肖像権って本人と全然関係ない第3者が訴えることは出来るのでしょうか?
教えて下さい。お願いします。

A 回答 (2件)

肖像権は親告罪ですので、権利を侵害された被害者(この場合は肖像権者)が告発しないと立件されません。


したがって無関係な第3者にできるのは、肖像権者に知らせて判断をゆだねることだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか・・・。
まぁそれが普通か・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 16:12

 肖像権侵害を理由に民事訴訟を提起する場合のことをおっしゃっているのだと思いますが、民事訴訟の当事者となれるのは当該事件につき利害関係を有している者のみです。

肖像権侵害により掲載の差止め請求権や損害賠償請求権を有するのは、通常は本人ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 16:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史上の人物の肖像写真の著作権(肖像権?)について

たとえば、自分のホームページに坂本竜馬の肖像写真を貼り付けようと思った場合、誰かに許可をもらうなりしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ありません。教科書会社が作成した文章、および独自に作成した資料であれば、許諾を得る必要があります。

Q著作権・肖像権に詳しい方、お願い致します

ネットの画像検索で好きな有名人の画像を個人のパソコンにダウンロードし、そのデータを写真屋さんでアルバムにしてもらえるかどうか、お店に問い合わせてみました。

すると、個人で楽しむということなら問題はないが、著作権・肖像権については自己責任になる、という返事でした。

これだけではよく分からないのですが、
・第三者に(私が)訴えられるということは実際にありうるのでしょうか?お店が黙認してくれたら第三者に知れるはずもないと思うのですが。
・仮に訴えられた場合、損害賠償などの相場はいくらくらいなのでしょうか?

ファンなので個人的に手元でミニアルバムとして眺められたらいいなと思うのですが、裁判沙汰になっては困るというのが正直なところです。発注するかどうか迷っておりますのでお知恵を拝借できましたら幸いです。

Aベストアンサー

何点か問題になる部分があるので、分けて説明します。

(1) ダウンロードについて

現行法上、違法にアップロードされた画像等をダウンロードしても、それ自体は違法ではなく、それを利用する場合でもいわゆる「私的使用のための複製」に当たるときは違法ではありません。しかし、2010年1月1日以降は、違法にアップロードされたものと知りつつダウンロードする行為は、違法になります(刑事罰はない)。

もっとも、公式サイトなど、もともと適法な画像等に関しては、ダウンロードしても問題ありませんし、それを元に「私的使用のための複製」を行っても問題ありません。

(2) アルバム化について

上でも少し出てきていますが、「私的使用のための複製」といえる限りで適法です。

「私的使用のための複製」といえるためには、(a)個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲で使用する目的であること、かつ、(b)使用者自身の手で複製すること、が必要です。したがって、業者に依頼するのは(b)を満たさないので、違法です(その写真屋の説明は誤り)。

逆に、あなたが、自分で、自宅のパソコンとプリンタを使ってアルバムを作るのは何ら問題ありません。

(3) 訴えられることがあるか

可能性としてない訳ではありませんが、交通事故に遭うよりは低い確率でしょう。

上述のように、他人に依頼して複製してもらうのは「私的使用のための複製」ではなく、違法行為ですが、依頼者個人を訴えてもほとんど意味がないので、仮に発覚しても訴えられるケースは多くないと考えられます。

何点か問題になる部分があるので、分けて説明します。

(1) ダウンロードについて

現行法上、違法にアップロードされた画像等をダウンロードしても、それ自体は違法ではなく、それを利用する場合でもいわゆる「私的使用のための複製」に当たるときは違法ではありません。しかし、2010年1月1日以降は、違法にアップロードされたものと知りつつダウンロードする行為は、違法になります(刑事罰はない)。

もっとも、公式サイトなど、もともと適法な画像等に関しては、ダウンロードしても問題ありませんし、...続きを読む

Q肖像権 訴えてやるなど言われた時

まず、個人の中での使用で、インターネットなどを通して公開しない事が前提となっております。

都市内など、人が集まる場所での撮影に興味があり、その中で、人が写ってしまう事がある可能性が大であり、個人的に、「肖像権で訴えてやる」言われると、どう対応していいのか困っております。

不特定多数、車のナンバーなど写る可能性が非常にありますし、肖像権の侵害など言われると困ってしまいます。怖いです。そこで、まず、肖像権に対する対応策、風景をメインとして人が写ってしまう事を念頭にお返事頂けたらと思います。

何が撮れるのか、何を撮ったらいけないのか怖くて、何も出来ない状態になってます。
せっかく買ったデジカメも怖くて使えません

お手数ですが、返事宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どうぞお好きに

と言います、でも個人情報は明かせませんよと更に伝えます。
相手がどう騒ごうと、訴える相手の名前も住所も分からないのにどうやって訴えるのでしょうかね?

警察に訴える、110番するぞ!と言われても同じこと。
日本国憲法第21条に「表現の自由」が明記されており、肖像権に関することを法律で定めたものはありません。
肖像権違反とする法律がないので。
更に騒ぐなら逆に名誉毀損で訴えますと言い、手を出そうものならその時点で傷害罪で110番できます。

ようはおどおどしないことです。

Q肖像権・・・肖像というのは顔ですか?

肖像権についてよく分からないことがあります。
例えば、街の風景写真を出版するとします。この場合、写真には人間が写り込むことがありますが、「その人物が誰か分からなければ」問題ないというのが肖像権なのでしょうか?
Wikipediaには姿や形が持ちうる権利とありますが、顔をモザイクで隠して、それが第3者には本人だと分からないようにしても問題になるのでしょうか。というのは、その本人が自分だと分かって(例えば唯一無二の特別な服装で自分だと分かったとした場合)姿や形の権利を主張した場合どうなるのかが気になるのです。
文章が雑になってしまいましたが、販売を目的とする写真撮影に写り込んでしまった人は、顔にモザイクを掛ければ全く問題ないのかどうかを知りたいのです。
どなたかお詳しい方、ご教授願います。

Aベストアンサー

よほど著名人でなければ、顔だけで結構です。

Q賃借人と抵当権者、抵当権設定者の関係について

Aは、Bから借り入れた資金の担保として、抵当権の設定された建物を持っている。
抵当権の設定された後で、Cに対して建物を賃貸した。

その後、Aは債務不履行となった。ここで質問です。


債務不履行となったことをBが知った時点で、建物を競売にかけることができるので、建物の所有権はBに移ったと考えてよいのでしょうか? 書類上の手続きが必要ですか?

また、債務不履行になると、Cの支払っている賃料債権に物上代位して、回収の足しにできることは、分かりますが、AC間の賃貸借契約を解除させることができないと本に書いてありました。Bが恣意的に「解除しろ」と迫らなくても、Aが債務不履行になっている以上、結果的に解除させたのと同等の関係になるような気がします。BはCに対して、「出て行け」と言えるわけですし。


このあたりの関係は、どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

>建物の所有権はBに移ったと考えてよいのでしょうか?

建物を競売にかけることはできますが、それは所有権とは無関係です(あくまで抵当権の効力)。
競売で購入する者が現れ、その者が代金を裁判所に納めたときに、その者が所有権を取得します。それまでは、所有権に変化はありません。

また、賃貸借契約を解除できるのは、当事者だけなので解除ができないと言うことは本当です。
ただ、競売で買い受けた者は、賃貸借契約を解除せずに、借受人に対して建物から6か月後に出て行くことを裁判所に請求できます。
いずれも、単なる抵当権を有している者は、解除も退去も求められません。抵当権実行後の買い受け人のみが所有権を取得し、また退去を求めることができます(原則。なお、例外については省略)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報