ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

コーヒー豆にブラジルサントスNo.2と言う銘柄があります。
これは一番いいランクを意味しますが、
なぜNo.1でなくNo.2なのか?

ブラジルでは、二番が一番と考えるのでしょうか?
又、コーヒー豆以外にもこのような考え方をする物や
習慣などが有りましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご存知であると思いますが、これは悪い豆や異物の混入率による格付けです。



小石、小枝(1点)
黒豆(1点)
虫食い豆(0.5点)
未熟豆(0.2点)
等と点数が付けられ、合計点で以下のようにランク付けされます。

NO.2:4点 No.3:12点 No.4:26点 No.8:360点

>なぜNo.1でなくNo.2なのか?
とのことですが、これは非常に単純な話で「異物が全く混ざらないものはあり得ない」という理由で、No.2からの格付けとなっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
>これは非常に単純な話で「異物が全く混ざらないものはあり得ない」という理由で、No.2からの格付けとなっています。
ブラジルの方は正直者なのでしょうね。

やはりコーヒー豆だけに使われるランク付けで、
他の農産物や生活の中では使われない言い方なのですね。

お礼日時:2006/05/26 16:28

↓のページの中ごろに全て書いてあります。



引用して回答するときは出典を明らかにしたほうがいいですね。

参考URL:http://www.sakurasan.com/blog/2006/03/post_4.html
    • good
    • 0

この場合の「No.」は、異物(小石、小枝、未熟豆、黒豆、虫食い豆)の混入率を示し、No.2~No.8まであって、数字が大きくなるほど異物の混入が多くなります。



豆300グラム中、小石なら1点、虫食い豆なら1/2点、と言う感じで点数を付け、No.2は4点以下、No.3は12点以下、と決まっています。

本来No.1は「異物が100%完全に無いランク」なのですが「異物や虫食いや未熟豆が完全に無いのは有り得ない」として、No.1と言う規格は存在しません。

コーヒー袋からサンプルの豆を300グラムだけ取って調べ、コーヒー全部を調べてる訳じゃないのです。300グラムの中に1つも無かったとしても、調べなかった残り全部に無いとは言い切れませんから。

なお、ブラジルの場合、ランクには豆の大きさのランクもあって、20号のフルイ(スクリーンと呼ぶ)に通るとか、18号のフルイに通るとかで番号が付きます。

例えば、ブラジルのサントス港で出荷されたコーヒー豆で、異物ランクがNo.2、大きさランクが18だと「ブラジルサントスNo.2#18」とか「ブラジルサントスNo.2スクリーン18」とか「ブラジルサントスNo.2S18」とか表記します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

ランクの付け方は知っていましたが、
なぜ、一番いい物を一番にしないのか?
他の農産物や生活の中で2番が1番みたいな
考え方をするのかが疑問に思ってのです。

お礼日時:2006/05/26 17:07

まったく同じ質問がありました。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2145065
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんm(__)m
前に外国語カテで質問したのですが
ここ、海外生活・情報カテを見つけたので
質問してみました。

僕の書き方がいけないのか
知りたいのはコーヒー豆のことでなく
ブラジルの習慣で2番が1番と考える事が
有るのかなと思って質問してみました。

お礼日時:2006/05/26 15:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング