例えば、NYで挙式をあげて婚姻許可証にサインしたのに、その半年後に離婚することになったとします。

その六ヶ月間、夫は妻を一切扶養せず、同居も拒否(一度も同居していない)、しかし夫の親はすんごいお金持ちで夫は仕事をしていませんが自分の財産を持ち、投資などで莫大な(1億円くらいの)収入があったとします。
妻はその六ヶ月間は自分を養うために家を借り、細々と仕事をしていました。

その場合の日本で言う慰謝料など、財産の分割方法を教えてください。
アメリカだと、前もって持っていた財産は関係無いが、結婚後は収入分を平等に分割すると聞きましたが(NY法はわかりません)
上記の場合はどういった割合で結婚後の収入からお金の算定するのでしょうか。

また、妻、夫のどちらから離婚を申し出た場合、算定法が違ったりするのですか?
この場合夫はすごいお金持ちなので。
また、財産分以外に、結婚後の月々の扶養料など、どのくらいの期間いくらくらい支払われるのでしょう。

説明不足で申し訳ありませんが可能性レベルでかまいませんのでお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

このご質問が、単に好奇心からでた疑問ではなく、事実であると想定して、私に分かる事だけお伝えします。



"community property"、これは結婚後得た収入及び財産は夫婦共同で築き上げたものだということですよね。NY 州は これが認められていないと聞いたように思います。

もし、今現在もこの離婚を考えている方がニューヨーク州にいらっしゃるのでしたら、一度、public libraryに行かれ、"divorce"で離婚関係のマニュアルを探して読まれることをお勧めします。こういった本は年に2回程改訂版が出るので、最新の物を読まないといけません。そうして、下準備をなさった後で、離婚専門の弁護士に相談された方がいいと思います。お伺いしたところ、複雑なケースなので、一般的な例が当てはまらないのではないでしょうか? 

あまりお役に立てませんでしたが、アドバイスとして、日本人の弁護士でなく、アメリカ人の弁護士を使われた方が押しが強いからいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実はこの話は全てフィクションなのです。弁護士に相談するほどのことでもないので、自分でNY州法離婚のページを訳すことにしました。お答えありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 17:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妻の収入の半分は夫の財産?

良く、音の収入、貯蓄の半分は妻の財産といいますが、では妻の収入の半分は夫の財産になるのですか?

Aベストアンサー

婚姻後であっても、個人の名で得た収入は個人の財産です。その証拠には、税金も収入を得た個人が負担しているでしょ♪

ただ、民法の規定によれば、結婚した夫婦は婚姻費用(結婚生活を維持するために必要な費用)を分担する義務があります(民法760条)。負担割合は、夫婦の「資産、収入その他一切の事情を考慮」することになっています。つまり、資産・収入がほぼ同等な夫婦なら五分五分、一方が無収入なら他方が全部を負担することになります。後者の場合、あたかも一方の収入を二人で山分けしているような感じです。しかし、これはあくまでも結婚生活を維持するための費用負担の話であって、財産の所有権とは関係ありません。

結論!
夫(妻)の収入の半分は妻(夫)のもの、という話は、法的には誤りです。

Q同居離婚状態の妻に財産を相続させたくない

夫婦二人暮らしの者ですが妻とはそりが合わず同居離婚状態です。それでも妻が離婚しないのは遺産相続狙いもあると思っていますが、そんな妻にそっくり遺産相続されるのはしゃくに思います。
子供はいないので私の兄弟に相続されるようにしたいのですがどうすればいいのでしょうか。
ちなみに妻は外国籍なので、一旦、私の兄弟に相続する形にして、その中から一部を妻に渡してもらいというようなことが可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

”私の兄弟に相続されるようにしたいのですがどうすればいいのでしょうか”
      ↑
遺言書を書くのが一番ですね。
公正証書遺言がお勧めです。
ただし、妻には遺留分がありますから法定相続分の1/2は
どうあがいても取られます。

後は、判らないようにそ~と財産を移転、処分してしまう
という方法がありますが・・。
財産が何処に、どのくらいあるか判らないようにして
しまう、という方法もありますぞ。

”外国籍なので”
   ↑
相続に国籍は関係ありません。
永久ビザを持っていなければ、ビザ更新に協力しない。
そうやって日本から追い出す。
日本にいなければ、法律がどうあれ、相続財産を手に
することは難しくなります。

”私の兄弟に相続する形にして、その中から一部を妻に渡してもらい
 というようなことが可能なのでしょうか”
    ↑
先ほど説明しましたように妻には遺留分がありますので
その残りを兄弟が相続し、それを更に妻に贈与する、とい
ことになります。
贈与の場合には高い税金がかかりますから、嫌がらせには
よい方法かもしれませんが・・。

Q妻の財産は夫にいくのですか?

 妻が先に亡くなった場合ですが、
(1)夫が二分の一、子供達が二分の一と分けるのでしょうか?
また、(2)妻の結婚以前に持っていた財産でも、(3)結婚後に作った財産でも、どちらも子供だけでなく、夫にもいくのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)夫が二分の一、子供達が二分の一と分けるのでしょうか?
法定相続割合はそのようになっています。
それと異なる相続にするには、

A.遺言状の作成
B.相続時の遺産分割協議において相続人間で合意

の2つの方法になります。

>(2)妻の結婚以前に持っていた財産でも、(3)結婚後に作った財産でも、どちらも子供だけでなく、夫にもいくのでしょうか?

そうです。区別はありません。
なお、法定相続割合と異なる、たとえば子供のみに相続させるように遺言状を作成することは可能ですが、夫は法定相続割合の1/2の遺留分が存在しますので、夫が相続時に異議を申し立てるとその分は夫が取得します。
(つまり夫の法廷割合1/2ですから、その1/2の、全体の1/4の遺留分となる)

なお、法律で認める法定相続人は相続時の法律上の配偶者のみです。事実婚や離婚後には相続人にはなりません。

Q後見人の付いた夫がいます。妻名義の財産を売却できるか

認知症のため裁判所が認定した後見人付きの夫がいます。私はその妻ですが、以前、私=妻が、妻の実家の遺産相続で得たお金で取得した妻名義の土地家屋があります。
妻が、その妻名義の土地家屋を売却する場合、夫の後見人がこれに異議を唱えたり、チェックする権限がありますか?
あくまでも夫が認知症になる10年前に、妻名義で取得した土地家屋です。

Aベストアンサー

名義人が、相談者さんですから、御主人の後見人が言う権利はありません。

簡単に言ったら、他人の財産処分に文句を言う感じですね。

御主人の後見人が、奥さん名義の財産処分に異議申し立てをしたら、越権行為になります。

Q婚姻後、夫の姓→妻の姓 または 妻の姓→夫の姓 へ変更するには。

タイトル通りなのですが
婚姻届を出した後に、姓を変更するにはどうしたら良いでしょうか?

夫の姓から妻の姓へ もしくは 妻の姓から夫の姓への変更です。

養子縁組か、離婚してまた結婚しかありませんか?
よっぽどの理由がないと難しいのでしょうか?
特に理由がない場合は不可能に近いのでしょうか?

詳しい方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

>養子縁組か、離婚してまた結婚しかありませんか?

・この方法が最も早くて確実です。やろうと思えば今日にでもできます。

>よっぽどの理由がないと難しいのでしょうか?

・氏の変更を家庭裁判所に申し立てることは、制度としてはありますが、「やむを得ない事由」があり、それを裁判所が認めてくれるかどうかです。裁判所の基準は具体的に示されているわけではなく、ケースバイケースで可否が決まりますから何ともいえませんが、一般的には難しいようです。

・以前、3年間戸籍事務(人口30万人程度の地域です)をしていましたが、裁判所の許可を得て氏の変更の届出をされた方は、一人もおられませんでした。
 もともとそういう手続きをされる方が少ないか、認められる例が少ないかどちらかなんだと推測します。

>特に理由がない場合は不可能に近いのでしょうか?

・そのとおりです。「やむを得ない事由」が必要です。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina.html

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina.html

 こんにちは。

>養子縁組か、離婚してまた結婚しかありませんか?

・この方法が最も早くて確実です。やろうと思えば今日にでもできます。

>よっぽどの理由がないと難しいのでしょうか?

・氏の変更を家庭裁判所に申し立てることは、制度としてはありますが、「やむを得ない事由」があり、それを裁判所が認めてくれるかどうかです。裁判所の基準は具体的に示されているわけではなく、ケースバイケースで可否が決まりますから何ともいえませんが、一般的には難しいようです。

・以前、3年間戸籍事務...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報