かなり初歩の質問で恥ずかしいのですが、
GNOMEで/etc/initabというファイルを編集したいのですが方法がわかりせん。
右クリックで「編集」と選んだらエディターっぽのが開きますが内容は変更できません。
どうすればよいのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>ということはWindowsでいうDOSプロンプトと考えてよろしいのでしょうか



似て非なるものです。
が、とりあえず感覚的にはそんな感じのものと思って下さい。


>これらはgeditとどのような違いがあるのですか?

 vi,emacs,geditはいずれも、エディタといわれる物で、テキストの編集を行う物です。(ワープロとは違いますよ)

 viとemacsは古くから使われており、UNIX系OSを使う人にとっては必修といえる物でしょう。どちらもX-window無しでも使う事が出来ますが、その分使い勝手に癖が有ります。
 viは特にUNIX系OSでは標準的に装備されており、その軽さが魅力です。ですから、ちょっとした設定ファイルをいじるのに便利です。
 一方emacsは、viに比べ非常に高機能なエディタとなっています。単に文書を書くだけではなく、メーラーとしての機能や、プログラミング環境を提供してくれます。また、新しいemacsでは、muleの機能を取り入れ、日本語以外の言語も扱えるようになっています。自分でカスタマイズ出来るようになれば非常に強力なツールとなります。(muleはemacsから生まれた多言語用エディタ)

 これらに対して、geditはWindowsのメモ帳のような感じで使えるエディタで、初心者でも容易に扱えます。但し、X-window上での使用に限定されているため、何らかのトラブルでX-windowが起動できない場合は、お手上げになります。

 とりあえず、Gnome上での編集という事と初心者という事なのでgeditを勧めてみました。

 viは基本中の基本だと思いますので、ぜひ使い方を覚えたほうが良いと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。

もうあらかたお答えが頂けてるので私ごときの出る幕ではないのですが、ちょっとだけ補足と私の経験をご紹介します。

kterm の説明は、もういいかと思いますが、一般ユーザーでログインしている状態で root 権限が必要なファイルの編集や各種作業をする時には、kterm を起動して、su [Enter]と入力します。
作業によっては、su -[Enter]としないといけない場合もあるので、su -[Enter]とやる人の方が多いと思います。この - (マイナス)の意味は、作業中のユーザーの設定を引き継がないで、全く新しく root 権限でログインするという意味で、root 権限のあらゆる作業が可能になります。

で、kterm を使う意味ですが、普通の Gnome のメニューから、gedit でも emacs でも起動しても、ログインしたユーザーの権限でしか仕事ができないので、root 権限が必要な作業はできません。
システムの設定ファイルなどをいじる場合は、ユーザーが勝手にいじって壊すと困るので、root 権限が設定されている場合が殆どですね。
そこで、kterm を起動して、su -[Enter]からパスワードを入力して、root 権限を取得すると、その kterm ウィンドウは、root 権限で動いています。そのウィンドウ内で、gedit[Enter]、もしくは、emacs[Enter](xemacs[Enter]の場合もあり)をやると、root 権限を持ったエディタのウィンドウが開きます。
そこでは、root 権限での作業ができるわけです。

Linux ではこういう使い方は常套手段ですからぜひ覚えておきましょう。

また、emacs は非常に便利ですが、ちょっと覚えるのが大変です。
手っ取り早くすぐ使いたいのなら先に、vi を覚えるのがいいかもしれません。
まあ、この辺は好みで。(^^ゞ
もちろん、root 権限について十分お判り頂けたら gedit でってのもありです。
    • good
    • 0

No2のかたが書かれていますように


ktermは、PCにいろんな命令をするためのものです。
端末とかターミナルとか呼ばれているものです。
GNOMEでしたら、タスクバー(と呼ぶのかな)の中の
「プログラム」の中に「実行」というのがあるので、
(と思うのですが、環境によって違うかも)
それでktermを呼び出してもいいし、直接emacsしてもいいです。

一般ユーザーで、ログインしたあと、rootユーザーになるには、
このkterm上で su してrootのパスワードをいれなければなりません。

これができないなら、一度ログアウトして
rootでログインしないといけなくなります。

ktermはとても便利で重要なものなので、覚えておいたほうが
いいですよ。
また、エディタも、難しくても、emacsが使えたほうが、
何かと便利です。
emacs上ではカーソルの左の文字を消すときは、
BackSpaceではなく、Deleteです。
    • good
    • 0

root権限については、お分かりになっているでしょうか?


