一般に、お酒に強い、弱いというのは、身体的にどういう違いがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 体内のアルコールは、アルコール脱水素酵素により、アセトアルデヒドという成分になります。

この成分は毒性があり、吐き気や頭痛の原因になります(二日酔いの症状)。アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素により、酢酸という成分となり、最終的には二酸化炭素と水になります。
 このような分界のコースで、アセトアルデヒドが長く体内に残る体質の人は、アルコールに弱いのです。そういう人でも、訓練すればある程度飲めるようになりますが、肝臓を傷めるリスクが高いので、要注意です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アセトアルデヒド・・・・。どっかで聞いたような名前ですね。
解答ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/16 16:21

 余談です。



 お酒は、体内では2段構えで分解されます。
 1段階目では、まずお酒をナントカって物質に変えます。この段階が終わった時点ではすでにポワンとした感覚は残っておらず、頭はガンガン、吐き気がしたり、といった症状が出ます。

 で、2段階目ではそのナントカを「お酢」に変えます。これが終わると、もう完全に「酔いは冷めた」状態になるわけです。

 日本人の場合、この1段階目の分解に要する酵素と、2段階目の酵素のどちらかが弱い、という人が多いのです。もちろん両方弱い人や両方強い人もいますけど。
    • good
    • 0

はじめまして。



大きく分けると酔わない人と残らない人がいるみたいです。
酔わない人というのはアルコールを脳で感知する前に
胃や腸などで代謝してしまう人らしいです。

残らない人は下の人も書いていましたが
アルコールが肝臓に行ったときに水と炭酸ガスに分解する酵素の働きが強いので
血液中に残らないということらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!!
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/16 16:20

専門的な答えではないかもしれませんが、


結局は、アルコールを分解する酵素が、体内にあるかないか、という
違いだと思いますが。
その酵素が体内に備わっている人は、アルコールをすぐに分解してしまうので、
体内にアルコールが残ることはないけど、
備わってない人というのは、結局それが分解されないまま
体内に残ってしまうということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですかぁ。初めて知りました。
解答ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/15 03:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生理周期の変化と身体の不調は関係ある?

初潮以来、約20年、生理周期は40日~60日(平均40日)と不安定でした
(一般的なサイクルといわれる28日は片手で数えるほどの回数)

毎回生理痛もあるため、数年前から桂枝茯苓丸を服用しておりそれなりに効果が出ているような気もします

しかしここ4カ月ほど
1)生理直後から胸が張って痛い(2週間くらい)
2)腰痛
3)突然カッとなり怒り出す(自分で自分の感情がコントロールできない)
4)ほてり(長年冷え性でしたが、突然、手足や身体がほてるようになりその熱さに周囲に驚かれた)
5)睡眠障害(2か月前から自覚し、現在も継続中)
などの症状が出ています

特に睡眠障害が辛く、周囲に相談したところ
ストレス性の自律神経の乱れ、またはホルモンバランスの乱れではないか?と言われ
通院先の婦人科のドクターにも相談しましたが
「基礎体温表は二相になっているからホルモンは正常に出ている」とのことで
特に検査もなく、睡眠導入剤を処方されただけでした→カルテには自律神経失調症と記入していたようです
(しかし服用された薬を飲むと更に眠れなくなったので飲んでいません)

また、直近の生理では市販の鎮痛剤を服用しても立っていられないほど激しい生理痛がありました
最近は漢方を飲んでだいぶ良くなってきていたので、生理痛に対して油断していたこともあり随分キツい思いをしました


先日、最近の身体の不調の原因を考えていたところ
不調を感じ始めた4か月前から生理周期が28~30日になっていることに気付きました

周期が人並み(?)になったことは喜ばしいことなのですが
これまで長年40日~60日周期だったのに急に28~30日周期になったから
不調と感じるような、いろんな症状が出ている…ということはあるのでしょうか?
もしそうであれば、病院を受診せず、症状が落ち着くのを待った方がいいでしょうか?

初潮以来、約20年、生理周期は40日~60日(平均40日)と不安定でした
(一般的なサイクルといわれる28日は片手で数えるほどの回数)

毎回生理痛もあるため、数年前から桂枝茯苓丸を服用しておりそれなりに効果が出ているような気もします

しかしここ4カ月ほど
1)生理直後から胸が張って痛い(2週間くらい)
2)腰痛
3)突然カッとなり怒り出す(自分で自分の感情がコントロールできない)
4)ほてり(長年冷え性でしたが、突然、手足や身体がほてるようになりその熱さに周囲に驚かれた)
...続きを読む

Aベストアンサー

女性の身体はとてもデリケートに出来ています。多分、子供を生む側の性だから、もし妊娠して、心身ともに健康でストレスのない状況でないと母子共に守れないから、保護本能が強い(デリケートに作られている)のだろうと解釈していました。

生理の周期は、平均が28日前後ということは、それより短い人もあり長い人もあるということですね。以前、私は35日周期でした。しかし、緊張感のある時期(大学時代のテスト等)の時には、もっと長くなり、夏休み等でぼーっと過ごしている時には多少短くなりました。

婦人科での検診で、基礎体温が2層に分かれホルモン量が正常なら、問題はないのではないかと思います。上に書いてある症状は、PMS(月経前困難症)にほとんど似ていますから、たいして気に留める事もない気がします。

ただ、気になるのは、漢方薬の「桂枝茯苓丸」をどうやってのむようになられたか、その経緯と、現在の婦人科のドクターにその薬の事は言ってあるのかどうか、ということです。もし、まだ話してないようでしたら、その旨お話しになって相談なさると良いと思います。リラックスして下さい♪

---------------------------------
※ご参考までに。
1.本人のこと
20代後半まで周期は35日でした。上に書いたように、その時の緊張感の違いで前後していました。しかも、生理前に辛い、PMSだったのでとても苦痛でした。

ところが米国留学中は広いキャンパスを歩き回って、足が棒になる毎日でした。課題が多かったので、とても忙しく睡眠時間も少なかったのに、35日がどういう訳か25日周期になって、終わったと思ったらすぐ次の生理が始まるような気がしました。辛い生理前の時期が相対的に短くなって、周期が短いって何て楽なんだろう、と思ったものでした。

その後帰国していからは、28~30日周期になりました。運動量が関係していたのかと思った位でした。その後ずっと28日周期になりました。いつも生理痛で体育を休んだ事等なかったのですが、ある一時期、寝ていなくてはならない程辛い時期がありました。

2.当時の直接の知り合いの女性達のこと
米国では、ほとんどの女性に、緊張感の違いからいろいろな変化が起こっていたようです。それからの生活への不安からか、日本のストレスを離れて楽になっていたのか、それとも単に運動量なのか、若い女性達がいろいろ相談に来ました。生理が始まっても中々止まらないとか、中々次の生理が来ないとか、最初の頃は特に緊張感で多分ほとんどの人達の体調は変わっていたのだろうと思います。

3.年配の女性からお聞きした貴重な話
第二次世界大戦で日本は負け、命からがら満州からの引き上げていらした女性から聞いたのですが、当時、引き上げ船の中では、すべての女性は生理が止まっていたとの事でした。それだけの緊迫した状況では、過度の緊張で草いう事が起こるのかと驚きました。よく頑張って生きて帰っていらしたと心から思いました。

女性の身体はとてもデリケートに出来ています。多分、子供を生む側の性だから、もし妊娠して、心身ともに健康でストレスのない状況でないと母子共に守れないから、保護本能が強い(デリケートに作られている)のだろうと解釈していました。

生理の周期は、平均が28日前後ということは、それより短い人もあり長い人もあるということですね。以前、私は35日周期でした。しかし、緊張感のある時期(大学時代のテスト等)の時には、もっと長くなり、夏休み等でぼーっと過ごしている時には多少短くなりました。
...続きを読む

Qお酒とスポーツドリンク

お酒を飲んだ後、もしくは一緒にスポーツドリンクを飲まないほうがいいという話をきいたのですが、本当のことなのでしょうか。
なんでも体内にアルコールがまわるのが早くなるから危険だというのです。

Aベストアンサー

スポーツドリンクは素早く吸収されるよう、人体の(特に吸収の場である腸の)体液がもつ浸透圧に近くなっています。アイソトニックという言葉のもとです。
ですから、ほとんどお酒と同時に飲むと、アルコール分がスポーツドリンクと共に吸収されやすくなるというのは当っているかもしれません。
アルコールは油によくなじむので、油で揚げたものと一緒にとると、揚げ物が消化されるまでの時間があるので、短時間にアルコールがまわるのを防ぐということもあります。ただあまり油っぽいものをたくさんとるとかえってもたれたりしますので注意が必要です。
当たり前のことですが、アルコールは程々に。

Qお酒の酔いを早く覚ますには

お酒を飲んだあと早く体が回復する、または酔いにくい方法はありますか。 飲酒運転のチェックでなく、酔いが覚めるものです。すきっ腹で飲まない、普通の胃腸薬を飲む、以外であったら教えてください

Aベストアンサー

飲む前に吸収を少なくすることが、一つの方法です。柿や渋茶などタンニンの多いものを事前に飲食すると胃の粘膜を収縮させて良いそうです。
アルコール度数も吸収に関係しています。もっとも吸収の良い度数は40度程度だそうで、それより強い酒では吸収は悪くなると言われています。
アルコールは肝臓で分解されます。したがって肝臓にアルコールを早く送りこむ為に新陳代謝を活発にすることが考えられます。もっとも肝臓が分解できる量には限りがありますので限界はあります。

Q後悔するのにお酒を飲んでしまう

こんにちは。
私はお酒が好きと言うか酔うのが好きなタイプだと思うのですが
毎回、呑んだ後に後悔してしまいます。
元々、呑める方なので酔っていくうちに水のようにガバガバ呑んでしまいます。
今日はあまり呑まないようにしようとか
一緒に飲みに行った人に宣言しても酔うと忘れてしまいます。
酒乱の部類に入ると思うんですが余計な事を言ってしまったり
色々な失態もあります…。
酔いが覚めた時に恥ずかしさと後悔でいっぱいになって
もう呑まない!と決めても時間が経てば忘れてまた呑んでしまいます。
最近は家にいる時も無性に呑みたくなって
買ってきて呑んでしまったりしています。
やめたいと思っていても体がアルコールを求める感じがするのですが
これってもしかしてアル中なんでしょうか!?

Aベストアンサー

「酒量のセーブが効かず」「失態を反省できず飲酒を繰り返す」という点で、アルコール依存症であると思われます。

正直なところ、自分も数々の失敗を繰り返しながら現在乗り越えようとしているのですが…。
投稿主さんも、「昔これだけ飲めてなんとも無かったんだから」という幻影に引きずられていないですか?

ちなみに自分の取っている対策は、
・大酒飲むときは自宅で飲む(他人に迷惑をかけない)
・酒を飲まなかった日はカレンダーに丸をつける(モチベーションの確保)
・平日は飲まない様に心掛ける(習慣性の維持)
・飲むときは他人のペースに合わせる(他人にペースメーカーをまかせる)
の4点です。

投稿主さんも自分も断酒には向かなさそうですが、ストレスをためず頑張っていきましょう。

Q昼に米を食べたら夕方に強い空腹感と手の震えがあります

会社でお昼をとる際にお米を食べると何故か
夕方くらいになってから強い空腹感と手の震え、冷や汗がでてきます。
最初は気のせいかと思っていましたが、
この数日パンを食べるようにしてみたらそのような症状は出ませんでした。
お米を食べたときだけ、夕方になると必ず症状が出ます。
そのせいで、お米を食べた日は夕食の量が増えてしまいます。
でも、たまにはご飯粒をお昼に食べたいと思うこともあるんですが、
食べない方がいいのでしょうか?
それとも、病院に行って診てもらった方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「強い空腹感」と「手の震え」という症状だけ見ますと、これは血糖値が異常に低くなっている状態と思われます。米の食事で何故この様な症状が起こるのか原因を確認するには、実際に医師の診察を受ける必要があります。(それでも原因が判明するとは限りませんが・・・。)
一度、血液内科、あるいは糖尿病等を見ておられる医師に血液検査等を含め、受診をお奨めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報