若い頃から、目を酷使するとすぐに視力が落ち、休ませると1.0くらいまで快復するという状態を繰り返していました(読書や編み物を控えると、一ヶ月ほどで快復したのです)。
また、思ったより早く、40歳を過ぎた頃から老眼の始まりを感じていました。
ところが最近、趣味で木彫をするようになり、近視がまた一段と進みました。
いつもなら、目を休ませて快復を待つのですが、今回は遠くも近くも見えにくくて、戸惑っています。
どこを見てもピントが合わない状態で、目が疲れます。

来るべきものが一度に来てしまったようで困っています。
私は何を一番最初にすれば良いのでしょうか。
早く老眼鏡をつくるべきか、近視用のメガネを買うべきか、遠近両用にすればよいのか、視力の回復を待つべきか。
ご存じの方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

眼科です。


近視とはなんなのか?
老眼とはなんなのか?
よく判っていないままのご相談のようです。

本物の近視は手術でしか治りませんし(回復はしません!)近視とは遠くが見えないことです。
老眼とは、ふつう45歳以上の人が近くの小さな文字を見ていてぼやけることを言いますが、本物の近視があればむしろ、自覚症状は起きにくいのです。
近視=近くがよく見える目ということですから。
大抵は50代になっても、掛けている近視の眼鏡を外して裸眼で見ればまだ近くはよく見えます。

ご相談者の症状はどうやら、遠視のようです。
遠視の人は、遠くが見える目と言われますがそうでもなく、ピントを合わせるのにいつも調節力を必要以上に使用しますので、霞(かす)みやすく、見える日と見えない日の差が激しいのが特徴です。
つまり見え方がよく回復すると言うわけです。

また人より早く老眼症状を訴えます。
35歳から40歳くらいの早期老眼です。
いつも肩こりや、締め付けられる感じの頭痛持ちの人も多いです。

これらを正しく検査するのは眼鏡屋ではなくて眼科医だけです。
屈折異常の診断をするのには医師の資格が必要です。

また40歳近くになりますと正常眼圧緑内障と言う怖い病気が増えてきます。
30人に一人の割合です。
痛くもないうちにドンドン進行して失明もありうる怖い病気です。
一番の訴えは見え方の霞みを含めた疲れ目ですので、どうしてもこれを否定する為にも眼科医での診断を仰いでください。

遠視と老眼については下記のサイトをご参照ください。

参考URL:http://www.santen.co.jp/health/enshi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中学生の時に学校の検診で「仮性近視」と診断されて以来、何度も眼科に行きましたが、今まで「遠視」と言われたことはありませんでした。
でもお返事を拝見すると、私の目の症状は昔からまさに「遠視」そのものです。
何はともあれ、私にとっては大切な「目」ですので、すぐに眼科を受診することにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 16:34

cyaboe さん こんにちは



早く老眼鏡をつくるべきか、近視用のメガネを買うべきか、遠近両用にすればよいのか、視力の回復を待つべきかではなくすぐに眼科に行ってください。

ここで悩むよりまずは専門家(医者)に診てもらうのが最優先です。軽い近視ならいざしらず、メガネなどは今回は量販店で購入するのではなく、眼科医の指導のもと眼科で作られることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

両親が老眼鏡を買うに至った経緯を見ていると、老眼は病気ではなくて、誰でも来る老化現象なのだという印象を強く受けました。
上手くつき合っていくための方法を教えていただきたいと思って質問したのですが、どうやら私の場合はお医者さんの手助けが必要のようです。
早々にお返事をありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 16:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老眼の予防や症状改善のためにすべきこと

老眼の予防や症状改善のためにすべきことというのはなんでしょうか?
私の母親が最近少し目が見えなくなってきているといい、可愛そうです。おそらく老眼だとおもいますが予防や、症状改善のためには何をすべきでしょうか?
ちなみに年齢的なもの、性格的なものもあり、生活習慣を改善するのは相当厳しそうです。
それでも簡単にできるような方法等があったら教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

眼科医です。
そうですね、誰しも老眼=老いは認めたくないものです。
でもかといって、いつまでも若く年をとらないと言うわけにはいかないんですよ。
老眼は病気ではありません。

45歳以上になると人間の目の中のレンズである水晶体の水分が減り、固くなり、若い頃のように近くを見る時に、レンズを膨らませてピントを合わせる機能が徐々になくなってくるのです。
これが老眼の正体です。