login時にuser名をrootで出入力するか、login後、suコマンドでスーパーユーザーになってください。

ktermは、コマンド操作するためのterminal windowで、日本語処理ができるものです。

エディタとしては初心者にはemacsは、敷居が高いとおもいます。
gnomeなら、geditが使いやすいでしょう。
出来ればviやemacsが使いこなせるほうが良いのでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>ktermは、コマンド操作するためのterminal windowで、日本語処理ができるものです。

ということはWindowsでいうDOSプロンプトと考えてよろしいのでしょうか


>エディタとしては初心者にはemacsは、敷居が高いとおもいます。
>gnomeなら、geditが使いやすいでしょう。
今回やりたかったことはgeditで出来ました。ありがとうございます。

>出来ればviやemacsが使いこなせるほうが良いのでしょうが。
これらはgeditとどのような違いがあるのですか?

度々質問してお恥ずかしいかぎりですがよろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/15 13:10

私も初心者なので、自信ありませんが。



設定関係なら、rootでないとファイルの編集はできないと思います。

kterm上で

emacs /etc/initab

としたら、Emacs上で指定のファイルが開くと思います。
編集して、

Ctrl+x
Ctrl+s (保存)

Ctrl+x
Ctrl+c (Emacsを閉じる)

保存作業を省略して、Emacsを閉じるときに「保存する?」って聞いてくるので。「はい」にしてもいいです。

編集のとき、もしもスペースがあったら、それはスペースではなくタブにしたほうがいい場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
またまた申し訳ないのですが「Kterm」とはなんでしょう?

お礼日時:2002/02/15 11:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q/etc/passwd と /etc/shadowをそっくり新サーバーにコピーすればログインできますか?

旧サーバー(Laser5-6.0)から新サーバー(RedHat7.3)に移行を考えています。新サーバーにも旧サーバーと同じアカウントとパスワードでログインできるようにしたいです。旧サーバーの/etc/passwdと/etc/shadowを新サーバーにコピーすれば可能でしょうか。もしだめなら、何かいい方法はありますか。

Aベストアンサー

コピーはまずいでしょう。
/etc/passwd /etc/groupの一般ユーザの行だけを抜き出して、くっつける必要がありますね。

/etc/shadowをいじるのは恐いので、pwunconv / pwconvコマンドでシャドウパスワードを無効化/有効化したほうが良いと思います。(シャドウを無効化してから/etc/passwdを編集する)

ただし、パスワードの暗号化アルゴリズムが異なると、どうなるかわかりません。

useraddコマンドでユーザを作成したら、/home/xxx 配下にデフォルトでいろいろな環境ファイルが作られますが、当然Laser5とRedHatでは異なるので、全ユーザのホーム配下の環境ファイルを入れ替える必要があります。

旧サーバと新サーバは同じマシンでしょうか?
もし別々にできるなら、旧サーバをNIS/NFSサーバにして、ユーザアカウント/パスワード/ホームを共有する事もできます。

余談ですが、今後もメーカー製Linuxは頻繁にバージョンアップするので、その度に悩むところです。いっその事、Debian/GNU Linuxを選択するという手もあります。

コピーはまずいでしょう。
/etc/passwd /etc/groupの一般ユーザの行だけを抜き出して、くっつける必要がありますね。

/etc/shadowをいじるのは恐いので、pwunconv / pwconvコマンドでシャドウパスワードを無効化/有効化したほうが良いと思います。(シャドウを無効化してから/etc/passwdを編集する)

ただし、パスワードの暗号化アルゴリズムが異なると、どうなるかわかりません。

useraddコマンドでユーザを作成したら、/home/xxx 配下にデフォルトでいろいろな環境ファイルが作られますが、当然Laser...続きを読む

Q起動時にGUIが立ち上がらない…/etc/inittabの編集

初めまして。VirtualPCにVineLinuxをインストールしたのですが起動後にGUIが起動しません… /etc/inittabでランレベル:5に設定したのですが再起動後も、GUIとして起動しません。コマンドで

#startx

と入力しても、以下のようなエラーが出てしまいます。

ececve failed for /etc/X11/X (errno 2)
giving up.
xinit: Connection refused (errno 111): unable connect to X server
xinit: No such process (errno 3): Server error.

と返してきます。エラーを見た限り、/etc/X11/Xというファイルのエラーのような気がするのですが、管理者としてLinuxを使うのははじめてなのでとまどっています。また現在見たところ、/etc/X11にXというファイルはありません。初期段階でここになにかファイルができているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

/etc/X11/Xが無いのは、Xがインストールできてないか、設定ができてないかですね。
(「すべて」を指定したのでインストールはされてるはずですが)

/etc/X11/XはXFree86本体へのシンボリックリンクになってます。

# ls -l /etc/X11/X
lrwxrwxrwx 1 root root 27 Oct 19 14:31 /etc/X11/X -> ../../usr/X11R6/bin/XFree86

>★キーボードの種類
>Japanese 106-key
>★レイアウト
>U.S.Engilish(USキーボードを使用しています)

USキーボードを使っているならキーボードの種類は101-keyでは?

>★マウスの設定
>Generic : 2 Button Mouse (USB)

iBookにはUSBマウス(wheel)をつないでますが、VirtualPC上のLinuxでは
3 Button (PS/2)を指定しています。

>★ビデオカード
>16M

いきなり大きい数値を指定するとXが起動しない可能性もありますので、
最初は低い設定値からはじめて(800x600 8bit等)徐々に上げていけばよいと
思います。Xconfiguratorで設定を調整してください。


XFree86がインストールされているかは、以下のようにパッケージ一覧から確認してください。

[root@localhost /root]# rpm -qa | grep -i xfree86
XFree86-libs-4.2.0-0vl4
XFree86-xfs-4.2.0-0vl4
XFree86-4.2.0-0vl4
XFree86-100dpi-fonts-4.2.0-0vl4
XFree86-75dpi-fonts-4.2.0-0vl4
XFree86-compat-modules-3.3.6-13vl35
XFree86-cyrillic-fonts-4.2.0-0vl4
XFree86-devel-4.2.0-0vl4
XFree86-doc-4.2.0-0vl4
XFree86-gl-4.2.0-0vl4
XFree86-gl-devel-4.2.0-0vl4
XFree86-jpfonts-2.1-23
XFree86-legacy-4.2.0-0vl4
XFree86-tools-4.2.0-0vl4
XFree86-twm-4.2.0-0vl4
XFree86-xdm-4.2.0-0vl4
XFree86-xf86cfg-4.2.0-0vl4
XFree86-Xnest-4.2.0-0vl4
XFree86-Xvfb-4.2.0-0vl4
[root@localhost /root]#

/etc/X11/Xが無いのは、Xがインストールできてないか、設定ができてないかですね。
(「すべて」を指定したのでインストールはされてるはずですが)

/etc/X11/XはXFree86本体へのシンボリックリンクになってます。

# ls -l /etc/X11/X
lrwxrwxrwx 1 root root 27 Oct 19 14:31 /etc/X11/X -> ../../usr/X11R6/bin/XFree86

>★キーボードの種類
>Japanese 106-key
>★レイアウト
>U.S.Engilish(USキーボードを使用しています)

USキーボードを使っているならキーボードの種類は101-keyでは?
...続きを読む

QDNSサーバを構築しています。/etc/rc.d/init.d/named reloadのところでエラーになってしまいます。

RedHat Linux 9 でサーバを構築しています。
DNSサーバを作成しているところでつまづいてしまいました。

vi /etc/named.conf のところで正引き、逆引きのゾーンを追記し、
vi /var/named/**.jp.db の正引きゾーンデータベースを作成し、
逆引きの方もゾーンデータベースを作成しました。

あとは、etc/rc.d/init.d/named start とやって起動させ、
namedが自動起動するように chkconfig named on と実行しました。

しかし、設定を反映しようと、
/etc/rc.d/init.d/named reload としたのですが、
何度やっても失敗と出てしまいます。
画面には、一部を書きに記述すると、

Reloading named: usage : killall [OPTION] [--] name ・・・
   killall -l, --list
killall -V --version

