「続・平成夫婦茶碗」に陸上部の女の子の役で出ている
人のは誰なのでしょうか?
次回予告で自殺しようとしていた人です・・・。
分かる方教えて下さい。お願いします。

A 回答 (2件)

こんにちは!



金本家の長男・運くんの同級生、澤田かな(クールな陸上部員)役の女の子ですね。
芳賀優里亜(はが ゆりあ)さんです。(参考URL「キャスト」参照)

プロフィールはこちら↓です。
http://www.kirinpro.co.jp/girls/yuria_h.html

参考URL:http://www.ntv.co.jp/zoku-meoto/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんすか、ありがとうございました。
早速、HP拝見させて頂きます。

お礼日時:2002/02/14 18:55

参考URLは「続・平成夫婦茶碗」の公式サイトです。


そのキャストの右下にでている 澤田かな役の「芳賀優里亜」さんのことでしょうか?

参考URL:http://www.ntv.co.jp/zoku-meoto/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かわいいですよねぇ・・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 18:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨日から始まったフジテレビ系の『リスクの神様』。堤真一さん主演。戸田 惠梨香さんの自殺された父親役

昨日から始まったフジテレビ系の『リスクの神様』。堤真一さん主演。
戸田 惠梨香さんの自殺された父親役の俳優さんの名前を教えてください。
バブルの頃によくテレビドラマでお見受けしていました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

冨家規政に見えました。
http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp7468

Q「わが子よ」の主人公役の女の子は?

昔、私の小学生の夏休みの時(かれこれ20数年前)にお昼に放送していた「花王愛の劇場」の「わが子よ」というドラマで白血病とかになる小林千登勢さんの娘役をしていました。(高部知子さんではありません)
他にも月曜ドラマランドで女子高生役なんかもしていました。
顔もはっきり覚えていないし、芸名も全く覚えていません。とってもはがゆいです。
今も女優さんを続けているのでしょうか?
ご存知の方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは
星谷和美さんでしょうか?
詳しくは参考URLの星谷和美さんの欄をご覧下さい。

参考URL:http://www.threeweb.ad.jp/~elephant/tuiseki/h/h5.html

Qめ組の大吾役(山田孝之)の過去の役で・・・

山田孝之くんは「サイコメトラーエイジ2」で
デビューしたとHPで見ました。

 ??どんな役で出てたでしょうか(^^ゞ
憶えてる方すみません、教えてください。

それと、彼はジャニーズではないですよね?

Aベストアンサー

「ちゅらさん」の前に「6番目の小夜子」(NHK教育)
大河ドラマ(誰かの少年時代か、子供の役)にも出てましたよ。

Q役者と狂気 役に入る、役を抜く 役者魂、役者根性

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わずに「信じる」という言葉を使うなら、名優とは自分を演じている役だと信じきっていたり、レプリカの銃を向けられているのに本物の鉄砲を向けられていると思って恐れたりする、可能な特異な能力の持ち主だと思います。演じるには、「信じる」ことが大事で、「信じ」てさえいれば、素でいても演技していることになるのかな、という気がしています(映画じゃなくて、舞台なら発声法が大事でしょうし、場合によっては技巧的な演技が必要だと思いますが)。

「演じる」ということを「狂気」あるいは「信じる」という言葉を使ってを論じている書物などをご存知でしたら、どうかご教示いただけないでしょうか。

また、「役者魂」、「役者根性」、という言葉がありますが、どういう意味で使うのが一般的ですか?スタントマンなしで危険な演技(もちろん訓練して)をしたり、あるいは濡れ場を演じることでしょうか。あるいは徹底的に役作りをして、役に入り込むことでしょうか?この二通りの意味で使われている気がするのですが、どうでしょうか。

役作りに関する努力は、古代が舞台の映画で主演する俳優が風呂に入らない、携帯を持たない、など色々耳にすることがあります。少し前には、ジョニー・デップが酒場で酔っぱらって転倒したというニュースがあり、アルコール中毒役を演じるための役作りの可能性もある、と解説されていました。

役作りの逆(「役抜き」とはいいませんよね、なんて言うんでしょう)で、「役が抜けなくなる」ということもあると思うんですが、役作りと併せて、面白い逸話などがあったら、あるいはそうした逸話が集められた書籍があれば教えていただけないでしょうか。

映画で恋人や夫婦役で共演した役者が結婚して、すぐに離婚してしまう、ということが多いように感じるのですか、このあたりは、「役に入る」、「役を抜く」ということと関係があるでしょうか。

あるいは、狂気の役を演じた俳優が本当に精神を病む(最近なら、沢尻エリカに関してこんなニュースが流れましたが)ということは、実際におきたのでしょうか?

