私はもう少しで10万キロ超えようとしているRVRに乗っています。先日、水温計が上がり煙が吹き出てきてパニックになりました。ディーラーに行ってみるとチューブが破れていて下に漏れていたので修理してもらいましたが、後日また水温計が上がってきたので次の日に見せに行ったらその場では異常がなく、「様子を見てみてください」と言われたので帰ろうとディーラーを後にしたその瞬間また水温計が上がったのです!なんでぇー!!と思ったけれど、とりあえずちょっと様子を見てみようと思いそれから車に乗っていないのですが、他にトラブル箇所があるのですか?教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

考えられる故障原因は、No1の回答とも重複しますが


1.サーモスタットの不良
2.冷却水内の異物による詰まり
3.冷却水循環ポンプの不良
4.エンジンの異常燃焼
などです。
発生する確率は上記の順番で低くなると思います。
しかし、その影響は順番の逆に甚大になります。
ディーラーを後にして発生した時にすぐ引き返したほうが良かったと思います。
最悪の事態も考慮に入れて対応された方が良いでしょう。
※最悪の事態:オーバーヒートによるエンジン破壊
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。皆さんよく知ってますね。私は車の事はさっぱりなので勉強になります。ちょっと消極的でした・・・もう一度見てもらってきます。また何かあれば是非よろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/14 19:31

私も、No.2のrakkiさんと同じ見解です。



たぶん・・・サーモスタット不良から始まったトラブルが原因で次々に
トラブルが続いていった(普通は預かって様子を見るんですが・・・)のかも
知れません。
最悪のケースとして、エンジンのヘット(エンジンの上部)が歪んで
ヘットオーバーホールをしなければいけないかもしれません。

もし、kiyoniyoさんが今回のディーラーの対応に疑問をお持ちであれば
(疑問を持つのが普通ですが・・・)メーカーのサポートセンター
「お客様相談センター」(整備手帳の後ろの方にフリーダイアルで載っているはず)に
問い合わせて、そのディーラーに「適切な対応」を取る様に忠告するよう
頼んでみるのも一考です。
(トヨタはその直後、すっ飛んできました!)

私自身、この対応には「大疑問」なもので・・・
(私にはそんな事できません!)
元マツダのフロントマンより・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。車の事はまったく分からないのでちょっと消極的でした・・・いろんな意見を参考にもう一度ディーラーでしっかり見てもらいます。また何かの機会によろしくお願います。

お礼日時:2002/02/14 19:40

ディーラーで大丈夫と言われたのだから、冷却水はOKとして、


オーバー・ヒートした後は、サーモ・スタットがだめになってることが有ります。
これは、エンジン内の冷却水の温度を保つ役目で、温度か上がるとラジエターに
送る様になってます。
その他に考えられる事は、ラジエターの詰まりです。
オーバー・ヒートするとエンジン内の汚れが剥離して、冷却水を汚してラジエターの細い管を詰まらしてしまいます。
取り合えず、サーモ・スタットの交換と冷却水の交換をされたらいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。車の事は全く無知なので勉強になります。早速もう一度ディーラーで確かめてきます。また何かあればその時はよろしくお願いします。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 19:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水温計・油温計・油圧計

車に関して素人なもので、教えて頂きたいのですが
水温計というのはオーバーヒートしないようにチェックするものと考えて良いのでしょうか。

また、油温と水温では結果的に同じ様なものと思ってしますんですが違うのでしょうか?
油圧計というのはどういった事をチェックするためのものなのですか?

イマイチ分かっていないので要領を得ていない質問になっているかもしれませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>水温計というのはオーバーヒートしないようにチェック
その通りですが、他に水温の変化具合も見ます。1km走行での水温、2km走行での水温、この上昇が通常と異なってくれば不具合の前兆を察知する事ができます。正常時の表示を知っていれば少し低いとか高いとか判断できます。

>油温と水温では結果的に同じ様なもの
相関性がありますので一般使用なら片方だけで十分です。

>油圧計というのはどういった事をチェック
油圧は上昇していくと、例えば4kg/cm2のように一定になります。時々低くなるとか極端に低いとかが数値で解り(ランプ式では異常になるまで解らない)判断の目安になります。例えばストレーナ(オイルパン内の吸込部)の詰まりで油圧低下、オイルギャラリ(油路)端部のタイトプラグ(密閉栓)の緩みや外れによる油圧低下、等が初期段階で察知できます。

いずれにしても、品質が向上して信頼性が増した為、最近の車は油温計はなし、油圧計はランプに変わり、水温計もランプに変わりつつあるので、これらの計器は実用ではなくムードを楽しむアクセサリとなっているのが現状です。

>水温計というのはオーバーヒートしないようにチェック
その通りですが、他に水温の変化具合も見ます。1km走行での水温、2km走行での水温、この上昇が通常と異なってくれば不具合の前兆を察知する事ができます。正常時の表示を知っていれば少し低いとか高いとか判断できます。

>油温と水温では結果的に同じ様なもの
相関性がありますので一般使用なら片方だけで十分です。

>油圧計というのはどういった事をチェック
油圧は上昇していくと、例えば4kg/cm2のように一定になります。時々低...続きを読む

Qタントエグゼ。エンジン始動時に水温計がグリーン(水温が低い)と表示され

タントエグゼ。エンジン始動時に水温計がグリーン(水温が低い)と表示されるが?

