ここ(化学)か、環境問題のところか、どちらのカテゴリーで質問すればよかったのかなぁとおもいましたが、とりあえずこっちのカテゴリーでお聞きします。
わたしがいつも通う飲み屋さんでは、焼き鳥を塩味で頼むと、炭火で焼き鳥を焼きながら、そこに塩をふりかけています。
でも、そこでふと考えてのですが、ごみの焼却炉に塩化ビニルを投げ込むとダイオキシンが発生するのと同じように、焼き鳥を焼く炭火の中に塩をふりかける(=燃え盛る火の中に塩素を含む物質を投げ入れる)とやっぱりダイオキシンが発生するのではないかと、お店のアルバイトのお兄ちゃんが鳥串を焼いてくれるのを、いつもはらはらしながら見ています。
以上長々と書き連ねましたが、要は、焼き鳥屋の炭火の上にふりかける塩化ナトリウムからダイオキシンが発生する心配はあるのか否か知りたいのです。お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

んにちは


焼き鳥で一杯最高ですね。私も昨日やってきました。
ダイオキシン類(以下単にDXNと略します)は極微量の単位で議論されるため、どの位の濃度で「発生している」と判断するかと言うことを定義しなければなりません。ここでは1pg以下(10-^12g:1兆分の1g)を発生しないとしておきましょう。
まず、DXNの発生機構としては、C-Clの結合が有ることが前提となります。例えば塩化ビニルなどの含塩素高分子化合物は燃焼過程で複雑な変化を経てDXNを生成します。以上のことから廃棄物焼却炉が主要発生源となっており(我が国の排出量全体の約90%を占める)、塩ビ追放運動などが展開されています。塩ビ工業界では反対の議論を展開しており、#1の方のURLで、決して塩ビだけがDXNの発生原因ではないと言っていますが、説得力に欠けますね。
焼き鳥・焼き魚は塩を振りかけていますが、塩化ナトリウムであってC-Clの結合を含んでいません。従って殆ど発生しないとと考えられます。ただし、鳥類の場合、肝にDXNが蓄積される傾向がありますので、注意が必要です。特に野生の鳥類の肝には数百pg程度含有されると報告されています。
塩化ナトリウムは800℃以上になると、塩素がガスとして遊離する場合があります。それが肉類のタンパク質と反応し、DXNの発生が考えられますが、焼き鳥の場合そんなに温度が高くはなりません。従ってこれも考えられません。
結論
ご心配なく。全然心配ありません。ただし、野生鳥類の肝の多食や飲み過ぎには注意しましょう。

参考URL:http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=1286
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「全然」心配ない旨の回答を頂き、晴れて大手を振って飲めます。しかし、DXNの9割がごみの焼却炉から出ているということは、私たちもごみの分別を徹底するなど、DXNを出さない環境を作る努力をしなくてはいけませんね。
回答だけでなく飲み過ぎへのご心配までしていただきありがとうございます。でもこれだけは止められないんです。現に、今も缶ビールをちびちびやりながらお礼書いてますし、明日の晩もいつもの店でコップ酒煽ってます、きっと。(てへっ)

お礼日時:2002/02/17 20:26

もちろん発生しますよ。

熱による上昇気流で焼き鳥にも付着するでしょうし、
呼吸によって体内へも入っていくでしょうね。
ただ、ダイオキシンは放射線と同じように普段の生活の一部ですから
過度に摂取しないかぎり、どーってことないですよ。
それこそ毎日焼き鳥を食べたところでダイオキシンの影響よりも
寿命で昇天する方が早いですね。逆に毎回ハラハラしている方が
ストレスが溜まって体によくないですよ。

ダイオキシンは最近になって発生したものではありません。
もちろん人口化合物製品が増えたためにダイオキシンの発生量も問題に
なってきました。しかし、鳥だって塩だって昔からあるものです。
お酒だって分解されるとアセトアルデヒドっていう猛毒になりますが
「酒は百薬の長」って言いますよね。適量であれば毒も問題はないんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の中に「いつもはらはら」なんて書いたのも、御礼をする段になるとちょっと大げさだったかな、とも思ってます。その点失礼しました。
ま、私の場合は週2回ほどいく居酒屋で焼き鳥のダイオキシンを心配するより、休肝日のない自分の体を心配するほうが先決ってとこでしょうか。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 19:56

 私も鋭いご指摘だと思います。

でも片手落ち(既に差別用語だが)です。
 焼き鳥だけでなく、タレを付けてジュージューする焼き肉、豚肉にタレ付けて
焼いたローストだって当然塩味が付いていれば同様です。No.1の方がご指摘して
いるよう魚は旧来より塩を振って焼いてますから、心配ですねぇ・・・
 と、言っておいて塩は固体でもイオン性の物質ですから、それが有機物に反応
する(塩を作るのではなく共有結合を作る)のはかなり大変です。意図して高温
反応で燃えない前に塩化物だけを取り出すのは、相当な技術かと思います。
 また、No.1の方もご指摘されてますよう、今の分析レベルは既にppbの下のレ
ベルであるかないかを議論してますから、元々肉に含まれていたダイオキシン類
(これがゼロだなんて誰が保証してくれていますか?)と塩を振って焼いた後の
肉(あるいは燃焼ガスも含むか)の中のダイオキシン類の量の差がどれだけか、
は非常に精密な解析が必要なレベルと想像されます。
 従って、お答えは「無いとは言えない」・・・で、結局No.1の方の回答そのま
まです、失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

塩は固体でもイオン性の物質だ、ということは塩化ナトリウム中の塩素がナトリウムと離れて有機物と結びつくことはまずないので、ダイオキシン類が出てくることも「ほとんど」ないということになるんですかね。
いずれにせよ、まあ過度に心配することはないということですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 19:47

すごいところに目をつけましたね.言われればなるほどって感じです.




直接的な回答ではないのですが,以下のURLにダイオキシン一般について書いてあります.

要約しますと,
・何を燃やしてもダイオキシンは発生しうる(URL:Q9より)
・食物から摂取するダイオキシン量は,大気中から摂取するものよりも多い(URL:Q14より)
・しかし,食物から得られるダイオキシンの量は,国が設定しているダイオキシン限界許容摂取量よりも小さいとされているらしい(URL:Q14&Q19より)


こんなとこです.だから,私が推測するに,その焼き鳥にもダイオキシンが含まれている可能性も無きにしも非ずってところですかね.

でもよく考えたら,これは焼き鳥のみならず,ステーキとか魚に塩を振って焼くのと同じことだし,このダイオキシンを気にして肉類を摂取しなければ,逆に栄養バランスが崩れて,違う意味で人間にとって害になってしまうかもしれませんね.

参考URL:http://www.vec.gr.jp/dioxins/info_dio.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございます。
大気中から摂取するもののほうが食物からより多いのであれば、あまり気にする必要もないのでしょうね。

お礼日時:2002/02/17 19:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

熱 解析」に関するQ&A: 宇宙工学に強い大学

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCB処理方法について

東京都江東区でPCB処理施設が稼動始めたニュースを見ました。高温と高圧でPCBを炭酸ガス、塩、水に変えるとのことです。他の方法との優位性や詳しい反応について教えて下さい。また、この施設の設置費用、運転資金は、全て税金なのでしょうか(元PCBメーカーは、どの程度負担するのでしょうか)できれば知りたいです。

Aベストアンサー

PCBは日本では1974年に輸入及び製造が禁止されていますが、
未だ全廃はされておらず政府は2016年迄に全廃を目指しております。
国の政策なのでおそらく税金で賄われるのではないでしょうか。
PCB単味の分解方法を一つとして紫外線で分解する方法が有ります。
他にもPCBの塩素を水素に置換し、無毒化する方法も有ります。
どれが一番有効かについては存じません。悪しからず。

Q化学(ダイオキシン発生するか?)

オリエンテットポピプロピレンフィルムとオリエンテッドポリプロピレンフィルムの違いを教えて下さい。

ポピプロピレンとポリプロピレンでは、ダイオキシンの発生量は違うのでしょうか?