「山崎努」の『俳優のノート―凄烈な役作りの記録』という本と、『ドッグヴィル』の撮影風景をおさめたドキュメンタリーを購入したので、まずはここからヒントを探そうと思っています。

僕は役者志望ではないのですが、役者の仕事、精神のありように非常に感心があります。
他に考えるヒントになりそうなものが教えていただければ大変ありがたいです。

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わず...続きを読む

Aベストアンサー

 アクターズ スタジオのインタビュー集は、なかなか面白いですよ。
 成功している俳優、演出家、映画関係者を集めたインタビュー集で、なかなか突っ込んだ意見交換もありました。
 俳優さんの演技スタイルも千差万別のようで、役にはいりこむデ・ニーロのようなタイプもいたり――あくまで役と距離を保ち、どう効果的に観せるかを探求する――アンソニー・ホプキンスのようなタイプもいたりと、興味深いです。
 役者だけをあつかったインタビューではありませんが、扱う視点が多い分、思考の幅が広がり、ヒントには良いかと。
 DVDと書籍で出ているようですので、よろしければ。

Q不美人役の子役の女の子はその役をすることにより傷ついていないのでしょうか

ドラマ等を見ていて不美人役の子役の人が同級生、親兄弟たちから、

「やあいブス」とはやしたてられるシーンがたまにあります。

そしてその子は「どうせ私はかわいくないもん」と美人の同級生(たいてい主役の子)に意地悪言ったりするシーンもあります

 本当はかわいい子がそのセリフを言うなら、そんなことないよ。と思うのですが、最近のドラマはどこからみつけてきたのか、本当にその通りだな。と思える子をその役に使っています。

 まだお子様なのにそんな役でそんなセリフを言うなんて、その子は内心傷ついていないでしょうか。。
 そんな役に選ばれた事自体傷ついてないでしょうか。。

 ドラマに出てくるくらいだからどこかの劇団所属なのでしょうが、役を与えられたこと事態が名誉なのでしょうか
 でも劇団にいるくらいだから多分周りからは、かわいい、かわいいと言われて育っていると勝手に推測しています。
 それなのに与えられた役のセリフが、
 「私ブスだもん!」って。。。何だか心配になります。
大人の女優ならまだいいのですが、子供さんなので気になります

どなたか演劇に詳しい方教えてください。

ドラマ等を見ていて不美人役の子役の人が同級生、親兄弟たちから、

「やあいブス」とはやしたてられるシーンがたまにあります。

そしてその子は「どうせ私はかわいくないもん」と美人の同級生(たいてい主役の子)に意地悪言ったりするシーンもあります

 本当はかわいい子がそのセリフを言うなら、そんなことないよ。と思うのですが、最近のドラマはどこからみつけてきたのか、本当にその通りだな。と思える子をその役に使っています。

 まだお子様なのにそんな役でそんなセリフを言うなんて、その...続きを読む

Aベストアンサー

「ブス」というのは、表情が乏しく一般に魅力的ではないことをいいますね。
つまり、顔の造作の問題ではないのです。

「ブス」の役を演じられる子役は、そうした表情の乏しい「役」を演じているわけで、日常的には表情が豊かな魅力的な子どもだと思います。

多分、オーディションの時に、そのようにレクチャーされているはずです。

大体、本当の「ブス」が劇団に所属しようとも思わないし、人前にでようとも思わないはずです。そうした消極的な性格が本来あるべき魅力を覆い隠して「ブス」という存在にさせているのです。
これは、日常生活でも同じですが、「私ブスだもん」と明るく言えた瞬間から、その人間は魅力的になっています。

ズーと以前、子役で出ていた子と10年ぶりくらいで会いました。美人ではありませんが、すごく魅力的な女性となっていて、眼をしっかりと合わせるのが眩しいくらいに成長していました。もうちょっとよく面倒を見て置いてあげれば良かったと思うコトしきりでした。造作や見た目だけではないんですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報