アイルランドは一人当たりの年間チョコの消費量がやたらと多いのですが、それはどうして? それを裏付ける歴史、産業などが知りたいです。ミルクをそんなに生産していないのになぜ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 やたら、多いとは思えません。


スイス、オーストリア、ノルウェー、アイルランドの順です。

参考URL:http://www.chocolate-cocoa.com/statistics/data08 …
    • good
    • 0

こんにちは。


基本的に寒い地域ではチョコレート等のカカオ消費量は多いのでは?
チョコレート(カカオ)はすぐにエネルギーとなるのでその効果もあると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北アイルランドとアイルランド

G8のニュースを見ていて「イギリスの北アイルランド」と言っていました。地球儀で見てみるとイギリスの左隣の島はアイルランドで首都タブリンとなってます。この島は何故、イギリスの北アイルランドと呼ばれているのですか?パソコンで調べたら、過去に色々あったようですがよくわかりません。小6にもわかるように教えて頂けますか?

Aベストアンサー

元々イギリスは多民族国家です
本国だけでも大きく分けて
「イングランド」
「ウェールズ」
「スコットランド」
「アイルランド」
と4つの国がまとまってできた国です
サッカーのワールドカップでもイングランドという名前で出場してるのは
本来は別の国だからです
そしてアイルランドですが何度もイギリスから独立しようという動きがあり
内戦も起こりました。最終的に独立に賛成した国が
アイルランドになり、北側の北アイルランドだけは
イギリスに残りアイルランドはイギリスとは別の国なのです

Qアイルランド問題について

これから、アイルランド問題について研究しようとしています。現在、本を何冊か読んでいますが、アイルランド問題は複雑でその概要がいまいちつかめません。

具体的な質問は、なぜアイルランド問題は解決されないのか。また、特に1998年の和平合意後も紛争が続くのは何故か、ということです。

ご返答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLの最初の方は、1998年以降の動きを時系列に並べたものですが、これをご覧になって頂ければ、ほぼ一貫してIRAの武装解除が問題になって来たのがお分かり頂けると思います。
武装解除が進まなかった理由は、簡単に言えば「長年積み重なってきた不信感」といった事になるのでしょうが、もう少し細かく見れば、IRA側の言い分としては、
1.プロテスタントが大多数を占める警察組織の改革が進んでいない。
2.プロテスタント過激派の武装組織も武装解除をしていない。
という事になると思います。しかし、昨年7月の「武装闘争&武器の放棄声明」以降IRAが進めてきた武装解除を、9月26日に国際委員会が完了した事を確認した、と発表した事で、今はプロテスタント側にボールがあります。(尚、プロテスタント過激派の武装組織は、私は完全にトレースできていないのですが、昨年9月の時点ではまだ武装解除に応じていなかったようです。)

歴史的経緯については、No.3の方が既に説明されているので、あまり付け加えませんが、北アイルランド問題の一番誤った理解の仕方は、これを「イギリス対アイルランドの『民族対立』と捉える事でしょう。
参考URLの後の方は、北アイルランドの民族意識に関する英語の論文ですが、プロテスタントの中で、自分をイギリス人(British)と考える人の比率は1968年約4割だったのが、1978年には7割に跳ね上がり、1989年の時点でもあまり変わっていません。論文の中にもあるように、これは、1969年にカトリック側の公民権運動に対し警察が手荒く制圧した事あたりから始まった、カトリック・プロテスタント両過激派のテロ活動の影響を受け、元々は北アイルランドに対する帰属意識を持つ人が多かったプロテスタントが、イギリス本国への帰属意識をもつように変わった、と理解すべきでしょう。(このWEBは、英語ですが、北アイルランド問題に関する膨大な資料が入手できるので、非常にお薦めです。)
歴史的に見れば、イングランドの本格殖民以降、国教徒がアイルランドの支配階層となり、それ以外のプロテスタントは、イギリス本国と同様、政治的・経済的には劣った地位におかれました。だからこそ、初期のアイルランド自治運動で、プロテスタントもカトリックもその担い手になったのです。

