個人でものづくりをしているのですが、自宅から作業場(3キロ程度の道のりを自家用車で通っています。)までのガソリン代などは、経費として取り扱えるのでしょうか?また、頻度は少ないのですが、その車で材料を買いに行ったり、製品を届けたりしているのですが、車に掛かる維持費・(車検代金、保険)等も経費にできるものでしょうか?今年初めて確定申告しますので、少々焦り気味です。皆様のお力添えを!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

事業に使う車両のガソリン代・維持費(車検・修理代、保険料、自動車税)・減価償却費などは経費として処理できます。



ただし、その車両を事業以外の私生活にも使っている場合は、使用割合で按分して、事業に使っている部分だけを、経費として処理する必要があります。
この場合の処理方法としては、一旦、すべてを事業の経費に計上しておき、決算の時に私生活分を「事業主貸し」として、経費から振替えます。

その他にも、建物の賃借料(賃貸の場合)や建物の減価償却費(持ち家の場合)、火災保険料・水道光熱費・電話代等、事業と私生活と共通している経費については、使用面積などの合理的な基準で按分して、事業部分のものは経費として処理できます。

減価償却については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとう御座いました。経費として取り扱えるのですね。安心しました。按分の仕方としては、例えば一ヶ月の走行距離のうち、通勤距離は幾らかで考え比率を出せばよいのでしょうか?この辺は割とアバウトでもいいのでしょうか?(私用にどれくらい使っているかは記録していませんので。)何か言い方法があればご指導願います。 

お礼日時:2002/02/15 07:05

 自家用部分と事業用部分がある場合には、使用頻度によって按分をして、経費として計上することができます。

按分方法は、厳密には毎日の自動車のメーターを日報のようにつけておいて、自家用と事業用にすれば完全ですが、おおまかな使用割合で分けて申告をしても良いでしょう。ガソリン代のみならず、ご質問の維持費である車検費用や保険代、修理代、自動車税などの、車にかかる全ての経費を使用割合によって按分をして経費とする事ができます。

 又、作業場の経費はもちろんですが、自宅で使っている電話や光熱水費などで、事業用に使っているものも同様に区分をして、経費とする事が可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。とてもわかりやすいご説明で助かりました。ご回答の点を踏まえて先ずは自分で按分してみてみます。それでいいのかどうかは税務署で聞いてみます。また機会がございましらよろしくお願い致します。御礼まで。

お礼日時:2002/02/16 08:12

>例えば一ヶ月の走行距離のうち、通勤距離は幾らかで考え比率を出せばよいのでしょうか?この辺は割とアバウトでもいいのでしょうか?(



厳密に云うと、走行記録を控えておいて按分すれば完璧ですが、私用が通勤だけであれば、通勤距離を調べて、その分を控除する方法でも問題はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。おかげ様で大体わかってきました。今回初めての申告ですので税務署の方へ出向き、(この件を踏まえ)申告してまいります。また機会がございましたら、よろしくお願い致します。御礼まで。

お礼日時:2002/02/16 08:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物置小屋の移動に関して。

庭の物置小屋を移動しようと思っています。
幅2m弱、高さ2m、奥行1.3mくらい。
重さは推定150kg位?。
の感じの、よくホームセンターに売っている物置小屋です。
移動距離は15m。

素人では危険なので「業者に頼もうと思いますが、
・普通の引っ越し業者
・便利屋

等が思い浮かびますが、どこが安くてスピーディーで確実なのでしょうか?
情報よろしくお願いします。
ざっくりした相場の金額もわかるようでしたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

移動=設置を含みますよね。

まず、再設置場所に基礎というより水平の土台(レベル)が必要です。
簡単な物置でもレベルが取れていないとドアの開け閉めに支障がでます。
そのようなことを考えると工務店(リホーム店)に頼んだほうがいいと思います。

単に移動するなら4人いれば可能と思います。

相場というなら、人工(にんく)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%9C%88
で考えたほうがいいかもしれません。
地域により違いますが、2~2.5万円(人/日)と考えて下さい。
地域に密着したところならぼったくりはないでしょう。

ちなみに私が、1畳タイプの床下収納の見積もりをした時の工事費は
2.5万円くらいでした。

それに利益や諸経費が見積もり金額となります。

土台ができれれば移動は一時的に人数は必要ですが
たとえば朝一番にすれば(してくれれば)費用は押さえられると思います。

中身の移動はどうしますか。
一番手間ではないでしょうか。
これは別料金と見て下さい。

Q自家用車通勤の交通費は経費になる?計算方法は?

