某地方の求人情報を紹介する、サイトを個人で運営している者です。
この度、ホームページ上でこの地方の既存の求人雑誌(4~6誌)を、販売しようと思っております。(U-ターン学生さん等のため)

そこで、お伺いしたいのですが、個人で雑誌を販売するには何か許可が必要なのでしょうか。販売の流れとしては、希望の方に雑誌の代金+送料+手数料(300円程度)を切手で頂き、私が本屋に行って注文分購入して郵送するという方法です。

まず、雑誌を発行している会社に許可はいるのでしょうか。
また、特に許可は必要なければ、雑誌を撮影して紹介文等をこちらで作るのは問題あるのでしょうか。

その他、求人誌以外でも地方でしかない雑誌等を、販売したいと思うのですが、法律上問題点(違法行為にあたる事)など、上記の販売方法でありましたら、教えてください。

この度は、どうぞ宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 求人雑誌の特徴として、仕入にはほとんどお金はかかりません。

値段は付いていますが、あれは書店の手数料と考えた方がいいでしょう。しかし、名前の知らないところが注文されても、古紙として売られたら何もなりませんので、注意はすると思います。
 また、雑誌一般にいえることですが、郵送の場合、第三種郵便として許可のある雑誌であっても、発行人以外の人が送りますと割高の費用が掛かります。

参考URL:http://www.gem.hi-ho.ne.jp/sayoko_k/post/guide11 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雑誌の郵送時には、第三種郵便というものがあるのを、初めて知りました。
郵便について、とっても勉強になるサイトを紹介して頂いて、有難うございました。

第三者が、商品を販売を扱う根本的な問題点が、改めてわかりました。
再度、販売について検討したいと思います。
本当に、どうも有難うございました。

お礼日時:2002/03/02 19:30

違法行為(刑事罰有り)かどうかという点につきましては・・・


まず、「書籍販売許可」などという制度は無いと思いますので、その点ではOKでしょう。
次に、「古物営業」にあたるかどうかですが、この場合は古物営業ではないので、OKでしょう。
よって、違法行為とはならないと思います。



次に、不法行為(民事)かどうかという点につきましては・・・
出版社が特定の書店にのみ販売権を与えるといった形態は、出版業界ではおそらく執ってないと思いますので、販売行為自体は、多分大丈夫じゃないかと思います。
ただし、「雑誌を撮影し」云々は、著作権の問題がひっかかる可能性があるため、ひょっとしたら問題となるかもしれません。

民事上は、何が問題とされクレームが来るか分からないところもありますので、出版社の許可を得ておいた方が無難ではないかと思います。
(逆に、この話を出版社に持って行くことにより、出版社側も「新しい販路ができた」と考えより良い方向に話が進むかも・・・)

目立たないように、また、小規模の範囲内で営業されるのであれば、無断であってもクレームも来ないのではないかと思うのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的に、想像される問題点を指摘して頂きまして、とっても参考になりました。
現実問題として、回答して頂いた内容の、様々な問題の対処方法を、再度練り直して、是非トライ出来るよう、熟慮して考えたいと思います。

この度は、ご回答誠に有難うございました。

お礼日時:2002/03/02 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国雑誌の国内雑誌への掲載許可に関して

 外国の雑誌に掲載されている記事の掲載許可を当該雑誌社に電話でお願いしたら、電子メールで『掲載を許可します』という文章がワード文書で添付されて送られてきました。
 これだけで、法律的には掲載しても大丈夫なんでしょうか?素人なのでうまく表現できませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1さんのおっしゃる通りですが、一つだけ付け加えます。
そのメールとワードワイルは手を加えずに保存しておいてください。
あとで「許可した、しない」の争いが生じた場合の物証となります。(手を加えてあると証拠能力を失う場合があります。)

Q店舗で売れ残った品物や変色等の品物をヤフオクで格安販売するのは古物商許可証が必要?

スポーツ用品の販売店です。在庫のうち、経年変化や型落ち等で、通常販売できなくなった商品に関して、ヤフオクで格安価格で販売しようと考えています。

この場合は古物商許可証が必要なのでしょうか?古物の定義がイマイチ分からず、投稿させて頂きます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

不要

古物(中古品)を仕入れて売るのに免許が必要なんです。

Q古物商許可について 許可必要? 許可不要?

以下の3点の行為は古物商許可は必要でしょうか?

1点目
海外から新品のものを輸入して、Amazonでコンディションを中古として販売する。
(輸入時の傷、汚れがあるため、コンディションを中古として販売)

2点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載無し)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?

3点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載有り)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?


ご存知の方、3点のご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。【令】第1条、 第2条2 この法律において「古物営業」とは、次に掲げる営業をいう。

1.古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの

2.古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。以下同じ。)を経営する営業

3.古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業(前号に掲げるものを除く。以下「古物競りあつせん業」という。)【令】第3条
《改正》平14法1153 この法律において「古物商」とは、次条第1項の規定による許可を受けて前項第1号に掲げる営業を営む者をいう。

4 この法律において「古物市場主」とは、次条第2項の規定による許可を受けて第2項第2号に掲げる営業を営む者をいう。

5 この法律において「古物競りあつせん業者」とは、古物競りあつせん業を営む者をいう。

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものを...続きを読む

Q以下の場合は地方公務員法第38条の許可が必要かどうか教えてください。

以下の場合は地方公務員法第38条の許可が必要かどうか教えてください。

1.洋書を翻訳した本を出版し印税を受け取る場合

2.国内外で発表された学術論文を翻訳し原稿料を受け取る場合

3・国内外の一般の企業活動で発生する契約書、特許、マニュアル等を
翻訳し原稿料を受け取る場合

4.観光客に対して外国語通訳及び観光案内を行って報酬を得る場合

5.複数言語を使用して行われる国際会議などで、出席者同士が意思疎
通を図れるよう通訳し通訳料を受け取る場合

Aベストアンサー

著述活動や家業の手伝いは認められていますが、副業は禁止です。

1,2は著述活動であれば可でしょうが、アルバイト的な業務であれば
不可。

3は親の手伝いとかでなければ不可

4、5は可のケースもありそう。ただし明らかな副業や、役所の発注
業務を自ら請け負うといったものは不可。

可、不可の線引きは微妙なところもありますし、各自治体によっても
運用が異なる場合もあると思います。
ですから、いずれにしても許可願が正しい手続きでしょう。

Q雑貨販売に関係する法律、許可

一応、化粧品の株式会社ですが、「入れ歯の消毒、防汚剤」を雑貨として販売したいと考えてます。(1)雑貨の製造、販売に許認可は必要でしょうか?(2)「入れ歯の消毒、防汚」という効果を表示すると「雑貨」としての販売はダメでしょうか?(3)雑貨販売に関して問い合わせができるお役所はどこになるのでしょうか?--よくご存知の方の回答をお待ちしてます。

Aベストアンサー

雑貨の製造、販売に許認可に関しては何もありません.

化粧品をやられておられるので,ご承知と思いますが,県庁の医薬品の許認可の中に監視指導課か係りがありますから,ここで,表示上問題ないかを見て貰えます.(医薬品からみにならないかの判断です.)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報