集英社マーガレットコミックの上田倫子の作品、
「リョウ」にはまってしまい他にもこの人の作品を
読んでみたいと思ってるのですが、何がオススメ
でしょうか?

A 回答 (2件)

キッスは瞳(め)にしてっ!


がワタシのお薦めです!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ストーリー展開が一転、二転して想い出深いデス。
かなり前のモノなので、古本屋さんに置いてあると思います。
トレンディードラマ(死語?!)みたいなカンジ!
おもしろいので、読んでみてネ!ぴーす♪ (#^ー°)v
    • good
    • 0

私的には。

。。
新・学園天国 がオススメです(^0^)/
7巻で完結になっています。
リョウ とはまた違うおもしろさです。
是非読んでみて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裸足でバラを踏め 上田倫子さん作品について

誰かご存知の方、教えて下さい。

海外に住んでるアメリカ人高校生が日本の漫画がすごく好きです。
何がすき?と聞くと、
裸足でバラを踏め ということでした。
最近、漫画をあんまり読んでいなかったため、
検索してみましたが・・・

何か日本でこの漫画に関するお土産を持っていこうかと
思ったんですが、この作品のグッズとか売ってるところとか
ご存知じゃないでしょうか?
メジャーな作品だと思ったんですが、グッズまで販売していないみたいで。。。

日本の漫画そのままだと、漢字が読めないだろうし。
英文の漫画も随時発売してるみたいですが、
何巻まで持っているのか分からなくて。

この漫画を好きな方、何をもらったら嬉しいですか~?
教えて頂けると助かります。

とても日本好きの、女子高校生で、自分でオタクだーって
嬉しそうに話してました。
彼女に喜んでもらえるお土産を持って帰りたいと思うのですが。。。

Aベストアンサー

アニメ化もドラマ化もされていない作品なので、一般販売の商品では難しいと思います。

小説雑誌コバルト9月号と現在発売中の11月号誌上で小説化しましていますが、まだ文庫にはなっていませんし(隔月連載らしいので、もしかしたら来年に文庫で出そうです)、もちろん訳したものも出ていないはずです。

私はその作品はあまり好きではありませんが(同じマーガレットで連載されている「メイちゃんの執事」とか「うそつきリリィ」とかが好きです)、マーガレット作品でよく作られているのは作中に出てくるアクセサリーやコスチュームですね。
特にヒロインにプレゼントされたネックレスとかが多いような気がします。

残念ながら「裸足でバラを踏め」ではそういったものは作られていないようです。。。
それ以前の連載のときでも作っていなかったような気がします。

作者によるサイン入り色紙はプレゼントされていたことはありますが。

日本語が分かればCDドラマとかが嬉しいのですけどね。。。
「裸足でバラを踏め」はVOMIC(声付きマンガ)で公開されていますし。

QBLコミック、この作品にハマったら大変という作品

BLコミックで、中毒性がある作品を教えてください。



BL小説で、木原音瀬さんという作家さんの作品をご紹介いただきました。

購入前に色々調べてみると、何と言うかBLの王道というか典型的BL作品というのではなく、
しかも、何だか中毒性というのでしょうか、
読んでしまった後、日常生活に戻るのが大変なような、そんな感想文をネットで何度か目にしました。

BLは小説もコミックもあんまり多く持っていなくて、
コミックで高永ひなこさんの作品を大体持っているくらい。
小説では、きたざわ尋子さんのだまされたいシリーズを全巻持っているのと、
御堂なな子さんの作品を数冊持っているくらい。

興味はあるのですが、仕事を持っていますので(主婦とか大学生とかではないので)
中毒してしまって、日常生活に差障りがあっては・・・と思い、
木原音瀬さんの小説は未読です。
ただ、アマゾンで購入した、FRAGILE という作品が、手元にあることはあります。

Aベストアンサー

私も木原さんの作品は、ネットでの評判等を読んでいて、
まだ怖くて一度も読む気になれないので、
質問者様と似ているかもと思いました。

BLコミックでハマったら大変な作品…とのことですが、
中毒性があるかと言われると、人それぞれかと思いますので、
私が1冊読んでハマってしまい、その後作品を全て揃えたり、
新刊が出たら買い続けているような作家さんを上げますね。