後は、大した事ではありませんが、プロテスタントとカトリックは、どこの教会に行くかで容易に見分けがつくので、アイルランド人とイギリス人(?)が結婚して何人かわからなくなる事は、この話には関係ないと思います。(実際にも、上に述べたように、帰属意識は、むしろはっきりと分かれる方向に動いています。)

参考URL:http://www.local.co.jp/news-drift/comment-wahei.html,http://cain.ulst.ac.uk/othelem/research/nisas/rep1c2.htm

参考URLの最初の方は、1998年以降の動きを時系列に並べたものですが、これをご覧になって頂ければ、ほぼ一貫してIRAの武装解除が問題になって来たのがお分かり頂けると思います。
武装解除が進まなかった理由は、簡単に言えば「長年積み重なってきた不信感」といった事になるのでしょうが、もう少し細かく見れば、IRA側の言い分としては、
1.プロテスタントが大多数を占める警察組織の改革が進んでいない。
2.プロテスタント過激派の武装組織も武装解除をしていない。
という事になると思います。しかし、...続きを読む

Qイギリス入国拒否後のアイルランド入国(ワーホリ持ち

イギリス入国拒否後のアイルランド入国(アイルランドのワーホリビザをもってます。)
昨年の5月からアイルランドにワーホリで滞在していて(もちろん3ヶ月以上滞在の申請もしてあります。)、それからヨーロッパを3ヶ月周遊した後イギリスに一週間だけ滞在してアイルランドに帰ろうとしたところ、そこで帰りのチケットを所有していないことを理由に入国拒否されてしまいました。
そこでフランスからフェリーで直接アイルランドに帰ろうと思うのですか、イギリスとアイルランドは共通旅行区というだけあって、アイルランドでも入国拒否されないか心配です。ちなみにアイルランドでの外国人登録証は盗難にあってしまい再発行が必要な状態です。

パスポートに有効な滞在期間のスタンプは押されてますが、有効なワーホリビザをもってでも入国拒否されることはありますか?

Aベストアンサー

私的な見解ですが大丈夫だと思います。
共通旅行区とは言ってもイギリスとアイルランドは別の国であり、アイルランドに合法に滞在できるビザがあるわけですから。
もし心配なら、事前にアイルランド大使館に行って確認してみるのも良いかと思います。

Q北アイルランド問題について

北アイルランドについて最近興味を持ち、本などで調べたりしているのですが、特長がイマイチ掴めません。宗教問題ではない。ということでしょうか?
後、98年のアイルランド合意後も紛争が続いていると本で読んだのですがそれは何故でしょうか?

教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

エリザベス1世の時のマンスター植民(1580年代)は、ジェームズ1世のアルスター植民と非常に良く似ていて、住民の移住も伴っているので、No.4の回答のような考え方に従っても、チューダー朝にも住民の移住を伴う大規模な植民があったと言っても、別に間違いだとは思いませんが、マンスターでは、その後反乱が起こると住民は一旦逃げ出したりししていていて、規模・永続性の点では、スチュワート朝以降とは違いますから、No.4の方の回答通りに理解されても、私は一向に構いません。

ノルマン人の征服後わりと短期間の内に、イングランドにはアングロサクソン系貴族はいなくなったので、「アングロサクソン系領主(貴族)」という言い方には若干抵抗は感じます(普通は、Anglo-Normanなどと言います)が、民族対立ではない、というのも、No.4の方の仰るとおりだと思います。っていうか、そもそも、アイルランド人も、国教徒に宗旨替えして、宗教上の最高権威としてのイングランド王の地位を受け入れれば、プロテスタントになってしまうので、○○系といった民族の問題を持ち込む事自体意味がありません。宗教改革の極初期のプロテスタントって、基本的には、皆宗旨替え組ですしね。
民族よりも、宗教上(かつそれが政治にも密接に結びつく)、ローマ法王の権威を認めるカトリック、イングランド国王の権威を認める国教徒、そのどちらも否定する国教徒以外のプロテスタント、の3つの区分の方が、この時代は重要です。(3つめは特にピューリタン革命期において)

