出産前後の痔にはご注意!

 度々の質問ですがよろしくお願いいたします。
先日、実母が亡くなりまもなく49日法要と納骨を控えています。(私はすでに嫁いでいます。)
 49日法要の準備として色々調べると白木の位牌から塗位牌を作って法要後仏壇に納めるのでこの日までに塗位牌を用意する・・との事だったのですが。
 施主(父)曰く、過去帳があるから(ダブってしまうので)そちらに記入?するから位牌はいらないから用意しなくて良いと言うのです。
 他の宗派で確かに過去帳だけ・・と言うのも聞いた事がある気がしますが。
 他にも父曰く、お墓に名前を彫るのも今では無く一周忌までに刷ればよい・・とか、気持ちも問題だから細かい事は気にするな・・等など。無宗派ならともかく、先祖代々今のお寺さん(曹洞宗)とつきあっている以上気持ちの問題だけでは済まないと思い色々と最低限の常識や型式があるのでは・・と不安です。
 私も仏事については全く無知で色々調べて父(施主)にアドバイスしてみるのですが父は聞き入れません。(もう嫁いでいるから口出すな・・と)親戚とも色々あって見捨てられていて父は自分の考えで一人で物事を進めてしまう所があり心配です。(当初は父は49日法要もしないと言い張りました!!)今まで母に任せきりで本家の長男なのですが相当非常識な人間でこのような仏事に関しては無知で世間知らずです。
 こちらは東北で曹洞宗ですが本当に位牌は用意しなくてよいのでしょうか?どうかお分かりになる方、葬祭系の常識に詳しい方のアドバイスお願い致します。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

曹洞宗の僧侶です。


信仰や先祖祭祀の形は、結局はそれを行う人の心の形を写すものになるのですが、ccmicanさんのおっしゃるように「先祖代々今のお寺さん(曹洞宗)とつきあっている以上気持ちの問題だけでは済まない」のが現世の現実ではあります。
一口に「位牌」と言っても、いろいろな形式があります。
現在、もっとも多く用いられているのは、故人ひとりひとりに一基のご位牌を用意する形ですが、他に小さな厨子型の位牌の中に歴代のご先祖さまのお名前を記した小さな白木の札を納める「繰り出し位牌」と呼ばれるもの、大きな牌板に複数のご先祖さまのお名前を追記していく形のご位牌、過去帖そのものを収納する形の位牌もあります。
これらのどの形を取るかは、地域の習慣や菩提寺さまのお考え、施主家の伝統などがあり、一概にこうだと言い切れるものではありません。
実際的な対応としては、お付き合いされている菩提寺のご住職にご相談されることが一番まちがいのない方法だと思います。
ご位牌と過去帖は本来、意味合いの違うものですので故人のお名前を記したものが複数あったとしても「ダブって」しまうわけではありません。
ご位牌はご先祖さま(故人)の霊位を拝礼する拠り代ですし、お家のお仏壇にある過去帖は、本来はお仏壇に向かってお経を上げた際にご先祖さまのお名前を回向文の中に読み込むために用いるものです。
回向文とは、読経の功徳をどのように回向するか(振り向けるか)ということを仏さまとご先祖さまに言上するための文言で、たとえば、
「上来、○○経を諷誦する功徳は、○○○○信士霊位に回向し‥‥云々(ここに○○経をお読みしたのは、ご先祖さま○○○○さんの精霊のために功徳を手向けるものです‥‥云々)」とお読みします。
在家のお家の仏壇にある過去帖は、この読み込みのためのご先祖さまのお名前を記した記録簿のようなものであって、それ自体が霊位の拠り所というわけではありません。
ですので、過去帖があるからご位牌はいらないというのは少し話の筋が違うようです。最近の社会の風潮では、私流とか個人の意思の自由が持て囃されていますが、それが本当に至当であるかは、実はよくわかりません。
曹洞宗の開祖である道元禅師は道心(信仰やその実践の志のこと)について「些細なことや詰まらないと思うことでも、おろそかにしてはいけない。自分が意味を見出せないことであっても、他人がなぜそのようにしているのかをよく見て考え、尊重しなければならない。本当の心があれば、それは誰の目にもそれとわかる振る舞いとして現れるものだ」という意味のことをおっしゃっています。現在の大本山永平寺の貫首、宮崎禅師も「人は勝手気ままを自由と思っているが、そうではない。きちんと形に納まったものが平生底(日々の作法)としてあるものだ。本当にまっすぐな心があるのなら、たとえば歪んだままの履物の位置をまっすぐにせずには居られないはずだ。履物が歪んだままで平気なのは、心が歪んでいるからだよ」とおっしゃっています。
「気持ちの問題」というのはまさに正論ではあって、なかなか他人が口を挟みずらくする言葉ですが、こと曹洞宗では、その気持ちを表すために形を整えた振る舞い・作法が重視されるということを、お父様にも知っていただければ、より良いご先祖さまの祭祀を続けて頂けるのではないかと思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

