平安時代の農民の結婚はどうだったのか?貴族同様一夫多妻だったのですか?

A 回答 (1件)

そんなことはないでしょう。

当時の農民はとても貧しいですから、複数の妻がいても、面倒を見れません。また、貴族の場合、ほとんど「妻問い婚」ですから、女性は相変わらず実家にいるのが普通です。また、当時生まれつつあった武士の場合は、関東地方では一夫一妻がほとんどだったようです。北条政子が、夫である源頼朝の「浮気」に厳格だったのは、関東地方のこうした習慣があったからだといわれています。なお、この当時、下級の武士は農民と変わりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平安時代の貴族の結婚

平安時代の貴族の結婚について質問させて頂きます。<(_ _)>

(1) よく奥さんのことを「北の方」と呼んでいますが、これはどうしてでしょうか?
「北の対屋」に住んでいたからでしょうか?
(2) 平安時代は夫が妻の家に通う「通い婚」だったと思うのですが、妻が夫の家で一緒に住むこともあったと思います。
どのような場合、妻は夫の家に入るのでしょうか?
(3) 複数の奥さんが一緒の屋敷に住んでいる場合、部屋割りはどのようになされていたのでしょうか?
やっぱり、「東の対」「西の対」という様に、対ごとに分かれて住むのでしょうか?
またこの場合、誰がどの部屋(対)を使うかということは、どのように決められたのでしょうか?
身分や立場によって、ある程度決まるものなのでしょうか…。

質問ばかりで申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>

Aベストアンサー

ご質問の件、あまり深く考えたこと無かったです。(笑)
でも、気になって調べてみました。

(1)奥方の住んでいた場所が、寝殿造りの北の方角にあったためらしいですね。
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
「おかあさん」の項参照

(2)「通い婚」というのは、元々結婚の当初は男が女のもとに通い
  その後一定期間が過ぎると夫方か妻方かのどちらかに同居す
  るものだったと思います。
  ただ、女性は男性の経済状態に左右されなかった=父親の身
  分に左右されたので、実家の状態にもよったのではないでし
  ょうか?
  基本的に、夫婦となるには「世間に認められる」事が前提に
  あったはずですので、身分にもよったと思います。
  源氏物語でも、明石の方は身分が低かったせいで、世間的に
  は「妻」としてお披露目されていなかったですよね?

http://www.heian-library.com/yamato/yamatoes01.html
(通い婚のリンク参照)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kajyu/genji.htm

(3)これに関しては、ちゃんとした資料がないので、あて推量なの
  ですが・・・。
  源氏物語で光源氏が晩年、関わった女性達をすべて自分の屋
  敷内に引き取ったという部分がありますが、それぞれの女性
  は、対の中に部屋を割り振られていたと思います。
  もちろん人数が少なければ、対毎に別れて住んだということ
  もあったかもしれません。
  どこに誰を住まわすかについては、男性が決めたのではない
  でしょうか?

きちんとした資料を提示できればいいのですが、ちょっとみつかりませんでした。
すいません。
でも、調べてみておもしろかったです。(^-^)

ご質問の件、あまり深く考えたこと無かったです。(笑)
でも、気になって調べてみました。

(1)奥方の住んでいた場所が、寝殿造りの北の方角にあったためらしいですね。
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
「おかあさん」の項参照

(2)「通い婚」というのは、元々結婚の当初は男が女のもとに通い
  その後一定期間が過ぎると夫方か妻方かのどちらかに同居す
  るものだったと思います。
  ただ、女性は男性の経済状態に左右されなかった=父親の身
  分に左右されたので、実家...続きを読む

Q平安時代の貴族の結婚

平安時代、結婚を考えた貴族は(もう通う姫がいる場合)、自分の両親や姫の両親にそれを伝えるのでしょうか?

また、みかよ餅の他に何か必要な物はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

三日夜の餅以外にもいろいろありますよ。

京都の風俗博物館の展示から、源氏物語の『藤裏葉』(夕霧と雲居の雁の結婚儀式)について、詳しいレポートがあります。参考になるでしょうか。↓

実際の『藤裏葉』には詳しいことは書かれていませんが、のちの『栄華物語』などからの推測の形がとられています。

全部で30ページくらいあります。下部の「つづく」をクリックしてお進みくださいませ。

参考URL:http://evagenji.hp.infoseek.co.jp/co-0501-03.htm

Q奈良時代のことですが、農民の他に皇族や貴族も口分田を与えられ、税を納め

奈良時代のことですが、農民の他に皇族や貴族も口分田を与えられ、税を納めていたのですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>奈良時代のことですが、農民の他に皇族や貴族も口分田を与えられ、税を納めていたのですか?