しかし、あまり歴史上の経緯ばかりを説明していて、万が一「北アイルランド問題は歴史的な怨念を引きずっているだけ」のような印象をもたれてもいかんので、現在の事をご説明します。但し、あまり新しい資料を持っていない点はご容赦ください。

1.住むところ
地域差がかなり大きく一概には言えないのですが、プロテスタントとカトリックはそれぞれ固まって住む傾向が明らかにあります。1991年の調査では、約70%のプロテスタントが、住民の70%以上がプロテスタントの地域に住んでいます。カトリックも、ほぼ同じ傾向です。

2.教育
現在、小中学生の約95%が、プロテスタント系かカトリック系かのどちらかの学校に行きます。別に日本で言うところのミッション系という訳ではなくて、プロテスタントが行く学校とカトリックが行く学校がかなり明確に分かれている、という事です。(制度的には、国の関与の度合いの違いによって、State,Controlled,Maintainedのみっつがあり、プロテスタント系は前者2つ、カトリック系は最後の1つに、事実上分かれています。)

3.結婚
公式の調査はないので、色々な数字があるし、また地域差も大きいのですが、結婚のうちの5%前後が異なる宗派間の結婚という研究もあります。

4.雇用
カトリックの失業率は、プロテスタントの概ね倍ぐらいです。2002年3月時点で、男性の場合、カトリックが9%、プロテスタントが5%。勿論、公式には宗派を理由にした雇用差別は禁止されていますが、はっきり目には見えない差別があると理解されています。
もっと全体の景気が悪かった1985~87年は、英国全体での男性失業率が12%、北アイルランドでは、プロテスタント男性は14%と全国平均とほぼ同じなのに対し、カトリック男性では36%と、恐ろしい数字になっています。

長々と書きましたが、単に歴史を引きずっているのではなく、現時点でも相当はっきりと別れた社会になっている、という事を、一応申し上げておこうと思いました。まぁ、当り前と言えば当り前なんですが、例えば、1960年代末にカトリック側に公民権運動が始まった頃から、双方の対立は深まりテロの応酬になりますが、住居の分離はその頃によりはっきりとしたものになっています。

エリザベス1世の時のマンスター植民(1580年代)は、ジェームズ1世のアルスター植民と非常に良く似ていて、住民の移住も伴っているので、No.4の回答のような考え方に従っても、チューダー朝にも住民の移住を伴う大規模な植民があったと言っても、別に間違いだとは思いませんが、マンスターでは、その後反乱が起こると住民は一旦逃げ出したりししていていて、規模・永続性の点では、スチュワート朝以降とは違いますから、No.4の方の回答通りに理解されても、私は一向に構いません。

ノルマン人の征服後わりと短...続きを読む

Qアイルランド代表!

いやあ、アイルランドは惜しかった。応援してたんですけどね。

ところで、ここの質問の中に『イギリスとイングランドはどう違うの?』みたいな
質問がいくつかありました。
簡単に言えば、『イギリス=グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国』ということでしたよね。

そこで質問なのですが、今回ワールドカップに出場している『アイルランド代表』は『北アイルランド代表』とは違うのですか??
そもそも北アイルランド代表チームはあるのですか?
予選で負けたのかな?

アイルランドって、GBRとは全く別の国??

Aベストアンサー

こんにちは。

サッカーについは?ですが、
今回W杯に出場したのは「アイルランド共和国」代表ですね。
『イギリス=グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国』とは
別物です。
ちゃんと大統領も首相もいます。

Q昨夜、国民一人当たりの謝金が650万円を超えました。と書きました。TB

昨夜、国民一人当たりの謝金が650万円を超えました。と書きました。TBS ラジオ”荒川 強啓さんのでデイチャッチで聴きました。彼も、我々団塊世代の時代に生まれた方です。彼の番組を私は信じておりますし支持しております。昨夜、私が質問致しました件に付きまして、多くの方からメールを今朝(05:20 AM)観ました。国債が900兆円を超えようが、1000兆円になろうが、、私の責任では有りません。仮に私に国から税金を払えといわれましたら、私は、お支払を致します。現在61歳で家内がある会社の責任者をしてますから、大金持ちでは有りませんが、僅かな預金が有ります。もし、民主党が”今、国債残高:900兆円を超えましたので少しでも協力してください”言われましたら、僅かでも私は支払います。たとえ、インスタントラーメンを食べても結構です。私は、若い諸君に付けを回したく有りません。今、若い諸君は、職さがしで頭は一杯で、国の借金など、考える暇は有りません。明日をどう生きようか?で精一杯です。私は、どうしたらこの国を健全に保つべきか否かです。日本国内には、大金持ちが一杯おります。(現時点)。ですから、、金持ちの方々は、お金を墓場に持って行けない訳ですから、どうぞ、お国に預けて、あの世に行って下さい。そうしたら、いくらかでも、国債残高が減る事になります。OKWaveの諸君に申し上げます。諸君は、本音で”この日本国をどうするつもりですか?”良く考えて下さい。後、3~4年後には、日本国は大変な事になりますよ。経済問題、国債、円の下落、世界中で食料の奪い合い、若者からの国に対する疑問と不安感、地球温暖化問題、、、皆さんも真剣に考えて頂きたい。これが最後の質問です。さようなら。From: rainbow 555. (MR.) shinobu yamahira.

昨夜、国民一人当たりの謝金が650万円を超えました。と書きました。TBS ラジオ”荒川 強啓さんのでデイチャッチで聴きました。彼も、我々団塊世代の時代に生まれた方です。彼の番組を私は信じておりますし支持しております。昨夜、私が質問致しました件に付きまして、多くの方からメールを今朝(05:20 AM)観ました。国債が900兆円を超えようが、1000兆円になろうが、、私の責任では有りません。仮に私に国から税金を払えといわれましたら、私は、お支払を致します。現在61歳で家内がある会社の責...続きを読む

Aベストアンサー

 単純に言うと
 「日本政府(と地方)の借金+企業の借金+外国に対する貸付=日本国民の貯金」です。
 
 国債残高を減らすと、国民の貯金が減ります。
 「それで、良いのなら、どうぞ」という話ですが。
 
 よく、欧米諸国の事を例にあげて、「彼らは貯金をしなくても、生きていけるから貯金がないのだ」という人達がいますが。その通りです。
 「国の借金を減らしたい」のと、「国民の貯金を増加させたい」は、両立しません。「国の借金を減らしたい」のであれば、「国民の貯金を減らさなければなりません」
 さて、これが出来るでしょうかね。

 別に、日本の国債は、外国人が保有しているのではないし。(外国人の保有率3%程度)外貨建てではない(円建て)ので、このまま放っておいても、国が破綻する危険性はゼロに近いのですが。
 国が破綻するのは、国債が、外貨建てになってからですね。普通、そうでないと、破綻は起きないのです。

 まあ、経済学的には、こんな所でしょうか。

 ちなみに。「国民1人あたり借金が650万円」ということは、「国民(日本人)1人当たりの貯金が1000万円(保有している)」とほぼ同じです。まあ、正確な数字は調べるのが面倒なので、書きませんが。

 単純に言うと
 「日本政府(と地方)の借金+企業の借金+外国に対する貸付=日本国民の貯金」です。
 
 国債残高を減らすと、国民の貯金が減ります。
 「それで、良いのなら、どうぞ」という話ですが。
 
 よく、欧米諸国の事を例にあげて、「彼らは貯金をしなくても、生きていけるから貯金がないのだ」という人達がいますが。その通りです。
 「国の借金を減らしたい」のと、「国民の貯金を増加させたい」は、両立しません。「国の借金を減らしたい」のであれば、「国民の貯金を減らさなければ...続きを読む

Qアイルランドと北アイルランドの人の英語の違い

アイルランドと北アイルランドの英語の違いはどういう所がありますか?
映画などで聞き比べたりするんですが、北アイルランドの人の英語は語尾が上がるなってぐらいで、
いまいちこれっていう違いが見つけられません。
その人の英語を聞いたら、「この人はアイルランドの人だ」「この人は北アイルランドの人だ」ってわかるものですか?

Aベストアンサー

これは難しい・・・
アイルランドという島の内部でも英語の特徴はかなり違うようで、
アイルランド共和国の中でも、特にコークを含む南西部のほうになると、

【なまりがきつい(綴り字発音に近い)+ 早口 + 唇が動かない】

って感じになる、というのが私の印象です。

北アイルランドとアイルランド共和国の境界線が、
南北の言語的特長を区分する境界線と一致しているとは
私にはあまり思えません。
北アイルランドはUK領ですが、
生活圏としてはアイルランド共和国との結びつきが強いです。

Q産業廃棄物

工事現場で産業廃棄物が発生した場合、中間処分場に持っていきますが、中間処分場ではどういった処分を行い、最終処分場には誰がどうやって持っていくのでしょうか?そして最終的にはどのようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

工事現場からの廃棄物は、コンクリート等の安定化物や木材のような可燃物、内装材のような可燃・不燃の混合物、鉄の様な再資源物などに分かれます。

大きな現場では、これらを分別して直接処分場に持っていく場合もありますが、小規模ではその場で搬出し中間処分場で分別・破砕(減容)をして処分されます。

基本的に、建築解体業者は発生事業者になり、中間処理をしない(現場で破砕・分別する)場合は、直接処分場に持ち込ます。

産廃処理業者として、大きく分けて、収集運搬、中間処理、最終処分(焼却、埋め立て)の3種類あり免許の種類により作業区分が限定されます。
中間処理と似たものでは、保管積替えがあります。
少量の廃棄物を一旦保管し、大型トラック分が溜まった時点で処分場に持ち込むもので、処理はしないものです。

最終処分場に持ち込むのは、収集運搬免許を持つ業者か、発生事業者である解体業者になります。

参考URL:http://www.jwnet.or.jp/waste/

Qあなたが思うアイルランドのイメージ

アイルランドに少し住んでいたことがあり、アイルランド大好きです。
でも、私の周りの友達(日本人)は「どこにあるの?」「そこって英語?」などアイルランドについてあまり知らない人が多いです。

この前出会った外国人にも「(アイルランドとは)めずらしいねぇ」と言われました。
(その人はアイルランドの血を引くそうで話は盛り上がりましたが・・・)

そこでアンケートですが、あなたが思うアイルランドのイメージはどんなのですか?

Aベストアンサー

(2006年10/11)現時点では変わっているかも知れませんが、

●アイルランド国籍#★型投資信託が日本でも売られていた記憶がある位だから、税率が低いイメージがあります。

●(スコッチとは全く別の!)アイリッシュウイスキーの産地であると共に、アイリッシュハープも知る人ぞ知る民俗楽器

●英国(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)と国境を接する唯一の国家で、ゲール語も英語と共に使われている

こんな処です。

Q産業スパイ

産業スパイと思わしき男がいたとします。
そいつが、ある日突然、出社しなくなりました。

皆様なら、どのような対応をしますか?

Aベストアンサー

ただの思わしき…でしたら、
風邪ひかはったんかな~と思うだけでいます☆。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報