現在、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義が、日本国憲法の三原則と呼ばれていて、もはや常識となっています。しかし、憲法のどこを見ても、これこれが三原則だとは書いてありません。この三原則というものは、最初に誰が言い始めて、どのように広まっていったのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

うろ覚えですが、三原則の元になったのは、マッカーサーノートだと思います。


つまり、日本国憲法の三原則は、憲法の文言から導かれたのではなく、三原則から、憲法の文言が導かれたのです。
ちなみに、マッカーサーノートの原則は3つではなく、もうちょっとあったような気がします。(天皇の地位など)
そのなかの重要な3つを取り出したのが誰なのかは知りません。(実際に、有名な三原則とは違う原則を唱える学者もいる)
現在の日本国憲法の基となったのは、GHQ草案だと言われていますが、その前に松本丈治らが作った改正憲法草案では、国民主権や平和主義などの原則は採られていなかったような気がします。

というような内容を辻村みよ子先生の「憲法」で読んだような気がしたのですが、手元に資料がないので、確実ではありません。すみません。間違っている可能性もあるので、調べてみてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 回答、有難うございます。参考になりました。ただ、マッカーサー三原則と呼ばれているものなら、憲法三原則とは、平和主義以外内容が違ったような気がします。挙げられている本も参考に、また調べてみたいと思います。

お礼日時:2006/05/29 20:56

>それを無理やり前文のなかから拾い集めたようにしか感じませんでした。



むしろその読み方のほうに先入観を感じます。
もしくはいわゆる三原則の中身をきちんと理解していないか…。

前文読み直しましたけど、三原則の話しか書いていないですよね。
…いや、三原則ではない、もっと違う分類があるはずだ、という意見もありでしょうが、
より適切な分類を提案できれば、そっちが検討対象になるってだけでしょう…。

法律を勉強するときは全部当てはまりますけど、
特に憲法のような一歩間違うと政治論議に堕してしまう恐れのある問題を考察するときは
(注・あなたはそうではないと思っています)
「まずバイアスを排せよ」は鉄則だと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 回答、有難うございます。前文の感じ方は人それぞれでしょうが、少なくとも私は三原則が前文で宣言されているようには感じませんでした。特に基本的人権の尊重は「自由のもたらす恵沢云々」くらいしかなく、ほとんど強調されていないように感じます。
 私は、今の三原則はおかしいとか、別の原則にすべきだということを主張したいのではありません。誰が三原則を提唱し始め、どのように定着して言ったのかが知りたいだけなのです。

お礼日時:2006/05/26 21:23

国民主権は、日本国憲法の前文「ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

」と日本国憲法第1条「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」、日本国憲法第41条「国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。」と第43条「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。」

基本的人権の尊重は、第11条から第40条です。特に第11条「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。」で強調されています。

平和主義は、日本国憲法の前文の全ての文言にて、特に前文では「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。(中略)日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」の箇所で強調している。
また、日本国憲法第9条1項と日本国憲法第9条2項です。

日本国憲法
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございます。質問が不適切ですみません。言いたかったのは、憲法三原則の個々の根拠ではなく、いろいろな要素のあるなかで(象徴天皇制、議院内閣制etc)、あの三つが三原則とされたのは、なぜかということが知りたかったのです。たぶん、学者か政治家が言い始めたと思うのですが、それが誰か、また、三原則はいつ頃定着したのかということなどが具体的な疑問点です。
 ちなみに、これは芦部憲法を読んでの疑問です。芦部憲法には、前文で三原則が宣言されたとあるのですが、前文には「この憲法は三つの原則によって成り立つ。」という趣旨の文はどこにもありません。芦部さんの頭の中に三原則がまずあって、それを無理やり前文のなかから拾い集めたようにしか感じませんでした。そこで疑問が生じ、このような質問をさせていただきました。

お礼日時:2006/05/26 07:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「原則」の意味は?