 いつもご丁寧な回答をありがとうございます。

 タントエグゼX(CVT) を利用しています。一日の始まり、たとえば前回の運転から12時間空けた後、エンジンを始動すると、夏場でも水温計が低温であることを示します。

 この場合、アイドリングを1分~2分ほど続けると表示が消えるのですが、アイドリングの時間はなるべく短くしたいと考えています。

 そこで質問です。

 ●エンジン始動時に水温計がグリーン(低温)表示の場合、表示が消えないうちに発車することは適切ではないのか?

 ●水温を、車や環境への影響を小さくすることは配慮しつつ、なるべく早く適性にしたい。どうしたらよいか?

 教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

他の方の意見同様私のやり方も同じような物で古いスズキの軽のターボ車で11万キロ程度ノントラブルで(消耗品は別として)乗っています。

真冬であろうと私は始動直後に(シートベルト着用する程度)ゆっくりと走り出して(200メートルくらいで国道です)その後5分程度余り高回転に成らないように注意しますが後続の邪魔に成らない程度に加速もします(良く回しても4000回転くらい)
5分程度走れば後は普通に走ります。

暖機運転とはエンジンだけでなく(私はバイクも車も同じやり方)その他のミッション等色々な部分にまで気を配っています、もちろんこのようなやり方に成ったのはドイツ製のバイクを持っていますがソレには停車してのアイドリングでの暖機運転は駄目と取説に出ていることから始めました。

もちろん冬場にガラスに霜がびっしりと付いていても使わないカードなどで取り去ってすぐに走り出しています、こんな乗り方で20年以上前の軽のターボも今でも元気に走っていますよ。

このやり方で良いことは燃費なども余り季節に寄る差が無いこと、又走り出してドライバー自身の暖気も出来ます、もちろんヒーターゲージの針が有る程度上がれば普通に走ります、又今のランプしか無い車種だと冬場はヒーターから少し暖かい空気が出てくるのを目安にすれば良いと思います(職場の機械でオーバーヒートランプしか無い場合のやり方、もちろんエンジンは車用です)

従ってエンジンだけの暖気はしないでドライバーも含めて全体の暖気を考えたらゆっくり走りながらするしか方法は無いと考えます(もちろんS40年代の車などは条件が変わるかも知れません、当時のSUキャブの物など暖気が出来るまでエンジンも本調子に成らなかったりと有りました)

逆に停車した状態の長時間のアイドリングは良いことはないと聞いていますから(油圧などの問題も有るみたいです)乗っている車等に合わせて臨機応変に対応は必要でしょう。

他の方の意見同様私のやり方も同じような物で古いスズキの軽のターボ車で11万キロ程度ノントラブルで(消耗品は別として)乗っています。

真冬であろうと私は始動直後に(シートベルト着用する程度)ゆっくりと走り出して(200メートルくらいで国道です)その後5分程度余り高回転に成らないように注意しますが後続の邪魔に成らない程度に加速もします(良く回しても4000回転くらい)
5分程度走れば後は普通に走ります。

暖機運転とはエンジンだけでなく(私はバイクも車も同じやり方)その他のミッシ...続きを読む

Q水温計、油温計の配線とメーター誤差の因果関係?

こんにちわ(こんばんわ)。もしお詳しい方がいらっしゃったら教えてください(^^ゞ

先日、「シフトランプ付4In1タコメーター」(AUTOGAUGE製)という、水温、油温、油圧計付きのタコメーターを購入して知人に取り付けてもらいました。しかし水温、油温とも恐らく15~20℃も誤差が出て高めに表示されています。純正の水温計は今までどおり適性値を表示しているのですが、こちらの後付け水温計では110(通常時)~125℃(スポーツ走行時)を指しています。

単なるセンサーの不良品かも分からないのですが、一点だけ素人ながら配線に懸念事項があります。
製品付属のコードは直径1mm程度の細いもので長さも30cmほどしかないため、各種配線は汎用のコードで延長するしかありません。その用意した延長コードが直径2~3mmで比較するとやや太めのものとなっており、抵抗値の違いなどが原因ではないか?と思っています。
オーディオの世界などでは、抵抗の有無などコードにも仕様があるようですが、車の温度計の世界ではいかがでしょうか?
あまり詳しくないので機械式や電子式など違いは分かりませんm(__)m

製品紹介URL(楽天市場)
http://www.rakuten.co.jp/get/450721/534018/452899/
※最下段の製品です。
※車はマツダ ロードスターNBです。
※油や水の漏れはなく、スポーツ走行も数回実施済みです。