平成18年度(次の)確定申告の為質問です。
(平成17年度の白色確定申告は提出済みです。)

仕事は、2社の印刷会社から下請けで印刷データを
作成しています。開業届は、昨年提出済みです。

交通費は支給されないが、毎日1社に自家用車で
出勤しています。源泉はされていない。
給与ではなく外注費扱いです。

主人の扶養に入っています。

●自家用車通勤の燃料代は経費にできるのでしょうか?

●経費にできる場合、計算方法は?
 出勤した日数 × 距離や(自家用車の)燃費を調べる?
 それとも、キロいくらのように基準があるのでしょうか?
 (自動車はプライベートでも使います。)

●青色申告にしたい場合、平成18年3月15日までに届出が必要だと
 思うのですが、もしも届出をして、確定申告の際に帳簿などが
 面倒になり、白色に切り替えたい。
 ・・・などはできるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

●自家用車通勤の燃料代は・・・

給与ではないとお分かりになっているのなら、「通勤」ではないですね。
それはともかく、仕事に使った分だけを経費にすることには、何ら問題ありません。

●経費にできる場合、計算方法・・・

1ヶ月ほど運行記録をつけてみて、全走行キロのうち仕事用は何キロだったかを調べ、その月に支払ったガソリン代とを按分します。その記録は大事にとっておき、以後は毎月その割合で按分します。
とにかく、第三者が納得できるだけの根拠があればよいわけで、適当な数字をあげておいてもかまいません。

●青色申告にしたい場合、平成18年3月・・・

青色の廃止届けを出す必要があります。廃止届けを出さないと、申告時期前に青色の用紙が送られてきてしまいます。

>主人の扶養に入っています…

ということなら、仕入れや経費を除いた「所得」が、白色なら 38万円以下、青色なら 103万円以下でないと、ご主人が配偶者控除をもらえません。

Qバルト海に浮かぶたくさんの小島に建てられた小屋

先日、新婚旅行で北欧へ行きました。
バルト海をクルーズしながら、ストックホルムからフィンランド(トゥルク)へ向かったのですが、
たくさんの島々の間をぬうようにして船が移動していきました。
小さな島から大きな島まで数え切れないほどあったのですが、その島の水際に、いくつも小屋(小さなお家)が建てられていました。
別荘かな?と思っていたのですが、水際にあったので水浴び小屋(ムーミン童話に出てきます)かな?と思ったり、サウナを浴びるための小屋かな?と思ったり・・・
あれはいったいどういう風に利用する建物なのでしょうか?
常に人が住んでいるものでしょうか?

どの小屋も素敵な作りになっていて、とても印象に残っています。
白夜の中静かな水面を船が移動していったあの時間がまるで夢のようでした!
ご存知の方教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あそこはとても綺麗な多島海ですね。その小屋の大部分はフィンランド語でいう kesämökki,夏用の別荘です。「別荘」というとデラックスなイメージがありますが,多くは電気もガスも水道もないなど非常にシンプルな作りで文明から離れた生活を楽しめるようになっています。だいたいはサウナ付きだと思います。ムーミンの作者,トーベ・ヤンソンもそういう別荘に毎夏滞在していました。

近年は原始的なものから設備の整ったものに変わる傾向にあります。

フィンランドでは夏に4週間程度の休暇を取るのが普通なので,何週間かをそういったところで過ごす人が多いです。人によっては他の季節でも週末や少し長い休みに行ったりします。どの季節でも滞在できる別荘も少しずつ増えているそうです。しかし常に住む住居とは法律的に区別されています。

Q自家用車はどこまで経費?

はじめまして、お世話になります。
個人事業主です。

昨年どうしても旧車がほしくてレストアーベースの物を購入いたしましたが、稀少価値やこれまでの部品代や工賃等で新車額と変わらない金額になり、それ自体はじめからわかっていたことですが、車も営業や得意先さんの接待でよく使います。

車だけを見れば趣味的要素がありますが、自家用車はこれ一台です。

距離的にも走りますので、消耗品はよく交換いたします。

このような場合は旧車とゆうことでも経費と認められるでしょうか? 最初から調べないといけない事だと思いますが勿論営業先では受けが良いのも狙っていたのですが、
愚問だと思いますが、賢者のご意見よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

車両関連の経費に限らず、光熱費・賃貸の場合の家賃・持ち家の場合の減価償却費・電話代など、事業と私用と共通している経費は、合理的に基準で按分すれば、事業用の部分は経費として処理できます。
合理的な基準とは、使用面積・私用時間などです。

