簿記が初めてなので複式簿記と簡易簿記の違いがわからないので わかりやすく教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

簡易簿記というのが聞きなれない言葉なのですが、単式簿記のことでしょうか。


単式簿記の場合、基本は「お金の動きは全て現金で処理をする」ということです。それに対して、複式簿記の場合は「仕訳をできるだけ簡単にする」といったところでしょうか。

例えば、普通預金口座の1万円を当座預金に移したとします。

単式簿記の場合
現金10,000円/普通預金10,000円
当座預金10,000円/現金10,000円
という仕訳をします。

複式簿記の場合
当座預金10,000円/普通預金10,000円
という仕訳をします。
この場合、「現金」という勘定科目は出てきませんので、現金出納帳に記入される項目は何もありません。

パパママストアだったらともかく、今や複式簿記はやってて当たり前なので、私は複式簿記をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
初めてなものでして、よくわからなかったのですが・・
大変参考になりました

お礼日時:2002/02/14 12:56

青色申告を前提として簡単に言いますと、


簡易簿記は、取引の記録を簡単に帳簿に記入。通常は貸借対照表を作成する必要は
ないが、それだと特別控除が10万円。作成すると14年までは45万円できます。
複式簿記は、すべての取引を借方、貸方に仕訳する帳簿、勘定科目別に分類する
帳簿に記録し、貸借対照表も作成します。これだと特別控除が55万円できます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

確定申告の時期も重なって大変なんですが、とてもためになりました
ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/16 21:16

複式簿記の仕訳の原則です。



借り方          貸方
資産の増加        資産の減少
資本の減少       資本の増加 
負債の減少         負債の増加
経費(損失)の発生    経費(損失)の減少   
利益の発生        利益の減少

複式簿記とは、上記のように1つの取引を、借方と貸方の2つの勘定科目に分けて仕訳・記帳します。
それにより、借方と貸方に同じ金額が記入されますから、
常に、借方とか仕方の合計が一致していて、仕訳の漏れがあると不一致になり誤りを発見することが出来、記帳の信憑性が高まります。

一方、単式簿記(簡易簿記)では、売上・仕入・経費等の
発生を、単純に記帳・集計するだけで、漏れがあるかどうか検証する機能がありません。
したがって、記帳漏れがあっても確認できないので、信憑性が低くなります。

青色申告でも、記帳が義務づけられていて、青色申告特別控除という控除がありますが、複式簿記により記帳すると多額の控除が認められています。

このようなことから、複式簿記が推奨されるのです。
ちなみに、複式簿記は偉大な発明と云われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここまで、詳しく書かれていてとてもわかりやすかったです。
これからもがんばっていこうと思います。
またわからないところがありましたら、宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 12:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれは複式簿記でしょうか

青色申告するためのフリーソフトを使っています。

入力画面を見ると、「貸方」「借方」があり、
それぞれ「売掛金」「交通費」「その他の預金」etcなどという科目を選んで数字を入れていけば、
最後に貸借対照表と損益計算書が自動でできるようになっています。

ただ見ていて不思議なのは、金額を打ち込む欄が一つしかありません。
確か複式簿記では貸方と借方に同じ金額を書くんですよね?
数字は一つしか打ち込まない方式だと「複式簿記にならない」なんてことはないでしょうか?

そのフリーソフトのHPには「複式簿記に対応しています」とあるのですが、ふと不安です。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se320378.html
http://www.orangebook.jp/faq/faq.cgi

Aベストアンサー

借方勘定と貸方勘定の入力ができるので複式簿記ですよ。ただ、システムの制約からか、以下のような仕訳が発生する場合には2行に分けて登録しなければいけないみたいですね。
(例)
売掛金10万円を5万円は現金で、残り5万円は約束手形で受け取った。
庫の場合、手書きで仕訳する場合には、
借方:現金5万円
   受取手形5万円
貸方:売掛金10万円
と書けるのですが、このソフトだと
借方:現金5万円
貸方:売掛金5万円
借方:受取手形5万円
貸方:売掛金5万円
と書かざるを得ないように思われます。
どちらも間違いなく複式簿記ですから、心配されることはないと思いますよ。

Q個人事業主が簡易簿記から複式簿記に変更する場合

「所得税の青色申告承認申請書」を提出時には、簿記の方法を「簡易簿記」に
○をつけて提出した個人事業主が、会計ソフト導入を期に「複式簿記」で青色申告
使用と思っている場合、何か税務署に変更届け等を出す必要があるのでしょうか?
もし届出が必要でしたら、
  1)何という申請書ですか?
  2)提出日と適用される日について
教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.特に届け出は必要有りません。