 ご住職様からの詳しいアドバイス、とても参考にさせていただきました。
 私の嫁ぎ先(長男の嫁です)もたまたま同じお寺さんだったので儀両親の仏事の考えややり方?と実家のやり方の相違が多々あり、儀両親に色々と突っ込まれると不安な所もあったものですから・・・。
 実父はあまり型式やしきたりを好まず(というか無知なのですが・・)、一方嫁ぎ先は仏事に関してはきちんとするほうなので。同じ本家という立場で同じ菩提寺でも各家によって違うものなのでしょうかね・・?
 いずれにせよ、今後は実家に関しては黙って見守り、私は嫁ぎ先の長男の嫁として嫁ぎ先のやり方を・・と思います。

お礼日時:2006/05/30 18:03

うちは「位牌を使わない」浄土真宗ですので、詳しい事は存じませんが、


位牌を使われる宗派でも、亡くなった方が出るたびに位牌を増やしていったら、お仏壇に溢れてしまうと思います。
「先祖代代…」というと、すでに相当数があるのでしょうか?
一杯になってなければ、どこかの段階で過去帳に移して位牌はなくなっているのではないでしょうか。そのタイミングが早いか遅いかの問題で、いいかわるいかの問題ではないように思います)

いまの民主主義の時代には、長男も末娘も立場は同じですから、「嫁いだ娘が…」というのは意味のないことですが、
どっちみち、お父さんが「過去のしきたり」だけで縛られることはないのですから、
結局は「本人の考え」が優先です。

(「間違った知識」を信じてるのなら「本当はこうだよ」とおしえてあげるのはかまいませんが、最終的には思想信条の自由が、憲法で保障されており、宗旨を世襲で強制することもありません)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 アドバイスありがとうごじました。
たまたま私の嫁ぎ先のお寺も同じだったので(長男の嫁です)、今でも儀両親と両親では仏事の考えというかやり方も違っていたところもあったので、儀両親に指摘されたりすると色々不安になったりしたものですから・・。 
 でも結局は本人(父)の考えが優先ですから。黙って見守る事にします。

お礼日時:2006/05/30 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去帳の記入について

父が亡くなって、来月四十九日の法要をすることになりました。現在、白木の位牌があります。また、仏壇には、母の過去帳があります。

聞くところによると、四十九日に過去帳に記入するとか。

四十九日の法要はお寺で行います。特にお寺から位牌と過去帳についての話はありませんでした。

この場合、白木の位牌の取扱いと過去帳の記入は、家族がするのでしょうか。それともお寺のほうでしてくれるのでしょうか。一応、浄土真宗です。

教えてください。

Aベストアンサー

うちも浄土真宗ですが、私の住んでいる地域では、過去帳は自分で、四十九日の法要前に記入します。

うちは自宅で法要を行いましたが、四十九日当日は仏壇と経卓の間に、法要の対象になる人のページを開いた状態で過去帳台に乗せて置いておきます。
読経の前に、お寺さんが「今日は釋○○の四十九日の法要です」みたいなことを言われます。
その為にも、法要前に書きます。

位牌は、火葬の時に一緒に燃やしました。
実際のところ、家に持って帰っても置くとこもありませんし。。。
なので、どうしたらよいのか私にはわかりません。
他の方の回答をお待ちになるか、お寺さんに伺うのが一番かとおもいます。

