「機動戦士ガンダム」から始まる一連の歴史の中でアースノイドとスペースノイドの対立が一つのテーマになっていますが、そもそも移住計画が始まった時点で、原則的にごく一部を除いて人間は地球からいなくならなければいけないはずなのに、実際には結構な数の人間がまだ地球に残っています。
 権力と何の関係もなさそうな人々が地球に住んでいられるのはどうしてなのでしょうか?単純にその時あるコロニーが満杯になって移住を免れただけなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 補足でのご説明をいただき、ありがとうございます。


たしかにnhkbsさんの、おっしゃる意見ももっともですね・・・。
わたしの考え方が、チョット甘かったかな・・・。(^^;)
連邦全体のアースノイドの割合なんて、考えたこともなかった。(笑)
 連邦軍人の中のスペースノイドについてですが、nhkbsさんとは違った考え方で、
軍に入って出世して(エリートになって)地球に住みたい・・・
なんて考えてる人達も、あんがいいるのかも・・・。
なんて、また勝手なこと言っちゃいましたけど。(^^;)

 やはりこれは、3月に発売される「GUNDAM OFFICIALS」を
待つしかないかな?
でも、15000円はチョット手が出しずらいなぁ・・・。(^^;)


 下記URLは、「GUNDAM OFFICIALS」の専用サイトです。
って、もう知ってるかな。(^^;)

参考URL:http://www.gundamofficials.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 しつこい質問につき合っていただきありがとうございました。
 「GUNDAM OFFICIALS」は私にもつらい価格ですが、ガンプラをしばらく我慢して買うつもりです(本当はプラモ置くとこがないだけですが(泣))。値段に見合うだけの新情報が入っていると良いのですが。
 
 本当は多くの人に行き渡らせるためにもっと安くできないかと思うのですが。

お礼日時:2000/12/28 05:55

 こんにちは。


資料等もなにも見つからなかったので、あくまでも個人的な推測ですけど・・・。
 
一部の権力者達は地球上に残ったわけですが、彼らがそこに住んでる以上、
いろいろなものが必要になってきます。
 例えば、食品や生活用品などがそうです。
これらを全てコロニーから輸入(?)してるとは考えにくいので、おそらく地上に、
それらを製造、流通、販売してるところがあるのでしょう。
 そして、各種サービス業など。
権力者(高官など)が、自分で電気製品を修理したり、
車の部品を交換したり・・・というのも笑えそうですけど。(笑)
 また家族も一緒に残ってるでしょうから、子供のための学校もあるでしょう。

 こういった人たちが、地上に残っている人々(一般人)ではないでしょうか?
もちろん、コネがあったり一部の大企業などしか残れないんでしょうけど・・・。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございます。
 そうですね。私もそう思いますし、ついこの間まではそれ以上疑問に思わなかったんですが…。
 例えば、連邦軍人全体のアースノイドとスペースノイドの比率はどれぐらいなのか、なんてことを思ったりして、スペースノイドも当然いるのですが、コロニー駐留軍によって押さえつけられているスペースノイドが自ら進んで軍に入る割合は決して多くないのではないかと。
で、もし大部分がアースノイドだとしたら、地球で生まれ育つわけですし、彼らの両親が全てkatsusanさんの言われる連鎖の中に入っているとはちょっと思えなかったもので…。
 まあ、これも勝手な推論に過ぎないのですが。

補足日時:2000/12/26 04:34
    • good
    • 0

権力やコネのない人物がなぜ地球に住んでいられるか?


それは違法に住んでいるからだと思います。
Vガンダムのウッソとか確かそうでしたよ。
1話目でクロノクルに、「違法居住者か?」
みたいなことを言われていたと思います。

この回答への補足

 ちょっと質問が大ざっぱだったようですね。すいません。
 例えばZZにでてきたダブリンなど超いっぱい人住んでましたけど、あれは何なんですかね?

補足日時:2000/12/25 06:09
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報