2.変更した年から「青色申告特別控除」の額が変更されます。
「青色申告特別控除」については参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2072.HTM

Q複式簿記の発想のすごさが分かるような本を教えてください

簿記(複式簿記の発想)は人類の遺産であり、会計の歴史のなかへ革命をもたらしたものであると思っています。この複式簿記の登場によって、何がどう変わったか? 複式簿記が登場した当時の衝撃、その伝播…など、を解説している歴史書・ビジネス書等はないでしょうか?
(複式簿記の発想のすごさが具体的に分かるようなものを探しています)

Aベストアンサー

ルカ・パチョーリが複式簿記の父などといわれていますが、彼は民間で行われていた複式簿記による帳簿組織のシステムを観察・研究して発表しただけであり、彼が複式簿記を作ったわけではありません。実際に誰が複式簿記を最初に発想したかは闇の中のようです。
複式簿記はある日突然出現したものではなく、当時の商人の間で自然発生的に使われていた帳簿組織であり、格別衝撃など無かったと思われます。ただ、複式簿記による正確でわかりやすい経理システムの採用によって、ヴェネツィアやフィレンツェなどの商業都市が他の都市よりも栄えたのは事実でしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E5%BC%8F%E7%B0%BF%E8%A8%98


ラーニングデザイン協会の加藤弘道と言う人が書いている「パチオリ図」に関する本は、私にとっては大変有用な内容でした。自分では感覚的にはわかっていても、会計初心者に言葉で説明するのはとても難しい財務諸表の構造などがとてもわかりやすく展開されており、複式簿記の有用性を示す好例だと思います。書評ではボロクソですが、それは簿記・経理実務の立場から見ているからで、この本の真の有用さは会計学的・経営学的なところにあると思います。
http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%B3%E8%A7%A3%E5%85%A5%E9%96%80%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E7%B5%8C%E7%90%86%E3%81%8C%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%AD%E3%81%AB%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%9C%AC%E2%80%95%E7%B0%BF%E8%A8%98%E3%80%81%E4%BC%9A%E8%A8%88%E3%80%81%E7%B5%8C%E5%96%B6%E3%80%81%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%82%8B-How%E2%80%90nual-Business-Guide/dp/479800622X
http://ladea.jp/pacioli.

会計の歴史については、公認会計士制度の歴史が書かれた「会計の時代だ―会計と会計士との歴史」(友岡賛)がわかりやすいと思います。公認会計士だけでなく簿記会計の歴史などにも触れているので、「発想のすごさが具体的に分かるようなもの」ではありませんが、参考になると思います。私はこの本で、現在の会計制度の歴史の意外な浅さを知り、驚きました。
http://www.amazon.co.jp/%E4%BC%9A%E8%A8%88%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%A0%E2%80%95%E4%BC%9A%E8%A8%88%E3%81%A8%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%A3%AB%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8F%8B%E5%B2%A1-%E8%B3%9B/dp/4480063293

ルカ・パチョーリが複式簿記の父などといわれていますが、彼は民間で行われていた複式簿記による帳簿組織のシステムを観察・研究して発表しただけであり、彼が複式簿記を作ったわけではありません。実際に誰が複式簿記を最初に発想したかは闇の中のようです。
複式簿記はある日突然出現したものではなく、当時の商人の間で自然発生的に使われていた帳簿組織であり、格別衝撃など無かったと思われます。ただ、複式簿記による正確でわかりやすい経理システムの採用によって、ヴェネツィアやフィレンツェなどの商業...続きを読む

Q複式簿記を単式簿記に?!

非営利の任意団体の経理をしています。
今までずっと複式簿記で処理をしてたので、毎年、収入支出の決算書・予算書、資産・負債については貸借対照表・財産目録と作成してました。
今回、赤字のため借入金をしましたが、監事から、借入金を収入に、返済予定金を支出に入れて予算書を作り直せと言われました。
それって、複式簿記を単式簿記にするってことでしょうか?
複式簿記で計算してきたものに借入金だけ収入にして、他の部分(繰越金)などがどうなってしまうのか、よくわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

みなし法人などでは単式簿記が多いようです。
営利目的ではないので複式にする意味も余りないです。
前年比と立てた予算の消化具合が判れば良いのです。
繰越は年度の始めに収入欄に組み込みます。
貸借を考えると混乱しますので、
設定した予算を削っていくと考えます。
1科目だけを違うやり方でと言うようなことは出来ません。

Q家計簿の複式簿記とは?

