債務者が債務を承認したり 債務の一部返済をすると 時効期間はその時点から再スタートです。
請求された時点で消滅時効の成立を理由に断ればよかったのですが 返済を約束したなら 債務を承認したことになり 時効の援用は無理かな
口約束でも 約束は成立しています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報