サーバーの容量制限のことで悩んでいるので教えてください。
win2000サーバーでクォータを有効にしているドライブへのデータ保存についてなのですが、クォータはユーザー単位で機能するはずですね。以下の例は、規制対象ドライブ内の事として、複数のフォルダ、サブフォルダが存在する環境とします。

1.ユーザーAが、保存するデータの総量がクォータの制限を受ける?
2.ユーザーBが保存していたデータをユーザーAがコピーして保存した場合、このデータはユーザーAのクォータの規制対象になる?
3.2の答えで、ユーザーAのものにならない場合は、ユーザーBのデータが増えることになる?それとも、制限の関係ないデータとなる?(このデータの運命は?)
4.データに所有者(作成者、更新者ではない)が埋め込まれたデータの場合と、所有者の設定がないデータに動きの違いが発生するのか?
5.管理者(administrator)は制限がありませんが、管理者がユーザーの保存したデータをコピー&保存した場合はどうなる?

以上についてなのですが、何かすっきりしません。
どなたか、未熟者にご教授ください。

A 回答 (1件)

はじめましてpppstationといいます



Q1
ユーザAに対しての設定が有効であればクォータの制限を受けます

Q2
この場合ファイルコピーだけでは所有権が変わりませんのでユーザーBがファイルコピーをしたとしても
ユーザーAの使用データが増えることになり、
ユーザーAの使用許容量が減ることになります

Q3
Q2のようになります

Q4
管理者のデータは管理者として扱われるため、特に制限は受けません

以上のような制限だったと思います
何かあれば補足お願いいたします
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