『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ギターでカッティングの練習をしています。
「全部の弦を鳴らすが、鳴らしたくない弦はミュートしろ」と教則本にあり、「低音弦は親指でミュート」とも書いてあったのですが、僕の場合問題がありました。

教則本によれば親指の腹で6弦と5弦をミュートするらしいのですが、僕の親指は間接があまり曲がらないために6弦のミュートが精一杯で、5弦のミュートが出来ないんです。これはカッティング奏法において結構痛い問題なのでしょうか?あるいはなにか他の解決策はありますでしょうか?

皆様の知恵をお貸しください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

何の問題もないです。


解決策はまず、5,6弦のほうを弾かないようにすることです。
もうひとつは、親指で6弦をミュート、4弦を押さえている指先を5弦に触れてミュート。
4弦を押さえてない場合(Dなど)は、余っている指を伸ばして5弦をミュート、で問題ないと思いますが・・・
    • good
    • 1

カッティングのスタイルにはいろいろなものがあります。

軽いノリを作りたい場合などは、低音弦側を鳴らさないようにして、高音弦側だけでカッティングを行うこともよくあります。 その場合、敢えて低音弦をピッキングしないようにするケースも多いでしょう。 総てのケースで、総ての弦をピッキングする必要はないといえます。
鳴らしたくない弦をミュートすることは大切なことではあると思いますが、余計な弦はピッキングしないようにピックをコントロールするとか、別の方法でミュートをかけるなど、親指でカバーできないことについては、工夫をして対処するのが良いでしょう。

親指で5弦までミュートをかけられることは、その分ミュートする方法の選択肢が多くなるのも事実ですが、それができないからと言って致命的な問題とはいえないでしょう。 一つ選択肢が狭くなるくらいと意識しておけばよいと思います。 またそれについては、工夫次第で別の方法を使って十分補えるとも思います。

参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターで指がとどかなくて困っています

ギターをやっているんですが指が短くてある特定のコードしか弾けずGやFなど全然とどきません。(1フレットから2フレットまでしかとどかず3フレット目までいきません)これは自分の弾き方がダメだからでしょうか。それとも指が短かいのがダメなんでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

とりあえず、異常に指が短いということがない限りは、指の長さのせいでコードフォームが作れないということはまずありません。
試しに、弦を押さえることは脇においておいて、人差し指を6弦1fの上、中指を6弦2fの上、薬指を6弦3fの上、小指を6弦4fの上に伸ばしてみて下さい。それが届かないということがなければ、指の長さのせいで3フレットまで指が届かないということはありません。手先・指先の扱い方に難があることが問題といえるでしょう。

弾き方についてですが、まずはギターの構え方から見直してみることをお勧めします。
もし、ギターを構えた時に、ヘッドの位置が低くネックが地面と水平に近い角度になっているとしたら、そのままの状態では弦を押さえにいく手が窮屈な姿勢になりがちです。その状態では、弦を押さえる手の手首が内側に大きく折りたたまれるような形で弦に向かうことになり、手首の裏がつっぱるような具合になって指先の扱いが不自由になりやすいでしょう。そこで無理に頑張ってしまうと、手首の裏に痛みが出るかも知れません。これに思い当たる場合は、まずはヘッドを肩の高さくらいに持ち上げ、弦を押さえる手の手首の折り曲げが薄くなるようにネックの位置を見直すのが良いでしょう。ヘッドを持ち上げるだけでも、手先の扱いはずっと楽になるはずです。