ダイオキシン発生量の少ない素材を使って、エコ封筒の作成を考えています。デンプンを混合する高価な封筒は考えていません。

Aベストアンサー

ポピプロピレンというのは聞いたことがありません。
何かの間違いではないでしょうか。
Poly-propylene ですね。

また、ダイオキシン発生量は、材料の種類ではなく、燃焼条件によって、大きく異なるようです。
焼却炉に塩ビを入れても、入れなくてもダイオキシン発生量は同じと聞いています。

ポリプロピレンには塩素は、ほとんど含まれていないので、なおさらだと思います。

QPCBの分析について

ガスクロ(ECD)で排水中や食品中のPCBを分析してます。ガスクロによる方法だと26種の異性体のピークを検出して定量するので、特に低濃度の場合その数値が本当にPCBの正確な数値かどうか分かりません。リテンションタイムだけの判断なので何か別のピークをひろう場合もあると思うのですが、例えば26ピーク中半分くらいのピークが一致すればそれはPCBだと判断して良いとかそういったものがあるのでしょうか。
GCMSはいまのところ使えません。

Aベストアンサー

STDはカネクロール(KC)300,400,500,600を混合されていますよね?
PCBが検出される場合、例えば4塩素と5塩素だけ特異的に検出されるなど
塩素数の固まりになって検出されます。
ですので、大まかに1/4位が合えば検出されたと見るのが妥当ではないでしょうか。
26本中全て合致することもあるでしょうが、1本だけ、ということは無いと言って良いでしょう。
PCBが検出される場合は、出現パターン
(大きいピークの後に小さいピーク、つらなった数本のピークなどのパターン)がSTDと同じになりますので、
その傾向のない数本のピークの保持時間が一致していた場合は「検出されたとしない」判断が妥当だと思います。
また、外国製のPCBと日本製のPCBとでは組成が違いますので
出現パターンが必ず同じになるとは限りませんのでご注意を。
輸入品を分析される場合はお気を付け下さい。

Q塩化ベンザルコニウム塩?

外回りのカビ取り用の洗剤を購入したところ、有効成分に塩化ベンザルコニウム塩とあります。
塩化なのに塩?
液の誤植でしょうか?
洗剤の裏面にあった輸入していたであろう会社は連絡がつきません。

大量に使いたいのですが、何しろ高価な洗剤なので有効成分さえはっきりしていれば希釈して自分で作ってみようかと思っています。

Aベストアンサー

食塩は塩化ナトリウム(NaCl)からなっていますね。
これはナトリウム(Na)と塩素(Cl)からできています。「塩化」というのは塩素との化合物であると言うことです。
クエン酸ナトリウムと言えば、ナトリウムとクエン酸の化合物で、塩素が入っていなくても「塩(えん)」です。

塩化ナトリウムと言った場合、結晶の場合もあるだろうし水に溶けた塩化ナトリウム水溶液としてかもしれません。なので、特に結晶化した固体をさす場合、塩化ナトリウム塩という言い方をします。同じように、クエン酸ナトリウムもクエン酸ナトリウム塩と呼ぶ場合もあるわけです。
塩化ベンザルコニウム塩は、ベンザルコニウムと塩素からなる固体の塩です。原料として何をどれだけ入れて作られているかの表示のため、固体としての塩(えん)で表記していると思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8C%96%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0

食塩は塩化ナトリウム(NaCl)からなっていますね。
これはナトリウム(Na)と塩素(Cl)からできています。「塩化」というのは塩素との化合物であると言うことです。
クエン酸ナトリウムと言えば、ナトリウムとクエン酸の化合物で、塩素が入っていなくても「塩(えん)」です。

塩化ナトリウムと言った場合、結晶の場合もあるだろうし水に溶けた塩化ナトリウム水溶液としてかもしれません。なので、特に結晶化した固体をさす場合、塩化ナトリウム塩という言い方をします。同じように、クエン酸ナトリウムもクエン...続きを読む

QPCBに触れた場合。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて作業していたとの話も聞きましたが、健康な状態でなく、傷口があった場合にはどうなるのでしょう?
 高濃度のPCBが体内に一度に吸収されると言うことになるのでしょうか?
・その場合には中毒症状は早く発現するのでしょうか?
・関連サイトを見ると、PCBの付着した衣類等も産業廃棄物扱いとなるらしいですが、私はPCBに触れた手で色々な所を触っています。
 そういった箇所を傷口のある人が触れたり、舐めたりした場合には、体内に吸収されてしまうものなのでしょうか?