「原則(げんそく)」の意味を知りたいのです。
たとえば「原則、自動車通勤は禁止。」とか「原則として右側通行です。」といった場合、この原則の意味は?
Goo辞書で調べると「原則」の意味は「多くの場合にあてはまる基本的な規則や法則」と書かれています。

なにが言いたいのかというと、この「原則」という言葉をつけた場合「例外がある」ということを意味しているのか?ということです。
私は、例外がある場合にこの「原則」ということばをつけるのだと理解していますが、先日友人に「原則」とあるのだから、「最低限守る」「絶対に守る」という規則というように言われました。

「原則、~~禁止」とはどう解釈するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

規則という以上、どんな規則であれ守るために作られるわけですから「守る」という基本がおろそかにされないように心配りが必要でしょう。
それゆえの「最低限守る」「絶対守る」という言葉ではないでしょうか。

ただ、「原」には「元」という意味もありますし、「原本」など根本的で大事なものを指す事柄にも使用される語句です。
そのため友人の方が「本当に大事な規則」と勘違いしている可能性もあるかもしれません。

「最低限守る」のではなく「基本的に守る」ということですから、
正解は、あなたの解釈どおり「例外を認める」という含みが当然あります。

Q大日本帝国憲法における権利保障とのあり方との日本国憲法は人権をどんなものとして保障しているか

日本国権法の人権保障は、侵すことの出来ない永久の権利からきてるもので、そこから特質・根拠・分類といけばいいと思っているのですが、大日本国憲法における権利保障がイマイチ分からなくこの2つの対比ができません・・。

Aベストアンサー

どういう趣旨かはいまいちよくわかりませんので、的外れかも知れませんが、とりあえず想定して回答してみます。

大日本帝国憲法(明治憲法)の人権保障規定は俗に「法律の留保」と呼ばれる制限がありました。これは、法律の規定があれば憲法の人権規定は制限できるというもので、人権保障としてはきわめて不十分でありました。そのため、治安維持法をはじめとする各種法律で戦前・戦中において国民の人権は大きく制限されてきました。これを形式的法治主義という言い方をする学者もいるようです(本来の形式的法治主義とは異なったものだとする学者もいます。詳細は専門書などを参考にしてください)。また、「法律」も制定過程からしても民主的なものとはいいがたく、貴族院は非民選議員で構成され、衆議院についても幾多の選挙法の改正は経ているものの、完全な普通選挙のもとで行なわれたものではありませんでした。さらに、緊急勅令や独立命令など、法律によらずして人権が制限されることもありました(現在では緊急勅令や独立命令は禁止されています)。結果、軍の暴走を引き起こし、第二次世界大戦の苦い経験を経て現在の日本国憲法が出来上がったわけです。

日本国憲法の「公共の福祉」の意義について、いわゆる一元的外在制約説を採る学説もかつてはありましたが、それでは明治憲法の「法律の留保」とかわらないということになり、現在ではいわゆる一元的内在制約説が通説的地位を占めています。つまり、「公共の福祉」は人権が衝突した場合の実質的な衡平を図る機能として設けられたものであるとされています。法律によって自由に制限できる人権とはまったく異なります。

学者によって解釈の異なる場面もあり、またかなり端折った部分もあろうかと思いますが、詳細は専門書等に譲ることにします。

どういう趣旨かはいまいちよくわかりませんので、的外れかも知れませんが、とりあえず想定して回答してみます。

大日本帝国憲法(明治憲法)の人権保障規定は俗に「法律の留保」と呼ばれる制限がありました。これは、法律の規定があれば憲法の人権規定は制限できるというもので、人権保障としてはきわめて不十分でありました。そのため、治安維持法をはじめとする各種法律で戦前・戦中において国民の人権は大きく制限されてきました。これを形式的法治主義という言い方をする学者もいるようです(本来の形式的...続きを読む

Q原則の意味ついて。

アルバイトで欠勤、遅刻が多く規則の紙を作成しているのですが

「原則、欠勤・遅刻は一切認めません。」
「体調不良などやむを得ない理由の場合は社員に連絡・相談をお願いします。」

と書いています。
ここでこの原則の意味についてですが
「原則、欠勤・遅刻は一切認めません。」と言いながら
「体調不良などやむを得ない理由の場合は社員に連絡・相談をお願いします。」
と書いています。

読む側として、また言葉の意味としておかしいでしょうか?

自分としては絶対という意味ではなく
あくまで最低限の基本的なルールとしてですが
ここを甘く書くと貼紙の意味がないという意味で原則をつけました。

Aベストアンサー

「原則」と書く以上「例外もあるよ」という意味が含まれてしまいますね。

ここでいえばその例外が「体調不良などやむを得ない理由」となりますね。

となると、「原則」と「一切」が意味としては矛盾してしまいますね。

一切認めないなら例外がないという意味であり、
「原則」を付ける理由が見あたらなくなります。

「欠勤・遅刻は原則として認めません。」
でいいんじゃないかと思います。

Q世界一素晴らしい平和憲法という日本国憲法

護憲派の人達は、世界一素晴らしい日本国憲法と言っています。平和が保てると言っています。どうして、諸外国は日本国憲法を使わないのでしょうか?世界中が日本国憲法を使えば戦争はなくなると思うのですが。特に護憲派の人たちに隣国の中国・韓国に使うように言って欲しいと思います。また、どこか一国でも日本国憲法を使っているところがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

護憲派は特に九条を指しているのかと思われますが、単なる自滅条項でしょう。
他国にとっての日本国憲法など何の効力もありませんから、戦争を仕掛けようと思えば仕掛けられますし、仕掛けられれば国家として
国を守らなければならないので好むと好まざると関わりなく戦争行為に捲き込まれます。
しかし九条を出して来て云々等と言っていれば、一般国民まで殺されますから平和などと脳天気な事を言って居られないでしょう。
まっ、それで勝手に自滅して死んでいくのであれば、勝手にして下さいですがね。
私は嫌ですから、竹槍でも何でも抵抗しますが。
今までの日本の平和は在日アメリカ軍とそのバックにある強大な国アメリカの傘に守られていただけでしょうに。
それを外して日本の平和が保たれるとか保たれてきただなんて何処を見て言って居るのか!?
今やボタン一つでミサイルが降ってくる時代ですし、アメリカも力が弱まってきている中で中国が軍事力増強していますからね。
いつまで日本国憲法が平和憲法だと寝言を言っていられるのか!?
アメリカの都合で作られた日本国憲法ですが、今日のアメリカの都合で歪みも生じていますから、時代に有って未来を見据えた
自主憲法の制定はもはや必要不可欠でしょう。
余談ですが、中国では憲法より中国共産党の決定が全てに於いて優先されますから、日本国憲法と同類の文言を使ったとしても
全くの無意味。
韓国が日本国憲法を採用したならば、北朝鮮が喜んで軍事侵攻するでしょう。
日本は日本が位置している地理的状況を考えれば武装中立とすべきであって、それに見合った憲法とすべし。

護憲派は特に九条を指しているのかと思われますが、単なる自滅条項でしょう。
他国にとっての日本国憲法など何の効力もありませんから、戦争を仕掛けようと思えば仕掛けられますし、仕掛けられれば国家として
国を守らなければならないので好むと好まざると関わりなく戦争行為に捲き込まれます。
しかし九条を出して来て云々等と言っていれば、一般国民まで殺されますから平和などと脳天気な事を言って居られないでしょう。
まっ、それで勝手に自滅して死んでいくのであれば、勝手にして下さいですがね。
私は嫌で...続きを読む

Q原理原則ってどういう意味?

朝まで生テレビやなんかで原理原則という言葉を耳にしますが、どういう意味でどのように使うのでしょうか?
辞書や、インターネットで検索しても調べられません。
教えてgoo!

Aベストアンサー

こんにちわ。 少し難しいでしょうが、レポート的な言い方で 

社会生活一般の基準と成る考え方

とかく陥りがちな、常識とか慣例などを例に引いた判断行動があってはなりません。常識や経験だけでは、新しいことに遭遇した場合、どうしても解決がつかず、そのたびにうろたえることになるからです。

原理原則に基づくということは、人間社会の道徳、倫理といわれるものを基準として、人として正しいことを正しいままに貫いていこうということです。人としての道理に基づいた判断であれば、時間、空間を超えて、どんな環境でも通じていくものです。そのため、このような判断基準を常に持っている人は、未知の世界に飛び込んでも、決してうろたえたりはしないのです。

新しい分野を切り開き、発展していくのは、豊富な経験を持っているからではありません。常識を備えているからでもありません。人間としての本質を見すえ、原理原則に基づいた判断をしているからです。

