硫酸アルミニウム(硫酸バンド)の加水分解過程を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは


どのようなことを知りたいのでしょうか?
趣旨が良く理解できませんが。
硫酸バンドは水処理に使われています。
硫酸バンドはカルシュウムなどでpHを調整すると水酸化アルミニウムに加水分解されます。水酸化アルミニュウムはAl2(OH)3ですが、実際にはもっと複雑な高分子の水酸化物(例えばAlが20位の水酸化物)となり、色々な物質を吸着してくれるため、上下水道などの水処理にうってつけです。
また製紙産業でも使われており、西洋紙は長年放置すると硫酸バンドの硫酸が遊離して紙がボロボロになってしまいます。
不足のことがありましたら補足してください。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/sun-tr/suidousuinogenjyou. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう少し調べてみます。質問の仕方に問題がありましたね、、、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/18 12:17

溶解による水和反応?


非水系での反応?
ルイスさんとしての加水分解気候?
素の他の反応?

どの「加水分解過程」ですか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の仕方が非常に悪かったです。もう少し調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/18 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸アルミニウムの加水分解

硫酸アルミニウム(硫酸バンド)の加水分解過程を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは
どのようなことを知りたいのでしょうか?
趣旨が良く理解できませんが。
硫酸バンドは水処理に使われています。
硫酸バンドはカルシュウムなどでpHを調整すると水酸化アルミニウムに加水分解されます。水酸化アルミニュウムはAl2(OH)3ですが、実際にはもっと複雑な高分子の水酸化物(例えばAlが20位の水酸化物)となり、色々な物質を吸着してくれるため、上下水道などの水処理にうってつけです。
また製紙産業でも使われており、西洋紙は長年放置すると硫酸バンドの硫酸が遊離して紙がボロボロになってしまいます。
不足のことがありましたら補足してください。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/sun-tr/suidousuinogenjyou.htm

Q硫酸鉄(II)七水和物から硫酸鉄(III)水溶液を製造するにあたって

はじめに硫酸鉄(II)七水和物10gに硫酸と硝酸を加えて鉄(II)が存在しなくなるまで加熱するのですが、
この時の反応式は
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 2HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 46H2O + 2NO↑
ですよね?
計算すると硫酸鉄(II)七水和物が0.036[mol]なので硫酸は0.018[mol]、硝酸は0.012[mol]必要になるのですが、実験では硝酸を過剰に入れました。(0.018[mol])

何故硝酸を過剰に入れる必要があるのか分かる人、教えてくれたら嬉しい限りです(((o_ _)o

Aベストアンサー

確かに、No.1 の回答のように、効率を考え過剰に入れる場合があります。
しかし、この場合は、反応式そのものに注意が必要です。

水和物の水が邪魔ですが。
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 2HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 46H2O + 2NO↑
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 6HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 48H2O + 6NO2↑

硝酸は、相手を酸化する場合、一酸化窒素ができて効率よく使えるとは限りません。
二酸化窒素で抜けてしまう時があります。特に、相手が手ごわい場合はそうです。
一部下の反応式になりますから、上の反応より、硝酸は多く必要です。

高校レベルでも 銅が硝酸にとける式などがでてきます。
3Cu + 8HNO3 → 3Cu(NO)3 + 4H2O + 2NO↑
 Cu + 4HNO3 → Cu(NO)3 + 2H2O + 2NO2↑
硝酸が濃い場合、下の反応が多く進み、とけるのが速くなります。

Q濁り水と硫酸アルミニウム水溶液

濁り水に硫酸アルミニウム水溶液を加えると水は澄んできますよね。
しかも硫酸アルミニウムの方が硫酸ナトリウムよりはるかに有効らしいのですが、これはどうしてなのでしょうか?
自分でも色々と調べてみたのですが、検索の仕方が悪かったようで、答えになりそうな情報が得られませんでした。
もしおわかりの方がいらっしゃいましたら是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