同時に水晶体に少しづつ濁りが出てきて、誰でも老人性白内障になっていきます。
誰しもです!
どんなに素晴らしい環境で健康的に暮らしていても!です。
ppooooさんも、中年以降になれば老眼になるんですよ、白内障にもね。

むしろ老眼を認めずに治そうとして眼鏡を掛けるのを遅らせますと、頭痛・めまい・吐き気等、身体全体に及ぶやっかいな症状を起こすことが知られています。
老眼から来る眼精疲労は多い訴えの一つです。

45歳を過ぎたら、まだ新聞の文字が見えるからといって頑張らずに、一度眼科できちんと検査してもらって正しいご自分にあった老眼鏡を作るようにお母様にアドパイスしてあげてください。

同時に失明に繋がるような怖い目の成人病である『緑内障』等の検査も出来ます。
なお、若い時から視力の良い遠視の人は、もっと早く40歳くらいから老眼になりますし、逆に近視の方は老眼の症状が遅れます。
この辺は個人差があります。

下のページで大学病院の有名な教授も同様の内容をおっしゃっています。
ぜひご参照くださいね。

参考URL:http://www.santen.co.jp/health/enshi.html

眼科医です。
そうですね、誰しも老眼=老いは認めたくないものです。
でもかといって、いつまでも若く年をとらないと言うわけにはいかないんですよ。
老眼は病気ではありません。

45歳以上になると人間の目の中のレンズである水晶体の水分が減り、固くなり、若い頃のように近くを見る時に、レンズを膨らませてピントを合わせる機能が徐々になくなってくるのです。
これが老眼の正体です。

同時に水晶体に少しづつ濁りが出てきて、誰でも老人性白内障になっていきます。
誰しもです!
どんなに素晴ら...続きを読む

Q近視は止まる?近視の人が老眼になるとどうなるのでしょうか

かなり視力が悪く、裸眼では軽い乱視の入って0.1ありません。
一応これ以上悪くはなっていないようなのですが、パソコンワークのため、どうしても目を酷使します。兄は「ある程度まで落ちたら視力はもう落ちないだろ」と自己診断で言っていますが、視力は止めどなく落ちて行くものなのでしょうか?
何か予防策があれば教えて下さい。
あと近視の人は老眼になりにくいとも聞きますが、近視の人が
老眼になった場合、どのように世界が見えるのでしょうか?
近くも遠くも見えなくなって、何も見えなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

視力は止めどなく落ちていきますよ。特に目を酷使する生活をしているなら尚更です。
予防策と言えば、
・適度な休憩
・ビタミンをしっかり採る
・球技などの目を使う運動をする
・遠い山などの自然を眺める
等がありますが、あくまで予防というか低下を遅らせる事と考えた方が良いと思います。

ちなみに、近視の人は老眼にならないとよく言われますが、それは間違いです。ただ気づかないだけで老眼になります。
要は、近視で元々遠くが見えづらい、そしてその上、老眼が入り近くも見えづらくなるのですが、それを近視の老いた人は近視が進行して見えづらくなったと勘違いするのです。
つまり、近視の老眼は感覚的にはより近視が進行した感じと思えば良いと思います。

近視・遠視・乱視と老眼の仕組みは全く違いますよ。
今の時代、近視に陥りやすいですが、昔と違いレーザー手術といったものもあります。値段は張りますが、そういったものも考えても良いとは思いますけどね。

あくまで、素人なので参考程度にしてください。

Qこれは老眼の症状なのか

これは老眼の症状なのか
そろそろ大分目も衰えてきたような気がしますが、
先ほどの日曜日に家の掃除をしていまして
廊下が随分暗くて見通しが悪かったのです。

若い頃はそれほど気にせずに掃除をしていました。
昼間ならば廊下の電気をつければ十分な明るさになります。

ところがそれでもボンヤリと薄暗かったのです。
ひょっとしてこれは目が衰退してきたのかと思ったのですが、
老眼とは近くのものが見えにくくなる現象だったと思います。
光量に関することも老眼の範疇になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>光量に関することも老眼の範疇になるのでしょうか?

ぷち老眼がはいってきた40代男性です。
そういう症状もありますね。

もっとも他の病気ということも考えられますから、
異常を感じたなら医師の診察をうけたほうがよろしいです。

私も眼科を受診しました。
(他に問題はないけど、ぼちぼち老眼はいってますよとお墨付きをいただきました(笑))

Q遠近両用眼鏡の長所、短所について

 私は、老眼、近視、乱視などがあります。また、左目が半分白内障で、視力は、矯正しても0、7です。右目は正常です。最近遠近両用眼鏡を替えました。近くがみえにくくなったからです。以前とくらべますと、見る角度によって、見えたり、見にくくなったりと、非常に不便を感じています。
 仕事をしているので、近くをみたり、また、遠くをみたりと続くので
遠近両用にしています。この場合、眼科でまた調整してもらったほうがよいのでしょうか。調整してもらっても同じかとも思うのですが、どうぞ良いアドバイスをお待ちしております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

遠近両用眼鏡については、どうしても見難さは感じる事と思います。
顎を引いたり、顎を上げたりする必要がありますし・・・。
特にお洒落なデザインでレンズが小さい眼鏡になると、より見難さを感じると思います。ですので、出来れば大きめのレンズの眼鏡を選択する事と、大きさが気になるようでしたらふちなし眼鏡にするといった選択をする事が望ましいと思います。
また、レンズについても平均的な値段のレンズよりも、一つ上のレンズ(値段が高くなりますが・・・)を選択するという事も考えた方が良いと感じます。
と言う事で、眼鏡の掛かり具合が悪いとか、しばらくするとずり落ちてきてしまうといった不具合等があれば調整によって見易くなると思いますが、そうでないのならばそれ程変わらないと思います。
次回にはレンズの大きさという事も考えて購入されたら宜しいかと思います。

Q老眼の症状? また、その対策

今年で46歳になる母が、どうやら老眼を意識し出したようです。ハードレンズを装用しておりますが、老眼用のものへと替えました。元々若い頃から近視で、今となると近くのものも遠くのものも見えない、と嘆いています。最近では、PCやテレビなどの光が明る過ぎると感じたり、めまいがしたり、急に目の前が真っ暗になって、目を閉じると星のようなものがチカチカと見えたりするそうです。老眼でこのような症状は良く見られるのでしょうか。

サプリメントは、私の勧めでDHC社のブルーベリーとルテインを摂っています。これらで多少の症状は緩和されはしましたが、それでも悪化するばかりだそうで、困っています。職業柄、PCに接したり細かい文字を目で追うことが多く、少しでも改善させたいものですが、日常生活でどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。老眼に良いサプリメントなどもご存知であれば、是非お教え戴きたく存じます。

Aベストアンサー

原因の追求が必要ですので、専門医に診断を受けると良いでしょうが、特別な異常の有無を各種検査で調べてもらうのです。
で、
単に老化という事でしたら、筋肉強化・・・眼も外から見えない各種筋肉が有るのです・・・・・や血管の強化などで、他の部位と同じく正常化している可能性はあります。

また、眼は独立して存在しているのではなく、身体の一部だという事も忘れずに、身体全部の健康に心がけましょう。

Q近視の人は遠視(老眼)になりにくい?

以前、誰かから、近視の人は、歳老うにつれ、遠視(老眼)になっていっても、近視と中和されて、遠視(老眼)になりにくいと聞いたのですが、どうなんでしょう?

自分は、片側0.06ほどの近視(現在、ソフトコンタクト使用)ですが、最近、レーザーによる視力矯正があって、それを受けるべきかどうか思案しています。
何故かというと、歳老いてきて遠視(老眼)になってきて近視と中和されて、ちょうど良くなってくれるなら、このまま近視で過ごそうと考えているからです。

元近視だったが、年老いてから、あまり遠視(老眼)にならなかった経験者の方、
あるいは、眼科の医学的な知識のある方がいましたら、詳細を教えて下さいませ。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単純に書くよ。
近視のおかげで老眼(正しくは老視)になっても近くが良く見える人はいる。ただ、近視と老視が「中和」してるわけじゃない。

老視ってのは、要は「ピントを引けない」ってこと。
ピント付きのカメラを使った事があれば分かりやすいんだけど、ピントがあまり動かなくなった状態。老化現象だな。
ピントが動きにくいから、狭い範囲でしかピントが合わない。
じゃあどの範囲がピントが合うかっつーと、老視になる以前に見えてた一番遠いトコ。

ピントの合う一番遠いトコってのは、目が一番リラックスした状態。そこから近くにピントを引くにつれ、自分で気付くかどうかは別として、目には負担がかかってくる。
若いうちは無理がきくから、近くまでピントを引くことに耐えられる。10m先が見える人でも、15cmの手元までピントを引いてハッキリ見られる。
年を取ると、リラックスした状態から少ししかピントが引けない。若い頃は15cmの近さまで引けたピントが、1mが限界になったりする。

要は「若い頃に見えた一番遠く」より遠い所は、老眼になっても見えないよ。自分の見える一番遠い所は、老視になっても変化しない。
変化するのは「自分の見える一番遠い所のあたりしか見えなくなる」ってこと。

だから、遠視の人はキツイわけよ。遠い所は若い頃と一緒でそりゃ見えるけど、近くが絶望的に見えない。若い頃でも見づらかったのに、ピントがさらに引きにくくなるわけだから。
それと比べると、近視の人は「自分の見える一番遠い所」がもともと手元だったりするから、そのあたりにピントが固定されても不便さは遠視の人よりはマシなわけ。

適度?な近視の人は、老視になっても老眼鏡を使わずに本を読んだり作業したりできる場合があるので、そういう意味では遠視の人よりはいいだろうな。
ただ、現段階で手元が見えないほどの強度近視であれば、それが老視で中和されてほどよい近視に、、ってことはないだろうね。

単純に書くよ。
近視のおかげで老眼(正しくは老視)になっても近くが良く見える人はいる。ただ、近視と老視が「中和」してるわけじゃない。

老視ってのは、要は「ピントを引けない」ってこと。
ピント付きのカメラを使った事があれば分かりやすいんだけど、ピントがあまり動かなくなった状態。老化現象だな。
ピントが動きにくいから、狭い範囲でしかピントが合わない。
じゃあどの範囲がピントが合うかっつーと、老視になる以前に見えてた一番遠いトコ。

ピントの合う一番遠いトコってのは、目が一番...続きを読む

Q老眼の症状について

40歳半ばの男性です。
20歳でメガネを作り時々掛けていました。
30歳から常時メガネを掛けるようになり
最近、久しぶりに辞書の細かい字を見たら見えない事に気付き
メガネを外し裸眼で細かい字を見ると読める事が判明しました。
それから、生活の中で意識していると
近くの文字(例えば本や新聞)は
裸眼の方が良く見えメガネを掛けるとピントが合いません
逆に遠くの物はメガネを掛けないと見えません。

私は遠くが裸眼で見えるようになるのが老眼だと思っていましたが、

私の様に、近くが裸眼でよく見える症状は老眼の可能性もあるのでしょうか?

職場で支障が出てきているので跳ね上げメガネの購入を検討しています。
目に詳しい方、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

老眼です。
40歳代からなるのが普通。

老眼って、遠視とはちょっと違います。
近眼はそのまま。
不便に思われるかもしれませんが、近眼でなかったら、近くと遠くでは、もっと差が大きいですよ。

私も老眼は、40歳代からです。
現在は、二つの眼鏡を掛け替えながらの生活です。
でも仕事なら、遠近両用のほうが便利かもしれませんね。

Q遠近両用コンタクトは近視の進行を抑制できるというのは本当なんでしょうか?

遠近両用コンタクトは近視の進行を抑制できるというのは本当なんでしょうか?

Aベストアンサー

「抑制できる」ではなくて「抑制できるかもしれない」が正しいです。

メガネは矯正器具ですが、コンタクトは遠近両用に関わらず、医療器具の範疇なので、きちんとしたところで作って、定期的な検診やケアを怠らなければ、かなり高い確率で近視の進行を抑制できます。
ですが絶対ということはありません。

Q老眼って必ず誰にも訪れるものなのでしょうか?

40歳を過ぎると近くの物が見えづらくなる老眼
の症状がでる方が多いと思うのですが、人によって
は50歳でも老眼の症状が出ないこともあると聞いた
事があります。

実際、老眼の症状が一生、出ない方もいるものな
のでしょうか?

Aベストアンサー

老眼とは、本来水晶体の機能が弱まったことからなる症状です。使っていれば誰でもでる症状です.近視や,遠視の程度により,出る時期が違うだけです.遠視の人は近くが見づらくなるので、顕在化しやすいだけです。 老眼は老化現象なので誰にでもなる可能性があります。

  http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&rls=SNYA,SNYA:2003-46,SNYA:en&q=%e8%80%81%e7%9c%bc%e3%81%a8%e3%81%af



  

Q近視と老眼

「左目は近くは見えて、遠くが見えにくい・右目は近くも遠くも、ぼやけて見えにくい」という状態で、特に近くで物を見る時に目が疲れます。眼科で「両目とも弱い近視で、右目にごく軽い乱視がある。極端な不同視ではない。」と言われました。

近視は遠くが見えにくくなり、老眼はその反対ですよね。
どうしても「近視で老眼のような症状が出る。しかも右目だけ…」というのが理解できません。
右目はどうなっていると考えられるのか、できれば専門家の方、教えて下さい!

Aベストアンサー

やはり詳細な屈折度数が分からないと(というか、実際にご本人の視力検査をしないと)何とも正確なコメントは難しいですが、医師のコメントから察すると、屈折度数から考えると、もう少し裸眼が見えても良いのではないかな?というような程度だったのでしょうか。

眼球の小さな人(眼軸の短い人)は遠視、大きな人(眼軸の長い人)は近視となり、幼少の頃は遠視傾向にあり、成長につれ眼球が大きくなるので近視化(遠視度数の減少)していきます。これは軸性のもので、形態が関係しますので、遺伝的因子ももちろん関与します。
しかし、これとは別に屈折性の要素があります。これは、ピント調節の働きを持つ水晶体という眼内のレンズが常に緊張状態にあったりすると、当然近視化してしまいます。いわゆる「学校近視」というもので、この傾向にある人は、30歳頃までは近視化が進むといわれています。しかし、この場合、老眼が出現する頃には元の屈折度数に戻りますので、この傾向にある人は「歳を取ったら遠くが見えるようになって、逆に近くが見えづらくなってきた」と自覚します。

遠視傾向にある人は、幼少の頃から眼鏡を掛けていない場合に、この調節緊張状態になります。中程度以上の遠視では、場合によっては内斜視も出てきたりしますが、眼位に異常がない場合、視力発達にあまり影響が出ないので遠視が見過ごされる場合があります。

関係ない方向に逸れてしまいましたがpotirin_potirinさんはパソコンに長時間向かっていたり、ずっと近くを見る作業が続くような状態にありませんか?その場合には、この調節緊張状態にあるのかもしれません。その場合には、(私の経験ですので、医学的証拠がありませんが)屈折度数の割には裸眼視力がイマイチ出ない方が多いように思います。裸眼視力というのはくせ者で、同じ屈折度数で矯正視力が1.0の人でも、裸眼視力は0.1の人もいれば0.5の人もいる、なんて事はざらです。おそらく、視力検査時のリラックス具合(調節緊張の方は、おそらくものを見ようとすると必要以上に緊張するのかも知れません)で左右されると思います。

一番の解決策は、まずは緊張をほぐしてみる事ですので、医師の点眼処方がなされたと思います(処方されている点眼薬は、一般的な調節緊張症の方に処方されています)。しかし、点眼がすべてではありません。患者さん自身にも、眼の休息時間を十分に取って頂くように心がけて頂く必要があります。
こういった方に眼鏡処方した場合、その時はよく眼鏡で見えていても、しばらくすると眼の方がリラックスしてきて屈折度数が変化し、今度は眼鏡を掛けていると頭が痛くなってきたりします。そうなると何度か眼鏡を作り替えて行かなくてはなりません。そういった事があると言うことを念頭に置き、まずは眼の休息を第一に生活してみてください。

やはり詳細な屈折度数が分からないと(というか、実際にご本人の視力検査をしないと)何とも正確なコメントは難しいですが、医師のコメントから察すると、屈折度数から考えると、もう少し裸眼が見えても良いのではないかな?というような程度だったのでしょうか。

眼球の小さな人(眼軸の短い人)は遠視、大きな人(眼軸の長い人)は近視となり、幼少の頃は遠視傾向にあり、成長につれ眼球が大きくなるので近視化(遠視度数の減少)していきます。これは軸性のもので、形態が関係しますので、遺伝的因子ももち...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報