  かなり神経質な考え方だと思いますが、自分を含め今後の家族の事を考えると心配になってしまいます。
  どなたかお知恵を拝借いただければ幸いです。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に誤解をしているようですが、PCB自体に毒性があるのではなく、製造時に副生物として発生するダイオキシンにより人体に害を及ぼしています。

カネミ油症の場合は、米糠油の製造工程でPCBが混入したものを調理で使用し、直接摂取して中毒を起こしています。

ですので、直接触れても吸収される可能性が低く量的にも少ないので、一時的なものであれば、それほど心配する必要はありません。
もし、その程度で発症するならば、数100万人単位で発症しているはずです。
気にしすぎるほうが、健康によくありません。

Q塩化物イオンを塩への換算

塩化物イオンを測定して、10mg/lの濃度の時、この塩化物イオン全てがNaClだったときのNaCl濃度の算出方法は、10mg/l × 58.45(NaCl分子量) / 35.45(Cl分子量)  = 16.48mg/l
だと思いますが。NaClではなくCaCl2の場合の計算方法はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

先ほどの homma-mon です.
# 池畑千鶴大好きです.


展開した式の検算をしておきましょう.
  分母と分子,どっちにすればいいんだったけ?
  掛け算,割り算,どちらが正しい?
と迷うことは,よくあります.そのとき,簡単な検算方法があります.

まず,単位の書き方に気をつけます.
「どの物質の量なのか」を明記するのです.

以下,塩化物イオン,化合物の順に書きます.

質量濃度は,mg-Cl/mL, mg-化/mL
モル濃度は,mmol-Cl/mL,mmol-化/mL
 # 容積の単位には,この区別は致しません.
  化合物も塩化物イオンもどちらも同じ溶液の中にあるのですから.

式量は,g-Cl/mol-Cl,g-化/mol-化
ですが,後々,質量は,mg 単位で計算することを考えて,式量の単位は,
  mg-Cl/mmol-Cl,mg-化/mmol-化
としておきましょう.

そして,「化合物 1 mol から得られる塩化物イオンの物質量」も,mmol 単位で記しましょう.
  mmol-Cl/mmol-化
となります.

すると,☆をつけた式の左辺の[化合物の質量濃度]は,いうまでもなく,
  mg-化/mL

右辺については,
  [mg-Cl/mL]/[mg-Cl/mmol-Cl] /[mmol-Cl/mmol-化] x [mg-化/mmol-化]

この分子は,mg-Cl x mmol-Cl x mmol-化 x mg-化
また分母は,mL x mg-Cl x mmol-Cl x mol-化
ですから,いろいろと,消えていって・・・
   mg-化/mL

右辺の単位が左辺と一致しました!
どうやら,計算は間違っていないようですね.


計算するときの留意点は・・・
・数値をいれるのは最後.
 式を立てて変形していく最中は,その物理量の名前(あるいは文字変数)で書いていく.
   それによって,式の変形の確認がしやすくなります.
   パソコンだったら,copy and paste でスイスイですね.

・式の変形が終わったら,単位を入れてみて,式の変形が間違っていないかチェック.
   特に,化学の場合,
     「どの物質についての量か?」
   を明記すると,間違いを避けやすくなります.
   実際,私自身,今回の計算で,
     化合物 1 mol から生成する Cl の物質量
   を掛けていました.お恥ずかしい.あわてて,訂正.

長くなりましたが,いかがでしょうか

先ほどの homma-mon です.
# 池畑千鶴大好きです.


展開した式の検算をしておきましょう.
  分母と分子,どっちにすればいいんだったけ?
  掛け算,割り算,どちらが正しい?
と迷うことは,よくあります.そのとき,簡単な検算方法があります.

まず,単位の書き方に気をつけます.
「どの物質の量なのか」を明記するのです.

以下,塩化物イオン,化合物の順に書きます.

質量濃度は,mg-Cl/mL, mg-化/mL
モル濃度は,mmol-Cl/mL,mmol-化/mL
 # 容積の単位には,この区別は致しません.
 ...続きを読む

QPCB問題、PCB税ってなんですか?

PCB問題とは、いつ頃からどんなことで問題になっているのですか?ご存じの方是非教えてください。
(PCBって何の略ですか?)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本での問題発生は1968年です。油症事件です。それ以前にも関心はもたれていたようで、カワマスやワシの調査も行われていたようです。
PCB(ポリ塩化ビフェニル)は有機塩素化合物で、色々なものに使われてきました。特にトランスの絶縁材として今でも現役の物もまだあるはずです。
人体の影響は皮膚障害・色素沈着・塩素座蒼などがあり、中毒した、母体から胎盤を通じて胎児に移行し、黒子と呼ばれる色黒の新生児が出生したこともありました。
しかし、PCB単体の問題だけでなく、異性体や不純物などとの関係もあり、単純に油症事件とPCBが結びつく問題でもないと思います。
余談ですが、PCBを燃焼すると300~600度でダイオキシンを生成しやすいとも言われています。700度では分解されますが。
私の会社にも古いトランスのPCBが保管されています。

Qペットボトルからダイオキシンは発生しますか?

ペットボトルの、透明の胴体部分を燃焼したとき
ダイオキシンが発生することはありますか?

化学式からはダイオキシンが出てこないのですが・・・
発生する場合の化学式も教えていただけるとありがたいです。

ダイオキシンに限らず、燃焼したときに発生するものは
ほかに何がありますでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方が書いておられるように、ポリエチレンテレフタレート(原料)からはダイオキシンは発生しません。
しかし、ペットボトル(製品)ということになるとちょっと疑問です。

大抵、製品としての樹脂には「可塑剤」が添加されています。その可塑剤が環境ホルモンだったりするわけなのですが、燃焼によってダイオキシンになることもあるかもしれませんね。

化学式についてはペットボトルに含まれるすべてのものがわからないとなんともいえません。もっと詳しい方の意見を聞いてみたいものです。
メーカーさんのお客様相談室で聞いてみるのもよろしいかもしれませんね。

あやふやな回答で申し訳ありません。失礼いたしました。

QPCBの保管に付いて

近年、高濃度PCBの回収処分が開始され徐々に実施されていますが
 低濃度PCB含有のトランスを所持しています

低濃度に関しては、国から依然として回収計画が発表されていないため
 その間、保管が余儀なくされています

そこで保管の際の漏洩防止カバー(トレイ)なのですが
 PCBの性質から、ステンレス製・鉄製 以外でも
  樹脂性などで漏洩が有った場合に耐えうる材質をご存知でしょうか?
  
  ご教示のほど宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

参考までに

JESCOでは、現在の受入(高濃度PCB)条件として、樹脂製保管容器の受入を認めておりません。

将来変更緩和される可能性はありますが、PCB汚染物の処分の困難性を考慮されるならば樹脂性以外が賢明でしょう。

URLのQ10をご参考に。

参考URL:http://www.jesconet.co.jp/customer/faq.html

Qなぜ塩化アンモニウムは正塩なのですか?

塩化アンモニウム NH4Clはなぜ正塩なのでしょうか?

Aベストアンサー

もしかしたら
(NH4)^+のHを(HCO3)^-のHと同じように考えられたのかもしれませんね。

(HCO3)^- → H^++(CO3)^2- (a)
(NH4)^+ → NH3+H^+ (b)
も考えたかもしれませんね。

でもそのもう一つ前が違っています。
(a)の(HCO3)^-は酸としてのH+がひとつはなれた残りです。
H2CO3→H^++(HCO3)^-

(b)の(NH4)^+H+を水から貰ったものです。
NH3+H2O→(NH4)^++OH^-
元のNH3は塩基です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報