疎水コロイドの凝析ですね。
反対電荷のイオンが作用し、そのイオンの電荷が大きいほど有効です。ここでは3価の陽イオンAl3+が効いています。
参考URLの真ん中あたりを読んで下さい。

参考URL:http://www.keirinkan.com/kori/kori_chemistry/kori_chemistry_2/contents/ch-2/1-bu/1-4-3.htm

Q強酸(塩酸・硫酸)で加水分解

強酸で加水分解というのは、どこに水がかかわるのでしょうか?
単純な質問ですみません。
加水分解というのは水が加わる分解反応だと思いますが、
硫酸、塩酸とどう関連しますか?
わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

 強酸とは、水に溶かした時の酸の電離度が1に近いものをいいます。塩酸を例にすると、塩酸はHCl(塩化水素)が水に溶けると水素イオンと塩素イオンに別れる割合が大きいということです。つまり塩酸とは、塩化水素の水溶液なので、H2Oが実は最初から隠れていると思ってください。
 加水分解では、水素イオン(HClの方のHプラス)が反応物に対して触媒のような働きをして2つに分けると、一方に水素イオン(Hプラス)が、もう一方に水酸化物イオン(OHマイナス)が結合します。この水素イオンと水酸化物イオンをあわせたのが「加水分解」の『水』だと思ってください。
 参考になるかは分かりませんが、こんな感じだと思います。

Q硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液

硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液の液性は酸性ですか?
またそれぞれの強度を教えて下さい。

Aベストアンサー

全てが酸性です。

Q硫酸アルミニウムカリウムの定量

硫酸アルミニウムカリウムの定量では、アンモニア試薬を加えて沈殿させた後、強熱して重量を定量しますが、このときの反応式はどうなるのでしょうか??
KAl(SO4)2・12H20 + NH3 → KAl(SO4)2 ……
なのかなぁと思ったんですが、全然分かりません!
どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい!

Aベストアンサー

アルミニウムイオンは水酸化物イオンの少量存在下で水酸化アルミニウムの沈殿を生じます。
ここでアンモニア水は塩基性水溶液として用いているだけであって、アンモニア自身が反応に関与するわけではありません。
 Al^3+ + 3OH^- → Al(OH3)↓

この定量に水酸化ナトリウムは使えません。
水酸化物イオンが多量に存在すると
 Al(OH)3 + OH^- → [Al(OH)4]^-
の反応を起こして沈殿が再溶解します。

Qミョウバン (硫酸アルミニウムカリウム)は酸性?

硫酸アルミニウムカリウムAlK(SO4)2 通称カリウムミョウバンは水に溶かすと弱酸性になっているのはなぜですか、電離したときどのように水素イオンを放出しているのでしょうか?
  SO4=Al-SO4-K

Aベストアンサー

●AlK(SO4)2=2AlK(SO4)2=K2SO4・Al2(SO4)3
 K2SO4・Al2(SO4)3の複塩と考えて,この加水分解反応を考える

 K2SO4→2KOH  + H2SO4
 ;強塩基+強酸で液性は中性

 Al2(SO4)3→2Al(OH)3 + H2SO4
 ;『中程度の塩基』+強酸で液性は弱酸

 確かに両性物質なので、アルミン酸の生成を考える場合も有るが、強酸である硫酸が相手のときは、不適切。(相手がアルカリなら良いが。)

● 中程度の塩基と判断したのは、イオン化傾向から・・・
 K>Ca>Na>Mg>Al>Zn>・・・・

 水酸化アルミニウムは水に難溶性で、両性水酸化物であるために、塩基としての強さについてはあまり記述が見られないが、酸性条件下ではかなり水に良く溶ける。( Al(OH)3→Al^(3+)+3OH^(-) として働くことを意味する。)

 次の二つの理由から、Al2(SO4)3は弱酸性と考えてよいだろう。

1)Mg(OH)2は中程度の塩基として分類される。(フェノールフタレインで薄く赤に呈色する。)Mg(OH)2に比べればかなり弱いだろうがAl(OH)3もこれに近いと考えられる。

