遺産相続に関して相談するのは司法書士ですか
弁護士ですか?
相談費用はどのくらいですか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

遺産相続の相談の内容によって、相談先が違います。


遺言書の作成などでしたら、行政書士でも司法書士でも相談できます。
相続による登記などは司法書士に相談します。
相続に関連してトラブるが発生したり複雑な内容の相談は弁護士がよいでしょう。

費用は、相談の内容・難易度などによって違いますから一概に幾らとは云えないでしょう。

簡単な相談でしたら、弁護士会の法律相談でも利用できます。
これは、30分5000円で利用できま、電話で申し込みが出来ます。
申込先は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html

この回答への補足

回答ありがとうございます。
詳しく書かせて頂きますと、姑が入院していて現在
もしもの時にはということで通帳などは預からせてもらっているのですが、定期預金の額になりますと
印刷されていてもちょっと詳しく説明をうけたいとか
また少し複雑な家庭事情もあるのでそこらへんを
色々相談したいと思っている次第です。
ですので通帳持参での相談となると弁護士さんのほうが
いいですか?

補足日時:2002/02/14 21:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2002/02/17 21:32

>姑が入院していて現在・・・もしもの時には複雑な家庭事情もあるのでそこらへんを色々相談したいと思っている次第です。



現在では相続は発生していないようです。そのような原状ではどこで相談しても適切なお答えはできません。相続が発生し相続財産について争い(相続財産の分配は原則として「家族会議」で決めます。)があって初めて法律上の定めによることになります。その前に、相続財産が何と何かも決めてからとなります。相続を想定して現在の「保全」はむつかしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか~。色々難しいそうですね。アドバイス有難うございました。

お礼日時:2002/02/17 21:39

弁護士です。

弁護士会以外にも、市町村の無料相談があります。
いずれも、準備をしないといけません。
相続人(亡くなった方の配偶者・兄弟姉妹・子)と亡くなった方の家族関係図を書き、おおまかな相続財産(土地は、税務署で路線価を聞いて。建物は市町村の課税課で評価額を確認)を書いていくこと。

この回答への補足

ありがとうございます。
補足を初めの方に書きましたので、みて頂ければ
幸いです。
インタ-ネットというのはほんと、ありがたいと感じました。

補足日時:2002/02/14 22:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無料相談はいいですね。問い合わせてみます。

お礼日時:2002/02/17 21:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産相続したのが弁護士、司法書士の場合はもめることはありませんか。

よく、相続で問題にならないように専門家にご相談を、と紹介されているのですが、弁護士、司法書士などの資格を持っている人が兄弟姉妹にいると、問題を起こさず相続することができますか。
それとも相続問題とは考え方の相違によるので、身内に専門家がいてもうまくいかない場合が多いのでしょうか。
或いは、資格のある人は理性的で、勉強熱心な家で育ち、お金に困っていない人が多いので、もともと問題が起こりにくかったりするのでしょうか。
素朴な質問ですが、医者の不養生という言葉があるように、専門家でも問題の予防は難しいのかな、と思ったりしています。
皆さんのご意見をお伺いできれば、と思います。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

専門家が相続人の中にいても,もめるときはもめるでしょうね!下手すると泥沼になると思います。
法律家が円満解決に向けて調整すれば,紛争は治まると思いますが,法律家が法に従うことだけに固執すれば,まさに泥沼化するかもしれません。
遺産分割の場合,もっとも大きく揉めるのが次の3点です。
(1)遺産の範囲(何が遺産かどうか 名義は実態とは違うというのが法の考え方なので,遺産の範囲の確定は以外と難しく,共同相続人間で合意がない場合は訴訟事項です)
(2)特別受益の範囲(生計の資本となる贈与を受けた者は,原則持ち戻すことになります。)数十年経過したことでも,主張されることがあり,証拠はないのが当たり前の世界です。
(3)寄与分(遺産を増加,維持するために特別な寄与をした共同相続人の遺産を法定分よりも増やす法)これも数十年のことであり,証拠がなくても好き勝手に主張する方が多いです。

結論としては,専門家が身内にいる場合,その方があまり法を振りかざさなければ旨く解決するでしょう。また,もし相続開始前ならば公正証書遺言を書いておくのが一番と思います。(紛争は遺留分減殺程度ですみますが,取り分が少ない方との親族関係が実質なくなってしまうこともありますが・・・)

専門家が相続人の中にいても,もめるときはもめるでしょうね!下手すると泥沼になると思います。
法律家が円満解決に向けて調整すれば,紛争は治まると思いますが,法律家が法に従うことだけに固執すれば,まさに泥沼化するかもしれません。
遺産分割の場合,もっとも大きく揉めるのが次の3点です。
(1)遺産の範囲(何が遺産かどうか 名義は実態とは違うというのが法の考え方なので,遺産の範囲の確定は以外と難しく,共同相続人間で合意がない場合は訴訟事項です)
(2)特別受益の範囲(生計の資本と...続きを読む

Q刑事事件を弁護士に相談すると、費用はどのくらいかかりますか?

刑事事件を弁護士に相談すると、費用はどのくらいかかりますか?


先月、高校生の娘が自転車で登校中、いきなり男に殴られました。
男は、自転車で登校する高校生の群れが普段から邪魔だと気に入らなかったらしく
殴るのは誰でも良かったと思われ、たまたま狭い道ですれ違ったうちの娘を殴ったのです。

娘は3人で自転車を走らせていましたが、縦に並んで走っていて、横に広がって
男の進路を邪魔したわけではありません。

男は殴っておいて「あとで学校に文句言いに行くから、クラスと名前を書け」と
娘の名前を紙に書かせ、娘は怖かったので言うとおり書きました。

そんな事があったと学校から連絡が入り、警察に被害届を出しました。
すぐに警察が対処してくれ、その日の午後、学校に私服警官をよこしてくれて
実際に男が学校に来ました。

男は警察に連れて行かれ、事情聴取を受けたようです。

娘は顎の右側部分を殴られて少し腫れて痛がっており、殴られた衝撃で自転車ごと
倒れ、足にアザが出来ました。
病院に行き、レントゲンなどを撮ったところ、幸いにも骨折などはしておらず
今では痛みも跡もなくなっています。

ですが、娘は「今でも人と自転車ですれ違う時に恐怖を感じる」と言っており、
少し精神的にダメージを受けています。

警察に問い合わせると「男にはじゅうぶん言い聞かせ、男も2度としないと言っているので
どうかこのまま穏便に済ませて下さい」というような事を繰り返し言いました。

ですが、男はうちの娘の学校もクラスも名前も知っているのに、被害者であるこちらは
男の名前も何も聞いておらず、モヤモヤします。

警察が言うには「下手に事を大きくして、更なるトラブルにならないよう、男の連絡先は
教えません」とのこと。
確かにそれも分かります。
でも何も非がない娘はいきなり殴られ、男からの謝罪のひと言もなく、このままおとなしく
忘れろと言うのでしょうか?

せめて男から「殴って申し訳ありませんでした。もう2度としません」というひと言も
聞くことなく、この件は水に流せということなのでしょうか?


私は弁護士などに1度もお世話になったことがないので、どういうシステムになっているのか
分からないし、また費用の面もとても不安です。
でも、我が子がこんな目に遭っているのにこのまま黙っているのも何だか気がおさまりません。

弁護士を間に立てれば、警察も男の連絡先を言うでしょうか?

私はただ、男に、娘に謝罪してほしいのです。
娘も「面と向かって会いたくはないけど、とりあえず謝ってほしい」と望んでいます。


どうしたら良いのか、弁護士にかかる費用なども含めて教えて頂けないでしょうか?

刑事事件を弁護士に相談すると、費用はどのくらいかかりますか?


先月、高校生の娘が自転車で登校中、いきなり男に殴られました。
男は、自転車で登校する高校生の群れが普段から邪魔だと気に入らなかったらしく
殴るのは誰でも良かったと思われ、たまたま狭い道ですれ違ったうちの娘を殴ったのです。

娘は3人で自転車を走らせていましたが、縦に並んで走っていて、横に広がって
男の進路を邪魔したわけではありません。

男は殴っておいて「あとで学校に文句言いに行くから、クラスと名前を書け」と
娘の名前...続きを読む

Aベストアンサー

警察は、告訴しないかぎり間違いなく連絡先は教えません。
仕事が増えるから、とにかく事件にしたくないのです。
あなたや娘さんを心配してのことではありません。

弁護士費用は、相手を刑事告訴するだけなら10万円程度で済むと
思います。そこから示談交渉を任せるなり、民事も起こすなり
するならばピンきりとしか。

安く済ませるなら、刑事告訴だけして、相手の弁護士と話をする
というのもありますが、可能性として相手が在宅起訴になったり
すると、それでも何にも出てこない場合もありますので、
その場合は民事の必要が。

どちらにせよ、ことを起こさないとマトモに情報が手に入らない
ということは覚悟しなければなりませんが、お子様が大事なら
踏ん張りどころかと。

無料相談ははっきり言ってアテになりませんので、タウンページとかで
近所の弁護士を調べて、有料相談(30分5000円程度)を受けてください。
話するさいはどうするか方針きめとかないとあいまいな返答しか
返ってきませんので注意してください。

Q遺産相続の際、司法書士にお願いすべきでしょうか

先月父が急死し、その後、何とか少しずつ、事務手続きを進めているところです。
先日、忌明け法事の際、母から私を含む5人の子供に、遺産分割についての話があり、母が受取人の生命保険・自宅の土地建物・自家用車は母がそのまま相続し、父の名義で残っている預金と国債については、母が半分・残り半分を子供5人で均等割りする、という提案が了承されました。
たまたま私が、職業柄事務手続きが得意であり、他の兄弟が多忙なこともあり、金融機関に提出する相続人全員の実印が入った書類の作成や、生命保険・入院保険の請求手続きの手助けをしています。
ただ、「遺産分割協議書」はまだ作成していませんし、専門家でなく、なおかつ当事者である私が、協議書を作成し、母や兄弟に捺印を求めるのは、あらぬ疑いや争いのもととなりそうで、気が引けています。
やはり、協議書の作成は、第三者である司法書士の方にお願いするのがいいのでしょうか。
その場合、金融機関への相続の手続きなども、一括して司法書士の方にお願いすべきでしょうか。また、遺産分割協議書を作成する前に、金融機関で相続の手続きを進めてしまってよいのでしょうか。
あまりにも突然の父の死に、家族一同まだ動揺が収まらない中で手続きを進めていますので、どうすればよいのか、わからないことだらけです。
何か少しでもアドバイスがいただけるとうれしいです。

先月父が急死し、その後、何とか少しずつ、事務手続きを進めているところです。
先日、忌明け法事の際、母から私を含む5人の子供に、遺産分割についての話があり、母が受取人の生命保険・自宅の土地建物・自家用車は母がそのまま相続し、父の名義で残っている預金と国債については、母が半分・残り半分を子供5人で均等割りする、という提案が了承されました。
たまたま私が、職業柄事務手続きが得意であり、他の兄弟が多忙なこともあり、金融機関に提出する相続人全員の実印が入った書類の作成や、生命保険・入...続きを読む

Aベストアンサー

>母が受取人の生命保険・自宅の土地建物・自家用車は母がそのまま相続し

まず生命保険は相続財産ではないのではないですか?お母さんが受取人ですのでお母さんが受け取るのが当たり前だと思います。

銀行などの預金は相続人の印鑑証明と必要書類(銀行にあると思います)を記入・捺印するだけで名義変更ができたはずです。残高について他の相続人との誤解を生じさせないようにしたいのなら、お父さんの死亡した日付の残高証明を取っておけばいいと思います。

司法書士に頼むのは遺産分割協議書の作成と相続に伴う土地登記の手続き業務を代行してもらうことが主だと思います。土地の相続手続きの際に遺産分割協議書がないと手続きが進まないだけですので、それ以外の財産の分割は相続人がお互いに納得できていれば遺産分割協議書がなくても特には困りません。
法務局に行けば遺産分割協議書のサンプルなども置いてありますので、参考にして自分で作ってもかまわないと思います。手続きがわからなければ法務局にいる相談員に相談することもできると思います。

相続手続きは半年以内に処理すればいいはずですので、落ち着いてからでもかまわないと思います。

>母が受取人の生命保険・自宅の土地建物・自家用車は母がそのまま相続し

まず生命保険は相続財産ではないのではないですか?お母さんが受取人ですのでお母さんが受け取るのが当たり前だと思います。

銀行などの預金は相続人の印鑑証明と必要書類(銀行にあると思います)を記入・捺印するだけで名義変更ができたはずです。残高について他の相続人との誤解を生じさせないようにしたいのなら、お父さんの死亡した日付の残高証明を取っておけばいいと思います。

司法書士に頼むのは遺産分割協議書の作成と相...続きを読む

Q相続問題で、家裁の調停の際司法書士、弁護士?

相続でもめてます。家裁の調停を頼もうかと思ってます。
司法書士か弁護士に依頼したいのですが、どちらがいいでしょうか。
田舎は遠いので。

Aベストアンサー

弁護士でしょうね。

あなた自身が裁判所で対応が可能であり、もめている度合いによっては、司法書士の方が費用対効果が良いかもしれません。ただし、司法書士に家庭裁判所での代理権はありませんので、相談やアドバイス、資料作成や証明書類の入手などで司法書士に動いてもらい、調停自体にはご自身が参加するなどとする必要があります。

ですので、遠いなどという理由の場合には、代理権のある弁護士へ委任されることですね。

Q弁護士司法書士税理士 誰に相談。。?

1.遺言、相続、遺贈、成年後見などに関し包括的に相談する相手は誰がベストでしょうか。弁護士?司法書士?税理士?

これらどの資格の方々も、HPで相続関係のことを述べているので、わからなくなりました。
できれば、万一の場合には後見監督、遺言執行、相続手続きまでトータルでお願いするには何士の方が適任と思われますか?
一人で全てを請け負えない場合は、「○○士」の方々が提携して業務遂行することになるかと思いますが、少なくとも最初に相談すべき相手、もしくは中心になっていただく相手としては「何士」がよいのでしょうか?


2.報酬も懸案事項です。素人考えでは弁護士なら何でも知ってそうな気がしますが、同時に最も報酬が高額そうな気がします。やはり、相場に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ズバリ、公証役場にいる公証人です。
遺言書は、自筆より公正証書遺言が間違いがありません。また、成年後見については、自分で裁判所に申し立てればよいです。任意後見であれば、公証役場で契約すると法律で定められています。
遺言書の実行の際は、司法書士に不動産の名義変更等をやってもらえばいいです。
なにより、公証役場は、相談料は無料です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報