以上よろしくお願いいたします♪

こんにちわ(こんばんわ)。もしお詳しい方がいらっしゃったら教えてください(^^ゞ

先日、「シフトランプ付4In1タコメーター」(AUTOGAUGE製)という、水温、油温、油圧計付きのタコメーターを購入して知人に取り付けてもらいました。しかし水温、油温とも恐らく15~20℃も誤差が出て高めに表示されています。純正の水温計は今までどおり適性値を表示しているのですが、こちらの後付け水温計では110(通常時)~125℃(スポーツ走行時)を指しています。

単なるセンサーの不良品かも分からないのですが...続きを読む

Aベストアンサー

社外温度計は実測なので、標準装備のほとんど動かない水温計とは違い動きます。
まぁ、オートゲージだと目安でしかないですがね。

Q平成8年式ワゴンR RVターボに乗っている方、または乗っていた方・・・

つい最近中古でH8式のワゴンRRVターボを買いました。乗っていて1速から2速に切り替わる時や2速から3速に切り替わる時、特に1速から2速に切り替わる時『ガクン』という感じになるんですけど、アクセルを踏むのが弱いからですか?それとも何か問題があるのでしょうか?
それともう1つ。一般道(国道とか)どれぐらいまで出しても大丈夫なんでしょうか?70kmぐらい出すと、回転数が3500~4000回転ぐらいまで上がるので、ちょっと心配であまりスピードが出せないんですけど・・・・。実は車が壊れそうであまり出せないでいます・・・。

Aベストアンサー

>回転数が3500
普通に巡航しているくらいなら大丈夫ですよ
@メーターの目盛りがある範囲内なら大丈夫です(赤い場所はNG)

MAX回転数がいくつか判りませんが、例えばレースみたいに常にMAXギリギリのところまでブン回して走り続けたりしない限り壊れませんよ…ここまで行かせるには相当ヤバい領域まで踏み切らないとならないのでご安心を(笑

ATはよく判らないのでパスします。。。

Q水温計の上昇

セレナのディーゼルターボなんですが、走行距離10万キロもまじかの先日1回目の温度ディーラーに出した所水温センサーの交換で戻ってきました、その後スノボードをしに行ってアイドリング状態のまま仮眠をしていたところHの表示の所まではいかないものの、その下の線のところまで上昇してました、高速を走っている時は上昇しないのですが、渋滞などでは上昇したりもとに戻ったりしてました。そしてまたディーラーへ、今度はメーターの修理をしたと言ってました。その後またボードへ今度は仮眠してる時は以前よりは上がらないものの通常のところより1ミリ2ミリ上昇しました。でもやっぱり渋滞になると上がったり、特にDレンジへいれたままブレーキを踏んでいるとスゥーッと上昇し、それでNレンジへいれるともとに戻ります。後は料金所を出て加速してる時、ブーストメータのように上がる時もありました。この様な上記の状態で故障の原因には何が考えられますか?ご存知の方いらっしゃいましたら、是非教えてください、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

修理内容を見ると、実際には水温が上がっていないという判断をしているようですね。診てないので何とも言えませんが・・・
一般にあまり考えないような事例を挙げときます。
1.ウォ-タポンプの羽根は溶けてなくなっている。冷却水の不具合で、ポンプの羽根が無くなって十分な冷却水の循環がされなく特にアイドリング時に水温が急上昇します。これは結構わからない場合があると思います。
最初この症状の時、まさか羽根が無くなっているなんて思いませんでしたから・・・

2.ヘッドガスケットの吹き抜け。燃焼室のガスが、冷却水路へ入り込み冷却水圧力が高くなり、リザ-バ-タンクから外へ冷却水を押し出してしまうため、リザ-バ-タンクには冷却水が入っているが、ラジエ-タ内は冷却水が無くなる症状。冷却水が酸化されるため1.の症状にもなりやすい。
ディ-ゼルタ-ボと言うことなので、カソリンノンタ-ボよりはなりやすいかな?

3.水温センサ-の交換ってメ-タのでしょうか?。セレナはどうかわかりませんが、
電動ファンが回っていない可能性もあります。冷却用とエアコン用のファン自体とセンサも可能性あります。

ディ-ラ-には直接持ち込んでいるんですよね?ディ-ラ-では症状は確認しているんでしょうか?雪道を走ったときとかなると考え方が変わってきますが。

サ-モスタットで、済んだら良いのですけど・・・診てないんでしょうかねぇ?単純なところで直ることをお祈りしてます。

修理内容を見ると、実際には水温が上がっていないという判断をしているようですね。診てないので何とも言えませんが・・・
一般にあまり考えないような事例を挙げときます。
1.ウォ-タポンプの羽根は溶けてなくなっている。冷却水の不具合で、ポンプの羽根が無くなって十分な冷却水の循環がされなく特にアイドリング時に水温が急上昇します。これは結構わからない場合があると思います。
最初この症状の時、まさか羽根が無くなっているなんて思いませんでしたから・・・

2.ヘッドガスケットの吹き抜け...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報