また、コードフォームを作るときには、弦を押さえにいく指先ばかりに気を取られず、手全体のバランスにも注意するのが良いでしょう。
弦を押さえにいく指の付け根が、ネックの表面より沈み込んでいたり、遠くに行ってしまっているようなことがあれば、当然指先も目的のポジションから遠くなり、指を届かせにくくなったり、扱いが不自由になったりすることが考えられます。もしそうしたことが思い当たるとしたら、指の付け根をネックのすぐそばの位置に来るように押し込むよう、手の位置を見直してみるのが良いでしょう。
それと、親指をネックの上に引っ掛けるシェイクハンドグリップになっている場合は、親指をネックの上に引っ掛けることで他の指が引っ張られ、指が目的のポジションに届きにくくなるということも考えられます。このケースの場合は、親指をネックの上につきだすのではなく、ネック裏の中心線上に添えるようにすると、他の指も自由になるでしょう。
なお、最近このサイトで親指を浮かせて使わないことを基本として布教されている方がいますが、その見解は鵜呑みにしないことをお勧めします。親指を無駄に遊ばせるのは、他の部分に無理を強いることにもつながりやすく、お勧めできません。親指は、手の位置を安定させる意味でも、弦を押さえる力を最小限に留め、効率的に力を伝える上でも、積極的に活用するのが妥当です。無駄に遊ばせるのではなく、うまく利用することをお勧めします。

また、コードフォームを作るとき、弦を押さえることに必死になりすぎて、力みすぎているということはありませんか。もし指先ががっちり固定されるくらいに固くなってしまっているとしたら、その力みが指の自由を奪っている可能性も考えられます。弦を押さえることについては、力任せに押さえ込もうとするのではなく、うまく弦を捉えられるポイントを踏まえて、必要最小限の力で弦を捉えることを理想とするのが良いでしょう。力み過ぎは、フレット間で弦がたわみ、音程がシャープするなどの不都合を生む可能性もあります。
弦を押さえる時には、押さえるポジションのボディ側のフレットの近くに指を置くのがセオリーで、そのポジションで弦を押さえれば無駄に力を入れなくてもきれいに音は鳴ってくれるはずです。まずは、そのポジションを的確に捉えるよう注意してみてください。

大抵の場合、指が届かないのは弾き方にまずいところがあるためと思われます。弾き方を見直して改善すれば、対処できるようになるでしょう。何が原因で指がうまく扱えていないのかよく観察して、いろいろと工夫してみることをお勧めします。

参考まで。

とりあえず、異常に指が短いということがない限りは、指の長さのせいでコードフォームが作れないということはまずありません。
試しに、弦を押さえることは脇においておいて、人差し指を6弦1fの上、中指を6弦2fの上、薬指を6弦3fの上、小指を6弦4fの上に伸ばしてみて下さい。それが届かないということがなければ、指の長さのせいで3フレットまで指が届かないということはありません。手先・指先の扱い方に難があることが問題といえるでしょう。

弾き方についてですが、まずはギターの構え方から見直してみるこ...続きを読む

Qギターで他の弦を弾いてしまうのですが・・・

エレキギター暦8ヶ月の初心者です。ニコニコ動画などでギターの演奏動画を見たりするんですが、ほとんどの人がピッキングを大きく振る?というか腕を振っていてかっこいいと思います。それが僕はなかなかうまくできません。6弦や5弦を使うパワーコードならできるのですが、4弦とかになると、大きく腕を振ってピッキングすると6弦などの他の弦に当たって音が鳴ってしまいます。なので右手をボディに固定して弾かないと弾けません。やはりこれは練習でうまくできるようになるんでしょうか??説明下手ですいませんorz

Aベストアンサー

文字での説明は難しいですが、
不要弦に当たってしまっても、音が出ない工夫が必要かと思います。

・ネックを握った状態で親指で6弦をミュート。
・指の腹で弦を押さえ、指の先で上の弦に触れてミュート。
・指先で弦を押さえ、弦を押さえた指の下の部分で押さえた弦以外を軽く触れてミュート。
・人差し指で全部の弦をミュートして、中指、薬指、小指でコードを押さえる

などなど…
必要に応じて、人によって、また指の形状によって
様々な不要弦のミュート方法はあります。

うまい人達は、別にオーバーアクションから狙って弾きたい弦を直接弾いている訳では無いと思います。
少なくとも弾きたい弦の上下の不要弦は何らかの方法で軽く触れるような形でミュートしている場合が多いと思います。