Q先祖代々の位牌のまとめ方について

こんにちは。先祖供養についての質問です。

先日、複数のご先祖のお位牌を繰出し位牌にまとめたのですが、
位牌のない、それ以前のご先祖の供養もしてあげたいと思うようになりました。
それで、そういった場合、どういう形でお位牌を作ればよいのか、
お分かりの方教えてもらえませんでしょうか?
(例えば、繰出し位牌とは別に、「○○家先祖代々之霊位」という位牌を作る、とか)

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

位牌は夫婦の戒名を並記して50年まで仏壇にてお祀りを致します。
いずれかが50回忌を迎えますと、先祖代々の位牌へ合祀し纏めます。
今までの位牌が不要になって寺でお焚き上げをなさいます。

繰り出し位牌なるものが有りますが、纏める方法として賢明な策ではありません。
大部屋に閉じ込めるような個々の仏格を否定してはならないのです。
位牌とは夫婦で並び祀ります。
独身死者は単独で。

位牌の頂部には家宗旨の仏種子を刻みます。
纏める先祖の位牌には
仏種子を刻んでから
『◎◎家先祖代々』とします。
霊位とは刻みません、何故ならば霊の位ではないからです。

Q49日法要、白木のお位牌について

 初めまして。複雑な事情がありまして、あまり詳しい事情を記載できないのですが、、よろしくお願いします。

 昨年に、妻が亡くなりました。妻の実家は、自宅のあった地域からかなり遠方にあるんですが、親族の方が参列してくれました。その際に、私が、まだ若いから先があるので、妻のお骨を実家に連れて帰って、実家の宗派(某宗派の檀家)で、供養させてほしい旨を言われて、いろいろな事情があったため、申し出に了承しました。

 私の宗派で、通夜、告別式を行いましたが、親族が、白木のお位牌、遺影は、他宗派で行ったので、持ち帰れないので、私の方で49日まで供養してあげてほしい、その後は、こちらで供養していきますと申し出があったので、実家に帰らしてあげたいという思いが一番にあったので、そちらも了承しました。

 ここで悩んでいるのが、49日法要と白木のお位牌なんですが、49日法要を行って、その時に魂を抜いてもらった白木のお位牌をお坊さんにお願いするのが良いのか、直接お寺に持って行って、供養をお願いするのが良いのか、また別に良い供養の仕方があるのか、ご意見いただければと思います。

長文失礼しました。

 

 初めまして。複雑な事情がありまして、あまり詳しい事情を記載できないのですが、、よろしくお願いします。

 昨年に、妻が亡くなりました。妻の実家は、自宅のあった地域からかなり遠方にあるんですが、親族の方が参列してくれました。その際に、私が、まだ若いから先があるので、妻のお骨を実家に連れて帰って、実家の宗派(某宗派の檀家)で、供養させてほしい旨を言われて、いろいろな事情があったため、申し出に了承しました。

 私の宗派で、通夜、告別式を行いましたが、親族が、白木のお位牌、遺影は...続きを読む

Aベストアンサー

再回答します。

ですから・・・・。
本位牌は奥様の実家で準備されて守る。
白木の仮位牌は納骨の時にお墓に。
お墓にも置かないという場合に限り、そのままお持ちになっていてよいのです。
後日に気が済んだら、お寺にお願いして預かっていただけば良いのです。
勿論、納骨の際に宗派によって違うことも考慮して教えを乞うのは問題ないことですから。

という回答なのですが。

四十九日だけが法要じゃないのですから
一〇〇カ日や
1年忌
三年忌くらいまでは まだまだ、でしょう?