皇族・貴族を含めて院宮王臣家とよんでいるのですが、皇族=院宮と王臣=貴族では規定が違うのですが、根本は似たり寄ったりですので貴族を中心に考えると、位封・職封・位田・職分田・位禄・季禄・節禄・時服・馬料・月料・要劇料があり、そのほかに従者として、帳内や資人と呼ばれるトネリをつけてもらっています(高位者のみ。また家令もつく)。
さて、この内質問に関連すると思われるのは位封・職封・位田・職分田です。この内位封・職封などはまとめて食封(じきふ)とか、封戸と呼ばれ、○○国××郷の△△戸と指定されますが、もらった本人(封主)が直接それらの戸を支配するのではなく、戸のある国の国司が租庸調を徴収し、租の半分と、庸調の全てを封主に直接納入する制度です。租の半分は国に納めるのですから納税したと考えられます。
位田・職分田は○○町などのように直接土地をもらう制度(自分ではないでしょうが耕作することになります)で、その内位田は輸租田と禄令に定められていたと思いますので、租は納めています。これに対して職分田は田令に不輸租田とあったと思いますので租は納めません。しかし、対象が大納言以上と国司・大宰府官人・郡司(郡司の職分田は輸祖田)で高位と地方官に厚い制度になっています。
墾田永年私財法の質問にも書きましたが、墾田といえども田租は納めています。職分田と言う例外はありますが、奈良時代では農地に関しては院宮王臣家といえども納税するのが原則です。

旅先なので律令の本文等の資料を持ってきていないので、不正確な部分もあるかもしれません。参考程度に。

>奈良時代のことですが、農民の他に皇族や貴族も口分田を与えられ、税を納めていたのですか?

皇族・貴族を含めて院宮王臣家とよんでいるのですが、皇族=院宮と王臣=貴族では規定が違うのですが、根本は似たり寄ったりですので貴族を中心に考えると、位封・職封・位田・職分田・位禄・季禄・節禄・時服・馬料・月料・要劇料があり、そのほかに従者として、帳内や資人と呼ばれるトネリをつけてもらっています(高位者のみ。また家令もつく)。
さて、この内質問に関連すると思われるのは位封・職封・位田・...続きを読む

Q平安時代の貴族の屋敷

平安時代の貴族の屋敷について教えてください。<(_ _)>

藤原氏の様な名門大貴族ではなく、橘氏の様な派閥から外れた貴族(ぎりぎり殿上できるくらいのレベルです)の屋敷はどのような造りになっていたのでしょうか?
どういった名前の部屋があり、どの様な人が使用していたのか、それぞれの部屋にどの様な意味があったのか等々教えて頂けると嬉しいです。

また、もし、見取り図等が書いてあるホームページをご存知の方がいらっしゃったら、URLを教えて頂けないでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>

Aベストアンサー

典型的な寝殿造りの鳥瞰図がありました。
http://www.izu.co.jp/~tatami/nenpyou/sinden.htm

説明文を補足しますと、池にそそがれる流れの位置がやや対照的すぎますが「曲水の宴」などが行われました。

また庭の東西の門のある屋根つきの塀の部分は「中門廊」
といいます。

真ん中の寝殿造りは、現在京都御所で見られる「紫宸殿」や
移転されて醍醐寺三宝院などに見られます。

http://isweb20.infoseek.co.jp/feminine/sanusagi/shinden.html
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/orion/jap/hstj/kamigyo/gosho6.html

ヤフー検索では「巌島神社」や宇治の「鳳凰堂」まで出ていますが、様式的に寝殿造りでも建築史では別の神社仏閣部門になります。

寝殿造りの概略と変遷:
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/8702/sinden1.html

・・・図面は本でないと見つからないようです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/8702/sinden1.html

典型的な寝殿造りの鳥瞰図がありました。
http://www.izu.co.jp/~tatami/nenpyou/sinden.htm

説明文を補足しますと、池にそそがれる流れの位置がやや対照的すぎますが「曲水の宴」などが行われました。

また庭の東西の門のある屋根つきの塀の部分は「中門廊」
といいます。

真ん中の寝殿造りは、現在京都御所で見られる「紫宸殿」や
移転されて醍醐寺三宝院などに見られます。

http://isweb20.infoseek.co.jp/feminine/sanusagi/shinden.html
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/orion/jap/hstj/kam...続きを読む

Q平安時代における上流貴族以外の富豪について

学生ではありませんが、中古文学および平安時代史について個人的に勉強しておりますKASANEと申します。
源氏物語より以前のかな物語である『宇津保物語』には、<紀伊国牟呂郡の長者/甘南備種松>という人物が登場します。彼は広大な土地と数多の財宝の持ち主で<宝の王>と称され、女官として出仕していた娘が帝の落胤を産むと、孫の為に豪奢を尽くした館を造成し、都の貴族も驚く程の贅沢な生活をさせるのです。
また別の登場人物で、都で商売を営んでいる庶民の女性が出てくるのですが、彼女もなかなかの財産家であるとされています。
宇津保は仮想の作り物語なので、ある程度は誇張表現の部分も有るかと思いますが、当時の社会をかなり実態的に描いた作品だとか。
摂関一族や受領といった貴族ではなく、この種松や女性のように農民や商人などで一般庶民の富豪家は実在していたのでしょうか?
日本史にお詳しい方、ご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

平安時代には「田堵」と呼ばれる富裕農民が存在していました。
彼らは地方豪族や官吏を隠退したものを出自としており、蓄財した富で新田を開墾して、他の農民に貸し出し(私出挙)、これにより零細農民を支配下において、ますます富を蓄財していきます。
これに関しては「新猿楽記」を読まれると理解が早いと思います。

http://www.gohan.ne.jp/okome-data/07/781.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報