この辺のことは初心者は楽譜からは読みとりずらい部分ですので、
ただ練習すれば巧くなるというよりは、
考えながら工夫して練習する方がよいと思います。
様々なコードスタイルで不要弦をミュートするクセを付けておくと
後々非常に役立ちます。

Qエレキギターのシェイクハンドの練習

こんにちは。エレキギターを始めて半年というところです。といっても、練習が少ないのでまだ初心者と変わらないのですが・・・。シェイクハンド奏法の練習をしているのですが、これがなかなか上手くいきません。2弦、3弦あたりはまだいいのですが、4弦、5弦になると、人差し指で3フレット目を押さえると、薬指が5フレットに届きません。手が小さくても上手くやればできるらしいんですけど。。。薬指を先に固定すると人差し指で3フレット目を押さえられるのですが、人差し指を先に押さえると薬指が開かなくて。で、やってるうちに形がシェイクハンドじゃなくなって来ちゃったり。効果的な練習方法とかあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

シェイクハンドは 一般的にはフィンガーフォームや
にぎり方として扱われていて奏法と言う
いいまわしはあまりしないと思いますよ。
うまくなる効果的な練習方法は指のストレッチです。
指が開くようにひたすらストレッチするしかないです。

シェイクハンドをマスターすればチョーキングが大変
安定してきれいなヴィブラートがかけられますが
男性でも5弦あたりのポジション移動が
つらくなります。女性であればなおさらきついです。
ネックの細いギターを探しても限りがあります。

5弦の付近での移動がある場合は親指をまわして
ネックの真裏につけてジャズスタイルに持ちかえる
のが今では主流です。クラシックギターもネックの
裏を親指で押さえて弾きますね。

どうしてもシェイクハンドにこだわるのであれば
日々、指のストレッチを練習して細めのネックの
ギターを選び5弦あたりであまりに動きが激しい
場合はアレンジして弾きやすくしたほうが良いと
思います。
ちなみに昔ジャズ系のギターリストは”シェイク
ハンドグリップ”は”くそグリップ”だと言って
ポジション移動の多い演奏に向いていないフォーム
と言うか、グリップをずいぶんバカにしていた
と言う話を私が習っていたギターの師匠から聞いた
ことがあります。がんばって下さい。

シェイクハンドは 一般的にはフィンガーフォームや
にぎり方として扱われていて奏法と言う
いいまわしはあまりしないと思いますよ。
うまくなる効果的な練習方法は指のストレッチです。
指が開くようにひたすらストレッチするしかないです。

シェイクハンドをマスターすればチョーキングが大変
安定してきれいなヴィブラートがかけられますが
男性でも5弦あたりのポジション移動が
つらくなります。女性であればなおさらきついです。
ネックの細いギターを探しても限りがあります。

5弦の付近での...続きを読む

Qサスティーンが良いとは?

はじめまして。初めてここで質問させてもらいます。
質問は2つあります。

1.初歩的な事?で申し訳ないんですが、ネックがディープジョイントだと
  サスティーン?が良いとかよく言われてるんですが、
  サスティーンとはどういった物(感じ)なのでしょうか?
  なぜディープジョイントの方がいいのかもできれば教えてください。
  よくわかりません。宜しくお願いします。
  現在所有しているギターは1本で、1989オービルバイギブソンLPCです

2.この度、一生を共にしていくレスポールを買おうと思っていて、
  色々と調べていますが、ギブソンのヒストリックモデルレスポールで
  57、68とかあるんですが、違いがよくわかりません。
  57と68では、具体的にどんなところが違うのでしょうか??
  58.59は価格が手に届かないんですが、
  57.68とかならなんとかなりそうなんです。
  詳しい方がいたら、回答おねがいします。

