水平面上に8acmだけはなれた2定点A,Hがあり、Hの真上の高さacmのところに点Bがある。線分AH上に点Pをとり、最初Bに静止していた動点がBP、PAにそってBからAまで動く時、BP上では等加速度 {(BH)/(BP)}*g cm/sec^2ですすみ、PA上では動点がPに達した時の速度の水平成分に等しい等加速度で進む。動点がBからAまで最短時間で到着するためにはHPをいくらにすればよいか。ただしgは正の定数である。という問題ですが、どうすればいいのか教えて下さい。

A 回答 (4件)

「どうすればいいのか」というご質問だったと思います。


z = 2a
に到達する経過で、
・まず微分を正しく行うことが肝要です。例えば
> t1を微分してみると、a/(√2ga^3+2zga^2)
にはなりません。
・計算途中の式をその都度整理して、簡単な形に表すようにすると見通しがよく、間違いが少なくなると思います。
・式の変形に自信がない場合には、具体的な数値を代入して検算してみると良いでしょう。
・∂T/∂z = 0 という方程式をzについて解く訳ですが、a,zはどちらも正ですから、√(a^2+z^2) などが掛け算の形で入っていたら、両辺を√(a^2+z^2) で割って構わない。これは丁度、
a(x-1)=0 (ただしa>0)
という方程式は
(x-1)=0
と同じである(両辺をaで割って良い)というのと全く同様の事情です。
    • good
    • 0

「とてつもない値」が途中経過として合っているかどうか、チェックしてはおりませんが、要するにまたやりなおーし、でしょうね。



間違えないで計算しさえすれば、とても綺麗な答が出ます。z=の右辺は、実に2文字で表されますぞ。

この回答への補足

すみませんが書いていただけませんか?

補足日時:2002/02/20 18:35
    • good
    • 0

「微積分の問題」と仰る以上、v(t)からx(t)を出すには、


x(t) = ∫v(s) ds (s=0~t)
を計算すれば良いってのはご理解になっていると想定しました。
また、自由落下運動についてはご存知でしょう。加速度gのとき、速度v(t)は、v(0)=0として
v(t) = gt
落ちた距離x(t)は、x(0)=0として
x(t) = (1/2)g(t^2)
ご質問も、これと全く同じで、ただ加速度が(gza/(a^2+z^2))になってるだけの事です。

> あと、t1は、
は単なる計算間違い。やりなおーし!!

この回答への補足

ありがとうございます。
t1=√{2(a^2+z^2)}/√(ga)は合ってますよね?
t1を微分してみると、a/(√2ga^3+2zga^2)
(8a-z)/v(t1)は(8a-z)/{(gza*t1)/(a^2+z^2)}=(8a-z)/[z√{2ga(a^2+z^2)}/(a^2+z^2)
={(8a-z)(a^2+z^2)}/[z√{2ga(a^2+z^2)}]でこれを微分すると
[{(8a-z)(a^2+z^2)}'*z√{2ga(a^2+z^2)}-(8a-z)(a^2+z^2)〔z√{2ga(a^2+z^2)}〕']/{2 z^2 ga(a^2+z^2)}
=【{-a^2-z^2+2z(8a-z)}*z√{2ga(a^2+z^2)}-{(8a-z)(a^2+z^2)}*[√{2ga(a^2+z^2)}+(2gaz^2)/√{2ga(a^2+z^2)}]】/{2z^2 ga(a^2+z^2)}と、とてつもない値になってしまい0になるzが分かりません。どうすればいいですか?

補足日時:2002/02/16 18:54
    • good
    • 0

BPに沿って移動する間の加速度がg(BH)/(BP)ってのは何の事でしょう。

∠HBPをθとするとき、加速度がg cosθと言っているだから、gが重力加速度だと思えば、摩擦のない斜面をモノが滑り落ちてくる場合の加速度と丁度一致します。この加速度の方向は直線BPに沿っている。
 従って、BP上では、加速度の水平方向の成分は一定で、g cosθsinθです。
 ゆえに時刻tに於けるBP上での速度の水平方向成分v(t)は初速v(0)=0より
v(t) = (gcosθsinθ)t
ここで、HP=zと書くことにしますと
cosθsinθ = za/(a^2+z^2)
ですから
v(t)=(gza/(a^2+z^2))t
と書けます。するとBP上での水平方向の位置x(t)は、x(0)=0として
x(t) = (gza/(a^2+z^2))(t^2)/2
であって、点Pに到達する時刻、すなわちx(t1)=zとなる時刻t1が簡単に求められる。
さて、今度はPA上の移動です。「等加速度」なんて仰ってますが、幾ら何でも「等速度」の間違いじゃないかと思われます。すると点Aに到達する時刻Tは
T = t1 + (8a-z)/v(t1)
と表せます。あとは
∂T/∂z = 0
となるzを求めれば、Tの極値が求められます。これと、0≦z≦8aという条件から、Tを最小にするzが分かるはず。