かねてから原理原則に基づいた判断をしていれば、どんな局面でも迷うことはありません。
こんな感じです。
道徳、倫理を忘れずに、信念を持つ。

こんにちわ。 少し難しいでしょうが、レポート的な言い方で 

社会生活一般の基準と成る考え方

とかく陥りがちな、常識とか慣例などを例に引いた判断行動があってはなりません。常識や経験だけでは、新しいことに遭遇した場合、どうしても解決がつかず、そのたびにうろたえることになるからです。

原理原則に基づくということは、人間社会の道徳、倫理といわれるものを基準として、人として正しいことを正しいままに貫いていこうということです。人としての道理に基づいた判断であれば、時間、空間を超...続きを読む

Q民主主義・人権尊重・法の支配 をその原理を知らない人に説明する。

学校の課題なのですが、
日本国憲法が前提としている、「民主主義」「人権尊重」および「法の支配」を
知らない・存在しない国に住む人に、以上の三つの原理をどのように説明するか。
という課題が出てしまいました!

とりあえず教科書を熟読しましたが、
原理を知らない人に説明するというのは難しくて、
レポートのアウトラインさえ書くことができません。
(800~1000字。短い!)
レポートも初めてなので、かなり困っています。
どなたかアドバイスなどありましたらよろしくお願いします。
(剽窃をするつもりはありません。ヒントが欲しいんです!)

Aベストアンサー

そこは、違う枠組みの中で暮らす人々がいるわけです。ですから、その枠組みを尊重しつつ、ひとつひとつ枠をはずしていけば良いのではないでしょうか。でも、相手の枠組みを否定するのでは無く。
後は、ご自分でお考え下さい。

Qキーに原則的な意味があるなら教えてください

キーに原則的な意味があるなら教えてください・・・・例えばshiftなら移動を中心?に考えられたキーだとか???shift,ctrl,altについて教えてほしいのですが・・・・・・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
[Shift][Ctrl][Alt]ニはこんな便利で、こんな意味があります。


アイコンをいちいちクリックすることの面倒さを回避するには、クリックと[Ctrl]・[Shift]・[Alt]とを組み合わせる。
[Ctrl]は、「加える」を意味し、「+」記号が出る。

[Move]のときに押すと、コピーになる。
[Push/Pull]のときに押すと、元の面を残す。
選択のときに押すと、複数個の選択が出来る。
【[Shift]は、「減づる」を意味する。】

選択のときは解除する
選択して削除は[Del]で出来る。
【[Alt]は、「打ち消し」を意味する。】

図形の移動で拘束条件があって移動できない場合に押すと、拘束がはずれる。
[Alt]+[Backspace]で、アンドゥできる


くはしくはこちらにあります。
シフト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%BC
コントロール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BC
オルト
http://ja.wikipedia.org/wiki/Alt%E3%82%AD%E3%83%BC


あんまり役に立たない情報ですが、
お分かりいただけたでしょうか?

こんにちは。
[Shift][Ctrl][Alt]ニはこんな便利で、こんな意味があります。


アイコンをいちいちクリックすることの面倒さを回避するには、クリックと[Ctrl]・[Shift]・[Alt]とを組み合わせる。
[Ctrl]は、「加える」を意味し、「+」記号が出る。

[Move]のときに押すと、コピーになる。
[Push/Pull]のときに押すと、元の面を残す。
選択のときに押すと、複数個の選択が出来る。
【[Shift]は、「減づる」を意味する。】

選択のときは解除する
選択して削除は[Del]で出来る。
【[Alt]は、「...続きを読む

Q日本国憲法の三大義務について

日本国憲法はそのほとんどが法律に対する条文であるのに対して、
いわゆる三大義務
「教育を受けさせる義務」(26条)
「勤労の義務」(27条)
「納税の義務」(30条)
だけは国民に対する条文のように読めます。

強いてこれが法律に対する条文であるように読むなら、
「「教育を受けさせる義務」を規定した法律を定める義務」
などのようにも読めますが、実際は「「勤労の義務」を規定した法律を定める義務」にあたる法律が見当たらないことから、これは無理があるように思えます。

憲法に国民の義務を記述しても国民がそれに直接縛られることがなく、憲法に国民の義務を記述しても法律を縛ることがないならば、三大義務の存在意義は何なのでしょうか?