Aベストアンサー

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。

1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
 接着面積が大きく取れるので接着強度・剛性がかなり高くなり、この部分での振動減衰が小さくなるのでサスティンも長くなるワケです。
 この方式はレスポールならスタンダードやカスタムで採用されており、同じレスポール一族でもスペシャルやジュニアはここまでヒールが巨大ではありません。
 ネックジョイント以外全く同じギターなら、サスティンはディープジョイントの勝ちですが、条件によっては必ずしもそぅとは言えません。
 サスティンはネック剛性やボディの質量、ブリッジやテールピースの剛性と質量などへの依存度が高く、単純に「ディープジョイントだからサスティンいっぱい」とも言い切れません。
 レスポールの場合、まずあの極端に短いネック(=ボディからあまり突き出していないネック→短い分だけ高剛性)の寄与度が大変高いと思われます。
 リペアマンによっては、「例えばスルーネックで24フレット・ダブルカッタウェイのギターよりも、レスポールの方がサスティンが長い」と断言される方もいらっしゃいます。

2.レスポールの57と68の違いは・・・・ここで挙げられているヒストリックモデルとは、最近の復刻モノ?或いはオリジナルでしょうか? 
 オリジナルなら、ヘッドアングル、ネック幅やヘック厚、ボディトップのアーチ形状など木工が既にかなり違うのではないでしょうか・・・・更にペグ、マイク、ブリッジ/テールピースなどハードウェアもほとんど違い、そぅなりますと勿論音もかなり違い、どちらかとゆぅと「似て非なるモノ」と言ったところだと思いますが、如何でしょう?
 復刻モノなら、現物を見たことがないのでどこまで復刻されているのか判りませんが、ただ、最近のギブソン社の復刻モノのデキから想像しますと、オリジナルにかなり忠実だと考えられます。そぅしますと、57と68の違いは上記致しました様な事になっていると思いますが・・・・。

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。

1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
...続きを読む

Qアコギとフォークギターのちがいって??

ギターを始めたいのですが、アコースティックギターが買いたいのですが、買うときに(ネット通信)フォークとか、アコースティックギターか書いてないためどっちがどっちなんだか分からないで困っています。。簡単に見分ける方法って分かりますか??
後、何をポイントに抑えて買えばいいですか??
予算は、かなり少ないので、、、、でも、初心だしいいいですよね^^

Aベストアンサー

アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦(ガット弦)を使うギター(クラシックギター・フラメンコギターなど)と、金属弦を使うギター(フォークギターなど)とがあります。
アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意識したものであれば、フォークギターなどとクラシックギターとを分ける一番の特徴は、上記の通り弦の材質になります。 他にも、ギターの作りが異なりますので、見た目で見分けることも難しくはないでしょう。 なお、一般的な通称として、金属弦を使うアコースティックギターのことを、フォークギターないしアコースティックギターと称することも多いようです(逆にクラシックギターは、特にクラシックギターと称されることの方が多くあると思います)。

何をポイントにして買えばいいのかについては、自分の気に入った特徴を持つものを選ぶのが良いと思います。 ただ、何もわからないうちからネット通販で買うのは、ちょっと不利が大きいようにも感じます。 買い急がずに、ギターのことについて少し知識を付けてから、具体的な購入計画を立てる方が良いと思いますよ。
楽器店が身近にあるのであれば、そこに出向いて店員と相談したり、色々な現物を眺めてきたりするのが良いと思います。 それが難しい場合は、ギターの教則本やギター雑誌などに目を通して、そこから色々と情報を仕入れてみるのが良いでしょう。 それさえおぼつかないのであれば、ネット上で色々な情報を探してみるのも良いかもしれません。 とにかく、知識を付けてから購入の計画を立てることを強くお勧めします。