遺影に影膳を立てるだけでも良いんですよ。
後添えを迎えられてもそうされている方は大勢います。

Q過去帳を写してくれたお寺へのお礼の額について

家系図を作ろうと思っています。お寺のご住職に「過去帳を見せていただきたい」と申しましたら、「私が作ります」とのお話でした。いろいろな事情があって檀家にも見せないようになってきていると聞いたことがありますのでやむおえないと思っています。この場合ご住職が書き写したものをいただけるものと思いますが、そのお礼の額は一般的な範囲でどのくらいお渡ししたらよいものでしょうか。多いほど良いことは承知していますが、決して裕福でもないのでご住職の労力を勘案して失礼の無い程度のお礼をしたいと考えています。ちなみに宗派は曹洞宗で地域では古刹です。

Aベストアンサー

こんにちは。。

 仏式の祭式に関する仕事をしています。私自身はお坊さんではありませんが、お寺さんと接する機会が少なからずあります。

 昨今、お寺の過去帳を元にご先祖様や家系を調べようとされる方が増えているそうです。
 確かに個人情報の塊みたいな過去帳は、簡単には見せていただけないでしょう。たいていのお寺さんはそういう対応のようですね。
 
 さて、お礼ですが、どれぐらいの手間がかかるかによって異なるでしょうね。だいたい以下の点にご留意いただければ、と思います。
 お寺さんからご説明があったかもしれませんが、ご質問の文面から、質問者さんの依頼の詳細がわかりにくいので、少し長くなりますがいろいろなケースを記してみます。(補足いただければ、数日かかるかと思いますが、自分が知る限りのことは再度アドバイスできると思います。)

 まず、お寺さん側の事情ですが、お寺の過去帳の記述形式によって、お寺さんの手間がかなり変わります。家単位で故人を振り分けた過去帳が昔から作成されているなら、ご質問者さんの家の分を書き写せばそれで済みますが、江戸時代は一般人に姓はありませんでしたから、お武家さんか、苗字帯刀を許された家などでないと、それほど古くから家単位に分けたものはないでしょう。その場合、膨大な過去帳の中から一人づつ探していかないといけなくなり、かなり手間がかかります。
 そうなると、お願いする側がどれぐらいの人数を調べようとするのか、どれぐらいの情報を提供できるのかで、調べやすさは変わってきます。年代順に檀家さんが亡くなった順番で記述してある過去帳の場合、没年月日がわかると格段に調べやすくなります。反対に、戒名しかわからないとか、とにかくウチに関係ありそうな人を調べてとかいう依頼は、とたんに調べにくくなります。
 江戸時代の俗名の表記は職業や地名の次に名前が書いてある(○○の何衛門)という形式で書かれていることが多いと思うので、かつて自分の先祖がどのように呼ばれていたかがわかれば、より正確な調べができると思います。

 調べやすいケースの場合、そのお寺で法事を依頼された場合の御布施程度、数名調べていただいただけならそれ以下でも構わないかな、と思いました。
 調べにくい場合は、ケースバイケースですね。情報が少ない上に人数が多いとなると、お寺さんは相当難渋されると思います。ご法事のお布施の2倍程度は必要かな、と思いました。(お寺さんにお聞きになると、たぶん遠慮されて、あんまり高くはおっしゃらないと思いますけど。それでも古い過去帳を調べるのは結構たいへんそうですよ。古文書を読むみたいに文字を判読していかないといけない場合もあるそうです。)

 それと、蛇足ですが、お寺でも案外古い年代までわからないことがあります。お住まいの地域での葬祭が、昔どのように行われていたか、あるいはお寺に荒れた時期があったり、火事にみまわれたことがあったりする場合等によって、お寺に残っている記録の古さはかなり異なります。(お寺自体の歴史の古さと記録の古さは関係ない場合もあります。)
 ご参考になればよいのですが。では。

こんにちは。。

 仏式の祭式に関する仕事をしています。私自身はお坊さんではありませんが、お寺さんと接する機会が少なからずあります。

 昨今、お寺の過去帳を元にご先祖様や家系を調べようとされる方が増えているそうです。
 確かに個人情報の塊みたいな過去帳は、簡単には見せていただけないでしょう。たいていのお寺さんはそういう対応のようですね。
 