2)ZnSO4、FeSO4等の塩類を考えても液性が『強酸性』のものは無い。

※特に2)との比較が有効だと思う。
 

●AlK(SO4)2=2AlK(SO4)2=K2SO4・Al2(SO4)3
 K2SO4・Al2(SO4)3の複塩と考えて,この加水分解反応を考える

 K2SO4→2KOH  + H2SO4
 ;強塩基+強酸で液性は中性

 Al2(SO4)3→2Al(OH)3 + H2SO4
 ;『中程度の塩基』+強酸で液性は弱酸

 確かに両性物質なので、アルミン酸の生成を考える場合も有るが、強酸である硫酸が相手のときは、不適切。(相手がアルカリなら良いが。)

● 中程度の塩基と判断したのは、イオン化傾向から・・・
 K>Ca>Na>Mg>Al>Z...続きを読む

Qラウリル硫酸ナトリウム (ドデシル硫酸Na)

ラウリル硫酸ナトリウムの構造を教えてください・

ネットでの検索でSから6本の手が出ているっぽいのが出てきたんですが、
Sって6本も結合の手あるんですか?

Aベストアンサー

>ネットでの検索でSから6本の手が出ているっぽいのが出てきたんですが、
そういうのがラウリル硫酸ナトリウムの構造といえるでしょう。要するに、硫酸を基準として、片方の水素がドデシル基(C12H25)となり、他方の水素がNa+で置き換わり、それと結合している酸素がO-になっていると考えれば良いわけです。
なお、問題はイオウと酸素の結合の表記ですが、これはネット上で出てきたように、S=Oのような二重結合を考えるのも一つの方法です。イオウは第3周期の元素であり、結合形成にあたり価電子の数が8個を超えてもかまわないという考え方です。
それが嫌であれば、配位結合を考えることも可能です。その場合、イオウが提供する電子対を酸素とイオウで共有することになります。配位結合を考えるのであれば、S=Oに相当する結合を矢印で表すことになり、S→Oのような表記になります。

Q【化学】なんで「炭酸水素ナトリウム」のことを「重曹」って言うんですか? なんで「硫酸アルミニウム」の

【化学】なんで「炭酸水素ナトリウム」のことを「重曹」って言うんですか?


なんで「硫酸アルミニウム」のことを「ミョウバン」って言う風に名前が同じ物に2つあるんですか?


しかも全然言い方が違う。

Aベストアンサー

全部の使用品名を、学術言で あなたは言ってますか。
言えないでしょう。
解りやすくするための名前が、普段使用している品名です。

砂糖・塩・味の素・ベーキングパウダー・塩素系漂泊剤
キリが無いですよ。

Q硫酸酸性の過マンガン酸カリウムと硫酸鉄(Ⅱ)の化学反応式がわかりません。 KMnO4+5FeSo4+

硫酸酸性の過マンガン酸カリウムと硫酸鉄(Ⅱ)の化学反応式がわかりません。
KMnO4+5FeSo4+4H2SO4←左辺はわかりましたが右辺がよくわかりません。
Mn2++5Fe3++4H2OにどのようにしてK+と9SO4-をつけるのですか?
分かる人お願いします。

Aベストアンサー

>Mn2++5Fe3++4H2OにどのようにしてK+と9SO4-をつけるのですか?
一つずつ処理(陽イオンと陰イオンを組み合わせて、それらしい化合物を作る)しかありませんね。
陰イオンは「硫酸イオン」しかありませんから、種類の多い陽イオンに順に化合物を作成しましょう。
修正:SO4- → SO4^2-
・Mn^2+:SO4^2-
・5(Fe^3+):15/2(SO4^2-)
・K+:1/2(SO4^2-)
これでめでたく9個の「SO4^2-」を処理できました。
しかし、問題が・・・
化学反応式の係数に分数はいただけません!
最後に全体を2倍して係数を全部整数にしましょう。
これで完成です。


人気Q&Aランキング