単式簿記の家計簿と複式簿記の家計簿はどう違うのでしょうか?

日付 摘要 金額
が単式簿記だとしたら
複式簿記の家計簿ってどんな感じなのですか?

本屋で売られてるような本の家計簿は複式簿記なのでしょうか?

縦に
日付
食費 300円
生活用品 500円



と記載していきます。

Aベストアンサー

そもそもからして勘違いしやすいことを書かれていますね。
私が30数年前に高校の「簿記 I」で使った教科書『最新簿記会計I(改定版)』[大原出版]には、「複式簿記」について次のように説明しております。
『(略)商業簿記をはじめ企業の簿記は、その多くは複式簿記法と呼ばれる極めて体系的な方法をとっている。
 複式簿記法の特徴は、家庭の簿記の場合などに用いられるような単式簿記法とは異なり、一切の経営活動が、のちに学習するように、金銭収支の面ばかりではなく、損益の面からも観察される点であり、その結果、記録や計算などに誤りや脱漏があれば、自動的に明らかになると言う長所をもつ。』

で、『家計簿』の記録を複式簿記で行おうとした場合には、現金の収支に対する各費目ごとに集計する場所が必要。多少手抜きをして現行の家計簿を流用するのであれば、「特殊仕訳帳」に近い物を作る事となるから、入金側にも出金側にも代表的な科目名を印刷した記録列[ここに金額を記入]を作成し、更にそれ以外の費目が発生した場合には『科目名』記入欄と『金額』記入欄が必要。
 http://hwm7.gyao.ne.jp/kenji-hirano/boki_bookkeeping_2_10_1.html
  ↑ここのページの一番下に「当座預金出納帳」を特殊仕訳帳として使った場合の書式が載っている

ですが・・・「特殊仕訳帳」は、本来の『仕訳帳』とセットになって初めて有効な物であり、これ(家計簿)単体では現金のみの記録ですからどこまで行っても複式簿記にはならない。
「家計簿」=「現金出納帳」出しかないからである。
なので「預貯金の帳簿」「ローンやカード購入に対する帳簿」等いろいろな物が必要となります。

よって、世間で「複式簿記の家計簿」と銘打って売られているものの多くは、複式簿記の考えに基づく帳簿では有るが、それだけでは複式簿記にはなっていない。

そもそもからして勘違いしやすいことを書かれていますね。
私が30数年前に高校の「簿記 I」で使った教科書『最新簿記会計I(改定版)』[大原出版]には、「複式簿記」について次のように説明しております。
『(略)商業簿記をはじめ企業の簿記は、その多くは複式簿記法と呼ばれる極めて体系的な方法をとっている。
 複式簿記法の特徴は、家庭の簿記の場合などに用いられるような単式簿記法とは異なり、一切の経営活動が、のちに学習するように、金銭収支の面ばかりではなく、損益の面からも観察される点であ...続きを読む

Q単式簿記と複式簿記とは

単式簿記と複式簿記の違いを教えてください

Aベストアンサー

要は、単式の場合は現金出納帳や預金出納帳のみを作成し、残高のみを追っていくというものです。
それだけではどれだけ収入があって何にどれだけ支出したかはわかりません。
現金出納帳をつけると同時に各科目の総勘定元帳を作成することによって、収入や支出の内容、利益を確認できるようにするのが複式簿記になります。

以下他サイトからの転載ですが、

単式簿記というのは、日常使われる使われる家計簿の形と似ていて、現金の出入りを基準にして、収入と支出を見ていくものです。簿記的取引をただ一つの会計表に記録・集計する方法で、月末なら月末などというようにある一定期間を経た後、現金の残高を知ることが出来ます。ですから、家計簿を1ヶ月つければ、一ヶ月間後の現金の残高はすぐわかります。先月との増減などは計算こそすればわかりますが、そのままでは現金の残高しかわからないので、そこに至る原因などを探ることは出来ません。したがって、単式簿記は、小遣い張、家計簿など、身近なところで利用されます。一方、複式簿記というのは、取引を「原因と結果」という二つの側面からまとめてあります。つまり、財産の計算と損益の計算を同時に行っているわけですので、現金の増加が商品の売り上げが理由だなどとすぐわかるわけです。取引の規則性に着目して、原因と結果とを同時に把握していますので、ある一定期間経過した後には、その一定期間内に発生した取引の結果を集計し、資産や負債の残高が確認できますし、同時に、損益も把握できる仕組みとなっています。会社経営などでは、この複式簿記を使って、収益を知り、今後の予測、経営方針を定めていくことになります。