この回答への補足

すみません。等速度の間違いです。
なぜx(t) = (gza/(a^2+z^2))(t^2)/2 なのでしょうか?速度×時間=距離だと思うんですけど、/2というのは?
あと、t1は、
x(t1) = (gza/(a^2+z^2))((t1)^2)/2
(t1)^2=(2z(a^2+z^2))/gza
   =(2(a^2+z^2))/zaでいいんでしょうか?こうすると、
dT/dz=d√{2(a^2+z^2)/ga}/dz + d{(8a-z)/z}/dz
u=2(a^2+z^2)/gaとおくと
={du^(1/2)/du}*(du/dz) + d(8a/z)/dz - d1/dz
=4z/{2ga√(2(a^2+z^2)/ga)} -8az^(-2)
より0=dT/dzは
z^3=4a√(2(a^2+z^2)/ga)となってしまいます。どうすればいいのでしょうか?

補足日時:2002/02/14 23:28
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数直線上の2点A(a),B(b)を結ぶ線分ABをm:nに内分する点P。

数直線上の2点A(a),B(b)を結ぶ線分ABをm:nに内分する点P。ただし、m>0,n>0とする。
点Pの座標はna+mb/m+n

a<0,b<0やa<0,b>0の場合も成り立つんですか??またそう言える理由を論理的にできるだけ分かり易く教えて下さい

Aベストアンサー

a<bのときは、aにABの距離のm/(m+n)倍を足せばよく、a>bの時はaからABの距離のm/(m+n)倍を引けばよいことになります。
距離は前者の場合はb-aであり、後者の場合はa-bですから、前者では足し、後者では引くので結局両者は同じ式になります。

Q三点A(-1.1) B(2.0) C(3.5)を頂点とする△ABCがあり、点Pは線分AC上でAP:P

三点A(-1.1) B(2.0) C(3.5)を頂点とする△ABCがあり、点Pは線分AC上でAP:PC=3:1です。
点Pを通る直線lによって△ABCの面積が二等分されるときの直線lの方程式を求めよ。

点Pの座標は内分点なのでP(2.4)とだすことができました。
そしてAB上に点Qをとり、X座標をtと置き
Q(t.-1/3t+2/3)ができました。

このあとはどのように計算すればよいのですか?

Aベストアンサー

なるほど!
三角形の面積の公式は?
http://mathtrain.jp/sinmenseki
sinを用いた面積の公式より、
△ABCと△APQにおいて、∠CAB=∠PAQ(=θとおく) だからだよ!

三平方の定理より
AC=4√2 , AB=√(1^2+(2+1)^2)=√10
AP=3/(3+1) ・AC=(3/4)・4√2=3√2
よって、面積における条件より
AC・AB・sinθ=2AP・AQ・sinθ
∴ 4√2 ・ √10=2・3√2・AQ
∴ AQ= (2/3)√10=(2/3)AB
よって、
点Qは、相似より(1,1/3)となる!
後は、簡単だね!
教師でない59歳だよ!

Q(a→-3b→+p→)・(a→ー3b→+p→)=4

与えられたベクトルOA=a→、OB=b→に対して、OP=p→が次の条件を満たすとき、点Pはそれぞれどんな図形を描くか。

(4)(a→-3b→+p→)・(a→ー3b→+p→)=4
{p-(3b-a)}・{p-(3b-a)}=4と式を変形して
3b-a=cより
(p-c)・(p-c)=2`2
よって3b-aの終点を中心とし、半径2の円となる。(答)

この問題よくわかりませんでした。
題意の式を変形して、=Cと置いたのは式が確かに見やすくなるのですが、これは、理由とかあるのでしょうか?なんとなく形が同じなので
同じものに置き換えても良いと考えてもいいのですが、発想が浮かびませんでした。どうしたらいいですか??
質問2つめは
(p-c)・(p-c)=2`2と式がなったのですが、
この式を見てわかることは、=の先の2`2という部分で円の式とわかるのですが、(p-c)・(p-c)から何か気がつくことってあるのですか??もしかしてそれがわかればCと置き換えた意味もわかる気がします。つまり問題を解く際に気がつくと思います。。
質問3:よって3b-aの終点を中心とし~とありますけど、
3b-aの終点を中心とし?ってどういう意味ですか?3b-aを置換えたぐらいしかこの問題は理解できませんでした。>_<
誰か教えてくださいお願いします。

与えられたベクトルOA=a→、OB=b→に対して、OP=p→が次の条件を満たすとき、点Pはそれぞれどんな図形を描くか。

(4)(a→-3b→+p→)・(a→ー3b→+p→)=4
{p-(3b-a)}・{p-(3b-a)}=4と式を変形して
3b-a=cより
(p-c)・(p-c)=2`2
よって3b-aの終点を中心とし、半径2の円となる。(答)

この問題よくわかりませんでした。
題意の式を変形して、=Cと置いたのは式が確かに見やすくなるのですが、これは、理由とかあるのでしょうか?なんとなく形が同じなので
...続きを読む

Aベストアンサー

>題意の式を変形して、=Cと置いたのは式が確かに見やすくなるので すが、これは、理由とかあるのでしょうか?なんとなく形が同じなので
同じものに置き換えても良いと考えてもいいのですが、発想が浮かびませんでした。どうしたらいいですか??

この質問ですが、あなたの学習の段階では別に置き換えに気づく必要はないですし、別に置き換えなくてもいいと思います。ただちょっと見やすくなるかなという程度です。
置き換える必要はないと判断する人もたくさんいると思います。
置き換えるかどうかは個人の好みの問題で置き換えても置き換えなくても数学の論理には全く影響ないですし、答えが合えば置き換えなくても
減点無しの満点がもらえます。

次に(p-c)(p-c)=2^2・・・(1)の式についてですが、
左辺すなわち「=の左側」ですが
(p-c)(p-c)=|p-c|^2となります。・・・(2)
^2は2乗の意味です。
そして|p-c|はベクトル(p-c)の大きさです。
(2)に関しては同じベクトルの積はベクトルの大きさの2乗というベクトルの基本公式です。
すなわちaa=|a|^2の公式です。(これに関しては教科書に太字で載っているので見てください。)

(2)を用いると(1)は
(p-c)(p-c)=|p-c|^2
=|p-(3b-a)|^2=2^2・・・・(3)
となります。

(3)においてベクトル(p-(3b-a))を考えます。
この時座標(x軸とy軸)を作り、原点0を取り、そこから適当にベクトルp、ベクトル(3b-a)をとってください。
そうするとベクトル(p-(3b-a))は点(3b-a)から点pに向かう矢印(ベクトル)・・・(4)になると思います。
式(3)は「その矢印の長さの2乗」が「2の2乗」になるということです。
それは「(4)の矢印の長さ」が2になるということです。
また言い換えますと「点(3b-a)から点pに向かう矢印の長さ」が2になるということです。・・・(5)

ゆえに条件(5)を満たす点pが答えとなります。

条件(5)を見てみると、点(3b-a)を中心とした半径2の円上に点p
を定めるとその点は全て条件(5){「点(3b-a)から点pに向かう矢印の長さ」が2}を満たすことが分かります。

すなわち答えは点(3b-a)を中心とした半径2の円全体となります。

分かりましたでしょうか?
自分で図を書いて考えてみてください。

>題意の式を変形して、=Cと置いたのは式が確かに見やすくなるので すが、これは、理由とかあるのでしょうか?なんとなく形が同じなので
同じものに置き換えても良いと考えてもいいのですが、発想が浮かびませんでした。どうしたらいいですか??

この質問ですが、あなたの学習の段階では別に置き換えに気づく必要はないですし、別に置き換えなくてもいいと思います。ただちょっと見やすくなるかなという程度です。
置き換える必要はないと判断する人もたくさんいると思います。
置き換えるかどうかは個人...続きを読む

Q原点と座標上の2点 A(a.b)と B(c.d)が作る三角形の面積

原点と座標上の2点 A(a.b)と B(c.d)が作る三角形の面積は | 1/2(ad-bc) | となっていますが
中学生の孫に説明する図形から計算すると | 1/2(ad+bc) | となり、どうしても (ad-bc) で
なく (ad+bc) となりますがどこがいけないのでしょうか。ご指導ください

Aベストアンサー

あなたの計算のどこかがいけないんじゃないかなぁ.

どのように計算をしたのかさっぱりわからないので「どこがいけないのか」は書けないけど.

QA,Bをn次正方行列とする場合、|A B B A|=|A+B||A-

A,Bをn次正方行列とする場合、|A B B A|=|A+B||A-B|を証明したいのですが。

Aベストアンサー

最初、質問の意味が全く解らなかったのですが、
次の質問 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5907606.html
と見くらべると、どうやら、2n 次の行列式
|A  B|
|B  A|
のことを言っているようですね。それなら、値は
|A+B||A-B|
と等しくなります。なるほどね。

行列式の基本変形をしてみましょう。
|A  B|
|B  A|
の第 n+k 列(k = 1 … n) を、それぞれ第 k 列へ加えると、
|A+B  B|
|B+A  A|
となります。更に、
第 k 列(k = 1 … n) を、それぞれ第 n+k 列から引くと、
|A+B  B|
|O  A-B|
です。

このブロック三角行列の行列式が、行列式の積
|A+B||A-B|
になることは、Σ を使った行列式の表示
(http://www.snap-tck.com/room04/c01/matrix/matrix08.html
のような…)に、
左下の 0 となる成分を代入してみれば、確認できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報