車両関連費の場合は、面倒でも、日報のようにして走行距離を記録して、事業と私用に按分するのが一番です。
何ヶ月間か記録を取って、月ごとに、それほど変化がなければ、以後はその割合で按分を継続しても問題ありません。

Qハムスターの小屋を置く場所について

ハムスターの小屋を置く場所について質問させてください。

家のリビングにはPCやテレビが置いてあり電磁波が気になるのと、
物音などがやかましいだろうということで、
比較的気温の安定した寝室に小屋を移動させようと思ってます。

しかし、置けそうなところが窓の前しかありません。
聞くところによると、ハムスターは直射日光が苦手なようなのでそれが気になってます。

カーテンをすれば、窓の前でも問題ありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 お邪魔します。
 電磁波は 大丈夫と思いますが,PCや家電の 高周波部品の
超音波は 影響あると思います。超音波は,彼らの日常会話の
帯域で,人間に聞こえる威嚇音は,彼らにしてみればかなり
ドスの効いた 「なんじゃわりゃごるぁ」位の話し方で,まさに
威嚇音でしょう(失礼)。
 PCにネズミが寄ってくる話もあります。

 ただたしかに温度は問題です。ほとんど巣材のないケージで
しょうから,比熱も小さく,今一般的な飼育法では温度の急変
から逃れられません。
 ちなみに,私は土飼いなので,ハムのほうで,勝手に住環境を
作っています。冬も暖房のない無加温で飼育していますが,巣に
赤外線温度計差し込むと,25度位。エサの脂肪分をクルミで
増やす程度で冬も元気に遊びに出てきてくれます。
 ただ,たしかに夏の直射日光はつらいです。日光の反対側に巣穴
を深く掘っていますが,部屋自体も暑くなるので,巣ごと通気の良い
日陰に移動です。もし,tukisugi様も暑すぎて困るのでしたら,
ポリウレタンだったかにアルミ蒸着させた保温シートを窓に貼ると,
遮温できます。もちろん夜は窓を開けられます。

 土飼いに興味がありましたら,この頁に参考リンクあります。http://oshiete.eibi.co.jp/qa4858249.html
 ではでは

 お邪魔します。
 電磁波は 大丈夫と思いますが,PCや家電の 高周波部品の
超音波は 影響あると思います。超音波は,彼らの日常会話の
帯域で,人間に聞こえる威嚇音は,彼らにしてみればかなり
ドスの効いた 「なんじゃわりゃごるぁ」位の話し方で,まさに
威嚇音でしょう(失礼)。
 PCにネズミが寄ってくる話もあります。

 ただたしかに温度は問題です。ほとんど巣材のないケージで
しょうから,比熱も小さく,今一般的な飼育法では温度の急変
から逃れられません。
 ちなみに,私は土飼いなの...続きを読む

Q契約社員だけど自家用車持込みの経費処理と開業等

契約社員だけど自家用車持込みの経費処理と開業等

ある職種で自家用車を持ち込んで使用する求人があります。
契約社員の扱いですので給与所得者になります(保険、年金、有給もあります)。
ガソリン代や高速代などの消耗品と旅費交通費は会社が負担するので、車両のみの負担です。
青色事業者として開業して自家用車を減価償却することは可能なのでしょうか?
税務署から見れば確定申告の要らない範囲の年収での給与所得者なので、開業届を出す際の事業内容がわかりません(そもそも出せない?)
お知恵頂戴できれば幸いです。

Aベストアンサー

>青色事業者として開業して自家用車を減価償却することは可能なのでしょうか?
給与所得者がその給与を事業所得として申告することはできません。

給与所得者が所得を得るための経費については、給与所得控除として法定されており、仕事をするうえで何らかの費用がかかったとしても、個別具体的に所得から控除することは原則としてできません。例外として特定支出控除というものがありますが、ご質問の車両費は含まれません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1415.htm

なお、通常は実額で経費を積み上げ計算するよりも、給与所得控除のほうが多めになっていると思います。

Q伝統講法 小屋組

手刻みの伝統講法で新築を計画しています。
屋根は切妻屋根、36坪の2階建てです。
小屋組みのことですが、予算の関係からでしょうか和小屋組みから洋小屋組みに変更を提案されました。(天秤がなくなり、振れ止めが入っているのでそういうことかと・・・)
伝統講法の家で洋小屋組みはありですか?
確かに梁は和小屋組だと74本が洋小屋組みだと54本と減り・さらに10本の天秤が減ります。
その代わりに細い振れ止めが20本加わります
木材の減りから考えて素人では大丈夫かなと思いますが強度はどうなんでしょう。
和小屋組みと洋小屋組みのメリット・デメリットとアドバイスお願いします

Aベストアンサー

>伝統講法の家で洋小屋組みはありですか?

小屋組みを洋小屋で組んだら、伝統構法とは言わないでしょうね。

洋小屋に特別の不都合は無いですが、トラスには沢山釘を使ったり、ギャングネイルを圧入したりするのではないでしょうか。
仮に講法に拘らないといしても、軒の出がどのくらいとれるのでしょうか?
洋小屋では、妻の軒の出が短い物が多いです。
伝統構法と聞くと、軒の出は、妻側も平側も4尺5寸~1間ぐらい出すのが流儀でしょう。

Q個人事業主 夫の自家用車を事業で使用した場合の経費

夫(サラリーマン) 妻(個人事業主)です。
夫名義の自家用車(ローンなし)を週1~2回の割合で事業用に使用しており
ガソリン代や車検、保険など使用按分で経費に計上しています。

私が車の所有者であった場合、車も減価償却できると思うのですが
夫名義の場合は無理でしょうか?
夫にリース料としていくらか払うなどは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>よくわかりませんが、ダメだということですよね…

真反対の解釈をされてしまいました。
「どうぞ」と端折らずに「どうぞ減価償却してください」と書くべきでしたかな。

>土地建物の場合は賃貸であれば按分できますが、持ち家であれば経費に計上できませんね…

考え方が違います。
賃貸なら経費になるのは「家賃」、持ち家なら「地代」と「減価償却費」に「ローンの金利」、「修繕費」などです。
もちろん、全額支払い済みならローン金利は関係ありませんけど。

>ガソリン代や車検、保険など使用按分で経費に計上することは問題ないのでしょうか…

事業に使用しているのが事実なら、何の支障もありません。

いずれにしても、事業用以外の財布、預金から事業の経費を払った場合は
【減価償却費 △△円/事業主借 △△円】
【修繕費 △△円/事業主借 △△円】
【消耗品費 △△円/事業主借 △△円】
などと仕訳をします。

事業用以外の財布、預金から支払った、すなわち「生計を一」にする家族が払ったということです。
繰り返しますが、事業に使用しているのが事実なら、家族の持ち物でも経費になるのはとうぜんのことです。

なお、建物を事業の経費とする場合、もし夫が住宅ローン控除を受けているとしたら、事業に使用している部屋面積分は、住宅ローン控除の対象から外されますのでご注意を。

>よくわかりませんが、ダメだということですよね…

真反対の解釈をされてしまいました。
「どうぞ」と端折らずに「どうぞ減価償却してください」と書くべきでしたかな。

>土地建物の場合は賃貸であれば按分できますが、持ち家であれば経費に計上できませんね…

考え方が違います。
賃貸なら経費になるのは「家賃」、持ち家なら「地代」と「減価償却費」に「ローンの金利」、「修繕費」などです。
もちろん、全額支払い済みならローン金利は関係ありませんけど。

>ガソリン代や車検、保険など使用按分で経費に...続きを読む

Q避難小屋の前での幕営について

避難小屋の前での幕営について。 特に幕営指定地でない非難小屋の前で幕営することは合法なのでしょうか?
(たとえば奥多摩の鷹ノ巣避難小屋や三頭山避難小屋の前など)
テントが張れるスペースがあれば可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

回答にはなりませんが、ご質問の内容は最寄りの山小屋に電話で聞くのが手っ取り早いかと思います。

ちなみに広い避難小屋で、室内にテントを張っているのを見た事があります。
小屋を破損したり、他の利用客に迷惑を掛けたりしなければ、室内テントならOKなのかもしれません。

Q自家用車を社用車に

一人株式会社をやってます。

現在個人所有の5年落ちの自家用車を社用車として経費にする際、私個人が、法人に対して車を販売した、と言った形をとり、常識的な時価額を持って経費に計上できるでしょうか?

Aベストアンサー

 できます。問題ありません。ちゃんと名義変更もして下さい。今後の車検代や、ガソリン代なども、もちろん会社の経費になります。注意するのは、その車の売買する金額です。金額が30万超になるならば、会社の経理処理としては、「車両運搬具」で資産計上し、減価償却費で経費にしますが、中古車なので、ほとんど1年で経費処理できると考えます。参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報