なお、個人的な意見を付け加えるなら、初めの一本は楽器店で購入した方が何かと便利だと思いますよ。 普通の店であれば購入時の相談にも乗ってくれますし、購入後もアフターケアなどで相談できる相手がある方が、安心して取り組めるでしょう。 また、ギターには弦などの消耗品などもありますから、安心して入れる楽器店があった方が、不便を囲わずにすむと思います。
あと、ギターは自分で調律をしないといけない楽器ですので、その基準を取れるアクセサリは必須です。 チューナーや音叉、ピッチパイプなどが、調弦する時に基準を取るためのアクセサリになりますが、できればチューナーを購入するのが良いと思います。 そのあたりの費用も、予算に織り込んでおくと良いでしょう。

とりあえず、参考まで。

アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦(ガット弦)を使うギター(クラシックギター・フラメンコギターなど)と、金属弦を使うギター(フォークギターなど)とがあります。
アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意...続きを読む

Q1-6弦のバレーで3弦が押さえれない

エレキギターを初めて1週間ほど経ちます。
現在コードを押さえる練習をしているんですが、
人差し指で1-6弦のバレーをするとき、どうしても3弦を上手く押さえることができません。(Fは押さえれます)
もちろんフレットの側を人差し指の側面で押さえているつもりです。しかし、何度挑戦してもミュートされるばかりです。
何で押さえれないんだろうって考えてたんですが、
指の第2関節が太くなっていることが原因ではないかと思いました。第2関節が太く、そこから第1関節にかけて急激に
細くなっています。高低さが10円玉2枚分くらいの厚さも
あります。この細くなっている部分に3弦がくるので
押さえることができないんだと思います。
人差し指で1-6弦をバレーした状態で、右手で人差し指を強く押してやっても上手くあたりませんでした。自分としては、物理的に無理なんじゃないかあきらめかけています。
何か克服する手段などあるんでしょうか?また、
この先ギターを続けていく上で、1-6弦をバレーするってことは多々あるんでしょうか?

乱文すいませんでした。

Aベストアンサー

No4です。
一週間前から練習して、弦は半年前の購入って言うことは、弦を張ってあげてから半年ほうっておいたのかしら?だとしたら.008の弦を買ってきてすぐ張り替えてあげた方が良いかもしれませんね。古い弦が良いか新しい弦が良いかも難しい話しですが、初心者は一月程度で変えたほうがいいと思います。
弦を張ったのも一週間前なら、チョットもったいないかも知れませんね。でも、細い弦の方が弾きやすいでしょうから、換えてみて試してみたらよいと思います。楽器屋さんに行くといろんな弦があります。とりあえず店員さんに初心者なので柔らかめの弾きやすいものをって(同じ太さでも様々なので)相談してみてください。私自身はアーニーボールかダダーリオって云うメーカーの物を使っていますけど。.010の弦をかなり弦高も高くして張っていますので初心者の方には不向きですね。友達に貸すとみんな嫌がります。
さて、スケールですけど、これから上達していって自分で曲に合わせてソロを弾くっていう段階になると、スケールが判らないとヒジョーに辛いです。
スケールについて語り始めるとヒジョーに長くなります。ですが、私がこの場合スケール練習もしてねって書いたのはですね、まずはドレミファソラシドを弾きましょうってコトです。
一日の練習の始まりに、まずチューニングします。チューナーをお使いか音叉をお使いか、はたまた他の楽器(ピアノとかね)を使ってチューニングするかはその人次第ですがまずチューニングします。昨日の練習終了時に音が合っていても、今日は今日でチューニングします。耳の訓練にもなりますしね。
で、チューニング出来たらまずスケール練習。これは体にスケールを覚えこませることと、左手の運指(フィンガリング)と右手のピッキングの訓練になります。出来れば30分くらいはドレミファソラシドとかペンタトニックスケールとかを地道に弾きます。指が疲れても弾きます。飽きても弾きます。その分ウマくなるからです。
初心者ですからおすすめは、
(1)普通に開放弦もつかってドレミファソラシドレミファソラシドって2オクターブ弾いて、ドシラソファミレドシラソファミレドって今度は下降してきます。
(2)これはスケールではないですけど、6弦の開放から順番に6弦1フレット、6弦2フレットと云うように1フレットづつ上昇。6弦4フレットの次は5弦開放にと言うように1弦の4フレットまで半音づつ上がっていくパターン。当然次は下降パターンです。
(3)慣れてきたら((1)が満足いくように弾けるようになったら)開放弦を使わずにドレミ~を弾きます。
20年以上ギター弾いてますが、いつもウォーミングアップとして今でもやります。
ここで注意して欲しいのは、ドレミファ~が弾けたらもう充分と思わないこと。工夫次第でいくらでも難易度を上げて練習できます。例えば全てダウンピッキングで弾く、全てアップで弾く、アップとダウンを交互に弾くとか、メトロノームに合わせてリズムがピッタリになるまで弾くとか、全てヴィブラートさせて弾くとかね。音の粒が揃ってなきゃダメですよ。
本当はこの後ペンタトニックスケールを弾きますが、まだ初心者には不要です。説明も長くなりますし、今回は割愛します。3~4ヶ月たったら改めて質問を立てたら良いでしょう。
ちなみに、私の場合はこの後弾き語り用の譜面でビートルズの曲を(なんだったかなぁ、覚えてないなぁ何しろ昔のことだし)弾いてましたね。たしかバレーコードがない曲を選んで練習していたと思いますけどね。
スケールのサイトについてですが、私がギター初心者の頃はパソコンなんて無かったですからね~。今、サイトで見るとしたらアンプやエフェクターの試聴出来るトコですから、残念ながらオススメできるところを存じませんです。代わりに、雑誌ですがギターマガジンとかを読まれたら如何でしょう。知らない単語とかがいっぱい出てくると思いますが、そのうち解かるようになると(自分はそうでしたから)思いますよ。初心者向けのコーナーとかスケールの話とかも載っていると思います(最近買ってないので断言できませんが)ので、まずは立ち読みでもしてみてください。
長文になってしまい申し訳ありませんが、最後に一つだけ。何しろ諦めずに、そして飽きずに、同じことの繰り返しが多いですが、いずれ肥やしになりますので毎日弾いてみてください。

