もしくはこれがもっとも的を得ているという政治をあつかった作品は?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

経済小説」に関するQ&A: 経済小説

A 回答 (5件)

古い本になってしまいますが、戸川 猪佐武「小説吉田学校」第一部~第八部 「党人の群れ」全三巻 「昭和外交五十年」「政権争奪」 以上、角川文庫をお薦めします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

戸川猪佐武氏はよさそうですね。
ゴルゴ13書いている人が劇画化もしているみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/31 11:00

今頃回答しても良いか悩むのですが、


小説ではないですが、国内政治で衝撃を受けた本は
以下の本です。
これこそ、日本政治正史では語られなかった暗部です。

片岡 鉄哉〔著〕
「日本永久占領 日米関係、隠された真実」(講談社+α文庫)ISBN:4-06-256348-7 発行年月:1999.6
【さらば吉田茂―虚構なき戦後政治史(文藝春秋)1992-02-01出版\1942】

日本国憲法は、どのようにしてアメリカから押しつけられたか?従属の構図はどのように始まったのか?未曾有の平成不況は、昭和20年の「第一の敗戦」に続く、「第二の敗戦」である!護憲派も改憲派も必読の、虚構なき戦後政治の内幕を、豊富な公文書と大胆な推論で暴く、著者畢生の問題作!「平和憲法」で日本はアメリカに呪縛された。

これと一緒に語るのは気がひけますが
本宮ひろ志著『大と大(全5巻)』
池上遼一;史村翔 著『サンクチュアリ(全12巻)』
なんかが、日本政治漫画として位置づけられるのでは
ないでしょうか。
どちらも尻切れな終わり方で残念なのですけどね。
なんかカタルシスがないんですよね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
本宮氏と池上氏はマンガファンとして好きな書き手です。

お礼日時:2001/01/15 16:42

二、三年前の本でちょっと古いけど、「三本の矢」(榊 東行 著:早川書房)は面白かった! 元(当時現役?)通産官僚が書いた本で、政治・財界・官僚のからみあいが生生しくて、経済小説としても読めます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
経済小説では高杉良氏の作品は読んだことがあります。

お礼日時:2001/01/15 16:35

補足です。

<落合信彦の本全部>のつもりで投稿したんですけど。
書名はあんまり思い出せません。覚えているものだけ上げてみますと、「ゴルバチョフ暗殺計画」「ゴールデンボーイ」などです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
しかし「国際政治」ではございません。
「国内政治」で政治家がどのような動きをしているかというのを綿密に描写したようなのをお願いします。

お礼日時:2001/01/01 12:22

落合信彦の小説は面白いですよ。


どこまで本当なのか、よくわからないけど。
私は結構はまって、一気に読めてしまいます。

この回答への補足

すいませんけど
具体的な作品名をお願いします。
社会批評の題名ははっきりしているのですが
小説だと題名では分かりにくいので
お願いします。

補足日時:2000/12/31 10:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシンゴジラみたいな、自衛隊、官僚同士のやり取り、早口会議が多く描かれている政治小説を教えてください

映画シンゴジラみたいな、自衛隊と官僚または官僚同士の細かいやり取り、早口会議が多く描かれている政治小説を教えてください。

近年出版された作品でお願いします。

Aベストアンサー

麻生幾の宣戦布告は古いかな。

Q社会派推理小説で30代男性が好きそうな本探してます。

彼氏(30代)に、社会派の推理小説で面白いのはないか、と聞かれています。
松本清張氏と森村誠一氏が好きで、昔ほとんど読んだんだけども、最近の本で面白いのないか、とのこと。

イメージとしては、刑事さんが地味に捜査をし(華々しい探偵は登場しない)、事件を解決するもの、で
かなり現実的でリアリティあるものがいいです。長編の方がよくて、
あと、ハードカバーは重いので文庫がいいそうです。

でも、「あっと驚くトリック」が読みたいとも言ってました、が、
ここで言うトリックとは、例えば密室と思ってたらエレベーターになってました、とか
そういう類のものでもなく、「叙述トリック」でもないと思います。
説明が難しいのですが、緻密な捜査の末明らかになる衝撃の事実、みたいな・・・
で、全てのことが白黒つかないと気が済まないようです。

とりあえず宮部みゆき氏「火車」、高村薫氏「マークスの山」、貫井徳郎氏「慟哭」(は気に入るかどうか微妙ですが・・)を今貸しています。
ちなみに「火の粉」を貸したところ「いまいち」らしく、「「13階段」は面白かった」と言っていました。

いろいろ書いてすみませんが、他にお薦めあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

彼氏(30代)に、社会派の推理小説で面白いのはないか、と聞かれています。
松本清張氏と森村誠一氏が好きで、昔ほとんど読んだんだけども、最近の本で面白いのないか、とのこと。

イメージとしては、刑事さんが地味に捜査をし(華々しい探偵は登場しない)、事件を解決するもの、で
かなり現実的でリアリティあるものがいいです。長編の方がよくて、
あと、ハードカバーは重いので文庫がいいそうです。

でも、「あっと驚くトリック」が読みたいとも言ってました、が、
ここで言うトリックとは、例え...続きを読む

Aベストアンサー

私のイチオシは小杉健治です。
地味なことこのうえないのですが、今は無きに等しいバリバリの社会派かつ、心にしみる作品が多いです。
たとえば
関東大震災時の朝鮮人虐殺の過去と現在の事件を錯綜させた「死者の威嚇」
銀行オンライン事故に隠された冤罪と国家の罪をあばく「影の核心」

また、箒木蓬生もいいと思います。
医師なので、医学界や学界の陰謀ものなど、淡々とした語り口がリアリティを持っています。
「賞の棺」
「臓器農場」
など。

いずれも古い作品ですが、現代にあってもいろあせていません。文庫になっています。

Q「戦後政治史」の小説・マンガ・分析本

 タイトルのものを探しています。オススメがあれば教えてください。

 今まで読んだものは、読んだ順に、
1,「小説吉田学校」戸川猪佐武著
2,「大宰相」戸川猪佐武原作、さいとうたかを作画
3,「歴代首相物語」御厨貴編
4,「首相列伝―伊藤博文から小泉純一郎まで」宇治敏彦編
 です。

 また、上記の著作に「問題点」があれば教えていただきたく思います(「この本には経済の見方に偏向が見られる」など)。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

●戸川猪佐武作品なら「昭和の宰相」(入手不可!?)もありますが、質問者さんが、丹念に古本屋を探すのが苦痛でないなら、興味深いシリーズと言えましょう。(笑)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061835890.html
但し、彼は田中角栄一辺倒との指摘が多々なされるのも確かです。

●「私の履歴書」にも政治家自身の執筆分も含まれています。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E4%A4%CE%CD%FA%CE%F2%BD%F1
http://www.nikkei-bookdirect.com/bookdirect/item.php?did=19373&tid=1
●後は"政治関連お勧め書籍"に当たることでしょうか?
http://www.crea-solutions.com/politics/sitemap.html

Q企業犯罪、政治犯罪を扱った小説はありませんか?

企業犯罪、政治犯罪を未然に防ぐ、もしくは不正・犯罪を解明していくといった小説を探しています。
ただミステリは読みなれているのですが、経済小説はあまり読みなれていないので出来れば読みやすい本が良いです。
何かご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経済小説なら、敬称を略しますが、
 松本清張 推理小説の大御所で、経済小説の草分け
 清水一行 リアリティーがありすぎ、ハッピーエンドにならない
      どんでん返しで、悲惨な結末も。
 高杉良  正面から捉えてあるので、作風が明るいので読後感が爽やか。

経済小説にミステリーの要素を加えると、高任和夫。奥行のある表現で(何行か説明を削除してあるので)、さらーっと読んだのでは展開が理解できないかも。1文字ずつ読んでください。
「架空取引」(講談社、\646)が特に好きで、何度も読み返していますが、何度読んでも新鮮です。すぐ学生にやってしまって、現在手許にあるのは、たしか4冊目。 
 左遷された主人公が、本社に呼び戻され、左遷された背景を追求し、犯人を追い詰めていきます。この点は、犯人を追い詰める犯罪小説と同じような展開です。とぼけた弁護士がでてきて、ドリフターズのいかりや長介の顔が浮かんできます。
 中でも、エピローグの終わりの方で、
「・・・。何か仕掛けてくるだろう。ただでは済まない」
「ほう、そうこなくっちゃ・・・」
「さし当たり左遷だな、・・・」
「なんだ、その程度のことなら慣れているじゃない」という夫婦の会話がオシャレです。
 
「その程度のことならなれているじゃない」なんて気の利いた台詞を、家内が言ってくれるとは思いませんが。
 結末の台詞から、明るくならないハズなのですが、読後感は、高杉良のように、真正面を向かせてくれます。

「粉飾決算」もお勧めです。
「告発封印」は、その続き具合が面白く読みやすい。最初はダレマスガ(平均点の作品)、だんだん点数が上がり、最後は『やはり高任の作品らしい』と感じました。
 最新作は、「燃える水」。素材は面白いが、高杉良の作品としても納得できる。

経済小説なら、敬称を略しますが、
 松本清張 推理小説の大御所で、経済小説の草分け
 清水一行 リアリティーがありすぎ、ハッピーエンドにならない
      どんでん返しで、悲惨な結末も。
 高杉良  正面から捉えてあるので、作風が明るいので読後感が爽やか。

経済小説にミステリーの要素を加えると、高任和夫。奥行のある表現で(何行か説明を削除してあるので)、さらーっと読んだのでは展開が理解できないかも。1文字ずつ読んでください。
「架空取引」(講談社、\646)が特に好きで、何度...続きを読む

Q515事件か226事件を題材した本の名前

とある本を探しています。
おそらく政治小説だと思うのですが、昭和におきた5.15事件や2.26事件のころの政治情勢を題材にした小説なんですが、タイトルも作者もわかりません(というか忘れてしまいました)。
1986年か1987年の初旬頃に発売されたもので、当時朝日新聞の広告にこの本が載っていました。当時、上巻と下巻に別れていたと思います。

タイトルは日本語で「○○の○○」みたいな短いものです。
こんな情報ではむつかしいかもしれませんが、わかりましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

その近辺で発行された本ですが、上下巻ではありません。参考まで
青柳利之/高砂滋子「首相官邸の血しぶき―生々しい総理官邸の悲劇体験実録」
ISBN:9784795232433
迫水久常「機関銃下の首相官邸―二・二六事件から終戦まで―(新版)」
ISBN:9784770402646

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む


人気Q&Aランキング