要は、単式の場合は現金出納帳や預金出納帳のみを作成し、残高のみを追っていくというものです。
それだけではどれだけ収入があって何にどれだけ支出したかはわかりません。
現金出納帳をつけると同時に各科目の総勘定元帳を作成することによって、収入や支出の内容、利益を確認できるようにするのが複式簿記になります。

以下他サイトからの転載ですが、

単式簿記というのは、日常使われる使われる家計簿の形と似ていて、現金の出入りを基準にして、収入と支出を見ていくものです。簿記的取引をただ一つ...続きを読む

Q青紙申告での複式簿記

こんばんは。青紙申告の際、複式簿記で提出すると得すると聞いたのですが、どうなのでしょうか?複式簿記とはどんな書き方なのでしょうか?

Aベストアンサー

「複式簿記で提出すると得」ということはないはずです。
参考URLの国税庁のHPによれば、青色申告を行う条件として「これらの所得の金額に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること」となってます。
つまり、青色申告する人は全員複式簿記を付けているという立て前になっています。

複式簿記についてはもう一つの参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2072.htm,http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20030126A/

Q複式簿記の記帳方法について

 私は、経理に関しては全くの初心者です。
 1つ教えていただきたいのですが、簿記3級の勉強をしたのですが、その際、仕訳帳の記帳方法で、
      ・ 摘要欄に勘定科目が二つ以上ある場合は、「諸口」        と記載したり、
また、
      ・ 1つの仕訳の記入が終われば、赤線を引く
      ・ 余白には、斜線を引く
など、細かな記入上の注意事項を学んだのですが、実際、弥生会計ソフトで入力するには、上記のように学んだ記入方法では、入力できません。
 実務上、複式簿記で記帳するには、必ず、簿記3級の勉強で学んだような書式で記入していかなくても、青色申告で追及されたりすることはないのでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大丈夫です、全く問題ありません。

確かに、簿記の勉強では、締め切り方等々、細かく習いますが、現実の帳簿では、手書きであっても、そこまでやっている所はほとんどありませんし、今は会計ソフトを使用しているところがほとんど思いますし、お書きになられているような事に関して、税務調査等でも追求される事は全くありません、青色申告の要件に影響をきたす事はありえません。

要は、きちんと仕訳されていて、帳簿の内容そのものが合っていれば、会計ソフトでプリントアウトされたものでも全く問題ありません。

Q複式簿記の本質って?

複式簿記の生成要因と複式簿記の本質はどのようにリンクしているかというレポが出ました。
生成要因はなんとなく理解はして書けるんですが、複式簿記の本質が何かいまいちわかりません。それとその2つがはどのようにリンクしてるか調べてもよくわかりません。
わかる方どうか教えて頂けないでしょうか??

Aベストアンサー

レポートということは、おそらく学生さんですね。
自分で調べましょう・・・それも本当、重要なんですよ。

>複式簿記の本質が何かいまいちわかりません
そもそも、それが問題です!!ちゃんと勉強しましょう(笑)

とはいうものの、若干のヒントとして、ネット上に参考となるものがありました。(作者の方、勝手にリンクしましたがご容赦ください)
http://www2.plala.or.jp/dogcat/boki.htm

質問として、自分ではこう理解しているが、これでいいのだろうか?といった質問になるよう努力してみてください。
そのためのレポート課題ですから・・。教えることは簡単ですが・・・。あえて冷たいようですが・・・

Q複式簿記 教えてください。

普通預金 ○○円 売掛金 ○○円 掛金回収
販売手数料 ○○円
販売促進費 ○○円

上記で間違いないでしょうか?
販売手数料と、販売促進費 は、貸方に記載するのですか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

>普通預金 ○○円 売掛金 ○○円 掛金回収…

請求してあるお金が何日かあとに振り込まれたということですか。
それなら
【普通預金 ○○円/売掛金 ○○円】

>販売手数料 ○○円…

って何ですか。
あなたがもらったのなら、
【現金 (or 普通預金) ○○円/販売手数料 ○○円】
あなたが払う側なら
【販売手数料 ○○円/現金 (or 普通預金) ○○円】

>販売促進費 ○○円…

タオルとかカレンダーでも配ったのですか。
【販売促進費 ○○円/現金 (or 普通預金) ○○円】


人気Q&Aランキング