可愛らしい系だと、
 ・小椋ムクさん
 ・三島一彦さん
 ・藤谷陽子さん
 ・北別府ニカさん
 ・タカハシマコさん

王道かな?と思うのが、
 ・山田ユギさん
 ・夏目イサクさん
 ・夏水りつさん
 ・まさお三月さん

個性的(独特の世界観)かな?と思うのが、
 ・猫田リコさん
 ・ヤマシタトモコさん
 ・雲田はるこさん
 ・腰乃さん
 ・草間さかえさん
 ・鈴木ツタさん
 ・鹿乃しうこさん


ふと読みたくなり、頻繁に読み返すことが多い方々の作品です。
作品でハマるよりは、作家買いが多いので、多くなってすみません…
15年以上BL作品を読んでいるのですが、
最近の作品をあまり知らないので、ちょっと古めかもしれません。

1冊で終わるものや、読み切りばかりを集めた本もありますので、
試しに1冊読んでみて、ご自分に合うかどうか確認してみると良いと思います。
参考にして頂けたらと思います。

私も木原さんの作品は、ネットでの評判等を読んでいて、
まだ怖くて一度も読む気になれないので、
質問者様と似ているかもと思いました。

BLコミックでハマったら大変な作品…とのことですが、
中毒性があるかと言われると、人それぞれかと思いますので、
私が1冊読んでハマってしまい、その後作品を全て揃えたり、
新刊が出たら買い続けているような作家さんを上げますね。

可愛らしい系だと、
 ・小椋ムクさん
 ・三島一彦さん
 ・藤谷陽子さん
 ・北別府ニカさん
 ・タカハシマコさん

王道かな?と思う...続きを読む

Q佐々木倫子さんのコミックス未収録作品の雑誌掲載号を教えて下さい。

★々木倫子さんのコミックス未収録作品が何点かあるかと思うのですが作品が掲載された雑誌名(おそらく「花とゆめ」および「別冊花とゆめ」?)が何年の何月号か分かる方がいましたら教えて下さい。出来ればページ数も教えて頂けると幸甚です。
★佐々木さんの未収録作品の出版依頼は復刊ドットコム等のサイトで行われているようなのですが一向に出版される気配が無いので国会図書館でコピーをしたいと思っておりますがデータ不足のため困っています。色々と調べてみたのですが分かりません。
★何か情報をお持ちの方がいましたら是非、お教え下さい。当方が把握している(どこまで正確は分かりません)未収録作品は以下になります。これ以外にも情報をお持ちの方がいましたら是非教えて下さい。
どうぞよろしくお願い致します。
★収録作品と思われるもの
平手打ちのラプソディー
ごきげんいかが秋のテーマ
デパートガール
名犬アイボリー
夜霧のブルース
タンゴウォーク
ペパミントスパイ 地獄の小犬編
ペパミントスパイ 謎のマーゲンバー編

Aベストアンサー

 今晩は。佐々木倫子さんの「デパートガール」は「花とゆめ」1986年8月号に載っています。P103~P134で、32ページ分ですね。家にまだ雑誌を取ってありました…。「ぺパミントスパイ」の方は大昔に立ち読みで「別冊花とゆめ」でしたか、単行本未収録の作品を見たように思います。

 私もいつ、「デパートガール」やその他の作品が単行本化するのかなあと、ずーっと待っていたのですが、まだなんですね…。何かの形で拝みたいものです(^^)

Q20年ほど前(?)に大人の女性向け雑誌で読んだ作品・・・「パンドラの箱」?他1作

(1)・マジメな女子高生(白いロングヘア・美人・制服はセーラー服)が生徒手帳を落としてしまい、それをワルっぽい男前に拾われ、返してもらうためになぜか制服のままで会いに行き、手帳をカタに体を触ったりされてしまう。ものすごい嫌悪感を抱くが、手帳は返してもらえず、次返すという名目で何度も会うハメになるが、次第にオトコに溺れて行く、これをパンドラの箱に擬えたところで完。・一番衝撃的だったのが、何度目かに会った時に制服で映画館に連れて行かれ上映中にスカートの中に手を入れられて騒げないのでガマンする主人公。当時、映画館に行くのが怖くなりました(笑)。・当時のB6版で5cmくらいの厚みの、大人の女性向け読み切り雑誌で読んだ。・「パンドラの箱」で検索すると美内すずえ作品がひっかかるが、絵もストーリーも違うので、タイトルは記憶違いかも。でもテーマは「パンドラの箱」だった。
(2)・名香智子作品タイトルは不明。・主人公の女性の人生を描く読み切りの連作だった気がする。・そのため時代は少し古い時代の話だった(70年代?)。・1つ目と同じ雑誌で読んだ。・良家のお嬢様なのに未婚で妊娠してしまう。・鮮明に覚えている場面は、ポニーテールにノースリーブ・大きな水玉模様のフレアミニスカートの当時の若者風の格好をしている主人公の女性が洗面所で吐いてしまい妊娠に気付くところ。・相手の男は軽薄そうな無職のヒモ系で、自分が避妊してないのを棚に上げて、すぐ妊娠してしまう主人公にヒドイことを言う(「またかよ」みたいな。で「明日病院に行ってくるわ」と主人公。毎回中絶してるのかと愕然とした覚えが)。
以上の2作品を、記憶を頼りに古本屋やネットで調べましたが、見つかりません。記憶違いもあるかもしれませんが、どなたかご存知の方いらっしゃいませんでしょうか。よろしくお願い致します。

(1)・マジメな女子高生(白いロングヘア・美人・制服はセーラー服)が生徒手帳を落としてしまい、それをワルっぽい男前に拾われ、返してもらうためになぜか制服のままで会いに行き、手帳をカタに体を触ったりされてしまう。ものすごい嫌悪感を抱くが、手帳は返してもらえず、次返すという名目で何度も会うハメになるが、次第にオトコに溺れて行く、これをパンドラの箱に擬えたところで完。・一番衝撃的だったのが、何度目かに会った時に制服で映画館に連れて行かれ上映中にスカートの中に手を入れられて騒げないの...続きを読む

Aベストアンサー

(2)はわかります。

「パートナー」の主人公の母親を描いた番外編「鳳仙花」ですね。漫画文庫版では最終巻(8巻)に収録されていたと思います。

参考URL:http://manpara.cool.ne.jp/naka-tomoko.htm

Q7~12年位前のデラックスマーガレットの3作品について

7~12年位前のデラックスマーガレットに載っていた作品で、タイトルも作者名も分からない作品が3つあります。尚且つ、どの作品もかなり記憶が曖昧なため、間違って記憶している可能性が大変高いです。その点はご了承下さい。

その1
その7~12年位前にデビューされた方のようで、それまでの少女漫画と少し違い、この作者の方が描く目はそれまでによくあった目がすごく大きくてキラキラしているような目ではなかったと思います。髪の毛も皆、黒髪だったと思います。
その方らしき作品を2つ見たように記憶しているのですが、そのうちの1つは話の途中で主人公の女の子が林の中?で拳銃を見つけるシーンがありました。その子はおそらく高校生で、彼氏がいたと思います。
これ以降、この作者の方らしき作品を見たことはありません。

その2
その1と少し似ていますが、目が大きくなくキラキラしていない目を描かれる作者の方の作品で、主人公の女の子がよく頭が痛くなるのですが、ある日駄菓子屋で買った?ラムネを食べると頭痛が治まる、という内容のものでした。その駄菓子屋さんの男の子を好きになる、という内容だったように思います。

その3
漫画ではなく4ページ位のエッセイ風のもので、その作者の方が飼っていた犬の話が描かれていました。その犬がだいぶ年をとってからは、犬の名前を呼んでも返事をしなかった、などと描かれていたと思います。

ほんのわずかな情報でも構いませんので、お忙しいとは思いますがどうぞよろしくお願い致します。

7~12年位前のデラックスマーガレットに載っていた作品で、タイトルも作者名も分からない作品が3つあります。尚且つ、どの作品もかなり記憶が曖昧なため、間違って記憶している可能性が大変高いです。その点はご了承下さい。

その1
その7~12年位前にデビューされた方のようで、それまでの少女漫画と少し違い、この作者の方が描く目はそれまでによくあった目がすごく大きくてキラキラしているような目ではなかったと思います。髪の毛も皆、黒髪だったと思います。
その方らしき作品を2つ見たように記憶...続きを読む

Aベストアンサー

その3ですが、「マーガレット・犬を飼われていた」で思いつくのは、一条ゆかりさんですね。漫画だけでなくエッセイも書かれています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報