-l,--list list all know signal name
-V,--version display version infomation

となっていました。
とりあえず、shutdown -r now で再起動しましたが、
設定が反映されていないようで、次の
vi /etc/resolv.conf でIPアドレスを記述したあと、
nslookup コマンドを実行してDNSサーバのテストでやってもエラーになってしまいます。
何が原因でしょうか?
長々と書いてすみません。分かる方、どうかよろしくお願いします。

RedHat Linux 9 でサーバを構築しています。
DNSサーバを作成しているところでつまづいてしまいました。

vi /etc/named.conf のところで正引き、逆引きのゾーンを追記し、
vi /var/named/**.jp.db の正引きゾーンデータベースを作成し、
逆引きの方もゾーンデータベースを作成しました。

あとは、etc/rc.d/init.d/named start とやって起動させ、
namedが自動起動するように chkconfig named on と実行しました。

しかし、設定を反映しようと、
/etc/rc.d/init.d/named reload としたのですが、
...続きを読む

Aベストアンサー

/etc/rc.d/init.d/named 内のkillallコマンドでエラーが出ています。
reloadですから、killallで一旦namedを止めて再起動するわけですが、
止めるべきnamedがもともと動いていない、と言う事では?

Q/etc/servicesの設定について

Solaris2.6を使用しています。

/etc/servicesにプロトコルとポート番号の
対応を記述しますが、あるアプリで使ってい
るポートは、このファイルに対応を記述して
ないのに、ポートが使用できてしまいます。
(inetdとかのものではありません)
そのアプリでは、1024以上のポート番号
を使用しているのですが、その辺も関係ある
のかわかりません。
なぜ記述していないものも、動けてしまうの
か教えてください。

Aベストアンサー

> なぜ記述していないものも、動けてしまうのか教えてください。

まず、結論から言うと、ソケット通信を行う際に /etc/services にポート番号が
記述されていることは、必須ではありません。

プログラムの中に、直接ポート番号を記述することができます。

ただし、良く知られている番号以外は、ポート番号がかち合っちゃうことがある
ので、ソケット通信を行うアプリケーションが利用するポート番号を指定する
共通の仕組みとして /etc/services ファイルがあるのです。

ご存知のように、このファイルには、サービスを表す名前とポート番号が対で記述
してあります。

アプリケーションの方では、ポート番号ではなく、サービス名の方をプログラムの
中に記述をし、getservbyname() 関数などでポート番号を取得するように作ります。


このやり方でも、ポートに相当する「サービス名」をプログラム中に記述するわけ
ですから、そのサービス名が複数のアプリケーションでかち合ってしまう問題が
解消されているわけではありません。

ただの数値よりも、文字列の方が冗長度が高いので、かち合ってしまう問題が
起こり難いだろう、ということです。

> なぜ記述していないものも、動けてしまうのか教えてください。

まず、結論から言うと、ソケット通信を行う際に /etc/services にポート番号が
記述されていることは、必須ではありません。

プログラムの中に、直接ポート番号を記述することができます。

ただし、良く知られている番号以外は、ポート番号がかち合っちゃうことがある
ので、ソケット通信を行うアプリケーションが利用するポート番号を指定する
共通の仕組みとして /etc/services ファイルがあるのです。

ご存知のように、このファ...続きを読む

Qbindインストール後、/etc/named.confが生成されない。

RHL7.3,bind-9.2.2rc1を次のようにインストールしましたが/etc/named.confが生成されません。findコマンドで探すと/etc/log.d/conf/services/named.confというのがあるんですがどうも目的のファイルではなさそうです。一体何がおかしいのでしょうか。

tar xvzf bind-9.2.2rc1.tar.gz
cd bind-9.2.2rc1
LANG=C
./configure - - exec-prefix=/usr
make
make install

Aベストアンサー

例えばですが。

$ gtar zxvf bind-9.x.x.tar.gz
$ cd bind-9.x.x
$ ./configure --prefix=/usr/local/bind --sysconfdir=/etc
$ make
$ su
# make install

システムや環境によってはコマンドラインを実行しても、 named.conf が生成されないかもしれません。
その場合、自分で作成すれば宜しいかと。

ご存じかとは思いますが。

> BIND Version 9.2.2rc1

はベータ版で、最新版は
「BIND Version 9.2.1」かと。

ご参考です。

参考URL:http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/DNS-HOWTO.txt


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報