 さて、お礼ですが、どれぐらいの手間がかかるかによって異なるでしょうね。だいたい以下の点にご留意いただければ、と思います。
 お寺...続きを読む

Qお位牌の前の木の位牌?の処分の仕方

主人が亡くなり、お位牌に魂を入れる前の木のお位牌がありますが、戒名がペン習字のペンで書いてあります。お位牌に魂を入れたときに、お寺さんに持っていって頂くと思いますが、私と姻族で仲がよくないので、位牌が2つにわかれるのもお坊さんの考えとしてよくないとの事で、「手をあわせるのに、何も拝むものもないのも
おかしいから、これを持っていって拝んでいたら。」とその木のお位牌を預かりました。姑が位牌は管理しています。叔母たちに話しましたら「持っていてもいい物ではないのではないか?」と言われました。私としては、からの木の位牌におがまなくても線香、写真、花、お茶、お水等きちんと(位牌はありませんが)しておりますので、処分したいと思っていますが、物が物だけに困っています。お寺さんともおつきあいありませんし、宗派も分かりません。この木のお位牌の正式名称と処分の仕方、分かりましたら、教えてください。大きな神社で正月などに、おふだやお守り、熊手なんかを処分する場所に出すのはやはりよくないことでしょうか?

Aベストアンサー

白木位牌は叔母様たちがおっしゃる通り、そのままにしておくのは良くないです。
通常は葬場でお棺の中に入れて焼却するか、49日の法要が済み次第焼却するか等々なのですが。
お手次のご住職に相談して処分してください。としか言いようがないんですよね。
別に、あちらへ連絡せずともお寺さん(ご住職)へ直接連絡をとり、遠方だから送ってでもいいかどうか聞いてみたらいかかでしょうか。
それか、ご葬儀を行った葬儀屋さん又は位牌を手配いした所はお分かりになりますか?
最近はお焚き上げ供養ができない所もあるので、断られてしまう事があり、そういった時に位牌を用意した葬儀屋が処分等の手配をしてくれる事もあります。
もしかしたら、お寺さんと連絡を取る為の仲介をしてくれるかもしれません。

Qぼったくりの永平寺曹洞宗

ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。僧侶は4人、戒名は信女です。35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。その費用は90万円請求されました。その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。タッタの5分ですよ。それで4万円以上のお布施を請求されました。
 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。これってひどすぎると思いませんか?100万円近くの金を払ったのですよ。これは当然ビジネスというべきです。それなら明細書、請求書、領収書をだすべきでしょう。
 このことを永平寺に質問しましたが、10日経っても返事がありません。無視しているのです。
 永平寺の修証義というお経には、貪ってはいけない、欲を出してはいけないなどと書いてあります。それなのになんという強欲な!!
 聞くところでは、永平寺系曹洞宗は一番えげつないそうです。金をぼった繰ります。
 みなさんのご意見をお聞きしたいと思いますのでよろしくお願いします。

ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。僧侶は4人、戒名は信女です。35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。その費用は90万円請求されました。その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。タッタの5分ですよ。それで4万円以上のお布施を請求されました。
 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。これっ...続きを読む

Aベストアンサー

 なにか話がごっちゃになっていますね。
 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。
 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。削除要求をされるかも知れません。
 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括しているわけではありません。「曹洞宗」という宗教法人が包括しています。
 ですので,永平寺に質問書を出されても,永平寺はそれらの寺院を統括又は包括していませんので,永平寺にとってはお門違いの質問であり,回答がないのも然りです。
 包括している「曹洞宗」としても,教義に関しては,僧侶を監督し,曹洞宗の教義と違うことを弘通すれば指導しますが,寺院の運営に関してまでは口出しできません。法律上,別の宗教法人であるからです。
 
 さて,うちの菩提寺(曹洞宗・永平寺直末)の相場ですと,
 枕経+通夜+葬儀     =30万円
 葬儀脇導師3万円×3名  = 9万円
 葬儀御車料1万円×4名  = 4万円
 葬儀御膳料2万円×4名  = 8万円
 逮夜法要2万円×5回   =10万円
 逮夜法要御車料1万円×5回= 5万円
 逮夜法要御膳料1万円×5回= 5万円
     計         71万円 となります。
 うちの菩提寺では,院号なしの信士又は信女の場合,戒名料はありません。
 
 曹洞宗では,施食法要が営まれます。新亡施餓鬼と言って,前の施食法要以降に亡くなられた方のある檀家が施主となり,お布施を包むのですが,からお盆の法要と並修するお寺もあれば,彼岸法要と並修するお寺もあり,全く別の日程で営むお寺もあります。
 うちの菩提寺ですと,1霊3万円ですので,質問者の方の菩提寺が1霊5万円ということは,おおむねうちの菩提寺の1.5倍の額と考えれば,71万×1.6=100万超となりますので,質問者の方の菩提寺の相場の額を請求されたのではないでしょうか。
 うちの菩提寺と比較すれば,「高いなぁ」とは思いますが。
 同じ曹洞宗の寺院でも,それぞれの地域性や檀家の状況にもよりますので,1ケ寺をもってして,曹洞宗寺院全部がそうであるかのような誤解はしないでください。
 
 質問者ご自身が,御母様を亡くされ,初めて菩提寺と接されたのではないでしょうか。
 寺院は住職のものではなく,檀家のものです。宗教法人としての代表役員は住職が就いているでしょうが,檀家(その中の総代)が寺院を支えているのです。檀家の多い寺院であればなおさらです。きちんと会計担当の責任役員が居り,お寺に納めたお布施などは,住職の懐に入るのではなく,宗教法人の会計に入り,そこから住職は給料を貰っています。所得税等の源泉徴収もされています。
 お寺から示された額も施食法要のお布施の額も,檀家総代会(寺院護持会)が決めた額であると思われます。
 お布施などは個人のプライベートな支出なので,領収証を貰ったところで,経費で落とせるわけではないので,領収証を求める人が少ないのが実情ですので,求められれば領収証を出すというスタンスの寺院が多いと思います。求めれば領収証を出してくれることが多いようです。特に葬儀に掛かった費用については,遺産分割協議の際に揉めないように,喪主が相続人全員に葬儀費用を示すために領収証を求められる方もいらっしゃると聞いています。
 また,曹洞宗大本山永平寺ですと必ず領収証をくださいます。
 
 それから,お寺が相続税を脱税するということはありえません。法人に相続税が発生することがないからです。お寺が相続税を脱税したのではなく,そのお寺の住職が相続税を脱税したのでしょう。

 曹洞宗寺院及び僧侶全体を貶めようとなさっているようで,悲しくなりました。

 

 なにか話がごっちゃになっていますね。
 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。
 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。削除要求をされるかも知れません。
 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括して...続きを読む

Q四十九日法要後の白木位牌について(浄土真宗西)

こんにちは、昨日四十九日法要が無事に終わったのですが
過去帳に記入していただくため、お寺に持ち帰って頂きました。
月命日の法要は行わないので今度は百ヶ日になります。
ご住職は百ヶ日法要の時に過去帳を持ってきますので
その時、過去帳と白木位牌を交換しますと仰られました。

それまでの間、白木位牌はどうすればいいのでしょうか?
今は仏壇の横にある中陰壇の蝋燭立て、花立て、香炉は外した状態で
遺影と遺骨と白木位牌をそのまま置いております。

このままでよいのでしょうか・・・?
アドバイス、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1でお答えのmakochiさんに引き続き、浄土真宗(本願寺派=西本願寺)の坊さんです。
過去帳をすぐに書いていただけないのはちょっと驚きです。(当方はその場で書くことも多いので)

本来、浄土真宗では白木の位牌も用いなくて良いのですが、葬儀社さんが用意してしまうケースが関東を中心に多いですね。

で、百ヶ日法要の時までは仕方が無いとして、現状の中陰壇を利用してお骨を置いた状態で仕方が無いと思います。
すでに中陰壇ではないので蝋燭立て、花立て、香炉の三具足ははずして処分し、お仏壇の横に置いた壇上に遺骨と白木位牌をそのまま置いておいて良いでしょう。
ただし、遺影はできればはずし、仏壇の真上を避けた上部に掲げましょう。壇上には写真は必要ありませんが、どうしてもなら小さいものにした方が良いでしょう。(でないと間違えて遺影に礼拝してしまいますので)
合掌

Q49日の法要を家族だけで行っても良いのでしょうか

いつもお世話になります。

親族がすべて遠方である・経済的に苦しい、という理由から、
49日法要は家族(3人)だけでお寺に伺ってお経を上げてもらうだけの質素な形で行いたいと思います。
しかし、色々な事例を見ると、49日は重要なので親戚や友人を呼んできちんとやるべきだ、
というような書き方がされていてとても迷っています。
家族だけで49日、というのは一般的に許されることなのでしょうか。

また、この場合、会食(精進落とし)をしない予定なので
お寺へのお布施に「お膳料」をプラスするべきでしょうか。

何卒ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

1法要はより多くの方に参列いただくのが望ましい=理想論です。現実には呼ばれる方も大変です。
2我が家の場合も同居家族のみでしました。
3住職いわく「葬儀・法要は故人追悼の大事な行事ですが、みかけを大掛かりにするのと、それぞれのご遺族一人一人が哀悼の意を込めるのとは別物」義理や見栄で大勢集まるより、現地にいけなくても一人一人が心中で哀悼の意を表せば目に見えなくても「仏様」にはわかります。」

4ご住職によりますが「お布施」「お膳料」「お車料」と3つに分けました。金額は事前に直接お聞きしました。一応宗派で戒名のランク・葬儀の祭壇のランクで基準があるようです。

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む

Q(曹洞宗)お仏壇、お位牌について教えてください。

主人の父が亡くなり、お仏壇はすぐ購入したそうなのですが、開眼供養などは何もせず、お位牌もまだ白木のままだそうです。
今年こちらで三回忌の法要を行うので、それに合わせてお仏壇やお位牌をきちんとしたいと思っています。
田舎の本家のお寺さんは「曹洞宗」なのでその宗派にしたがって行うべきなのだと思うのですが、お墓はこちらの霊園なので相談できるところがなく困っています。
お仏壇は現在田舎にあり、母が元気なうちは田舎に置いて欲しいとのことです。
三回忌は納骨を兼ねて、こちらの霊園で行う予定なのですが、その時にご本尊様やお位牌の入魂もお願いするつもりです。

1.ご仏壇の開眼供養は田舎で別に行った方がいいのでしょうか?
2.亡くなった父は長男ではないのですが、お位牌は、「先祖代々」のお位牌も作った方がいいのでしょうか?

ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
すこし事情がわかりにくいのですが、
(1)ご主人のご実家は、MARUPINさんの現住所とは違う遠方にある。
(2)亡くなったお父さまのご遺骨、白木の位牌は現在、ご実家に
   安置されている。
(3)購入された仏壇は現在、ご実家にあり、点眼されていない。
(4)お父さまのご遺骨は、ご実家ではなくMARUPINさんの現住所に
   近い霊園の墓所に納骨される。
(5)お父さまは本家から独立して新たに一家を立てた方である。
…という事でしょうか。

1.について‥‥点眼法要は実際に点眼するご本尊や仏壇、位牌が無いとできませんから、現に仏壇が置かれているご実家で行うことになると思います。

2.について‥‥お父さまが本家から独立して新たに一家を立てたので
あれば、お父さまが初代ということになりますが、一般に「六親眷属七世の父母」といって、お父さまの霊位と同時に、それ以前の祖先もお祀りするので、できれば「先祖代々」のご位牌もお作りになる事をお勧めします。

地域の習慣やお寺さんの考え方にもよりますので、具体的には、今後お付き合いをされていくお寺さんに相談される事をお勧めします。基本的に、お寺さんは遠方であっても、ご縁のある檀信徒さんの相談や依頼に快く応えて下さるものと思います。

曹洞宗の僧侶です。
すこし事情がわかりにくいのですが、
(1)ご主人のご実家は、MARUPINさんの現住所とは違う遠方にある。
(2)亡くなったお父さまのご遺骨、白木の位牌は現在、ご実家に
   安置されている。
(3)購入された仏壇は現在、ご実家にあり、点眼されていない。
(4)お父さまのご遺骨は、ご実家ではなくMARUPINさんの現住所に
   近い霊園の墓所に納骨される。
(5)お父さまは本家から独立して新たに一家を立てた方である。
…という事でしょうか。

1.について‥‥点眼法要...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング