環境
Windows 2000
Visual Basic 6.0
WSH 5.6

VBSでsetup.exe(インストーラパッケージ)を起動する
プログラムを作成し、そのVBSをVisual Basic 6.0で
動かすとエラー「システム コンポーネントをインストールしたり
構成するには、コントロール パネルを使ってください。」が出ます。

しかしVisual Basic 6.0からではなくエクスプローラからVBSを起動すると
正常にセットアップが開始されます。

Visual Basic 6.0→VBS→setup.exeを開始できる方法が分かる方
いましたら、ご教授願います。

A 回答 (2件)

田吾作さんの為に補足しちゃいましょう。


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=204531
が前回の質問と思われます。

VBSの実行方法の一例は私が書きました。VB5、Win98SEでの動作確認済み。
VBSの起動は場合によってはWinAPIで実行させる方が良いかも知れませんね。

問題はVB6からVBSを実行し、更にEXEを実行した場合Windows2000上の振る舞いはどうなるのでしょうか?この辺りが怪しい気もします。(ソフト実行ユーザによるセキュリティとかの問題)

もっともなぜVBSなのかが不明なのですね。VB6使っていいのならVB6で作ってしまうのが簡単でいいのですけどね。

因みに先にあげた質問の回答+
----vbs-----
Dim WSH
SET WSH = CreateObject("WScript.Shell")
WSH.Run "Notepad.exe"
SET WSH = Nothing
------------
でちゃんとメモ帳は起動出来ますね。
当方Win98+VB5

VBSがちゃんと実行されているとすれば実行するソフトを変えてみるとか(メモ帳辺りがベター)
    • good
    • 0

1.スクリプトを呼ぶVBのコードの記述が知りたいです。



2.setup.exeを呼ぶスクリプトの記述が知りたいです。

3.setup.exeはオリジナルのソフトのセットアップですか?
もしそうなら・・・setup.exeはどんなソフトでsetup.exeを作成しましたか?
違うなら・・・・・セットアップしたいソフトは何ですか?どんなsetup.exeでも同じ状況になるのですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3相モーター始動時のみコンデンサーを並列接続する理由

3相200V5.5KWモーター制御盤に始動時のみ
(約5秒)進相コンデンサーが並列に接続されるシーケンスになっています。コンデンサー回路がOFFの場合
始動出来ません。コンデンサーを並列接続すると初期
トルクは大きくなるのでしょうか。力率とトルクの関係
もわかりません。参考資料でもかまわないので、教えて
下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インダクタンス負荷は起動時大きな電流が流れます(規格回転数に達して定格電流が流れます)
為に起動時は電圧が下がります 起動の度に変動するのです 又回転しているモーターを物理的ブレーキ等で無理に回転を押さえると同じ事が起こります

モーターはそれを押さえる為にコンデンサー並列にして無誘導負荷に近づけるのです 小電力モーターでしたら大した事はありません

インダクタンス負荷全てに言える事ですが供給側の能力に余裕があればしなくとも良いのですが 大電力モーターを置く所では他にも沢山あるでしょうから これらが同時起動したらどうなるでしょうね?

Qvb(Visual Basic)でインターネットエクスプローラ(ver6.0)を起動させたい

vb(Visual Basic)でインターネットエクスプローラ(ver6.0)を起動させたいです。

Dim IE
Set IE = WScript.CreateObject("InternetExplorer.Application")

この記述では、

実行時エラー '424':
オブジェクトが必要です。

とエラーが発生します。
素人です、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Sub test02()
Dim IE
Set IE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
IE.navigate2 ("http://www.yahoo.co.jp")
IE.Visible = True
End Sub
でYahooが開きましたが。
WScriptはいるのかな。

Qモーター起動コンデンサー

衣類乾燥機が故障しました。 中をあけて見てみるとモーターが重たいのでミシンオイルを注油して軽く手で回るのですがウーとうなって起動しません。どうも起動コンデンサーがだめなようです。
起動コンデンサーは250V17μFです。ネットで調べてみると250V115μFと250V20μFが見つかりました。それで250V20μFを購入したいと思いますが容量が少しおおきですが問題ないものでしょうか。

Aベストアンサー

『起動コンデンサーは250V17μF』に対して、+18%の250V20μFですが使用可能と判断されます。
部品自身にも±10%程度の容量誤差があり、±20%程度の許容量と計時変化分は考慮されています。
ただ、『モーターが重たいのでミシンオイルを注油して・・・』で巻き線が過熱で他が劣化していなければよいのですが・・・・・
 

QVB6.0をインストールしている環境でVB.NetをインストールしてもVB6.0は動かせるでしょうか?

初心者的な質問ですみません。
VB6.0をインストールしている環境でVB.NetをインストールしてもVB6.0は動かせるでしょうか?
それともVB6.0をアンインストールしなければVB.Netはインストールできないのでしょうか。

Aベストアンサー

.NETとVB6は同一のパソコン内で分割(お互い干渉せずに)して使うことができます。.NETの説明書にも記載がありますよ。

私としてはVB6を使っていて.NETに変更するとだいぶ違った操作性になるためHDDに余裕があるのであればVB6は残しておいた方がいいと思いますよ。

Q電気二重層コンデンサーの直列接続について

耐圧を上げるために6個(同容量)の電気二重層コンデンサーを直列接続して、使用したいと考えております。

メーカーの仕様書を見ると、「コンデンサーを直列に接続するときは電圧バランスが崩れないように、漏れ電流を考慮した分圧抵抗器を各コンデンサーに並列に入れて下さい。」とありました。

説明書きを読むと、各コンデンサーの個々の誤差から一番小さい容量のモノに電圧が集中し、耐圧をオーバーしてパンクすることがあるとのこと。

使用するコンデンサーは下記の製品です。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05326/

使用の目的は、車載オーディオ(ヘッドユニット、アンプ類)の電源の安定化です。車両側の最大電圧は14.4V(オルタネーター発電時)です。耐圧3Vのコンデンサー6個を直列接続し、耐圧を18Vにあげてカーバッテリー(鉛蓄電池)に並列接続しようと考えております。

この様な使用方法でも、バランス抵抗は必要でしょうか?(特に問題がなければ、手間やコストを考えると入れたくないのが本音です・・・。)

やはり入れなくてはマズイとのことであれば、コンデンサーに並列する抵抗値はどのように決めたらよいのでしょうか?メーカーが公表する計算式を見たのですが、ムズカシクてさっぱり判りません・・・。

ニチコン株式会社 アルミニウム電解コンデンサーの概要
2-5 シリーズ結線におけるバランス抵抗の選定方法
http://www.nichicon.co.jp/lib/aluminum.pdf


使用状況やコンデンサーの漏れ電流で抵抗値は変わるかと思いますが、上記使用を目的とした際のおよその概算値で構いませんので、わかる方がいらっしゃいましたらご教授頂けないでしょうか?

なにぶん知識に乏しく、ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願いいたします。

耐圧を上げるために6個(同容量)の電気二重層コンデンサーを直列接続して、使用したいと考えております。

メーカーの仕様書を見ると、「コンデンサーを直列に接続するときは電圧バランスが崩れないように、漏れ電流を考慮した分圧抵抗器を各コンデンサーに並列に入れて下さい。」とありました。

説明書きを読むと、各コンデンサーの個々の誤差から一番小さい容量のモノに電圧が集中し、耐圧をオーバーしてパンクすることがあるとのこと。

使用するコンデンサーは下記の製品です。
http://akizukidenshi.c...続きを読む

Aベストアンサー

 早速ですが、電気二重層コンデンサーをカーバッテリーに並列に接続するのは
非常に危険です。
 エンジンのクランキング時にはセルモータの負荷でバッテリー電圧が急激に
低下します。そのようなバッテリー電圧の急激な低下が起きる時には並列に接続された
電気二重層コンデンサーの電荷がセルモータへ放電されます。セルモータの消費電流は
数十Aから100Aにも達する大電流ですがその電流を電気二重層コンデンサーから引き出して
しまいます。
 一方、電気二重層コンデンサーは6Aから45Aの範囲(コンデンサの型番によりこの
範囲になります。)に最大電流の規格が定められています。この電流を超える危険性が
あります。VEC3R0 506 QG で45A です。セルモータの電流がこの電流を超える場合は
コンデンサの最大保証電流を超えてしまうのでコンデンサが破壊してしまう可能性が
出てきます。
 これを防ぐには大容量のショットキーダイオードをバッテリーと電気二重層コンデンサー
間に挿入してコンデンサからバッテリーへ電流が逆流しないようにする必要があります。
この場合、車載オーディオの電源は電気二重層コンデンサーから取ります。

 次に、ご質問のリーク電流対策ですが、これはやらないと拙いです。やり方はNO.1の
方の提案されているツェナーダイオードを使う方法はリーク電流のばらつきを考えると
素晴らしい方法なんですが、車両側のオルタネータの電圧は必ずしも14.4Vではないの
が問題です。実際走行時には電装品から出るノイズがバッテリーに乗ってきますので
ツェナー電圧6本分の電圧、たとえば2.5V×6本=15Vを超えるようなノイズが発生する
とツェナーダイオードが破壊してしまいます。ツエナー電圧を3V以下で極力大きな値
の、たとえば 2.8V(この場合は2.8V×6=16.8V)のツェナーを選んでも16.8Vにしかなり
ません。この場合にはツェナーダイオードを選別して2.8Vのものを選び出す必要が
あります。
 このような電圧の問題を考えると、抵抗を並列につないでリーク電流を対策したほうが
良さそうです。リーク電流をIleakとした場合、並列に接続する抵抗Rpに流れる電流を
10倍程度にとればIleakが大きくばらついても最悪10%の電圧誤差(3Vに対して0.3V)
で収まります。mactec8587さんはどの型番のコンデンサを使われるのか書いて
ありませんのが、御使用の車載オーディオ装置の最大電流Ixより大きなMaxCurrentの
コンデンサを選ぶでしょう。たとえば、Ixが 26A ならば、その値より大きなMaxCurrentの
コンデンサとしてVEC3R0 506 QG(MaxCurrent=45A)を選びます。この型番のコンデンサ
のリーク電流Ileakは0.126mAですので並列抵抗に流す電流Ixはこの10倍の1.26mAにします。
通常の車の走行状態でのバッテリー電圧は約13.8Vですので、並列抵抗Rpに加わる電圧
Vrpは  Vrp = 13.8V/6 = 2.3V になります。これから並列抵抗Rpは、

  Rp = Vrp/Ix = 2.3V/1.26mA = 1.825kΩ 

と計算されます。入手可能なこの値に近い抵抗として 1.8kΩ を使用します。

 早速ですが、電気二重層コンデンサーをカーバッテリーに並列に接続するのは
非常に危険です。
 エンジンのクランキング時にはセルモータの負荷でバッテリー電圧が急激に
低下します。そのようなバッテリー電圧の急激な低下が起きる時には並列に接続された
電気二重層コンデンサーの電荷がセルモータへ放電されます。セルモータの消費電流は
数十Aから100Aにも達する大電流ですがその電流を電気二重層コンデンサーから引き出して
しまいます。
 一方、電気二重層コンデンサーは6Aから45Aの範囲(コンデンサの...続きを読む

QVisual Basic6.0

Visual Basic6.0ってダウンロードできるんですか?
(体験版→×)

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

VB6.0はもう市販されていないと思います。
VB.NETならば電気屋さんで購入することができます。
もし購入されるならダウンロード販売の物を買うより、パッケージ版を電気屋さんで購入することをお勧めします。

VBとかVC++は開発者にとってはお金を生むソフトですので、一般の人が手を出しにくい価格になっています。(最高バージョンで18万位です)
オフィスに標準実装されているVBAで勉強されるといいと思いますよ。

QLED,CRD,コンデンサー、電池の接続

LED,CRD,コンデンサー、電池の接続についての質問です。
20mAのLED
10mAのCRDを2つ、
コンデンサー6.3V、2200μF
を1.5Vのボタン電池3つに接続し、回路を組もうと考えております。

・コンデンサーが6.3Vなのにボタン電池は3つで足りますか?
・30mAのCRDにしても大丈夫ですか?

この回路は成立しますか?
電子回路のことが初心者なのでこの回路が成立するのかどうかわかりません。
詳しい方、間違っているところがございましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず部品の働きが全く理解できていないようですね。20mA定格のLEDに20mA以上の電流を流してはいけません。そのためのCRDです。従って30mAのCRDを使ってしまうと、LEDに定格以上の電流が流れることになりLEDを破損します。また、何のためにコンデンサーを入れるのかが全く不明です、コンデンサーの働きはご存知ですか?ちなみになぜ入れるのかは判りませんが。コンデンサーに表示されている電圧は、耐圧ですので、その電圧までかけなくてはいけないという意味ではありません。その電圧までかけても大丈夫という意味ですので、表記された電圧を超えた電圧をかけることは一瞬でも行ってはいけません。使用する電圧よりも耐圧が高い分には問題ありませんが、同じ容量であれば耐圧の高いものほど大きくなります。

以下に初歩的な工作といっても、それぞれの部品に付いて、その働きの基礎程度は理解する必要があるでしょう。回路が成立するかどうかは回路図が無い状態では全くわかりません。

まずLEDの20mAは20mA以下の電流で使わなければならないという意味です。
CRDの10mAは定電流動作するときの電流で、負荷の変動や電圧の変動があっても10mAの電流を流すという意味です。
コンデンサーの6.3Vは6.3V未満の電圧で使用しなければならないという意味で、2200μFはためておける電気の量をあらわしています。また、このコンデンサーは電解コンデンサーだと思いますが、このコンデンサーには極性があるので逆に電圧をかけてはいけません。

参考になるURLを載せておきますので見てみましょうね。今回の回路程度では間違えた使い方をしてもあまり危険は無いでしょうけれど、回路によっては正しい知識を持たずに組み立てると危険な場合も有りますので、きちんと基礎を勉強しましょう。

http://www.picfun.com/partframe.html

まず部品の働きが全く理解できていないようですね。20mA定格のLEDに20mA以上の電流を流してはいけません。そのためのCRDです。従って30mAのCRDを使ってしまうと、LEDに定格以上の電流が流れることになりLEDを破損します。また、何のためにコンデンサーを入れるのかが全く不明です、コンデンサーの働きはご存知ですか?ちなみになぜ入れるのかは判りませんが。コンデンサーに表示されている電圧は、耐圧ですので、その電圧までかけなくてはいけないという意味ではありません。その電圧までかけても大丈夫...続きを読む

QVisual Basic6.0ランタイムについて。

今、卒研でタイピングソフトを作ろうと考えていて
参考にフリーソフトをダウンロードして動作環境をみてみると
「Visual Basic6.0ランタイム」
と書いてありました。

そこで質問です。
「Visual Basic6.0ランタイム」は何ですか?
「Visual Basic6.0」わかるのですが。

初心者なのでわかりやすく教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイピングソフトで使用するコントロールはいくつかあると思います。
テキストボックスやコマンドボタン。ときにはピクチャボックスなんてのも使用するかもしれません。
そしてコンパイルをしてEXEを作成します。

そのEXEの中は、テキストボックスやコマンドボタンが完全な姿で存在しているわけではありません。EXEを起動して、WINDOWSフォルダ内に存在するDLLファイルやOCXファイル(以下ライブラリ)を参照して、初めてその姿や機能を成すわけです。
なのでVB6でソフトを作成したのであれば、VB6用のライブラリ必要となります。

もしOSがWINDOWS95であれば、VB6より前に発売されたOSですから、VB6用のライブラリを標準で持ちえるはずがありません。そこでランタイムが必要になるわけです。VB6本体ではなく、VB6で使用するライブラリのみのパッケージです。


例えが悪いかも知れませんが・・・納豆を買うとします。
醤油付き:100円
醤油なし:90円
家に醤油があったら、別に醤油なしでもいいですよね。
醤油の用途は納豆だけではありません。目玉焼きにも、サンマでも使います。

納豆などのメインの食べ物をVB6で作成したEXE/醤油をライブラリ
金額をファイルの大きさ
と置き換えて考えてみましょう。

納豆などのメインの食べ物:醤油がないと食べれない
醤油:醤油だけでは意味がない
金額:無理に高い(重い)ものを求めないで、必要がないなら安い(軽い)方がいい
(誰かにいい加減な事を言うなと怒られるかな・・・)

タイピングソフトで使用するコントロールはいくつかあると思います。
テキストボックスやコマンドボタン。ときにはピクチャボックスなんてのも使用するかもしれません。
そしてコンパイルをしてEXEを作成します。

そのEXEの中は、テキストボックスやコマンドボタンが完全な姿で存在しているわけではありません。EXEを起動して、WINDOWSフォルダ内に存在するDLLファイルやOCXファイル(以下ライブラリ)を参照して、初めてその姿や機能を成すわけです。
なのでVB6でソフトを作成したのであれば、VB6用のライブ...続きを読む

QICの電源部にはコンデンサーが接続されておりますが、セラコンではなく電

ICの電源部にはコンデンサーが接続されておりますが、セラコンではなく電解コンデンサーはどのような
意味で使用されるのでしょうか?またたまに電解コンデンサーではなくタンタルコンデンサーの場合もあるそうですが、違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

セラミックコンデンサは高い周波数のノイズには対応しますが、大容量のものは高価になります。低い周波数の変動に対しては、大容量のコンデンサが必要となり、電解コンデンサが低コストにするための回答となります。

タンタルコンデンサは電解コンデンサより高周波特性は良くなります。昔はタンタルコンデンサだけでパスコンを構成するようなこともありました。
最近はタンタル資源の過小からのコストアップ等に対し、逆に積層セラミック等セラミック系が比較的安価に小型大容量化が進んできたため、タンタルコンデンサの使用機会は減ってきています。

最近は、特にロジック系の低電圧では積層セラミックコンデンサは10μF程度まで低価格で得られるようになってきたため、オールセラミックのシステムも増えてきました。

基本的には全てその時点で、コストパーフォマンスの良い構成を取ることになります。

QVisual Basic6.0のXPへのインストール方法

Visual Basic6.0(professional edition)のセットアップマニュアルには
WindowsNT 98 95の方法は記載されていますが、

(1)XPへのインストールは可能でしょうか?
(2)インストールの手順を教えていただけるでしょうか。

Aベストアンサー

他のOSと同じ手順でインストールして問題なく使用できます。
違いがあるとすれば、「Microsoft JAVA Macine」(綴りは違うかもしれませんが...)をインストールしてくださいのメッセージが出るくらいですかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報