また、そもそも憲法に国民の義務を書くことにどのような意義があるのでしょうか?



もしこれらに関する判例や書籍などがあれば、加えて紹介していただけると幸いです。

Aベストアンサー

憲法というのは、国家を縛るところにその意義が
あります。
国家権力の恣意を封じ、もって国民の権利を守る、
というのが、近代的憲法、といわれるものです。

だから、憲法で国民の義務を定める必要は、本来
ありません。


”日本国憲法はそのほとんどが法律に対する条文であるのに対して”
    ↑
法律じゃなくて、国家ですね。


”三大義務の存在意義は何なのでしょうか?” 
    ↑
憲法の意義は国家権力を制御することにあるという
観点から次のように解されています。

1,「教育を受けさせる義務」(26条)
国民の義務としたからには、義務教育は無償に
しなければならないし
国は学校などを設立する義務を負う。

2,「勤労の義務」(27条)
勤労する能力がある国民に生活保護を支給しなくても
憲法に抵触しない。


3,「納税の義務」(30条)
国は、公平に課税しなければならない。


”そもそも憲法に国民の義務を書くことにどのような意義があるのでしょうか?”
     ↑
説明しましたように、結局は国家を制御することに
意義があると解されています。


”これらに関する判例や書籍などがあれば、加えて紹介していただけると幸いです。”
    ↑
憲法の教科書に書いてありますよ。

憲法というのは、国家を縛るところにその意義が
あります。
国家権力の恣意を封じ、もって国民の権利を守る、
というのが、近代的憲法、といわれるものです。

だから、憲法で国民の義務を定める必要は、本来
ありません。


”日本国憲法はそのほとんどが法律に対する条文であるのに対して”
    ↑
法律じゃなくて、国家ですね。


”三大義務の存在意義は何なのでしょうか?” 
    ↑
憲法の意義は国家権力を制御することにあるという
観点から次のように解されています。

1,「教育を受けさせる義務」(...続きを読む

Q各地方区市町村の「非核三原則」だの「核の無い世界を目指す市」などという垂れ幕、何か意味あんの?

各地方区市町村の「非核三原則」だの
「核の無い世界を目指す市」などという
垂れ幕、何か意味あんの?

垂れ幕にいくら突っ込んでるか知らんけど、
市町村でそんな物を作るという事は、議会に
登って採決後、賛成多数で作ったのだろうと
思われるが、他に重要な案件は無いアルか?
区市町村議会の存在意義はあるのか?

Aベストアンサー

何か意味あんの?
   ↑
仕事しています、という市民に対するアピール。
垂れ幕業者のリベートぐらいしか
思いつきません。


他に重要な案件は無いアルか?
   ↑
税金が余ったんでないですか。


区市町村議会の存在意義はあるのか?
   ↑
この狭い日本で、そういう小さい地方政府が
必要なのか、疑問ですね。
二重行政などが発生し、効率性が悪いです。

道州制を導入したら、と思います。

Q明治憲法と日本国憲法について。

短大の日本国憲法の授業で出たレポートの課題で
明治憲法と日本国憲法との間に法的連続性は認められるか?
…というのが出されました。

かなり量があって、手に負えません。
アドバイスをください!!

Aベストアンサー

明治憲法の法改正手続きで改正されています。
 この手続きが正当なものかの争いとして、憲法改正限界説と無限界説があります。

 限界説は、君主主権から国民主権への改定は許されないのではないか、という説です。
 無限界説は、憲法改正はどのようにも行うことができるという説です。

 通説では限界説なのですが、これでは法的連続性が認められないということで、さらに八月革命説という説をとっています。
 これはポツダム宣言受諾によって日本に無血革命を成し遂げた。これによって、君主主権から国民主権への転換が行われた。憲法改正手続きは便宜上取られたが、実質的には新憲法の制定に等しい。という説でこれによって法的連続性は認められると解されます。

 また、占領下であったことや、法改正が当時の国際法に(陸戦の法規関連に関する条約43条)違反している、明治憲法(75条)の解釈で法改正手続きが違法であるなどの理由で法的連続性が認められないという主張もあります。


人気Q&Aランキング