No4です。
一週間前から練習して、弦は半年前の購入って言うことは、弦を張ってあげてから半年ほうっておいたのかしら?だとしたら.008の弦を買ってきてすぐ張り替えてあげた方が良いかもしれませんね。古い弦が良いか新しい弦が良いかも難しい話しですが、初心者は一月程度で変えたほうがいいと思います。
弦を張ったのも一週間前なら、チョットもったいないかも知れませんね。でも、細い弦の方が弾きやすいでしょうから、換えてみて試してみたらよいと思います。楽器屋さんに行くといろんな弦があります...続きを読む

QFコード1フレット2弦が鳴らない…

アコギを始めて3ヶ月ぐらいの超初心者です。
Fコードなんですが、1フレット2弦だけがどうしても鳴りません。
1弦から5弦までだけを押さえたときは、2弦も一応鳴るのですが、6弦すべてを押さえようとするとどうしても2弦だけが鳴りません。
人差し指は多少斜めにし、ネックの裏からは親指で・・・などの基本事項は実践しているはずなのですが。
4フレットぐらいの押さえやすいところでセーハーしてもどうしても2弦だけ鳴らないのです。
これでは、弦をエレキのものに変えたりしたところで、2弦は絶対鳴らないでしょう。
人差し指の第一関節と第二間節の間で押さえる弦はどうも鳴らない、もしくは鳴りにくいようです。
とはいってもセーハーする以上この部分は絶対使うと思いますし・・・。
毎日押さえる練習はしてるし、最近指のストレッチも始めました。
一体どうしたら鳴るようになるんでしょうか??
バレーコードが弾けないとなかなか曲の幅も広がらないですし、本当に欝です(っд;`)

Aベストアンサー

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押しても関節が曲がらない側面を使うようにするのが良いでしょう。
手を開いて手のひらを向こうに向けてかざし、人差し指の親指側の側面を見てみると、比較的でこぼこのない線を描くと思います。 その直線に近い部分で弦を捉えるように意識すると良いでしょう。
人差し指を傾ける時には、親指を置く位置を少しブリッジ側(手で言えば中指側)に寄せると、人差し指を傾けてもそれほどきつくないと思います。

あるいは、指の長さに余裕があるのであれば、6弦のところに人差し指の先が来る状態よりももう少し余分に指を伸ばして、人差し指の指紋の辺りがネックの上の縁に来るくらいに多少大袈裟に突き出してみるのも良いかも知れません。 関節の位置が変わることで、改善ができる可能性はあると思います。

いずれにしても、人差し指一本でバレーしている時に一部の弦が鳴らないという状況は、指板と指の間に余裕があって、その隙間のせいで弦がフレットから浮いている状態が原因といえるでしょう。 その隙間をうまく潰すように工夫すれば、問題を解消できるはずです。 弦を押えている指の状況や手のバランス全体を見直してみて、問題のある箇所を洗い出し、工夫してみることをお勧めします。

参考まで。

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押して...続きを読む

Q35歳でエレキギター始めようと思っていますが、何からやれば、、、

お世話のなっております。
若い頃から、音楽を聴くのは好きで(主に洋楽HR/HM系です。アイアンメイデンとか好きです)したが、特にエレキギターに関心があり、あんなふうに弾けたらいいなと思っておりました。しかし楽譜も読めない音楽知識のない私には、とうてい実際に弾くのは無理だと思っていました。
しかしこの年になって、仕事に追われて、無趣味になっている自分に虚しくなって、2007年を迎えるにあたって、心にくすぶっていたエレキギターをやってみたいという気持ちを実現させようと思いました。
聞くことは好きだったので雑誌などで道具として何が必要かというのはある程度わかっているつもりですが、問題は何から練習すればいいのか見当もつかないということです。いきなり好きなバンドの譜面を買ったところで対応できないとは思いますし、教則本といってもいろいろあるし、それを見て実際に理解できるかどうかも不安です。(周りにも楽器をやっているような人も居ませんし、、)
なにからやれば挫折することなく続けていける可能性が高いでしょうか。アドバイスいただけないでしょうか?お願いいたします。

お世話のなっております。
若い頃から、音楽を聴くのは好きで(主に洋楽HR/HM系です。アイアンメイデンとか好きです)したが、特にエレキギターに関心があり、あんなふうに弾けたらいいなと思っておりました。しかし楽譜も読めない音楽知識のない私には、とうてい実際に弾くのは無理だと思っていました。
しかしこの年になって、仕事に追われて、無趣味になっている自分に虚しくなって、2007年を迎えるにあたって、心にくすぶっていたエレキギターをやってみたいという気持ちを実現させようと思いました。
聞く...続きを読む

Aベストアンサー

40代。男性。ギター歴20数年。

●先ず、エレキギターを買います。

メーカーは、大手メーカー(ヤマハ、アリアとか)の一番安いやつでいいです。
ソフトケース付き。
値段は2万円以下。

おそらく、調律のためのチューナーが付いてきますので、調律はそれで合わせます。
※調律が出来るか出来ないかが、一つの壁になります。

ペグ(糸巻き)への弦の付け方も少し難しいです。
ペグへの弦の付け方は、バラ売りのヤマハのエレキ弦の袋に書いてありますので参考にしてください。
6,5弦は、特別な付け方をしなくても巻きが滑って戻るような事はありません。

アンプは5W以下で安い5千円以下のものに取りあえずします。
買います。

シールド(アンプとエレキギタ-をつなぐ線)の安いやつで3mくらいを買います。
エレキに付属している場合もあります。

エフェクターは取りあえず不要ですが、ディストーション(歪み)1万円があると雰囲気が出ます。
マルチエフェクターの安いやつ、2万円以下でも良いです。
アンプにディストーションが付いている物もあります。

エフェクターを入れるとシールドが1本足りなくなります。
買います。

この他に、毎月「ヤングギター」と「ギターマガジン」の雑誌を購読するか、立ち読みをします。
ビギナーのコーナーがありますので、ここは必ず読みます。
広告も観察して、雑学を仕入れます。

教則本も立ち読みして、ギターパーツの名称など覚えます。
また、雑学を仕入れます。

●コピーしたい曲を選択します。

TAB(タブ)譜付き(ギターの6弦を模して、指を押さえる場所がわかる譜面)の譜面を買います。

スコア(譜面)に、5線譜と平行して「TAB」と縦表記された6線の譜面がある物がTAB譜です。
押さえる弦(6弦~1弦)と、フレットが図示されています。

ソロパートの物は、カラオケのCDが付属している物もあります。

調律がしっかり取れていれば、TAB譜で耳コピーをすれば練習になります。

●雑学は、楽器屋さんの店員に聞きます。

●後は、やる気があれば大丈夫。

40代。男性。ギター歴20数年。

●先ず、エレキギターを買います。

メーカーは、大手メーカー(ヤマハ、アリアとか)の一番安いやつでいいです。
ソフトケース付き。
値段は2万円以下。

おそらく、調律のためのチューナーが付いてきますので、調律はそれで合わせます。
※調律が出来るか出来ないかが、一つの壁になります。

ペグ(糸巻き)への弦の付け方も少し難しいです。
ペグへの弦の付け方は、バラ売りのヤマハのエレキ弦の袋に書いてありますので参考にしてください。
6,5弦は、特別...続きを読む

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む

Qフレットの減りの判別方法

こんにちは。

ヤフオクなどでギターを見ていると
「フレットの減りは~です。」
といった表記が良く見られます。

フレットの減りはどのように確認するのでしょうか?
今まで意識した事がなく、良くわかりません。

私が10年くらいに買ったギターには
フレットに弦でできたへこんだ跡があります。
ちょうど各弦の下にできていてボコボコしています。
これがフレットの減りなのでしょうか?

それ以外のフレットの減り方はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることでどうしてもできてしまうものです。また、弦をフレットにこすり付けるような奏法(チョーキング)などを多用する場合、それがフレットの減りを促すこともあります。その場合、弦の下ではなく、弦の横でもフレットが減ることになります。
フレットの減りは、音程の狂いを招いたり、スライド奏法などの時の指触りが悪くなったり、程度がひどくなるとビビリや音切れ、チョーキングの際の音詰まりの原因になったりすることがあります。

フレットについては、特に金属の弦を使うギターでは長期的には消耗していくものになります。フレットの減りについては、ある程度は避けられないことになるでしょう。
減ってしまったフレットについては、軽度であればすり合わせ、重度であればフレット交換で状態を修正できる可能性があります。すり合わせはフレットの上部を複数のフレットに渡って均等に削り落として最も低いところに高さをあわせ、フレットの上部の角を落として新品のような状態にする修正です。フレットの最も低いところでまだ十分なフレットの高さを確保できる場合は、フレットのすり合わせを行ってフレットの状態を回復させることができます。もし、すり合わせを行った後でフレットの高さが十分に確保できないくらいにフレットが減ってしまっている場合には、フレットを交換する必要があります。
すり合わせもフレット交換も、素人作業では精度を出すことが難しいことも多いため、どちらも専門家の手に委ねた方が良い修正といえます。フレットのすりあわせについてはリペアショップにもよりますが10,000円程度から、フレット交換については30,000円前後の費用がかかると思います。フレット交換に関しては、ネックにバインディングが入っていたり、セットネックやスルーネックのギターでは、より費用が高くなることも多くあります。また、特にフレット交換については修理費が高くなる傾向があるため、ギターによってはギターそのものを買い換えた方が安く上がることもありえます(そうした場合、リペアショップの良心で修理を拒否するところもあるようです)。

参考まで。

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング