50年後の医療の
技術・医療機器・主要な対象疾患・病院のシステム・保険制度
はどうなっているでしょうか?皆さんの予測を教えてください。また、そう予測する理由は?

できれば100年後についてもお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

50年後の時点では‥


臍帯血バンクは当然一般化しているでしょうネ。さらに出産時に細胞を一部保存し、それを用いてのクローン技術による臓器製造も行われるのではないでしょうか。クローン人間を作るのではなく、未分化の細胞を培養することで必要な臓器のみを作り出す技術の確立。ヒトゲノム解析が急速度で進められていますので、応用段階に進むのは素早いでしょうからネ。
遺伝子診断と遺伝子療法は一般的になっているでしょうか。現在難病指定されているような多くの疾病の遺伝子療法による治療は確立されている可能性が大きいですネ。
病院や診断システムはIT方式となり、バーチャル医院による在宅での診察・診断が行われるでしょうネ。既に地方の過疎地域で一部試験運用されていますから、完全なシステム化は遠くないでしょう。
保険制度は高齢化が進み負担が増え、任意制に移行しているかも知れませんネ。アメリカ方式ですネ。
100年後は
遺伝子技術による未病治療が主体になっているでしょうか。いずれ発病する可能性のある疾病がわかるため、予め遺伝子療法を行うのではないでしょうか。
クローンによる臓器製造から、人工臓器に移行しているのではないでしょうか。元々、臓器移植は人工臓器が完全にできるまでの繋ぎの技術ですから。
そういった時代には私のような泥臭い仕事はなくなっているのでしょうネ。
思いつくままに書いてみました。
以上kawakawaでした

この回答への補足

kawakawa先生、有り難うございます。
実は、
・いずれ近い内に、医療の公平性が保てなくなるんじゃないか?
・人が死ぬ原因がなくなるんじゃないか?(ボケが克服できていないと、ガリバー旅行記の不死人みたいになる。悲惨)
と「心配」しています。

補足日時:2001/01/05 11:24
    • good
    • 0

すみません。

なんか移動していたようです。今日は下記の参考URLにあります。
ちなみにTOPページはhttp://www.web-ksk.co.jp/info/ip/book/back/nik/b …
です。

参考URL:http://www.web-ksk.co.jp/info/ip/book/back/nik/b …
    • good
    • 0

回答が1件もなかったので、自信がないけど書き込みします。

一般論ですみません。
医療技術の発展は下記のようになっていくのではないでしょうか?
ヒトゲノム計画によって遺伝子技術を駆使した医療が中心となり、個人ごとに綿密で正確な治療(オーダーメイド医療)が確立が行えるようになっているのではないでしょうか。

それに関する詳細情報は、参考URLでご覧ください。
それ以外にも、下記のようなページがありました。
●遠隔医療:その現状と将来
http://www3.famille.ne.jp/~smhb-ura/rn4-2.html#2

●日米の医療比較から考える日本医療の将来像
--治療手段から看護婦の立場まで
http://www.mmi-o.jp/menu/book/new/bb9/bb9ame2.html

参考URL:http://www.corseven.co.jp/propolis/genomu.htm

この回答への補足

有り難うございます。
個人毎に専用の薬を作って貰えるようになるわけですね。
教えて戴いた http://www.mmi-o.jp/menu/book/new/bb9/bb9ame2.html がどうも繋がりません。

補足日時:2000/12/28 18:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【高額医療費制度】レーシック手術が高額医療費制度の適用に当たるって本当ですか? レーシックは高額医療

【高額医療費制度】レーシック手術が高額医療費制度の適用に当たるって本当ですか?


レーシックは高額医療費制度の適用外で自由診療だから保険適用出来なかったので全額支払いしたのに高額医療費制度は適用されるっておかしくないですか?

3割負担でない全額診療なのに高額医療費制度は適用される?

本当ですか?

保険適用じゃないのに高額医療費制度は適用されるって矛盾してませんか?

レーシック手術も3割負担で出来るようになったんですか?

どういうことですか?

Aベストアンサー

ウソでしょ?
医療費控除の対象にはなるけど。

私は15年くらい前でしたけど、某生命保険で手術給付金が出ました。
今でも条件付きで出る保険もあるようです。

Qギランバレーは特定疾患ですが、医療費控除が無い。特定疾患の申請をしても、何か意味があるのでしょうか?

ギランバレーは特定疾患ですが、医療費控除が無い。特定疾患の申請をしても、何か意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

経験者です。

まず、特定疾患とは国が認めたいわゆる難病のことです。保健所に申請すれば、毎月の医療費(外来と入院の窓口への支払い分)が一定額以内ですみます。一定額はあなたの昨年の年収により決定されます。更新手続きは毎年必要です。

次に、医療費控除とはその年の医療費の合計が10万円を超した場合、税務署に申告すれば税金の還付が受けられます。これは難病のみならず、その年にあなたが負担した全ての医療費が対象です。通院のための交通費や宿泊費なども含まれます。

したがって、特定疾患の申請をしておき、12月末で医療費関係の合計額が10万円を超したら医療費控除を受けたらよろしいと思います。両方の恩恵が受けられますよ。

どうぞお大事になさってくださいね。

Q県市町村別の人口・医療体制・疾患割合などが分かるサイトは?

県内の市区町村別の人口や各地域との医療システム体制や規模、疾患割合などが詳しいデータベースが見れるサイトなどはないでしょうか。
探しても何年か前のものしか見当たらず困っています。
ご存じの方いらっしゃいましたら何卒宜しくお願い致します。私は秋田なので取りあえず秋田が。他県のものもあれば大変助かります。

Aベストアンサー

基本的に、各都道府県で把握している内容と思われるので、秋田のことであれば県庁の「健康福祉部」に問い合わせるのがベストかと思います。
(全国レベルであれば、厚生労働省の資料となって来るでしょうが・・・)


すでにご覧に成っているのは、県の「衛生統計年鑑」ですか?
http://www.pref.akita.jp/eisei/infomation/yearbook/healthyearbook.html (年度別リンク)
http://www.pref.akita.jp/eisei/infomation/yearbook/H14.pdf (平成14年)

平成15年版が出ているかどうかは、上記年度別リンクに有る問合せ先にお尋ねになれば分かると思います。(多分出ていて、pdf化されていないだけだと思いますが・・・)


以上ご参考になる部分あれば幸いです。

またもし、上記資料だけで不足しているようであれば、具体的に項目名を挙げていただければ、他の方からもアドバイスいただけるかもしれません。(医師会etc.でまとめている資料も別途あるかもしれません)

基本的に、各都道府県で把握している内容と思われるので、秋田のことであれば県庁の「健康福祉部」に問い合わせるのがベストかと思います。
(全国レベルであれば、厚生労働省の資料となって来るでしょうが・・・)


すでにご覧に成っているのは、県の「衛生統計年鑑」ですか?
http://www.pref.akita.jp/eisei/infomation/yearbook/healthyearbook.html (年度別リンク)
http://www.pref.akita.jp/eisei/infomation/yearbook/H14.pdf (平成14年)

平成15年版が出ているかどうかは、上記年度別リン...続きを読む

Q医療機器の主な修理部品・消耗部品について

こんにちは!

タイトル通り、医療機器の修理部品・消耗部品についてお伺いします。

医療機器には、レントゲン・CT・MRIといった放射線関連の画像診断装置や人工呼吸器・麻酔器といった人命に直結する機器がありますよね。

レントゲンやCTですと「X線管球」といった装置にとって必要不可欠な修理部品・消耗部品がありますけど、人工呼吸器や麻酔器においても上記の「X線管球」のような装置にとって必要不可欠な修理部品・消耗部品ってあるのですか?

人工呼吸器や麻酔器においても装置にとって必要不可欠な修理部品・消耗部品というのは、高額になるのでしょうか?

Aベストアンサー

レスピレーターでしたら、ダイアフラムのゴムなんかが交換部品になるのではないでしょうか。部品だけでしたら数百円から数千円だと思いますが…機器メーカー側で認めている専門の技術者に交換してもらわないと、薬事法による「医療機器の承認」から外れてしまいます。(つまり日常医療業務に使えなくなってしまいます。)

ですので、現行法のもとでは実際のところ、技術料やら何やらでいろいろ、部品代以外にも沢山費用がかかってしまいます。

ちなみに最近の事例では、コンセントに差し込む「プラグが割れてしまっただけ」なのですが、メーカーに送って修理しなければならず、何万円もかかりました。

以上、何らかのご参考になれば幸いです。

Q廃病院・「カルテ、薬品、医療機器」そのままなのはなぜ?

心霊スポットを紹介するホームページを見ていて疑問に思ったことです。

廃病院はなぜ、なぜ廃業してしまったのでしょうか?
総合病院であり結構大きめの病院が廃業していますが、やはり大きな病院でも経営難ということがあるのですか?
私のイメージでは行政からの補助がたくさん有りそうな気がするのですが。

不思議なのはまるで突然人だけが消えたかのように残っていることです。診察券やカルテ、ポスターなどまるまる残っていますが、なぜ片付けをしなかったのでしょう?
また、レントゲン撮影機、CTなど医療機器も残されているようですが、これらの機器はかなり高額なのではないでしょうか。これらの機器を中古で他に売るということはないのでしょうか?(←経営難で潰れたなら尚更)

Aベストアンサー

病院は、ママパパ?医院と、大病院以外は経営は苦しいはずです。 特に病床数が50とか100とかは。

中古は二束三文。心霊スポットって作ってあるのでは?

>察券やカルテ、ポスターなどまるまる残っていますが、なぜ片付けをしなかったのでしょう
⇒今の病院の経営はトップは医師でなければ出来ないはずですから、プロが経営をしているのではなく(プロでも名前だけの酷いのが日本にはいますけどね)、医大時代からチヤホヤされてきた、世間知らずで行なうわけですから・・・・・。
そういうときにその人の本当の人格が出るのでしょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報